みんなの大学情報TOP   >>  熊本県の大学   >>  崇城大学   >>  生物生命学部   >>  応用微生物工学科   >>  口コミ

崇城大学
崇城大学
(そうじょうだいがく)

私立熊本県/崇城大学前駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:35.0 - 57.5

口コミ:★★★★☆

3.87

(174)

生物生命学部 応用微生物工学科 口コミ

★★★★☆ 3.84
(25) 私立大学 1817 / 3574学科中
学部絞込
学科絞込
251-10件を表示
  • 女性在校生
    在校生 / 2020年度入学
    2021年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    生物生命学部応用微生物工学科の評価
    • 総合評価
      普通
      高校の時は少ししか触らなかった分野のため、難しい面も多々あるが、新しい世界を知ることができるため挑戦してみたい人はおすすめ
    • 講義・授業
      普通
      現在はコロナのせいで充実してるかと言われると微妙。また、授業によってめちゃくちゃ難しい科目もある
    • 就職・進学
      普通
      チューター面談が可能でしっかり聞けばきちんと対応してくれる先生もいる
    • アクセス・立地
      普通
      駅から近いのはとてもいいが、大学入口前の坂道が急すぎてきつい。
    • 施設・設備
      普通
      コロナのせいであまり使用してないから不明。ただ見た感じだと様々な施設がある
    • 友人・恋愛
      普通
      新型コロナウイルスにより、対面授業が少ないためまだなんとも言えない
    • 学生生活
      悪い
      イベントは新型コロナウイルスにより去年はかなり微妙な感じだった。サークルは入っていないから不明
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年時は必修で高校の復習をメインに習い、2年生から専門化する。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      たまたま受験を受けたら、たまたま合格して今に至るため志望理由なし
    感染症対策としてやっていること
    オンラインメインで行い、実験など大学に行かなければならないものは対面で実施
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:779903
  • 男性在校生
    在校生 / 2020年度入学
    2020年12月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    生物生命学部応用微生物工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      教授陣の能力が高い。(企業戦士もいれば、生粋の崇城大育ちの教授、名門大学から来た教授)などいろいろな教授が居て、色色な価値を身につけることが出来る。
    • 講義・授業
      良い
      現時点で私はコロナ対応下の授業しか受けていませんが、どの教授も面倒見が良く、授業でも分からないことがあっても聞きやすい。
      最高評価にしなかった理由としては、どこの大学にも言えるのだろうけど、初年時教育が勉強だけをしたいような学生にとって面倒である点、ならびに、一割二割くらいの確率で分かりにく授業をする教授が入ることである。
      外国語教育(英語)では、実際に外国人講師を雇っている。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室やゼミに関しては触れてはないが、実績はかなり確認出来る。
    • 就職・進学
      良い
      当該大学は、どちらかといえば就職に主力を入れた大学に思われる。実績も(社名は出せませんが)血液を…なんとかする研究所への就職も前例あり。
    • アクセス・立地
      普通
      アクセスは良いが、山登りしないと登校できない。
      エスカレーターが新設され、徒歩以外の通学手段も出来たが一つしかないエレベーターのために裏門へとアプローチするのは面倒である。
    • 施設・設備
      良い
      かなり良い思います。ひょっとすれば、その辺の国立よりかは良いかもしれない。
      トイレも綺麗です。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      応用微生物工学、斯様な学問を名乗る学科はここだけもしれません。これだ!と明晰に説明するのは難しいのですが…
      微生物を応用することによる工学というわけです。

      薬を微生物でつくる。(薬学的要素)
      燃料を微生物でつくる。(工学的要素)
      微生物の駆除、病気を微生物で治す(医学的要素)
      微生物を応用するといってもいろいろな側面を持ち合わせていますね。無論、微生物に限らず生態的な遺伝子とか、細胞、分子生物学についてもみっちりやります。
      極めて微生物が中心にある農学部と考えても良いかもしれませんね。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    感染症対策としてやっていること
    他の大学よりもかなり慎重に対策しています。 オンラインの利用率は高いです。
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:708525
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年度入学
    2021年05月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    生物生命学部応用微生物工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      微生物に少しでも興味あれば、この学科はこれ以上ないと考える。
      授業だけではなく、そのほか様々なことを教えてくれる大学である。
      わたしは、この大学に来てよかったと心から思える。
    • 講義・授業
      良い
      バイオテクノロジーの技術者を育てるための授業としては大変満足のいくものである。
      しかし、授業内容が重複していることが多く、新しい知識は学年が上がるごとに減る。
      つまり、最初の一年が一番肝心であるということである。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      学生実験とは異なり、自分で考えることのできる人がやはり強い。
      教授によって研究室の色はさまざまだが、自分に合った教授のところへ所属できれば、とても楽しい。
    • 就職・進学
      良い
      大変良い。
      サポートが手厚い、しかし、自分で取り組める人がやはり強いため、この大学に入ったからと言って自分の満足のいく就職ができるかどうかは自分次第だろう。
    • アクセス・立地
      普通
      山を切り崩して作った城のようで、毎回山登りをしている感覚になる。しかし、斜行エレベーターがあることや、駅から徒歩1分であることは、この上ない魅力である。
    • 施設・設備
      良い
      食堂、カフェなどが多く、綺麗で施設や設備面に関しては不満がない。
      食堂は安くて量は多いが、言えば少なくしてもらえる。
      カフェもあり、さまざまなニーズに応えていると感じる。
      学科ごとに勉強するところもあり、図書館、SILCなど勉強するところにも不満は感じない。
    • 友人・恋愛
      良い
      今まで出会ったことのない新しい人脈を築くことができる。
      サークルも盛んで、充実した学校生活を送ることができていると感じる。
      一人でいたい人も、そうじゃない人もなんとなく馴染むので、自分の好きなように生きることができている。
    • 学生生活
      良い
      サークルが盛んで大変よい。
      入っていない人も多いが、わたしは入ることを勧める。
      サークルに入らなければ、仲良くなれなかった人もいるからである。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      主に微生物に関して学ぶ。
      1年生は専門生物を習った人であれば、少なからず触れたことのある話題も多い。
      しかし、それだけでは付け焼き刃であるため、授業に対する復習はするべき。
      2.3年は1年次に習ったことの繰り返しが多い、食品衛生監視員や食品衛生管理者を目指している人はここが頑張りどきである。
      4年はほとんどが卒論を書くための実験の繰り返しである。
      自分で考えることのできる人がここで力を発揮する。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      4年5月の段階では、まだ未定
      大学院進学か就職か迷い、どちらの活動も行なっている。
    • 志望動機
      高校のとき生物が一番好きで、微生物に関して興味があった。
      応用生命学科と迷ったが、バイオ技術者よ資格をとるため、微生物に関しての専門的な知識を得るため志望した。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:738839
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2017年度入学
    2023年09月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    生物生命学部応用微生物工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      よきよきです。
      (人それぞれ思うかもしれませんが)
      (私はよきよきだと思います)
      ぜひ皆さんも入ってみてください!
    • 講義・授業
      普通
      先生が優しくていいです!
      (人それぞれ思うことがあるかもです、、)
    • 就職・進学
      悪い
      めっちゃ良いです!
      (人それぞれ思うことがあるかもです、、、)
    • アクセス・立地
      良い
      綺麗でいいです!
      (人それぞれ思うことがあるかもです)
      (私は綺麗で良いと思います)
    • 施設・設備
      良い
      充実してます!
      (人それぞれ思うことがあるかもです)
      (私はいいと思います!)
    • 友人・恋愛
      良い
      満足です!
      楽しいですよ~!!友達がいっぱい出来ました!
      (人それぞれあります)
    • 学生生活
      良い
      めっちゃ充実してて楽しいです
      (人それぞれ思うことがあるかもです、、)
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      どの学年でも色んなことを学べてよかったです
      色んなことをしれますよ!
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 志望動機
      昔から生物が好きで大学に入ったらしようと思っていたので!!!
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:938083
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年度入学
    2019年12月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    生物生命学部応用微生物工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      生物と化学が重要な学科です。1年の基礎が重要になると2年か3年の頃に気づきます。もう少し真面目に勉強すればよかった。就職先が豊富なので自分ががんばれば色々な可能性がある。
      自分が何をしたいかしっかり考えないと就職難民になります。
    • 講義・授業
      良い
      先生のレベルが高く深い内容を学べる。時々間違ったことを言う先生もいるが訂正してくれる。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      学科の研究室の配属方法が変わっている。成績順でないためよい成績を取ったからといって希望のところに入れるとは限らない。
      自分は今の研究室に満足している。
    • 就職・進学
      良い
      学んだことを活かす食品系に就職する人が多い。就職講座が度々開かれているが授業の都合で参加できない場合が多い
    • アクセス・立地
      良い
      最寄り駅は崇城大学前駅、そこからひとつ離れた駅周辺に住んでいる一人暮らし生が多く上熊本駅から大学のバスが出ている。上熊本周辺はスーパーがあるが、上熊本駅周辺はスーパーがないため不便である。
    • 施設・設備
      良い
      立て替え工事が進んでいるため新入生は新しい施設が使えそうだ。学科によっては使ったことのない謎の施設もある。使う学科にとっては助かるだろう。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルに参加しなければ他学科や他学年と交流が少ない。
      教職課程を取ると多くの学科と関わることができるため友人がたくさんできそう。
    • 学生生活
      良い
      すでにあるサークルは充実しているので楽しめると思う。新しいサークルを作るのは顧問の教授が必要だが、顧問をもっている教授がほとんどで兼任もしくは新任を探すのは大変かもしれない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は生物と化学の基礎、学科で学ぶことの基礎を学びます。
      2年次、3年次は少し発展した内容を学びます。
      選択科目が増えてくるので無理のない程度に選んでください。
      1年は体育があり、1、2年に英語があります。3年に専門科目を英語で学ぶ授業があります。
      研究室は3年後期から配属されます。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      生物系で九州にある学校を探していました。環境系の授業もあることでこの大学に決めました。
    この口コミは参考になりましたか?

    8人中6人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:602652
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年度入学
    2019年12月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    生物生命学部応用微生物工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      動物や植物が好きな人や高校で生物や化学が得意だった人にはとても良いと思う。苦手でも興味がある人でも1年の最初は高校のおさらいみたいなものなので、最初の時点でしっかり復習しておけば大丈夫である。
    • 講義・授業
      普通
      授業後や空き時間に質問に行けばわからないところはわかるまで教えてくれる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      来年から研究室に入るがとても楽しみである。
    • 就職・進学
      良い
      就職課が就活のために役に立つようなイベントをいろいろとしてくれる。
    • アクセス・立地
      悪い
      キャンパスが山の上にあるので一般の方が学校に来るときは登り下りがキツいと思う。
    • 施設・設備
      良い
      トイレもキレイで学科で使う実験器具なども充実していると思う。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルなどは所属しなかったが、自然と少しづつ友達が増えた。バイトをすることにより他校の彼女もできた。
    • 学生生活
      良い
      学祭は有名人が来たり、体育祭は誰でも参加自由でとても楽しい。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年から2年の最初で基礎的なことを学び、2年の後半から3年で学生実験を行い、4年は研究室に入り、それぞれ実験を行う。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      食品会社や衛生管理、製薬など
    • 志望動機
      昔から動物や植物に興味があり、4年制の大学なら知識を身につけながら就職の視野を広げられると思ったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:587920
  • 男性在校生
    在校生 / 2016年度入学
    2017年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    生物生命学部応用微生物工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      さまざまな面で充実していると思います。特に就職率が高いので安心できます。また、先生方はとても気さくで優しい方々ばっかりです。
    • 講義・授業
      良い
      講義以外でも聞きに行けば細かく教えてくれるためテスト対策がよくできます。
    • 就職・進学
      良い
      さまざまな企業や団体、公務員に就いています。担任・チューター制度があるため就職についての面談などのサポートが一年次からあります。
    • アクセス・立地
      普通
      すぐそばに駅やバス停、また、循環バスがあるため便利です。しかし、キャンパスが高台にあるため登るのがきついです。
    • 施設・設備
      良い
      エレベーターやエスカレーターなどがあり、便利です。また、研究設備なども充実しています。
    • 友人・恋愛
      普通
      入学してからすぐに阿蘇での研修があり、その時に友人を多く作ることができます。
      女性の比率も高く、さまざまな講義で少人数の班を作って発表をしたりするので、友人を作ることはもちろん、女性と仲良くなることができ、恋愛が充実します。
    • 学生生活
      良い
      大学にサークルやイベントはたくさんあります。イベントは、学園祭から体育祭、ハロウィンパーティ、七夕祭りなどさまざまなものがあります。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:321466
  • 男性卒業生
    卒業生 / 2015年度入学
    2020年01月投稿
    認証済み
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    生物生命学部応用微生物工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      どんなに苦しいことがあってもめげない。そんな大学です。メンタルがよく手の動きが止まる。勉強の合間に色々
    • 講義・授業
      良い
      よい大学でした。満足な感じでメンタルが楽でした。とてもよい大学
    • 就職・進学
      良い
      メンタルの強さが素晴らしい感じでかなりの激しいスポーツをしてい
    • アクセス・立地
      良い
      最高です。めっちゃいい大学でとても良いですね!あの手の動きが
    • 施設・設備
      良い
      新しいことすごく教えてくれたのがとても良かったです。楽しかったです。
    • 友人・恋愛
      良い
      友達とたくさんしゃべれて授業楽でめっちゃよかった。楽すぎて遊んでバイトして
    • 学生生活
      良い
      サークルはダンスがめっちゃよかった。楽しかったですね。あの手の動きが
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      抗がん剤の治療やメンタルの強さを感じた手の動きにびんかんな体
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      ないと
    • 志望動機
      ないです。とはいえないのがとてもつらく悲しいけど頑張っていました。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:610304
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2015年度入学
    2019年07月投稿
    認証済み
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    生物生命学部応用微生物工学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      勉強だけでなく、遊びやバイトを充実させたいならとてもいい大学だと思います。 本気で勉強したいならここじゃなくてもいい。
    • 講義・授業
      普通
      授業料を払ってまで教えてもらうレベルではなかった。 自分で教科書読んで勉強できる範囲。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      勉強に対してやりがいは求めない方がいい。
    • 就職・進学
      普通
      就職率はいいが、サポートはしてもらっていない。 就職先がどこでもいいなら就職はできる。
    • アクセス・立地
      良い
      市街地まで自転車ですぐ行ける。遊び場が多い。 市電もあって充実している。
    • 施設・設備
      普通
      きれいではあるが、もっとこうしてほしいということに学校側はなかなか答えてくれない。
    • 友人・恋愛
      良い
      一生付き合える友達ができた。 卒業してからも頻繁にあっている。
    • 学生生活
      普通
      特別目立って強いところはない。 サークルレベルで楽しくやっている感じ
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      微生物や食品衛生について、研究室によっては遺伝子をあつかったりしてきます。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 就職先・進学先
      地元の中小企業
    • 志望動機
      九州県内で家から一番近いところ。 国立大学落ちたときのための保険。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:572413
  • 男性在校生
    在校生 / 2015年度入学
    2017年03月投稿
    認証済み
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    生物生命学部応用微生物工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      生物系の授業だけでなく、物理の授業もあります。1年生の後半から実験ができて楽しいです。実験の授業では先生方や、四年生、院生が優しく教えてくれます。
    • アクセス・立地
      良い
      大学周辺にはアパートがたくさんあります。学校指定のアパートや、寮もあり学生が生活しやすい環境です。周辺には遊ぶところがほとんどありません。街まで行かないと厳しいところが、唯一の欠点かと。
    • 施設・設備
      良い
      昨年の熊本地震で受けた建物もだいぶ修復も進んでいます。一部使えない建物もありますが、別の建物で授業を行なっています。
    • 友人・恋愛
      良い
      同性どうしも仲が良いですが、異性との仲もいいです。実験の班も男女混合で行うので仲も深まります。
    • 学生生活
      良い
      サークルに所属していますが、とても楽しいです。他学科の友人や先輩、後輩もできて人脈が広がると思います。サークル数も多いため、きっと入りたいサークルが見つかるはずです。学内でのイベントもたくさんあります。体育祭、球技大会、学祭と楽しいイベントがたくさんです。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:324847
251-10件を表示
学部絞込
学科絞込

崇城大学のことが気になったら!

基本情報

所在地/
アクセス
  • 本学キャンパス
    熊本県熊本市西区池田4-22-1

     JR鹿児島本線(博多~八代)「崇城大学前」駅から徒歩10分

電話番号 096-326-3111
学部 工学部芸術学部薬学部生物生命学部情報学部

崇城大学のことが気になったら!

この大学のコンテンツ一覧

このページの口コミについて

このページでは、崇城大学の口コミを表示しています。
崇城大学はどんな学校ですか?」という疑問に対して、他では見ることの出来ない先輩や保護者の口コミが記載されています。
学校選びの参考情報として、ぜひご活用ください。

みんなの大学情報TOP   >>  熊本県の大学   >>  崇城大学   >>  生物生命学部   >>  応用微生物工学科   >>  口コミ

偏差値が近い九州・沖縄の私立理系大学

福岡大学

福岡大学

37.5 - 62.5

★★★★☆ 4.00 (1386件)
福岡県福岡市城南区/福岡市営地下鉄七隈線 福大前
立命館アジア太平洋大学

立命館アジア太平洋大学

47.5 - 52.5

★★★★☆ 3.98 (210件)
大分県別府市/JR日豊本線(門司港~佐伯) 亀川
中村学園大学

中村学園大学

37.5 - 45.0

★★★★☆ 4.05 (336件)
福岡県福岡市城南区/福岡市営地下鉄七隈線 別府
福岡工業大学

福岡工業大学

35.0 - 42.5

★★★★☆ 3.86 (185件)
福岡県福岡市東区/JR鹿児島本線(下関・門司港~博多) 福工大前
九州ルーテル学院大学

九州ルーテル学院大学

BF - 42.5

★★★★☆ 4.18 (48件)
熊本県熊本市中央区/熊本電鉄上熊本線 坪井川公園

崇城大学の学部

工学部
偏差値:37.5 - 57.5
★★★★☆ 4.13 (36件)
芸術学部
偏差値:40.0
★★★★☆ 3.84 (18件)
薬学部
偏差値:42.5
★★★★☆ 3.75 (55件)
生物生命学部
偏差値:35.0
★★★★☆ 3.89 (52件)
情報学部
偏差値:45.0
★★★★☆ 3.56 (13件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。