みんなの大学情報TOP   >>  岐阜県の大学   >>  岐阜女子大学   >>  口コミ

岐阜女子大学
出典:Monami
岐阜女子大学
(ぎふじょしだいがく)

岐阜県 / 私立

偏差値:44 - 52

口コミ:

3.33

(24)

岐阜女子大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★☆☆ 3.33
(24件) 私立内427位 / 506校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

24件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    家政学部 健康栄養学科 / 在校生 / 2013年入学
    2017-02-28投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    • 総合評価
      華やかなクラブ活動や他大学とのサークル交流はほとんどありません。貧弱な施設だらけの大学キャンパスでの暗い4年間の大学生活に耐えることができた唯一の心の支えは、資格を取ることでした。この大学自体が生き残るためにも、学生が資格を取り、それをこの大学の唯一のセールスポイントにせざるを得ないのです。実情は大学というより資格取得の専門学校に近いと思います。
    • 講義・授業
      授業は、推薦やAOで入学した子に水準をあわせるので、どうしても、スピード感がなく、物足らないものになります。先生はこの大学を卒業した人が多く、高い専門性や知的オーラはありませんが、資格取得の勉強は親切に指導してくれますよ。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはフレンドリーで比較的充実していますが、なんと言ってもゼミ終了後のお茶とケーキを楽しみながらの雑談が最高です
    • 就職・進学
      大都市や大手企業は縁がなく、ほとんどが地方に就職するので就職率はいいですよ。キャリアセンターという部署が熱心にサポートしてくれました。
    • アクセス・立地
      昼はタヌキが出たり、キジが飛んでくるのんびりした田舎ですが、暗くなった夜は怖いです。大学では「変質者出没警報」を出すほど変な人がよく出ます。
      夜、自転車で帰るときは、同じ下宿の子とよく帰りました。
    • 施設・設備
      一度でも他大学のキャンパスを見ると、この大学の施設・設備のひどさには涙が出るほどです。なぜもっとお金をかけないのかしらと思います。校舎や学生寮は安っぽいし、食堂は暗くて品目も少ないのです。運動場はたんに山野の空き地にすぎません。したがって屋外の運動系サークルなどできるわけありません。
    • 友人・恋愛
      まじめな子が多いので、よい友達はつくりやすいと思います。男の子との出会いはむずかしいです。「一瞬の男より、一生の資格」が、理事長さんのお言葉です。実際岐阜市のバイト先で寄ってくる男の子は皆チャライ感じで、「一生もの」はお目にかかれませんね。
    • 学生生活
      クラブやサークルは活動をほとんど見たことがありません。私自身は文化系クラブをあまりにも低いレベルなので途中でやめましたが。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次には低いレベルの子が大勢いるので、基礎的な科目を学びなおすことができます。高学年になるにしたがって資格取得の影響が全科目に及び、私たちもこの科目は管理栄養士の受験に関係ないな、とか判断しながら受講することになります。また、たとえば食文化のような海外の観点や文化的な視点からの講義はほとんどありませんね。大体、女性の先生たちは外国語苦手みたい。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    文化創造学部 文化創造学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017-01-24投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      18から22歳の華の時代を山奥で過ごすことに時間の無駄を感じる。元陰キャほど騒いでるし学校楽しんでる。
    • 講義・授業
      授業の難しさは中学レベル。その分課題が多い。先生は優しい
    • 研究室・ゼミ
      淡白すぎて忘れました。
    • 就職・進学
      真面目な大学だと理解している近所のスーパーからはたくさんの求人が来ています。同じ学科を卒業した先輩6人と今も仲良くしてくださってますが大学生活は辛かったと今でも嘆いていて心配になります。
    • アクセス・立地
      立地も悪いです。バスで40分とパンフにありますが50分です。基本1hに一本なので乗り遅れると授業残り30分前もあります。行きも帰りも時間が合うと高校生で満員になります。寮住みでしたがネズミゴキブリたまに見かけます。近所は変質者が出るしバス停は薄暗い。コンビニまでは15分かかります。
    • 施設・設備
      学生がデザインしたトイレは気に入るほど可愛いです。古い校舎や渡り廊下は中学校を思い出します。運動場は森の中を抜けた小さめの広場です。図書館の倉庫は広すぎて驚きます。ただ薄暗く寒いので独りでは行きません。正門から校舎までが長いです。売店は狭くて小さいので通路に人がいると通りにくいです。
    • 友人・恋愛
      生真面目な子とお喋りな子の差がありそこでグループが出来てしまいます。私が見てきた限りお喋りで明るい子が中退しました。学内では見かけませんが高校の同級生、バイト先での出会いが多数です。部活は活動しているのをたぶん見たこと無いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      基本の国数英理社も選択して学びます。1年の頃から課外授業が2日間連続であったりで私はバイトを辞めました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      地元に帰って友達に会いたい。就職するかは悩んでいる。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    文化創造学部 文化創造学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016-10-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      文化創造学科というと、一見何を学ぶ学科なのか想像しにくい部分があると思います。この文化創造学科では、一つの分野に限らず、多種多様な分野の講義を受けることが可能です。国語、英語、書道、観光、ホテル、ビジネス、司書、アーカイブ(情報系)、教育、など、本当に種類が豊富です。これらは細かくコースとして別れていますが、自分の選択したコースだけでなく、それ以外のコースの講義を受講することも可能です。目標資格としては教員免許の取得が代表的になっていますが、その他にも、各分野の検定や、図書館司書、学芸員など、自分の選択したコース以外の分野の資格取得も目指せるようになっています。なので、一つの分野を深く極めることも、多彩な分野を幅広く学ぶこともできて、自分の可能性に挑戦できる機会がたくさんある学科だと思います。
    • 講義・授業
      コースによりけりですが、教育分野を売りとしている大学なので、それに関する講義が多いです。
      小学校から高校までの学んできた内容を、もう一度簡単に学び直したりをします。
    • 研究室・ゼミ
      先生たちとの距離は本当に近いです。先生とは大学でのことだけでなく、研究室でお菓子を食べながら日頃の雑談をしたりすることもよくあります。講義を受けたことのない先生でも、学校内ですれ違えば互いに自然と挨拶をするような、そんな空気感で、親切で暖かい先生ばかりです。
    • 就職・進学
      一年生の頃から、先輩の就職情報や実際に社会で活躍されている方のお話など、先生が赤裸々に話される講義があり、かなりリアルなことが聞けます。また、公務員試験対策なども一年生から必修の講義で行われます。先を見据えて、早い段階からのサポートがあります。
    • アクセス・立地
      周りが、ザ・山という感じです。初めて訪れた時は周りに本当に山しかないので笑ってしまいました。通学に不便な面もありますが、慣れてくると、自然の景色の良さをたくさん感じることができます。
    • 施設・設備
      古い校舎と新しい校舎がありますが、講義室としてみると大した差はなく、不便なことは特に見当たりません。一番大きな会議室では、教壇のうしろが一面ガラス張りで、ガラスの向こうには、山を中心としたかなり綺麗な景色が広がっていて、講義中の目に優しいです。笑
    • 友人・恋愛
      コース別にコース会というものがあったり、それぞれに特別な行事やプログラムがあるので、親密な友人関係を築ける機会が豊富だと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      小学校から高校までの学習内容をもう一度簡単に。
      教員免許や公務員試験、就職活動に大きく活かせます。
      各コースの専門分野。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    家政学部 生活科学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-10-17投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      私は住居学専攻でしたが、生徒の人数に対する教師の数が多く、ゼミに関係なく質問できるようなアットホームな環境でした。実技の授業が多く、技術をしっかり身につけられると思います。特に製図の授業は手描きから入るので、建築士の試験で大いに役立ちました(建築士の製図試験は手描きなので)。認定大学なので、卒業後実務経験がなくとも建築士試験を受けられるのも魅力です。卒業後だけでなく、大学在籍中から様々な資格試験が受けられますし、資格試験勉強専門の学院と協力体制(?)にあるので宅地建物取引士の勉強も出来ます。様々な資格に興味のある人にはぴったりかもしれません。
    • 講義・授業
      学内のみでなく、学外からの講師の授業が受けられます。また、実践形式で行う授業も多いため、より理解を深められると思います。手描きの製図やパース、完成予想図の描き方、また実際にコンクリートを作ってみたり、一から設計・申請・建築を行うことも出来ます。もちろんPCでの製図やフォトショップを使う授業もあるので、幅広い知識や経験を講義を通して習得できます。
    • 研究室・ゼミ
      専攻人数が少ないので1つのゼミの生徒数も少なくなります。その為教授と話せる時間も増え、より深い知識を得られます。ただ、人数が少ないため様々な意見に触れるという点では少し劣っているかもしれません。
    • 就職・進学
      岐阜県内に関しては、就職先は結構あると思います。様々な業種があるので、じっくり選ぶことも可能だと思います。ただ県外となるともしかしたらちょっと今一つな部分もあるかもしれません。
    • アクセス・立地
      大学は山のふもとにあります。周りは田んぼも多く、夜は暗く虫も多いです。遊ぶには不便ですが、勉学に励むにはとてもいい環境だと思います。自転車圏内にスーパーや薬局が何件かあり、バス通りも通っているので駅前にも出られます。岐阜駅ではバスで3、40分ほど。買い物を楽しむのなら名古屋へ出たりショッピングモールへ行く必要があります。
    • 施設・設備
      住居学部で一つの校舎があります。PCルーム、製図室、木工などをする作業室などが入っており、学生用の研究室もあるので居心地がとてもいいです。ただ学内の一番奥にあるので食堂や購買は遠くなります。といっても5分ほど歩く程度ですが。また一般課程の講義へ行くにも少し遠いですね。ただ校舎の横がすぐ駐車場になっているので、車通学をするならとてもいいと思います。
    • 友人・恋愛
      専攻は少人数なので、すぐに打ち解けられます。少人数なので派閥も出来にくいですし、同学年みんな友人だったりします。一般課程は学部関係なく受けるので、学科の違う友人も作れます。サークルや部活動、県人会も盛んなので、友人を作る場は事欠かないと思います。ただ女子大なので、出会いはほぼありません。学外で交流会等のあるサークルに所属するか、学際の実行委員になり、協力する大学の方と出会うくらいしかないと思います。
    • 学生生活
      住居学専攻は少人数ではありますが、その分教授が一人一人を見る機会が増え、より深い知識を得るにはとてもいいと思います。サークルや部活動の種類もそこそこ豊富ですし、勉強に趣味にと忙しい毎日を送れると思います。ただやはり山という立地なので、向き不向きはあると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎の基礎を学びます。文系でもはいれる建築系の大学なので、これから学ぶために必要な数学等の知識を深めます。また、一般教養も多いです。2年時は少し発展し、本格的に建築を学んでいきます。3年次からはゼミが始まり、講義も自分たちの専攻のみの講義が増えます。また、漠然とですが卒論の準備も進めていきます。4年次はほぼ卒論のみとなります。卒論は論文ではなく作品の完成となるので、4年間学んだ技術の集大成といえます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      地元の建築業者
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      もともと地元に帰るつもりだったので、卒業し地元に帰ってから本格的に就職活動を始めました。地元のフリーペーパーなどで情報を集め、これはと思う会社に就職しました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    文化創造学部 文化創造学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016-10-04投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学には珍しく担任の先生のような先生がいるので相談しやすい。なりたい職業に必要な知識、物事の考え方を教えてもらえ、将来のイメージがしやすくなった。
    • 講義・授業
      熱心な先生が多いが専門科目であまり授業が上手ではない先生もいる。
    • 研究室・ゼミ
      将来に必要なテーマであり、現場で働いたことのある先生の元 勉強できるので充実している。
    • 就職・進学
      苦手なことに対しても先生が相談にのってくれ、やりやすいようにサポートしてくれるので就職試験には心強い。
    • アクセス・立地
      駅からバスで3~40分ほどかかるので遠い。
      スクールバスも片道200円かかり朝夕1本しかないので不便。
    • 施設・設備
      パソコン室 図書室ともに学生証をかざして出入りすることができ大学ならではのシステムを実感できる。
    • 友人・恋愛
      同じ学部以外の人とも交流する場面が出てくるので友達が多く作れる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年前期は基礎科目も多くあるが専門科目もしっかりと入っていて自分の学びたいことを早速学ぶことができる。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    文化創造学部 文化創造学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-10-04投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      成績はテストよりも出席やレポートなどで評価されるため、意欲さえあれば、努力次第で目標地点まで導いてくれるので勉強に自信のない子でも自分のペースでしっかりと学習できる場所だと思います
    • 講義・授業
      勉強はもちろんですが、生徒それぞれに合った悩みや迷いに真剣に向き合ってくださる先生方がみえます
    • 研究室・ゼミ
      自分のタイプにあったテーマを導いてくれますし、もちろん自分の興味のあることについてとことん付き合ってくださいます。
    • 就職・進学
      私の所属コースは資格を活かした就職口がとても少ないです。そこからのサポートはかなり難しいと思います
    • アクセス・立地
      コンビニしか周りにありません。勉強するにはいいですが、息抜きに買い物なんてとてもできません。
    • 施設・設備
      学食が安くお財布に優しいですが、売店は小さく品数も少ないです。
    • 友人・恋愛
      まわりは女子ばかりなのでトラブルはつきものです。環境にもよりますが、男性関係についてはきをつけなければならないこともあると思います
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      自分の専門科目はもちろん、それに付随する勉強を通して自分が本当にやっていきたいことを考えていきます
    進路について
    • 就職先・進学先
      販売職/博物館
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    家政学部 健康栄養学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-05-08投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      立地はとても悪い。偉い方の口出しが激しく、融通が利かなくよく振り回されるし、偏見があるようだ。連絡が遅い。1週間前になっても連絡がこない。

      だけど、こんなところに来たからか地元がものすごく良いところだった恵まれていたなと再確認できる。地元に戻る学生が多い。
      家族のような友人に出会える。友人に恵まれているおかげで頑張れているほど。おしゃれをしなくても通える。自然と触れ合える。サポートは手厚いと思う。
    • 講義・授業
      病院で今も働いている方の講義は楽しい。詳しく話をして下さったり、教科書にないことも話したりしてくれる。
      ただ、その他の授業は淡々と進めていく。
      物足りない。
      社会人になって実際に使えるかと言われればうーんって感じのようです。とにかく国試対策の講義。
      高校のような講義ばかり。
    • 研究室・ゼミ
      まだゼミに入っていないので分からない。
    • 就職・進学
      あまり意識してみたことないので分からない。
    • アクセス・立地
      ド田舎。周りに何もない。
      駅からも遠く、勉強させるためにこんな田舎にわざと建てたとしか思えない。
      周りに何もなく家も少ない。
    • 施設・設備
      綺麗な建物と汚い建物の差が激しい。
      とこどころ住居学の生徒が授業でトイレなどを改装してくれてある。そこだけが可愛くなっているため、そこを見るたびにそういえばここ女子大だったなと思う。
    • 友人・恋愛
      恋愛は本当に何もない。
      それに男子が苦手な子が多く、付き合ったことのない子が多い。
      でも、フレンドリーで優しくてよく気づく子が多い。勉強熱心な子が多い。偏差値が低い大学なので高校のときに勉強しておけばよかったと思っている子が多く、大学では頑張りたいと思っている子がほとんど。
      ただ、全員ではないが時々敬語を使えない友達がいるので一緒に年上の人と話してるとヒヤヒヤする。
    • 部活・サークル
      どこもパッとしない。
      活動してるのかも分からない。
    • イベント
      学祭は他の大学よりも力を入れていると思う。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      栄養のこと
    • 面白かった講義名
      臨床栄養、病理病態
    • 面白かった講義の概要
      実際に病院で働いている栄養士の先生の授業。
      応用や実例を話してくださる。想像ができるので面白い。
    入試について
    • 学科志望動機
      志望校に受かるつもりで勉強していたが全て落ちてどうしようか困っていた時に先生に薦められたため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      とくになし
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    家政学部 生活科学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      住居学専攻出身ですが、文系から建築系へ進もうと思っている人には良い環境だと思います。 一年の前期に理系高校3年で学ぶ数学を必要な分教えてもらえるので、自分のペースで建築という分野になじんでいけると思います。 校舎はそんなに広くなく、10分もあれば校門から一番奥の建物まで到着します。 住居学専攻はそんなに学生が多くないので、教授や同級生、先輩後輩との距離が近いですね。
    • 講義・授業
      住居学専攻では常勤の教授のほかに、非常勤の講師の方が多く教えてくれます。 他の専攻の授業も取ることができるので、学ぼうと思えば広く学ぶことができると思います。 また、建築に関しては一年で手書きの図面の作成を学ぶので試験対策にいいですね。 手書きで基礎を学んでからPCでの製図に移っていくので図面の流れが理解しやすいです。 実際に設計から建物を建てる授業もあるので、実戦向きでもあります。 他の学科との共同授業は人数が多いので質問しにくいところもありますが、前の方の席に積極的に座れば教授に顔を覚えてもらうことも可能ですし、個別にアドバイスを受けることも出来ました。
    • 研究室・ゼミ
      少人数の学科なので、さらにそれを教授ごとに分けるゼミでは個別指導が充実しています。 また、他のゼミの教授にも卒業研究の教えを請うことが可能です。 少人数ならではというか、教授が生徒の顔と名前を全員覚えてくださるので、ゼミを超えて様々なことを学べました。
    • 就職・進学
      卒業してから3年は卒業生のことを見ていてくれます。 就職や進学の相談ができるセンターもありますし、大学のOBがいるので相談しやすいです。 また、実際に卒業して試験に合格した先輩を呼んで公演してくれたりということもあるので、将来のビジョンが見えやすいと思います。
    • アクセス・立地
      大学は山のふもとにあるので近くに下宿やアパートがたくさんあります。 寮もあるので、通学に不便はないと思います。 ただ岐阜市でも隣の市との境界線あたりにあるので、繁華街からは遠いです。 岐阜駅へはバスで30分、名古屋へはそこから電車で30分ほどかかります。 普段の生活に自転車は欠かせないと思います。
    • 施設・設備
      住居学専攻の校舎は一番奥にあるのですが、比較的新しく綺麗です。 生徒の作品の展示室もあり、ガラス張りの吹き抜けが他の校舎とは一線を画します。 有名建築家のデザインした椅子も普通に置いてあったりするので、授業で習った後だったりするとみんなで復習したりしました。 自分のロッカーをもらうことも出来ますし、ほぼ住居専用のPC室もあります。 図書館が広く、雑誌や文庫から専門書まで幅広くそろっているのでほしい資料が探せます。 食堂やカフェテリアも最近リフォームしたのでとても綺麗ですし、自由に使えるスペースが多いので急に休校になったりしたときに便利でした。
    • 友人・恋愛
      住居学専攻の校舎は奥になるので、昼時に購買を利用しようとすると急がないと売り切れるという事態に遭遇します。 食堂も売り切れがあるので注意が必要です。 また、女子大なので出会いは積極的に探さないとありません。 部活・サークルに参加すれば解消できる問題でもありますが、部活によっては他大学との交流がないところもあるので見極めてください。 学園祭の実行委員になると他大学から助っ人として参加する男性との出会いはあるかもしれません。 ただ、どの部署に配置されるかで変わってきますが。 大学内の交流は、各県人会の交流などで積極的に行えます。 学園祭の前日に行う体育祭では県人会単位での出場となるので。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年では建築の基礎、一般教養などが中心です。 2年に上がると他学部との共通教科は減っていき、建築やデザインの授業が増えていきます。 ゼミを選ぶのは3年になったとき。 4年ではほぼ卒業研究しかおこないません。 4年を通して学年関係なく行う実践授業があり、そこでは設計から建物を建てていきます。 申請等も自分たちの手で行うので、とてもためになりますね。 また、毎年夏には国内研修、2年に一度海外研修があります。 海外研修は実費ですが、現地の建築に詳しいガイドさんからたくさんのことが学べました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      山中ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      教授が構造系の授業を持ってらっしゃるので、構造について学ぶことができます。 一人ひとり親身になって話を聞いてもらえるので、とても楽しかった思い出があります。
    進路について
    • 就職先・進学先
      地元の建設会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      大学を卒業してから就職先を探しました。 求人広告などを見て、地域密着型で自らの工場で丸太から製材しているところに魅力を感じました。
    入試について
    • 学科志望動機
      将来建築方面に進みたいと考えていたため。 いとこが別の学部に通っており、建築系の学部があると紹介してもらいました。 オープンキャンパスに参加したときに先輩方や教授によくしてもらい、入学を決めました。 岐阜女子大学の住居学専攻を卒業した場合、単位がきちんと取れていれば2級建築士を実地なしで受けることができるのも魅力ですね。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験用の勉強のみしていました。 センター入試と一般入試、どちらも利用しましたが、きちんと日々勉強していれば受かると思います。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    家政学部 健康栄養学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2015-06-27投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      田舎で素朴。不便。あまり学力はないけど地味にいいこたちの集まり。大学生活に派手さを求めるなら合わない。畑があったり、山で山菜が取れたり、目新しい生活がしたいなら。
    • 講義・授業
      教授も特別たいした人はいない。岐阜では少し有名程度。県外、特に愛知での就職を考えるには、正直権力とかコネはない。
    • 研究室・ゼミ
      教授も特別たいした人はいない。岐阜では少し有名程度。県外、特に愛知での就職を考えるには、正直権力とかコネはない。
    • 就職・進学
      教授も特別たいした人はいない。岐阜では少し有名程度。県外、特に愛知での就職を考えるには、正直権力とかコネはない。
    • アクセス・立地
      すごく不便。自転車で生活できなくもないけど、車があったほうが便利。スーパーとかは一応ある。バスで出かけられなくもない。
    • 施設・設備
      新しい棟はきれいめ。エレベーターもついた。ただ、他は古い。大学らしい感じはなし。授業はふつうに行える。
    • 友人・恋愛
      素朴な子が多い。ので、同様に派手な交流は特になし。ゆえに、女子大でも合コン話はあまりない。サークルに入れば少しはある?
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      管理栄養士になるための講義を3年間びっしり受講。
    • 所属研究室・ゼミ名
      藤田ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      病院インターン、シフォンケーキの検査、べんとう販売など。
    進路について
    • 就職先・進学先
      委託給食会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      病院への就職ができなかったため、地元で大手の委託の滑り止めに入社
    入試について
    • 学科志望動機
      栄養士で、管理栄養士を取得したいと思ったため編入。
    • 利用した入試形式
      その他
    • 利用した予備校・家庭教師
      していない。
    • どのような入試対策をしていたか
      小論文のため、栄養学の勉強を軽くした程度。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    家政学部 健康栄養学科 / 在校生 / 2015年入学
    2015-06-23投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学生の態度が良くない面が目立つ感じです。学年が上がれば変わるのかもしれませんが講義中の私語などが気になります。様々な資格が取得できる点はいいと思います。
    • 講義・授業
      講義の目的がわからないものもありますが、1年のうちから管理栄養士の国家試験に向けての講義もあるので、管理栄養士になりたい人にはいい大学だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      まだゼミや研究室に入っていないのでゼミや研究室のことはよくわかりませんが、学生が考えたお菓子などが商品化されていたりするので、充実したゼミや研究室なのかな、と思います。
    • 就職・進学
      高い就職率を誇っていると思います。大学自体の偏差値から考えれば素晴らしいことだと思います。就職へのサポートもしっかりしていると思います。
    • アクセス・立地
      立地はとにかく悪い。田んぼ以外何もない。せめてスーパーがもう少し近くにほしいです。お店が充実するか電車が通ってくれればいいのになと思います。
    • 施設・設備
      新4号館はとてもきれいで設備も整ってると思います。しかし、新4号館と旧4号館が1階でしか繋がってないのが残念です。
    • 友人・恋愛
      出会いがとにかくありません。大学の近くに住み、バイトもしないとなるとほんとに隔離状態になります。恋愛したいです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      栄養についての基礎知識から基本技術までを学ぶことができます。
    入試について
    • 学科志望動機
      必死に受験勉強をしたくなくて、手頃に入れて就職率がいいところを探したため。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      利用してない。
    • どのような入試対策をしていたか
      高校で買った問題集をひたすら解きまくった。
    この口コミは参考になりましたか?
24件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

岐阜県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  岐阜県の大学   >>  岐阜女子大学   >>  口コミ

岐阜女子大学の学部

家政学部
偏差値:46 - 52
★★★☆☆ 3.07 (15件)
文化創造学部
偏差値:44
★★★★☆ 3.78 (9件)

オススメの大学

宮城学院女子大学
宮城学院女子大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.77 (106件)
宮城県/私立
東北学院大学
東北学院大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.61 (265件)
宮城県/私立
旭川大学
旭川大学
併願校におすすめ
★★★☆☆ 3.11 (9件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。