みんなの大学情報TOP   >>  山形県の大学   >>  東北芸術工科大学   >>  芸術学部

東北芸術工科大学
出典:Newswen
東北芸術工科大学
(とうほくげいじゅつこうかだいがく)

私立山形県/山形駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 52.5

口コミ:★★★★☆

4.14

(103)

東北芸術工科大学 芸術学部

概要

偏差値

偏差値
45.0 - 52.5
センター
得点率
70% - 82%

提供:河合塾

学科情報

美術科
偏差値45.0
口コミ 4.0423件
■学費
入学金:27万円 年間授業料:120万円
文芸学科
偏差値52.5
口コミ 4.176件
■学費
入学金:27万円 年間授業料:113万円
文化財保存修復学科
偏差値52.5
口コミ 4.673件
■学費
入学金:27万円 年間授業料:120万円
歴史遺産学科
偏差値50.0
口コミ 4.002件
■学費
入学金:27万円 年間授業料:113万円

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆4.16
(43) 私立内 96 / 1651学部中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 女性在校生
    芸術学部 美術科 / 在校生 / 2017年入学
    はぴはぴだいがくらいふ!
    2019年08月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ5|就職・進学4|アクセス・立地3|施設・設備5|友人・恋愛5|学生生活4]
    芸術学部美術科の評価
    • 総合評価
      良い
      有名なアーティストの方が講師として来てくれるうえに、教授自体も活躍している現役のアーティストである。ご飯が美味しいと生活が豊かになるので学食が美味しいのはとても嬉しい。
    • 講義・授業
      良い
      ゲスト講師が多く、沢山の技法や芸術の在り方が学べる。固定観念が揺らぐ。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年後期にゼミわけがある。教授陣と生徒の距離が近いので、さまざまな企画に参加しやすくなる。
    • 就職・進学
      良い
      3年前期からキャリアに関することでガイダンスが増える。キャリアセンターも設けられているのでいつでも相談できる。
    • アクセス・立地
      普通
      スクールバスがあるので平日の移動には困らない。しかし、休日は運行がないので山の上に建てられていることもあり移動が不便。大学の学食が美味しいのでごはんには困らない。
    • 施設・設備
      良い
      建物が綺麗。見た目も面白い。山々に囲まれているので四季を感じることができる。
    • 友人・恋愛
      良い
      学んでる分野が一緒なので深い仲になれることがある。他学科とも関わることがあるので増やそうと思えば交友関係はどんどん広がる。
    • 学生生活
      良い
      オープンキャンパスに力を入れているので在学生でも十分楽しめる。自主的なイベントも多い印象がある。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      コースを超えた技術を学ぶことができる。学年が上がるにつれて、自分がしたい表現に合うものを見つけることができる。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      出身高校から毎年1人は入学していて、先輩たちの様子を見て面白そうだったから。私大の中でも学費が安い方だった。
  • 女性在校生
    芸術学部 美術科 / 在校生 / 2017年入学
    設備も講義内容も充実、あとは自分次第
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ4|就職・進学5|アクセス・立地2|施設・設備4|友人・恋愛4|学生生活3]
    芸術学部美術科の評価
    • 総合評価
      良い
      学校生活全般を振り返ると、施設や作業環境が充実していて、外部からの講師を招いて様々な領域の講義を受けることができるため、美術を深くまで知りたいという方にはとても良い環境だと思います。
      何よりも芸術を仕事としている先生方は豊かな感性や面白い考えを持っている人が多く、そういった方々と気軽に接することができるためいい勉強になると思います。
      ただ一つ言えることとしては、学内には美術やデッサンを数回だけやって入学した人が多く、専門的に芸術を長く続けていた人が少ないため、高いレベルの中で自分の実力を磨きたい、という人にはオススメできません。
      とはいえ実技力は関係なくやる気がある人もたくさんいるので、互いに刺激しあって勉強するにはいい環境かなと思います。
      卒業後は各専攻2割から3割の人が大学院へ進学、その他は就職しますが、美術関係の仕事に就いた生徒さんは少ないときいています。全く美術と関係のない企業に勤めながら趣味で美術をする人が多いようです。
    • 講義・授業
      良い
      正直、これは受ける意味があるのかと問いたくなるような授業が必修で入ってきたりしますが、大体はためになる授業です。
      先生もかたっ苦しく授業を行うというよりは、パワーポイントや映像などを利用して講義をすることで、生徒に理解しやすく伝える工夫していると感じます。
      課題はそれほど多くなく、単位修得も難しくはありません。日頃から真面目に授業を受けていれば、単位は容易に取れると思います。
      履修登録は大学のマイページから行います。やり方は難しくないので、登録期間だけ間違えなければ大丈夫です。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      学科(専攻授業)は、一年生の場合一週間に3日、一日2コマです。
      伝えられたカリキュラム通りに進めていけば特に困ることはないと思いますが、作品の提出締切は厳守です。作品の提出日かその前日に講評会をすることになっていますが、あまりにも完成だと思えない出来だったり、手を抜いた作品を提出してしまうと再提出になる可能性があります。また、再提出の際に前回の講評後から作品に進歩がみられない場合は進級が危うくなる場合もあります。
      ゼミ内ではほぼ個人作業なのでゼミ生同士での繋がりはあまりありませんが、作業室内の片付けや展覧会用の会場設営の準備などは全員で行います。
      また4年時には卒業制作を行い、卒業展示会を行います。ここで頑張らないと作品が飾られなかったり、作品集に作品が載せられないという可能性があるので注意が必要です。
    • 就職・進学
      良い
      就職に関していえば、他の美大よりもはるかに就職率は良いと思います。この大学は生徒それぞれに合ったサポートや先生からのアドバイスが多く、たとえ美術をこの先やっていきたいという考えがある人にもとりあえずきちんと就職させるようです。ただ、やはり美大だからと言って全員が美術関連の企業に勤めるというわけではなく、美術関係の仕事につける人は全体の約1割と言われています。仕事としては、アニメーターやゲーム関連、学芸員、職員が多いようです。その他の人は地元の中小企業であったり美術とは直接関係のない企業に勤めることが多いようです。
    • アクセス・立地
      悪い
      大学周辺は住宅街なので、遊びに行くところやお店はほとんどありません。
      コンビニも大学から下った10分先にようやく1店舗ある、といった感じで、あまり便利な立地ではないように思います。
      最寄駅は山形駅で、そこから学校まで往復で専用バスが出ていますが、通常は一時間一本で定員オーバーになることもあるため早めに並ぶことが重要です。
      基本的に遊ぶところやお店はほぼ駅付近なので、生徒は宅飲みが多いと思います。
    • 施設・設備
      良い
      キャンパス内は広々としていてゆったりとした雰囲気です。作業環境も一人一人のスペースが広く、快適に作業できると思います。また暖房設備も充実しているので、真冬は家よりも学内で過ごした方がいいです。夜九時まで開いています。
      図書館は1階は本棚、二階は自習スペースとなっていて、静かに勉強するには最適の場所です。ただ本に関していえば、美大なので美術関連の資料は多いのですが、その他の文庫本であったり小説などは少ないです。
    • 友人・恋愛
      良い
      美術科は割と人見知りな人が多いと感じるので最初は難しいかもしれませんが、学校生活に慣れれば気があう人は必ず見つかると思います。
      ただ恋愛においては、男女比が3:7なので、実際に学生同士でお付き合いしてるだとかそういった話は少ないです。
    • 学生生活
      普通
      所属するサークルにも寄ると思いますが、私のサークルは多少意見の食い違いが生徒間で頻繁にあったりするのでそこが面倒だなーといった感じです。
      皆んなで集まってワイワイするサークルと、そこまで頻繁に集まらない個人主義で自由なサークルがあるので、自分に合ったサークルを見つけることが大切だと思います。
      アルバイトに関していえば、ほとんどの人がやっています。が、自分で個人的に探すというよりは、大学にアルバイト探しを手伝ってくれるサービスがあるのでそれを利用した方がきちんとしたバイト先を紹介してくれると思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      美大なので内容としてはやはり美術に関することが多いのですが、それでも様々な観点から美術を考えることを大切にしているようです。
      正直、私は必修科目については納得できない内容のものが多い(何を目的としているかわからない)印象を受けますが、友人は楽しかったといっているし、感じ方は人それぞれです。少なくとも選択授業は専門的な分野をわかりやすく、様々な資料を使って詳しく説明してくれるので、美術に関心がある人にはとても楽しいのではないかと思います。
      1年生から2年生の間はそういった「勉強」が多いですが、3年生からは「実践」が多くなります。卒業の可否に関わる卒業制作が4年生の時にあるので、それに向けて実践的な力をより高める時期になります。
  • 女性在校生
    芸術学部 文化財保存修復学科 / 在校生 / 2017年入学
    真面目に取り組みたい人にとってもお勧め◎
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ4|就職・進学-|アクセス・立地-|施設・設備5|友人・恋愛-|学生生活-]
    芸術学部文化財保存修復学科の評価
    • 総合評価
      良い
      美術品や文化財の修復技法、保存方法について学ぶには日本で1番良い環境だと思います。設備が充実しており、座学以外にも修復のための技法を演習の講義で学ぶことができます。実際の文化財にも触れることができ、先生方も修復実績があるので現場の技術を直に学ぶことができます。
    • 講義・授業
      良い
      座学の他にもたくさんの演習を通して技術を学ぶことができます。実際に修復経験、実績のある先生方から直接学ぶことができるのでとても良い環境だと思います。
      調査演習の授業では東北や東京に遠征して美術館や博物館の展示や保存について学びます。バックヤードにお邪魔して学芸員さんのお話を伺ったりしました。とても貴重な経験になり、勉強になりました。
      普段の講義や、演習ではレポートの量が多いので、スケジュール管理にも気を配らなくてはいけません。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      立体修復、平面修復(西洋絵画、東洋絵画)、保存科学の四つに、3年生からゼミが分かれます。どのゼミも、大学の先生に加えて文化財保存修復研究センターにお勤めしていらっしゃる先生(職員?)から学ぶことができます。
    • 施設・設備
      良い
      実際の美術品であったり、東日本大震災の被災文化財の受け入れを行っていたりと、直に“ホンモノ”に触れられる環境が整っています。文化財保存修復センターという建物があり、修復や保存のための研究に用いる設備や機材が充実しています。似た内容を学べる大学さんや専門学校さんがあるかとは思いますが、日本で1番充実した設備と環境だと思います。

東北芸術工科大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

講義・授業

講義・授業の満足度

4.03 (39件)

★★★★☆

  • 正直、これは受ける意味があるのかと問いたくなるような授業が必修で入ってきたりしますが、大体はためになる授業です。 先生もかたっ苦しく授業を行うというよりは、パワーポイントや映像などを利用して講義をすることで、生徒に理解しやすく伝える工夫していると感じます。 課題はそれほど多くなく、単位修得も難しくはありません。日頃から真面目に授業を受けていれば、単位は容易に取れると思います。 履修登録は大学のマイページから行います。やり方は難しくないので、登録期間だけ間違えなければ大丈夫です。(在校生 2017年入学)
  • ゲスト講師が多く、沢山の技法や芸術の在り方が学べる。固定観念が揺らぐ。(在校生 2017年入学)
  • 芸術大学なので、そういった関連の講義が殆どです。あまり興味関心がない方には不向きな大学といってもいいでしょう。指導に関しては、一生懸命に教えてくださる先生もいれば、そうでない先生もいます。これはどこの大学でも当てはまる事だと思います。(在校生 2016年入学)

講義・授業に関する特徴アンケート投稿する

  • 先生の教え方
    優しい
    18人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    少ない
    18人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    どちらともいえない
    18人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    どちらともいえない
    18人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    18人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    少ない
    18人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    少ない
    18人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

東北芸術工科大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

東北芸術工科大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

学生生活

学生生活の満足度

3.55 (21件)

★★★★☆

  • 所属するサークルにも寄ると思いますが、私のサークルは多少意見の食い違いが生徒間で頻繁にあったりするのでそこが面倒だなーといった感じです。 皆んなで集まってワイワイするサークルと、そこまで頻繁に集まらない個人主義で自由なサークルがあるので、自分に合ったサークルを見つけることが大切だと思います。 アルバイトに関していえば、ほとんどの人がやっています。が、自分で個人的に探すというよりは、大学にアルバイト探しを手伝ってくれるサービスがあるのでそれを利用した方がきちんとしたバイト先を紹介してくれると思います。(在校生 2017年入学)
  • オープンキャンパスに力を入れているので在学生でも十分楽しめる。自主的なイベントも多い印象がある。(在校生 2017年入学)
  • 正直サークルよくわからないです。芸工祭のときにはサークルごとの出店があります。他には自分で作ったものを直接売ることの出来るフリマみたいなこともやってます。(在校生 2016年入学)

学生生活に関する特徴アンケート投稿する

  • キャンパスの雰囲気
    どちらともいえない
    18人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    18人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    新しい学校
    18人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    18人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    18人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    どちらともいえない
    18人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    女性が多い
    18人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    どちらともいえない
    18人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    落ち着いている
    18人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    18人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

東北芸術工科大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

東北芸術工科大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

就職・進学

就職・進学の満足度

3.42 (35件)

★★★☆☆

  • 就職に関していえば、他の美大よりもはるかに就職率は良いと思います。この大学は生徒それぞれに合ったサポートや先生からのアドバイスが多く、たとえ美術をこの先やっていきたいという考えがある人にもとりあえずきちんと就職させるようです。ただ、やはり美大だからと言って全員が美術関連の企業に勤めるというわけではなく、美術関係の仕事につける人は全体の約1割と言われています。仕事としては、アニメーターやゲーム関連、学芸員、職員が多いようです。その他の人は地元の中小企業であったり美術とは直接関係のない企業に勤めることが多いようです。(在校生 2017年入学)
  • 3年前期からキャリアに関することでガイダンスが増える。キャリアセンターも設けられているのでいつでも相談できる。(在校生 2017年入学)
  • 就職実績は各学科で差があります。本学科では公務員志望者が多いことから、今年度より公務員講座が開講しています。某有名公務員予備校の講師をお招きし、土曜日丸一日を使って講座が開かれています。(在校生 2016年入学)

就職・進学に関する特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    中小企業が多い
    18人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    18人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    就職が多い
    18人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

東北芸術工科大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

学費

学科 入学金 年間授業料
美術科 275,000円 1,200,000円
文芸学科 275,000円 1,135,000円
文化財保存修復学科 275,000円 1,200,000円
歴史遺産学科 275,000円 1,135,000円

基本情報

本部
所在地
山形県山形市上桜田3-4-5
最寄駅 山形新幹線 山形
山形線 山形
JR仙山線 山形
フルーツライン左沢線 山形
電話番号 023-627-2000
男女比 男:女=3:7 (口コミより引用)

この学校の条件に近い大学

東北芸術工科大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

東北芸術工科大学のコンテンツ一覧

東北芸術工科大学の学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  山形県の大学   >>  東北芸術工科大学   >>  芸術学部

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
千葉工業大学

千葉工業大学

40.0 - 52.5

★★★★☆ 3.71 (248件)
千葉県習志野市/津田沼駅
聖心女子大学

聖心女子大学

52.5

★★★★☆ 4.39 (101件)
東京都渋谷区/広尾駅
立正大学

立正大学

35.0 - 52.5

★★★★☆ 3.75 (456件)
東京都品川区/大崎広小路駅
理系のオススメ大学
神奈川大学

神奈川大学

40.0 - 52.5

★★★★☆ 3.58 (667件)
神奈川県横浜市神奈川区/東白楽駅
創価大学

創価大学

42.5 - 52.5

★★★★☆ 4.37 (424件)
東京都八王子市/拝島駅
大東文化大学

大東文化大学

42.5 - 52.5

★★★★☆ 3.66 (385件)
東京都板橋区/西台駅

東北芸術工科大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。