みんなの大学情報TOP   >>  広島県の大学   >>  尾道市立大学   >>  口コミ

尾道市立大学
出典:Lightslateblue
尾道市立大学
(おのみちしりつだいがく)

公立広島県/尾道駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 52.5

口コミ:★★★★☆

3.73

(99)

尾道市立大学 口コミ

★★★★☆ 3.73
(99) 公立内77 / 93校中
学部絞込
9951-60件を表示
  • 男性在校生
    在校生 / 2015年度入学
    2017年10月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    経済情報学部経済情報学科の評価
    • 総合評価
      良い
      経済系か経営系どちらかにしようかと悩んでいる学生さんにはオススメできます。1年2年の間は経済、経営、さらには情報の基礎を学び、3年生になってからそれぞれの専門に進むカリキュラムなので実際に勉強してから自分が向いてる方を選択することができます。
    • 講義・授業
      良い
      パソコンを用いた授業がいくつかあり社会人になれば必須となるワード、エクセル、パワポの基本的な使い方からプログラムといったやや専門的な知識を学ぶことができる授業がある。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミ選びは2年生の12月頃に行われそこで経済系、経営系、情報系のいずれか選択することができる。ゼミにより内容や雰囲気が全く異なるので実際に研究室を訪問することがおすすめである。
    • 就職・進学
      普通
      1年生から就職に関する講義を受けることができる。また、2年生からはインターンシップに参加することができる。
    • アクセス・立地
      悪い
      よく言えば勉強するには適した土地であろう。大学の周りには何も無く買い物に行くには下界に降りなければならない。なのでこの下界に家を借りている人も多い。尾道駅からはバスで15分ほどかかる。
    • 施設・設備
      悪い
      こじんまりとした校舎である。校舎自体は最近建てられたもののあるので綺麗です。お昼時になると食堂やYショップは混みます。
    • 友人・恋愛
      普通
      学生数が少ないので友人は出来やすい環境。またサークルは先輩とも繋がりを持つことが出来るのでどこかに入ることをおすすめします。
    • 学生生活
      普通
      大学のイベントは5月頃に球技大会があり、交流を深めることができます。また、11月頃に行われる翠郷祭ではサークルに模擬店を出したりします。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年生では経済、経営、情報科目の基礎を学びます。必須科目もいくつかありこれらは必ず単位を取らなければなりません。3年生からゼミに配属し、専門的なことを学びます。また卒論は必須です。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:408398
  • 女性在校生
    在校生 / 2015年度入学
    2017年09月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    芸術文化学部日本文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      1年次は必修科目の内容があまり楽しくなく、辛いことがある。専門的に履修したいなと思っている科目は、これを乗り越えないと取れないので、頑張るしかない。きちんと授業に出席して、レポートを提出していれば、単位はもらえるので真面目に取り組めば問題ない。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄駅は尾道駅で、そこから大学行き直行バス(おのみちバス)に乗れば、20分ほどで大学に着く。まあまあ遠い。バスの本数はそれなりにある。電車を長く乗り継いで大学へ行こうとしている場合は、長く、相当しんどいので覚悟が必要。また、大学周辺には本当になにも無い。驚くほどの田舎である。大学内にコンビニがあるが、品揃えはそこまでなので、バスに乗って市へ出て買い物するのが良いはず。田舎が好きな人は良いが、そうでなければあまり楽しく無いかもしれない。また、尾道は観光地なので、駅の方まで行けば、いろいろとある。しかし、通っている人は帰宅しなくてはならないので、大学で勉強したあとに遊ぶ時間はあまりないと思われる。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:369271
  • 男性在校生
    在校生 / 2015年度入学
    2017年04月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    経済情報学部経済情報学科の評価
    • 総合評価
      良い
      汎用的な学習を行いたいと思う方には適切な学部だと思います。この学科には、経済コース、経営コース、情報コースの三つがあり、自分の希望に応じて学ぶ分野を選択することが出来ます。一口に経済情報学部と言っても貨幣の流通や物流の関係、プログラミングやC言語の習得ばかりではありませんので、そんなに難しく考える必要はありません。
    • 講義・授業
      普通
      人によりけり、だと思います。本当の意味で個性的な教師が多く、その分だけ好き嫌いも別れるかと思われます。が、私は当大学の教師は良い人ばかりで、力のある指導をして下さっていると感じます。
    • アクセス・立地
      悪い
      静かな環境で勉学に励みたい方にはもってこいですが、正直、立地は最悪です。山の奥深く、自然に囲まれた場所に建っていますので。
    • 施設・設備
      良い
      周辺の他大学と比較して設備は綺麗です。生徒がそれぞれ集中して勉強出来るよう、自習室も沢山あります。
    • 学生生活
      普通
      山奥に建つ狭い大学の割に、サークルや文化祭は活発に行われています。その他にも球技大会や、七夕やクリスマスには(小規模ではあるが)学内で催し物が開かれます。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:347020
  • 男性在校生
    在校生 / 2015年度入学
    2017年04月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    経済情報学部経済情報学科の評価
    • 総合評価
      良い
      自分自身、この大学は後期試験で入り最初はいやいや行っていたが1ヶ月も経つと友達にも恵まれ先生もいい方ばかりでとてもいい場所だと思えるようになった。それに尾道も海も近くとてもいいところで落ち着ける場所になった。
      大学の校舎も最初は少し狭いかなと思ったが、それで困ることはほとんど無く時間が経つにつれてちょうどよくなっていった!
      授業自体も分かりやすくとても自分の力になっているなと感じることが多い。3年生からのゼミもかなりの種類があり、自分の好きな分野、得意な分野を伸ばすことが出来ると思う。僕はずっと歴史が好きだって歴史のゼミがあったので入ることが出来てとても嬉しくこれからがとても楽しみな気持ちでいっぱいだ。就職率も年々上がってきていて、例えば金融系や商社系はもちろん、他の食品会社であったりさまざまな会社にも内定をいただいていて、そういった面でも安心できる大学だと思う!
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:330998
  • 女性在校生
    在校生 / 2015年度入学
    2015年06月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    経済情報学部経済情報学科の評価
    • 総合評価
      普通
      この大学には一般で入学した人のほか、商業推薦や地元推薦で入学した人たちも在籍しています。ですので、数学や英語などのレベルが大きく開いており、授業がとても退屈に感じます。逆に、2年になってから始まる簿記では、一般組には不利になるので、一年のうちに勉強しておくなど、自分から勉強する、というのが大事になってくると思います。自分の努力次第で、4年間が決まると思います。
    • 講義・授業
      悪い
      一般から入った人にとっては、英語や数学など、基礎科目はとても退屈だと思います。商業出身の人が習っていないところなどもやっているので、先生の授業もそっちに合わせるので、授業速度も遅く、寝ている人も多くいます。しかし、それ以外の講義は自分の興味のあるものを見つけ、積極的にとってもらいたいと思います。それほど課題も多くはないので、そこに関しては心配ありません。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      一年のうちは週1で基礎演習といって、学籍番号順に数名のグループが作られ、そのグループ+先生で何かをします。なにか…本当にグループそれぞれです。その先生によってはとても厳しく、毎週課題を出されるところもあったり、逆に毎週お茶会のような雰囲気で雑談しているところもあります。この時間が一番先生との距離も近いので、その際にいろんな質問をするといいと思います。そして、このグループのことをチューターと呼ぶのですが、何かと付き合いが長くなるので、早いうちに仲よくなっておくことをおすすめします。
    • 就職・進学
      良い
      就職率は高いようです。地元へ帰る方も多いです。大学院へ進む人は少なく感じました。就職活動にはお金がかかるので早めにバイトでお金をためてたほうがいいそうです。
    • アクセス・立地
      悪い
      お世辞でも、アクセスしやすいとは言えません。山の中にあるので、駅周辺に住んでいるとバスを利用しなくてはなりません。本数は一時間に2.3本。大学構内での車の駐車はみとめられていないので、原付の免許を取っておくことをおすすめします。また大学周辺に住んでいると、通学は非常に楽なので寝坊したい放題ですが、コンビニなど一切ないので、買い出しは週1で一括したほうがいいと思います。(土.日は尾道大生限定で100円になります)田舎なので、地元の人はとても温かいですので、親からしたらとても安心な場所だと思います。
    • 施設・設備
      悪い
      新しく作られてきれいにはなっていますが、敷地はとても狭いです。また経済情報が普段使っている棟はまだましですが、日本文学や美術学部が使っている棟のトイレは汚いです。そして部活動や体育の時に使うグラウンドはとても急な坂を上らなければなりません。とても不便です。ここでも原付のありがたみがわかります。
    • 友人・恋愛
      良い
      とても充実しています。これは自分の頑張り次第だとは思いますが、田舎でそれほど人数も多くないので、講義を受けていると自然と見たことある顔を発見します。また、一般で受験してきた子などはほとんどみんな理由が同じなのでその話で意気投合したりして仲良くなれます。私の周りには優しい人が多いので、ここにきてよかったと思える数少ない要因です。ただ、部活やサークルに入っていないと友達は増やしにくいと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年では基礎科目や教養科目、二年からは情報、経済、経営の3つのコースに分かれます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      高木チューター
    • 所属研究室・ゼミの概要
      オリオン座はすでに消えている、iPS細胞とは何か、の2つの本を毎回の講義で読み、まとめたり互いに質問したりする。PowerPointを使った発表もある。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      センターの自分の点数を見て、いけそうな国公立大学の中で一番近かったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      一切利用していない
    • どのような入試対策をしていたか
      2次対策として、いろんな大学の2次試験を解いた。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:118675
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2014年度入学
    2021年03月投稿
    認証済み
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    芸術文化学部美術学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      良くも悪くも自分で何かをしなくては結果になりません。
      大学は場所を提供してくれるだけなので、遊んでいると金をドブにすてることになります。

      あとお金がないと作品を公募に出したり、個展できません。
      あるコースでは、3年くらいにならないと公募にだせないと聞いたことはありますが、日本画コースでは、教授にもっとだしなよーと言われます。デザインコースはわかりませんが、漫画を描いて担当さんが付いた人がいるとか聞いたことあります。
      作品を講評会に出して教授に指導いただくのが基本ですが、緩めに言われたり、厳しめに言われたり、コースによってまちまちです。
      作品を講評会までに描くという締切を守る勉強は出来ます。締切を守ることも大切です。区切りにもなります。
      一朝一夕にうまく作品はできませんので、日々の努力が大切です。
      最近はSNS経由で作品をインスタやツイッターにあげて、グループ展などの誘いが来たりします。良いか悪いか自分で判断して参加するのも悪くありません。が、出品料が高いなどあったりするときもあるので、よく考えるべきです。
      充実した学生生活をしたければ、何をいつも大切にするか今一度考えるべきです。

    • 講義・授業
      普通
      どちらかといえばなんとも言えません。
      いいも悪いも自分の受け取り次第です。
      教養科目を取るために人気の語学の授業などは抽選があります。
      美術の学科特有の授業ですと、美術史や写真、塗装法演習など。
      美術の実習は午後からで、教養科目は午前しかとれません。なので朝からいかないといけません。1、2年は教養科目で大変になります。
      教員の免許を取る人は授業を休むと大変です。
      基本的に授業は休むと単位が怪しくなります。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      美術学科は日本画、デザイン、油画コースがあります。一年次は、3つのコースすべて体験することができ、コースを2年生になる前に確定することができます。基本的に受験で受けたコースで行く人がほとんどです。私はデザインの区分で受験し、日本画コースにはいりました。
      日本画コースは2年次は、50号サイズの作品はだいたい月一枚くらいのペースで制作します。学年によって教授が年間計画を変更していますが。 また2,3年合同講評会を冬くらいにして学年横断をしたりしていますが、あまり学年間横断で何かをするのが少ないので、よくいえば、個人主義が多いです。悪くいえば人との繋がりが少ないように感じます。それも学年のカラーによりけりです。三年次は秋ぐらいに古美術研修にいき日本画、デザインは奈良、京都のお寺などを巡ります。油画は海外。体力が必要。
      作品も2年次とあまり変わりはありません。4年次は就活などにより半数が実習室から消え、教授の顔が渋くなります。
      大学院、修士課程2年だけはこの大学にありますが、そちらを受ける人以外は就活で大変になります。150号と自画像の作品制作をします。
      教授に話を聞きに行く機会は自分で作るべきです。
    • 就職・進学
      悪い
      美術オンリーの学科ではないので、一般の学科があることにより、就活の相談はしやすめかと思われます。
      たまに大学院は、ほかの大学に受けにいっていますが、美術ですと海外の大学院はあまりないように感じます。海外の大学院を考えている方や博士課程を考えている方はできるだけ高校生のうちに将来設計をきっちり考えておいたほうがよいです。受け身ですとどうにもなりません。
      美術の就職率はデザインが一番だと思います。需要が高いからです。
      日本画、油画コースは、大学院に行く人が多いですが、普通に就活をしているかたもたくさんいます。教員採用試験を受けたり、非常勤の口をさがしたり各自治体の講師に登録している人もいます。
      他の学部は自分の地元で就職活動をしているかたも多いです。聞いたら○ナビや○ナビに登録してやっている人が多数です。あと穴場でしたら、ハロー○ークなども新卒採用のことなどたくさんあります。
      足を運んでみるのも良いでしょう。結構おすすめです。
      就職サポートは教授はしません。個人でなんとかしている人が多いです。一人で頑張る力は付くかと思います。
      どこの大学も一緒です。
    • アクセス・立地
      悪い
      山の中にあり、何も気晴らしはできませんが、空気はきれいめです。
      修行している気持ちにならなくもないです。皆、まちなかに出る際に下界にいくとよく言っていました。
      遊びたい人、作品発表を沢山したい人は大体外界に住んでいる人が多いです。
      一時間に何本かあるバスか原付、バイク、金があれば車でいきます。
      大学周りには民間経営の寮があります。予約したりしないと寮にはいれないので、ぶっつけで寮に空きがあるのはまれです。
      大学合格前か合格したあとすぐにやることをおすすめします。大学に民間経営の寮の資料があります。聞くことをおすすめします。
      外界のアパートは高めです。金を浮かせるなら寮はおすすめですが、寮によって環境はまちまちですので、一概におすすめもできません。壁が薄いとか規則を守るとかあります。
      奨学金を借りている人は寮に住んでいる人も多いです。
      山の中に住んでいると外界の流れと遮断されますので、定期的に実家に帰る、都心部に観光、作品発表にいくと刺激になります。おすすめします。
      最寄り駅はJR尾道駅、バスは尾道市立大学線を使います。駅から大学まで遠いです。バスだと片道20分くらい。原付だと15分くらい。
    • 施設・設備
      悪い
      図書館の本が少ないです。
      学生は本のリクエストがだいたい一年間3万までいけたはずです。
      シリーズものはうまくいけば沢山手に入る可能性があります。
      何年か前にA棟、B棟が翠明館になりました。ヤ○ザキストアがあります。あと画材屋さん、pc室などあります。
      美術の実習室D棟は学年により、人数が多いと部屋が狭いです。
      廊下にものを出しっぱなしにしていると怒られます。
      たまにハチが窓から入ってくるそうです。

      天井が高めなので、圧迫感は少なめかと思われます。

      教養科目などで使うE棟はきれいめです。
      C棟は日文、E棟は経情。
      全棟WiFiあります。
    • 友人・恋愛
      悪い
      友人関係で悩むほど友達ができるかわかりませんが、
      バイトや実習、寮、授業などで友達は少なからずできるかと思いますが、中退したりする人もいますので、そこで友達関係が切れたりもします。どこの大学も一緒かと思います。
      恋愛関係はわかりませんが、高校から付き合って遠距離とか聞いたことあります。
      誰々先輩が好きかもという狭い世界ならではのこともあります。
      美術で将来やっていきたい人はどうかはわかりませんが、自分に今必要なことかよく考えるべきです。振り回されると勉強はできません。
      周りにそんな人がいましたので、そんな暇は私達にあるのだろうかと疑問に思います。個人的な考えです。
      人それぞれ感じ方は違います。
      教授は恋人など作ると世界が変わると言っていましたが、本当にそうかどうかわかりません。恋愛イベントは少なめですので、ゲームなどでイベントをするのもよいかもしれません。。?
      出会いを求めている方はあまりこの大学は合わないかと思います。
    • 学生生活
      悪い
      サークルはいろいろありますが、運動部で全国まで行けるのは少ないそうです。たしか最近2020年くらいにセパタクロー部が勝ったというのを聞いたくらいです。
      文系のサークルは文化祭で何かしらしているイメージがあります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      美術学科は、他にも描きましたとおりです。
      日本画は、描写メイン、構図メイン感はあります。デザイン的な絵を描く場合突っ込んで聞かれたり、イラスト風は嫌がられます。
      50号の絵を描く場合が多いです。100号は大学院の人が多い感じがします。
      油画は、比較的自由な印象もありますが、古典的な写実をしている人もいますし、4年生になったら、インスタレーションや立体になっている人もいます。
      人体を油彩で描いたりしていたはずです。あと構内をスケッチする課題とか。
      デザインは、地域活性化課題をたしか3年くらいにしています。しまなみ交流館で発表しています。
      デザインの中でも区分がわかれているのであまり細かくはわかりませんが、立体、映像、ポスター系のグラフィック、文字などあります。
      教授によっては現役デザイナー、写真家の方もいらっしゃるはずです。デザインの教授は基本的に忙しそうな印象がありますので、相談できる日はたしかゼミごとに集まる日だとか決めてたりです。

      4年次は卒業制作展があります。3年の終わりに先輩から代々受け継いで、全員でしています。
      毎年2月くらいに卒業制作展と修了制作展を一緒にしています。

    • 学科の男女比
      2 : 8
    • 就職先・進学先
      公的機関・その他
      内部生として、院受験をして進みました。
      外部生もたまに入ってくるようになりました。
    • 志望動機
      第一志望の大学に受けられるほど、学力も画力もなく、浪人もできなかったため、前期、後期で受けて、後期日程で合格しました。
      最後後期日程を受けるとき惰性感がありましたが、卒業してから行ってよかったと思いました。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:725298
  • 男性卒業生
    卒業生 / 2014年度入学
    2020年11月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    芸術文化学部美術学科の評価
    • 総合評価
      良い
      最終的にどうなりたいか明確な人はこの環境を生かせると思います。講師陣の方々も現役なので、実際の作業を手伝ったりして参考になる場面も多々ありますし。 この学科での就職はデザインが強いです。ほかの学部だと、よくて非常勤講師か、かなり運が良ければ学芸員になれるかどうか、というところだと思います。 とにかく、自分がどうなりたいかを明確にしておくことが出来るかどうかで最終的な評価も変わってくると思います。
    • 講義・授業
      良い
      中々に広い作業スペースを与えられているので、よっぽどのことでなければのびのびと製作を行える環境だと思いますし、カリキュラムも美大を参考にしたようなので、案外本格的です。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      美術学科のなかで油、日本画、デザインに別れるわけですが、この中で油にはゼミは存在しません。なので、他人の意見に振り回されることもないです。
    • 就職・進学
      普通
      まあ美術系ですから、人それぞれではあるものの、あまり就職については有利な面がありませんね。大学事務局などのサポートも十分には感じられませんでした。なので、就職したいのであれば自身の意思をしっかりともつことが重要になるとおもいます。
    • アクセス・立地
      普通
      大学が山の上にあるので、近辺に住むと買い物などが大変になり、町の方に住むと行くのが面倒です。具体的に住むところをお勧めするのならば、川上あたりがちょうどいいんじゃないでしょうか。
    • 施設・設備
      良い
      わりと最近に設備が入れ替わったり、新たな施設がたったりしてかなり整いました。
    • 友人・恋愛
      良い
      友達に関してはわりと苦もなく出来ると思います。 美術系なので変わった人に多少なれているというか、ある程度の心構えがあるというか、とにかく対人関係に寛容な感じがします。 恋愛は... 美術ですからね...男女比にかなり偏りがありますし、他の学部との接点もあまりありません。どうしても恋愛したければサークルに入るなり、バイトするなりしなくてはならないと思います。
    • 学生生活
      良い
      サークルは結構な数があったように思います。作るのもそんなに難しくないですし。 文化祭に関しては特別なにが優れているとかはありません。それなりの芸人とかが来ます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      美術学科のなかでも、油の話をしますが、一年から二年のはじめにかけては集団で広場を利用し大型のモチーフをそれぞれを描いたり、石膏デッサンをしたりします。二年中盤からは裸婦だの、スケッチだの、一通りやったのちなんらかのテーマを持った油絵を何度か描くことになります。
    • 学科の男女比
      2 : 8
    • 就職先・進学先
      決まっていません。
    • 志望動機
      近所で通える範囲かつ、金銭面で選べる美術系の大学がここ一択だったからです。
    感染症対策としてやっていること
    暫く休校したのち、再開されました。休校している期間中オンライン授業をやっていたようです
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:704030
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2014年度入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    経済情報学部経済情報学科の評価
    • 総合評価
      良い
      尾道市立大学の良いところは、周りが自然に囲まれており穏やかな環境で勉強ができるところだと思います。大学の規模は小さいですが、その分教授と学生一人一人の距離が近く、相談や質問がしやすいところもまた良い点だと思います。
    • 講義・授業
      良い
      厳しいわけではありませんが、教授一人一人の専門知識を学生に伝えてくれようと指導してくれます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3学年からゼミが始まり経済、金融、経営、情報それぞれ3個ずつくらいから関心のあるゼミを選びそれぞれの専門について学ぶことができます。
    • 就職・進学
      良い
      就職サポートセンターが設けてあり、インターンシップに参加する為の講義であったりサポートを学生一人一人に対して熱心に対応してくれます。
    • 友人・恋愛
      良い
      学生自体の人数が少ない為、4年間通うと見たことがない人がいないくらいになり、人数が多い大学と比べたら関わる人数も多くなってくると思います。
    • 学生生活
      良い
      サークルは少ないですが一つ一つのサークルの活動が充実しており、軽音楽部ではデビューをするバンドがいたりサッカー部、野球では毎月試合に出て成績を修めており、他のサークルも充実しているので自分のペースで参加できるサークルを十分に選ぶことができると思う。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      飲食店
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:469038
  • 女性在校生
    在校生 / 2014年度入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    芸術文化学部美術学科の評価
    • 総合評価
      良い
      デザインを専攻していますが、約20人の学生に対し7名の先生がいるので細かな指導を受けることが出来ます。市内にある紙の業者の方が、注文した印刷用の紙を送料無料で届けてくださるので制作費を抑えることが可能です。また印刷はポイント制なので印刷自体にお金はかかりません。ただ、欲しい材料を探せる様々なショップが近くに無いことは田舎の大学ゆえ仕方無いのかなと思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      デザインでは、グラフィック・タイポグラフィ・映像・イラスト・立体の5つの研究室に別れて制作します。でも講評は全体で行うので、様々なジャンルの作品を見、講評を聞くことができます。
    • 就職・進学
      良い
      キャリアサポートセンターという就活支援室があり、面接対策や履歴書の添削をしてくださいます。また就活解禁前には外部から講師を招き、1日みっちりと面接対策をしてもらえました。
      地元企業からの信頼もあり、尾道への就活はしやすいようです。
    • アクセス・立地
      普通
      山の中にあるからかバス代が高く、決して通学しやすいとは言えません。ただ、大学直行便など便数は授業の時間に合わせて柔軟に設定されています。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      販売職
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:379311
  • 男性在校生
    在校生 / 2014年度入学
    2017年07月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    経済情報学部経済情報学科の評価
    • 総合評価
      普通
      特になんの特徴もない学科。学びたいことが具体的に決まってない人には良いが、詳しく学ぶには物足りない講義が多い。
    • 講義・授業
      普通
      講義を行う先生によりけりである。ただ、個人的な感想としては嫌味を言う先生が多い印象がある。単位だけ取れて、先生の嫌味を全く気にならない人なら全く問題なし。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミによる。緩いムードのゼミに入れば就職活動に、専念できるが、厳しいゼミでは就職活動の際に、邪魔になる課題などが出ている。先輩にどこがいいか聞くべき。
    • 就職・進学
      悪い
      学校指定の履歴書の書く項目が多すぎる。ただでさえ地方大学で、面接なども遠い場所で行われることが多く、費用も時間もかかるのに、さらに労力を用する。就活生の事を気にかけているとは思えない。
      アドバイスを求めにいっても大した指導もない。自力で就活すべき。
    • アクセス・立地
      悪い
      史上最悪の立地。そのうえ車の駐車場はなく原付の駐車場も狭く枠内に止まってないと、貼り紙。無断駐車はタイヤロック。駐車場を作れるスペースがあるのにもかかわらず無駄な建物ばかり作っている。まるで大学に通学するなと言っているかのような対応に腹立たしいばかり。
      バスも数本しかこない。
    • 施設・設備
      悪い
      新しい棟が綺麗なだけで、まったく充実はしていない。運動系の部活動をしっかりしたい人には全くおすすめしません。環境は最悪です。
    • 友人・恋愛
      普通
      友人関係や恋愛関係は本当に人による。ただ、なんの団体にも所属しなければ友人関係を築くのは難しいのではないか。恋愛関係は自分次第だよ。
    • 学生生活
      悪い
      サークルもほぼなく、学園祭もしょぼい。美術学科の方に力を入れてるのではないか。何も楽しいイベントはありません。
    この口コミは参考になりましたか?

    10人中10人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:357475
9951-60件を表示
学部絞込

基本情報

所在地/
アクセス
  • 本学キャンパス
    広島県尾道市久山田町1600

     JR山陽本線(岡山~三原)「尾道」駅から徒歩分

電話番号 0848-22-8311
学部 経済情報学部芸術文化学部

この大学のコンテンツ一覧

尾道市立大学学部一覧

このページの口コミについて

このページでは、尾道市立大学の口コミを表示しています。
尾道市立大学はどんな学校ですか?」という疑問に対して、他では見ることの出来ない先輩や保護者の口コミが記載されています。
学校選びの参考情報として、ぜひご活用ください。

みんなの大学情報TOP   >>  広島県の大学   >>  尾道市立大学   >>  口コミ

偏差値が近い国公立文系大学

京都教育大学

京都教育大学

47.5 - 52.5

★★★★☆ 3.99 (189件)
京都府京都市伏見区/奈良線 JR藤森
奈良教育大学

奈良教育大学

47.5 - 52.5

★★★★☆ 3.90 (159件)
奈良県奈良市/万葉まほろば線 京終
山口大学

山口大学

42.5 - 62.5

★★★★☆ 3.85 (758件)
山口県山口市/JR山口線 湯田温泉
北九州市立大学

北九州市立大学

42.5 - 52.5

★★★★☆ 3.85 (565件)
福岡県北九州市小倉南区/北九州モノレール 競馬場前
福岡女子大学

福岡女子大学

47.5 - 52.5

★★★★☆ 4.09 (159件)
福岡県福岡市東区/西鉄貝塚線 香椎花園前

尾道市立大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。