>>     >>     >>  口コミ

東京造形大学
東京造形大学
(とうきょうぞうけいだいがく)

東京都 / 私立

偏差値:49 - 50

口コミ:

3.69

(16)

東京造形大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.63 205位
研究室・ゼミ 3.44 311位
就職・進学 3.13 369位
アクセス・立地 2.19 399位
施設・設備 3.31 321位
友人・恋愛 3.25 339位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

16件中 1-10件を表示
  • 東京造形大学
    男性卒業生
    造形学部 美術学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-09投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 1| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他の有名私大と比べると規模が小さいですがその分小回りがきく印象があります。数年前に大学が閉まる時間が長くなったので学内で作業が出来る時間が増えました。また、長期休業中も他校と比べ学校が使える日が多く、自分の専門分野に専念出来ます。他の学部との繋がりもわりとあるので他分野での研究や施設の利用も相談すればできる場合が多いです。
    • 講義・授業
      美術、デザイン系の講義はもちろんいろいろありますが個人的には哲学系の講義が特に好きでした。また、教職に力を入れいるので教師になりたい、興味があるという方にはおすすめだと思います。
    • 研究室・ゼミ
      他の私大比べ人数が少ない分、教授とのコミュニケーションが多いように思います。また、研究費である程度必要な物が買えると思います。私の学部では1人1人の教授のカラーが違うので自分と合うがあると思います。ゼミは他の学部(例えば、デザイン系が美術系のゼミ)に入ることがことが出来ます。私の知り合いにも実際に数人いました。絵画科はゼミによってはしっかりとした、正にアカデミックな美術史を学ぶことができます。
    • 就職・進学
      私は美術系だったので就職については教職ぐらいしかイメージがありません。デザイン系はなかなか充実しているようでしたし、実際大手企業に就職が決まったと言う話も聞いたと思います。
    • アクセス・立地
      最寄りの駅からは徒歩だと15分ぐらいかかりますが、駅からは大学まで送迎バスが出ています。周りは山なので散歩気分で歩いて見てもいいかもしれません。
    • 施設・設備
      少し前に絵画棟が新しく建ちました。なかなか独特な形をしています。また、その中の学食も新しくなり委託業者が運営しているのでとても美味しく、値段も安いです。また、どの学部でも工房を使用することができますので、木材加工がいろいろ出来ます。カメラなど映像系のものも学部に限らず貸し出してくれます。
    • 友人・恋愛
      絵画科の話になりますが1,2年時は課題が多いです。内容は古典技法や版技法、日本画、木枠やパネル作り、立体造形、写真などです。なかなか自由に制作できない反面、いろいろなことをするので、自分がどのメディアについて興味があるかが分かります。今まで自分の興味の無いこともしなければならないと思いますが、サボらないでちゃんとやるととても良い経験ができます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は技法材料(木枠、パネル、古典技法など)の実習で2年次はさらにそこから立体造形や写真、版技法などを全員でやります。また、自分がどのクラスに行きたいかを決めるクラス分けがあります。3年次からはそのクラスでさらに専門的なことを学び、4年次はゼミと卒業制作で1人または、2人の教授を選び、その教授下で学んでいきます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      母袋ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      興味のある作家を個人個人で1人挙げ、その作家について研究、発表をします。その作家のことだけではなくその時代に何があったかなども含めて作家と美術史に対して思考を深めます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      同校の大学院
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      自分としてはもう少し専門分野を学びたかったという理由です。
    入試について
    • 学科志望動機
      絵を学びたいと思っていました。入学した先輩からの評判もよくいろいろ手作りながらも自分たちで提案して活動がしやすい環境にできる印象がありました。また、教職に力を入れていたので教職にも興味のあった私には魅力に思いました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      立川美術学院
    • どのような入試対策をしていたか
      受験形態が変わっている思いますが私のときは絵画科は1次、2次試験がありました。1次は鉛筆デッサンで2次は油彩でした。1次試験のデッサンは基本的に自画像が出ました。2次試験は油彩で人物が出ました。対策的には立てやすいと思います。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京造形大学
    女性在校生
    造形学部 デザイン学科 / 在校生 / 2015年入学
    2015-06-26投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自分でなにかモノを創りたいという人にはとてもいい大学だと思います。様々な分野の芸術のプロを志している人が多くていろいろと自分の知らなかったことを学べたりもします。けっこう技術系について学ばせてくれるので初心者でも心配はないと思います。なので逆に今まで専門に詳しかった人にとってはすこし進度が遅い、と感じることがあるかもしれません。
    • 講義・授業
      芸術や美術の歴史などについても学べるし、個性的で面白い授業も多々あります。こればっかりは自分に興味が無いことだと受け続けるのは苦痛に感じることもあるかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは利用したことがないので分からないですすみません。
      こんど利用してみたいともいます
      先輩の話ではゼミはあるそうです
    • 就職・進学
      進学もまだわからないです
      ですが就職率は他の美術大学に比べると少々低いということを聞きました。
      でも就職できないわけではないと思います
    • アクセス・立地
      大学最寄り駅からバスが出ているので楽です。ですがラッシュはそのバス自体が混みます
      そこだけは不便だと感じます。
    • 施設・設備
      パソコンはMac、Windows完備、その他の学部に必要は機材が多く取り揃えられています。設備はすごくいいと思います
    • 友人・恋愛
      サークルは種類が多いのでたくさんの選択肢があります。個性的な人が多いので自分を気にする必要はないと思います。みんなが自由で楽しいです
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      様々なメディアについての知識を基本から応用まで学べると思います
    入試について
    • 学科志望動機
      デザインについて学びたいと思った。コンピュータが好きだったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      地元の画塾
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を解く、センターも利用したためセンター向きの勉強もした
      あとは画塾に通った
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京造形大学
    女性卒業生
    造形学部 デザイン学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2015-06-23投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      卒業したあと、この大学に通うことができてよかったと思えたことが大きいです。ひとえに自然豊かな環境と、まわりの友人たちに恵まれたことが大きいです。
    • 講義・授業
      選ぶのが大変なくらい授業の種類はあると思います。お試しで受けられる期間ももちろんあるので、「自分で選択して学ぶ」という意識を常にもって講義に望めました。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は綺麗で、すぐ教授に会いに行けるのが嬉しいところでした。本当に教授との距離が近く、ゼミが毎週楽しみでした。
    • 就職・進学
      担当の人が就職のことについて親身になって相談に乗ってくれました。自分も周りの友人たちも目的の職に就くことができています。
    • アクセス・立地
      スクールバスが出ているので駅からの距離も気になりません。それほど遠くないので歩いて行くこともできます。緑に囲まれた素晴らしい環境です。
    • 施設・設備
      設備に関しては劣っていると言わざると得ません。他の美大に比べて、使える機材も、設置数も少なかったです。
    • 友人・恋愛
      親切で温かい人が多かったように思います。男女比はそれほど違いはありませんが、やはり女性のほうが多かったです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      デザインについての基礎知識を学ぶことができます。 2年生以降はアートとデザインどちらかを選択できますが、作品の形態はテーマにそっていれば自由でした。
    • 所属研究室・ゼミ名
      岡村ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      様々な美術館に足を運び、展示を鑑賞したあと、カフェで語らいます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      印刷会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      専門的な技術を確実に身につけたいと思ったため。
    入試について
    • 学科志望動機
      美術系の高校にてデザインを学んでいたため。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      埼玉美術学院
    • どのような入試対策をしていたか
      学科の勉強はもちろん、色面構成や基礎的なデッサンなど
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京造形大学
    女性在校生
    造形学部 デザイン学科 / 在校生 / 2013年入学
    2015-06-23投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      基本的にやりたい事をやるのは自分次第ですが、それを実行できる設備や環境は整ってると思います。教授にも恵まれているし、イベントも興味深くユニークなものが多い大学です。
    • 講義・授業
      デザイン学科に関して言えば様々なタイプのデザイナーの方が集まっていて、ためになることが多いといます。授業も堅苦しいきっちり決められてるわけではなく、割と個人が自由に制作できる課題が多いので楽しいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      基本的に学校での印刷代は自分で支払うものですが、大型印刷に関しては担当の授業の教員に申し込めばいくらでも印刷できるところが便利です。
    • 就職・進学
      企業への就職支援は整ってると思います。様々な紹介や募集の広告が目につくところに貼られているので意識しやすいのではないかと思います。
    • アクセス・立地
      良く言えば自然豊かな森に囲まれています。駅を出てすぐのところにスクールバスがありますが便数が限られていて、溢れると次のバスを待つことになります。駅から歩くと15分?20分かかります。学校自体は大きくないので、学内で迷うことは少ないと思います。
    • 施設・設備
      印刷の面での設備は整ってますし、学食がとても美味しいです。toolsというショップが備えられていて道具には困りませんが、欲を言えば神の種類がもっと豊富だとよかったなと思います。
    • 友人・恋愛
      サークルも豊富だし、授業内でのグループワークが多いので色んな人と知り合う機会は沢山あるかと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      デザインの基礎知識からパソコンの基本技術を学ぶことができます。
    入試について
    • 学科志望動機
      グラフィックデザインを学びたいと思い、歴代の先輩が進学している学校を選びました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      高校の担当教員による特別指導
    • どのような入試対策をしていたか
      高校での作品のポートフォリオ制作と面接の練習
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京造形大学
    女性在校生
    造形学部 デザイン学科 / 在校生 / 2010年入学
    2015-06-20投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      一口にアニメーションといっても様々な技法があります。ここでは一通り学べるし、様々なジャンルのプロとして活躍している方を講師としてお招きして教えてもらえたりもするのでとても勉強になります。常にいる教授も「立体アニメーション」「3DCGアニメーション」「PCソフトを使った切り紙アニメ」と各種作家、クリエーターの先生もいますし、アニメーションについての概論、歴史などの「理論」を主に教えてくれる先生も居ます。自分から学ぼうと思えば様々なアニメーションを実技・理論・歴史ともに学べる良い専攻です。
    • 講義・授業
      ひとつ前の回答にも書きましたが、様々な種類の「アニメーション」について学べるのでとても楽しいです。各種アニメーションについて学ばせるために各種機材は揃っていて、簡単に借りて使うことができます。アナログ撮影機材から最新のPCソフトまで、きちんと数えたらすごい数になるのではないでしょうか。その分新しい事ばかりで機材の使いかたを覚えるだけでも一苦労ですが…。2、3年生では4〜6週ごとに違う先生を招いて学ぶ講義があるのですが、映像関連だけでなく、ドラマのBGMの作曲家の方や、パントマイムパフォーマンスの方が教えてくれたりしてとても楽しいです。
    • 研究室・ゼミ
      アニメーションの教授のやっているゼミの内半分は半年で終わってしまうのがとてもさみしく、一年かけてともに学びたいので低評価にしました。うちの大学のデザイン学科はゼミは4年生だけなので半年しかやらないゼミもあるのですが、やはり寂しいです…。私は学びたい内容だったので半年しかないゼミを選びましたが…。
    • 就職・進学
      就職率については高いようです。まあデザイン系の学科なので、個人作家というより、どこかのプロダクションに就職することを前提にしている学生も多いですから。就職活動用のセクションもありますし、ポートフォリオも各種揃っていて、卒業生のポートフォリオも置いてありいつでも見られるようになっています。とても参考になりますよ。聞いたことのある有名な会社が学校内で会社説明会を開いてくれたりして、とても助かっています。わざわざスーツ着て遠くのイベントまで出向くのはとても面倒ですから。ただ、アニメーション専攻だけでいいますと、アニメーション業界、映像業界自体がブラックな企業や小さなプロダクションが多いので、就職は出来ても卒業後の苦労は多いと思います。進学については、学内に大学院もあるので、同じキャンバスに通い続けることになるのだと思います。
    • アクセス・立地
      山の中の学校です。本当に山の中です。周りの家も基本的に敷地が広く、東京都だからといって騙されてはいけません。最寄駅から徒歩15分ほどですが、スクールバスが出ているのであまり不便は感じません。バスだと5分くらいです。 ただ駅から学校までの往復という点でなら不便はありません。一度構内に入ってしまえば食堂も購買もあるので困りません。生協はありません。 基本的に山なので、遊ぶなら隣の駅に行かないといけません。飲み会も基本的に別の駅集合ですね。  まあ、この立地だから大きい音の出る機材を置いておけるのだと思えば、当然ですね。
    • 施設・設備
      各種機材はそろっています。 アニメーション専攻だけで言えば、カメラ、撮影台などの比較的アナログで大きな機材もありますし、PCソフトも各種揃っています。PCの解放教室は台数もそろっているしソフトも充実しているし、自習にピッタリです。準備室や機材管理室に行けば撮影機材は借りられるので、ロケハンも可能です。  その他、授業によっては全く専攻に関係ない(版画、木工、金工)機材にも触れて、とても新鮮で刺激になります。  食堂やカフェ、サークル室のある棟は一番新しい建物なのでとてもきれいです。その中に購買も入っています。生協はありません。 図書館は、さすが美大の図書館といった感じです。文学や一般教養の授業向けの普通の本は当然あるのですが、写真資料や各種学科専攻向けの本、絵本や漫画なども揃っていてとても面白いです。人によっては、作品の資料はだいたいこの図書館だけでそろえられると思います。個人的には絵本がとても多いのが気に入っています。 美術館があります。定期的に展示をしていて、基本的に無料で見られるのでいいと思います。卒業制作の優秀作品を展示したりもして、制作の参考になると思います。
    • 友人・恋愛
      「うちの専攻の学生は、学生同士で外で遊ばない。」とアニメーション専攻の教授が言っていました。 確かに、制作に集中する時期は帰ってすぐに作業に入りたいし、一人の時間を大事にする人も多いです。 ただ、サークルや文化祭実行委員会なんかに参加している人は活動があるのでまた違うと思います。グループ展で違う専攻同士の人と組んで交流する、なんてこともあります。 ちなみに一番おしゃれでモテそうで人数が多いのはグラフィックデザイン専攻です。(個人的な印象です)
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      アニメーションについての基礎知識から様々な技術まで学べます。歴史や論理、作家研究から作成の技術まで。
    • 所属研究室・ゼミ名
      和田敏克ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      実写映画を見て編集の技術について講義を受けたり、テーマを決めて作品を作ったりします。
    入試について
    • 学科志望動機
      アニメーションを作りたかった。他の学校で「アニメーション」について一年生から学べそうな大学は少ない。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      代々木ゼミナール
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を解く。 デッサンの練習。そして描いた物を予備校の先生に見てもらって、注意された点を気を付けて次の課題に挑む。とにかく数を描く。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京造形大学
    女性卒業生
    造形学部 デザイン学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2015-06-12投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      卒業してみて、色々なことがあって充実していたなと思える4年間だったので。いい友人や教授と出会えたのがいちばんの宝だと思っています。
    • 講義・授業
      はじめは基礎を学び、学年が上がるとデザイン系かアート系か選択できるようになり、自由度が高かったです。
    • 研究室・ゼミ
      好きな教授のゼミに入れば楽しい授業が受けられると思います。ゼミによって内容も課題の量も全く違いますが、選択は自由です。
    • 就職・進学
      同学年の人たちがどの程度就職したのか進学したのかわかっていませんが、周りの友人たちは全員就職しました。
    • アクセス・立地
      東京ではありますが都心・他県から来るには遠いかなと思います。駅からスクールバスが出ているのはとても助かりました。運転手さんが優しいです。
    • 施設・設備
      この大学内だけでは設備がどのくらいのレベルかわかりにくいですが、他の美大と比べてみると劣っていると言わざるを得ません。自由に使える機材が少ないです。
    • 友人・恋愛
      課題にしっかり取り組む友人が多かったので、刺激になりました。極端に男子女子どちらかが多いということはなかったです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      デザインの基礎やアーティストについて学ぶことができます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      印刷会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      印刷分野の専門の技術を身につけたかったため。
    入試について
    • 学科志望動機
      高校でデザインを学んでいたため、デザイン学科に入りました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      埼玉美術学院
    • どのような入試対策をしていたか
      学校の行き帰り・移動時間などに勉強を欠かさずしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京造形大学
    女性卒業生
    造形学部 デザイン学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2015-06-09投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自由に科を選べたり、やりたいことがある方には利用しやすい場所。機材も充実していて、講師も現役を呼んだり、力をいれている
    • 講義・授業
      自分で興味あるのを選ぶので、抽選から人気なものは受けれないことも、入って吟味しないとわからない。自由な分好きなことしかやらなくなる。
    • 研究室・ゼミ
      色々とあるが、規模は小さいので社会で活躍するものがいいなら5美大サークルの方がいいかも。実験的な研究室が多いが、仕事の一員としてデザインに取り組めるゼミもある。
    • 就職・進学
      卒業生はいろんな分野、現役もいるので繋がりは良い、ただゼミが最後2年しかなく、就活と両立が厳しい。就活サポートも長くやっていたり、説明会を大学で開催している。
    • アクセス・立地
      山の中なので静かで、自然がよい。が買い物等便はよくはない。バスが無料なのはよい。自然が豊かなので散策などしやすい。
    • 施設・設備
      改築したので新しい、科目も増やしたりしている。PCや自習室が解放されているので良い。図書館も開放的で雰囲気もよく、多くの資料を揃えている。
    • 友人・恋愛
      独創的な人が多いので、何をして周りを気にしないといけないことがない。自分の時間と同じものを目指す友人を探せたら良い
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      デザイン、サイトやパッケージ、テキスタイルまで幅広く学んだ。アニメーションに強いので実践的に学べた。
    • 所属研究室・ゼミ名
      深瀬アニメーション会、木船ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      アニメーション全般、描くアニメーションからCGまで幅広くやった。先生も有名な会社の現役講師で色々なことが知れた。
    進路について
    • 就職先・進学先
      アニメーション会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      その会社の作品が好きて、つくりも丁寧だったため入った。
    入試について
    • 学科志望動機
      アニメーションとイラストが学びたいと思い、デザインという広い裾野からイラストの商業的展開を考えたかったため志望した。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      すいどーばた美術学院
    • どのような入試対策をしていたか
      予備校でコンテストをいっぱい受ける。毎日描きまくる。過去問をとく。常に良いものをみたり体験したりする。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京造形大学
    女性在校生
    造形学部 美術学科 / 在校生 / 2014年入学
    2015-02-20投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他の美大よりもより一層個性的な生徒が集まる大学だと思います。生徒数や大学の規模が小さいですが、小さいからこその魅力がたくさんあります。
    • 講義・授業
      一番の特徴は、ハイブリッド科目という学科を越えて取れる授業があるところだと思います。講義の充実度はその担当の先生によってかなり変わってきます。
    • アクセス・立地
      駅はどちらかというと田舎のほうで、大学自体は山の中にあります。駅からはスクールバスが出ていますが徒歩15分くらいで歩けます。
    • 施設・設備
      絵画棟は新しく建てられておりとても綺麗です。作品を制作するのには十分な設備がそろっていると思います。
    • 友人・恋愛
      これは運とタイミングです。大学内でも時を追うごとに関係は変わってきますしなんとも言えません。最初印象でははとっつきにくそうな人が多いですが悪い人ではないのでどんどんアタックしてみたほうがいいと思います。
    • 部活・サークル
      サークルは様々です。サークルに集まる人同士は似た人同士が多いです。サークルによって活動の度合いが違ってきますが学園祭などはみんな盛り上がってます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      絵画をはじめ様々な美術表現を学んでいます
    • 所属研究室・ゼミ名
      概念・表現
    • 所属研究室・ゼミの概要
      美術という枠組みを内から探っていくような感じです
    入試について
    • 学科志望動機
      高校の先生の影響や実際に見学したときの雰囲気
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      鉛筆デッサンと油彩の対策、過去の出題を見つつ
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京造形大学
    女性在校生
    造形学部 デザイン学科 / 在校生 / 2013年入学
    2015-02-20投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      意欲があればどんどん成長できると思う。意欲がなければ簡単に逃げれるところでもあるので差が開きやすくもある。美大という性質上、就職は大変だし、一般の一部からは蔑まれたりもするもの。でもそれでもやってみたい、やりたいと意欲があるのなら十分におすすめできます
    • 講義・授業
      現役のデザイナー、作家、研究家など様々な人たちから講義を受けれるし、自ら質問する機会もたくさんある。他の学科の授業も受けられたりとかなり幅広く学べる
    • アクセス・立地
      森の中にあり、校舎までは駅から無料のバスがある。混んでると増便してくれたりするが、雪などで電車が止まったりすると路線は一本のみなので大変。バスもなくなったりする
    • 施設・設備
      規模は小さいけど、かなり充実している校舎も新しくなったり、新しいシステムが入ったりとどんどん改善されつつある
    • 友人・恋愛
      学内の恋人もいるが、どちらかといえば学外恋愛が多い印象。美大なので、俗にいう変人、奇人みたいな人が多いがとても楽しい
    • 部活・サークル
      運動系もそれなりにあるが、文化系が多い印象。学祭の時は運動文化関係なく盛り上がる。サークルに入らずに学外活動をしている者もおおい
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      専攻ごとに異なります。専攻ごとでデザインの基礎から学んでゆきます
    入試について
    • 学科志望動機
      平面系のデザインか、絵画で迷っていた時にテキスタイルデザインという平面でも立体でもない不思議なものに出合い、テキスタイルという分野にピンときたから
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      勉強が苦手なので実技を重点的に対策した。それでもセンターや一般筆記の試験対策もそれなりにはやった
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京造形大学
    女性在校生
    造形学部 美術学科 / 在校生 / 2012年入学
    2015-02-19投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      デザイン科はプロ意識が高く、講評に対する意識が高いのですが、美術学科は講評に出ない人やだるいからといって授業に出ないような意識の低い人が多いです。先生はややおおざっぱな人が多いですが、生徒のやる気に答えてくれるような熱心な人達です。
    • 講義・授業
      美術学科の中でも彫刻専攻の授業は、人体塑像をメインにゆったりと時間をとってしています。人体や塑像を学びたいという人にはもってこいの授業ですが、他の事をしたいという人にとっては少し退屈かもしれません。しかし、塑像は彫刻の基礎なので、石彫、木彫、金属などどの分野に進んでも必ず役に立ってくると思います。美術学科は、多くの視野を持って授業をしているデザイン科と違い、彫刻以外を学ぶ機会が少ないのがデメリットです。自分から行動し、他の専攻の分野からも吸収していくと作品制作が有意義なものとなりますよ。
    • アクセス・立地
      大学専用のスクールバスが出ています。最寄駅の相原は、八王子からJR横浜線で3駅なので少し立地は悪いですが、自然が豊かでのびのびと作品作りに励むことができます。
    • 施設・設備
      狭いですが、最近は新校舎ができたり、トイレが新しくなったり等、いい方向に向かっています。設備は最低限のものしかないですが、全く困りません。先生曰く、「何もないのがうちの大学の長所だ。」です。
    • 友人・恋愛
      3年生以降は彫刻以外の授業を履修することが少なくなるので、1、2年生のうちに多くの授業を履修して、少し喋っておくといいかもしれません。特に体育や造形基礎科目は友達ができるチャンスですよ!また、彫刻専攻はデザイン棟など他の建物と隔離されているため、他の学科と関わることが少ないです。1年生の時にサークルに入ったり、他の専攻の子と仲良くなるといいと思います!
    • 部活・サークル
      運動部は、部活によりますがのんびりと趣味のような感覚でしています。ガッツリランニングをしたり筋トレをしたりはしません。課題や制作と両立しながら部活に励むことができます。グラウンドや体育館はとても狭いですが、相原には運動所があります。文化部は、学祭での漫画研究部のアニメキャラのコスプレが毎年すごくクオリティが高いです。部活によっての雰囲気が見たいなら、10月に行われるCS祭を見てみるのもいいと思います。どこの部活もいい雰囲気ですよ。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      主に人体を学ぶことができます。3年生の後半からは自分のやりたい事ができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      彫刻準備室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      いろいろなものを貸し出してくれます。また、先生や助手さんが雑談に付き合ってくれます。
    入試について
    • 学科志望動機
      先輩の卒業制作に惹かれ、自分もそれを作りたいと思ったから
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      とにかく大きな声を出し、元気のよさとやる気をアピールした。
    この口コミは参考になりましたか?
16件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

東京造形大学の画像 :©kuwasawagaさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

北海道科学大学
北海道科学大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:45 - 54
★★★☆☆3.22 (18件)
北海道/私立
尚絅学院大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:45 - 54
★★★★☆3.57 (14件)
宮城県/私立
藤女子大学
藤女子大学
併願校におすすめ
偏差値:45 - 50
★★★★☆4.01 (98件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。