みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京医療学院大学   >>  口コミ

東京医療学院大学
出典:Konaine
東京医療学院大学
(とうきょういりょうがくいんだいがく)

東京都 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:BF - 40.0

口コミ:

2.90

(20)

東京医療学院大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★☆☆ 2.90
(20) 私立内538 / 554校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

20件中 1-10件を表示
  • 男性卒業生
    保健医療学部 リハビリテーション学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年11月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 1| アクセス・立地 2| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    • 総合評価
      私は残念ですが卒業まで行かず途中で別の大学へ転校することになりました。
      今現在はこの大学にいませんが、在籍していた時点での状況を簡単に書きます。
      留年生に関しては他の生徒さんが仰っている通りかなり悲惨なことになっています。私の見た限りでは留年せずに1つでも落とした時点でそのまま退学準備をする生徒さんも多くいました。
      もしこの大学と公立大学を受験した末にここしか合格できなかったとなった場合は、妥協でここに決めるなら一年浪人してほかの学校を選んだほうがのちの4年間(退学や転学をするならそれ以上)後悔し続けることにならずに済むかと思います。
    • 講義・授業
      朝早くに教室前列を取ることができなければ基本的に全く聞こえません。
      教授や講師が注意は一応していますが、数十秒で元に戻り全く意味がありません。当然そんな環境で疑問点を聞くことはできません。
      教授も生徒の顔を覚える気が全くないのか、当然のように代理出席が横行していました。
      外部講師が多く、疑問点を聞く暇もなく帰ってしまう講師もいらっしゃいました。代理出席に関してはここも問題だったと思います。
      一年次ではボランティア活動と多摩市の歴史を学ぶ授業がありますが、内容がボランティアとは名ばかりの日雇いバイトに近い課外授業と高校で行うような地理歴史の授業のため未だに疑問を持っています。
      一番の問題は厳しいというよりは頑固な先生が多いことです。もし練習等で間違ったことを行ったとして、そこで「次はこうしよう」というような建設的会話をするのではなく一方的に責め立てるような話し方をする先生もいらっしゃいます。
      そこから先生と距離を置いてしまい聞きたいものも聞けず、そのまま単位を落としていくような生徒もかなりいました。
    • 研究室・ゼミ
      10人程度のクラス編成が組まれます。このクラスで放課後や休日の練習や勉強を行い、後の実習先病院の選定もこの中で行われます。
      前述の通り先生によってかなりクセが強いので当たり外れが多いと言われています。クラスの変更制度はありませんし、クラスによっても進捗が異なりますのでここでハズレを引いてしまうとずっと苦労することになります。
      「やり甲斐、やる気、根性」これらは無理やり嫌なことをやらされることとは全く違ったことですので流れに飲まれないようにしてください。
    • 就職・進学
      卒業した訳ではありませんので直接の就職サポートは受けていませんが、「先輩方がどこに就職しているのか」「どのような求人が来ているのか」といった情報が公開されていません。
      ジャンルだけでの就職先情報はちらほら先生方から聞く機会がありますが、病院に就職と老人ホームに就職では同じ理学療法でも大きく異なりますし結果的に自分がどこで働くのかといったビジョンが見えてこないので将来を見据えた学習がしにくくなっています。
    • アクセス・立地
      多摩センター駅から通学であればひたすら坂道を上っていきます。学校のシャトルバスはなく、神奈川中央バスを使うか自転車通学が多いです。マイカー通学は認められていません。
      周辺はベッドタウンですので多摩センター駅周辺以外はマンションばかりです。コンビニは学校へ向かう坂の手前(サンリオピューロランド寄り)と坂の中腹のあたりにそれぞれファミリーマートがあります。食堂のキャパシティが生徒数に見合っていませんので、溢れた生徒さんはどちらかのコンビニに向かいます。
      アパートは元々の街が過去に開発されたニュータウンであるために古いものが多いです。綺麗で築年数の新しい物件に絞って探すと多摩センター駅前周辺にいくつかありますが、光熱費を含め10万円の出費は覚悟したほうがいいでしょう。物価も高いので実家通学の生徒が大半です。
    • 施設・設備
      実習場と必修科目を受ける大講義場を除き殆どが跡地である南落合小学校の建物を再利用しています。建て直しするにしても校内面積が少ないためにそもそも学校自体が今の生徒数と見合っていません。それ故に全学年利用する図書館や食堂が大変混雑します。
      定期検診や教科書・参考書の販売でもエリアが限られている中全学年1日で済ませようとするために混雑し相当の時間がかかります。
      機材はある程度揃っています。ただし最初に使う際は注意事項を説明せずに簡易的な取扱説明書だけ渡され「とりあえず触ってみましょう」というスタンスのため、使い方が分からず講義が終わってしまうことや下手をするとグループのパートナーに火傷等のケガを負わせてしまう可能性があります。
      パソコンを利用する科目もありますがスペックが低すぎるために起動が遅く、フリーズや強制終了も頻繁に起こるため自前のタブレットやノートパソコンを持ち込んで作業する生徒が多かったです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      前述のクラスであまり良くない組み合わせだとお互いを責めながら生活することになります。特に学校にすぐ来れる一人暮らしの人と実家から通学している人、出来る人と出来ない人、先生に好かれている人とそうでない人のようなところから不仲のきっかけが生まれていくことがあります。
      クラス担当の先生が前述の頑固な性格だと仲介にはいることもなく「自分たちでなんとかしてみましょう」といった自主性を求めてくるので、どんどん関係が悪化していきます。
      クラスのグループからハブられてしまい授業や提出書類に関係する重要な情報もはいってこなくなってしまった生徒もいましたが、自分からはなかなか言い出せるものでもなく学生間の交流はLINEが主流のために学校側が認識しづらいといった問題もありました。
    • 学生生活
      前述のとおり上手くいくクラスではそのクラスの中で遊びに行ったり自主的な練習をしますが、ギスギスしたクラスでは何も出来ません。
      まわりのクラスが頻繁に活動している中何もやっていないので自分達だけ遅れている感覚になり、どんどん学校が嫌になってきいます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      他大学への転学
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      授業内容や周辺環境に疑問が募り、他大学へ見学に出向いた際の授業密度のギャップから自分の考える像と全く異なっていたと感じその大学への転学となりました。
    投稿者ID:391173
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    保健医療学部 リハビリテーション学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    • 総合評価
      新設の大学ということもあり、倍率も低く比較的入りやすい大学ではありますが、入学した後に、学校の設備、制度、教員そして授業にショックを受けられると思います。
      また、テストで1科目でも落としてしまうと(再試験で60点以上の点数を取得できないと)留年となり、学費が多くかかってしまいます。そのリスクも考えたうえで受験する覚悟を決めていただきたいと思います。
      カリキュラムも他の専門学校や4年制大学と比較すると、遅れた内容になっています。そのような面も考えたうえで受験を考えられた方がいいと思います。
    • 講義・授業
      共通科目の授業は先生が教科書を読むだけで終わる授業、説明もなく板書だけで終わる授業があります。

      理学療法学専攻の専門科目の授業では、内容は濃いですが、厳しい先生が多いです。
      先輩たちの代では厳しさ故に心を痛め、退学してしまった人も何人かいるそうです。
      「少人数クラス制度」「アットホーム」を売りにしていますが、積極的に授業の補修や予習をしてくれる先生もいれば、忙しく全くしてくれない先生もいます。

      これが現状です。よく考えたうえで入学を決めていただけたらと在校生として思います。
    • 研究室・ゼミ
      理学療法学専攻では充実していてやりたいことをやらせてもらえるそうですが、厳しいそうです。作業療法学専攻では自分から選べず、当たりはずれがあったりするとよく聞きます。
    • アクセス・立地
      最寄りは京王線、小田急線、モノレールの多摩センター駅です。
      そこからバスで15分徒歩で30分かかります。
    • 施設・設備
      廃校になった小学校を利用しているため、小学校ほどの小さい校舎と立地面積です。棟によっては古くボロボロです。図書室も自習スペースも小さく入れるひとが限られいて充実していません。一度見学に行ってみるといいと思います。

      しかし、小さい校舎にもかかわらず、看護学科を設立したり、来年からリハビリテーション学科の定員を増やすそうなので人が多く使いにくくなるでしょう。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      「みんなで目標に向かって頑張ろう!」という姿勢もみられますが、実際、理学療法学専攻では、競争心や攻撃性がある人が多く、いじめやSNSによる悪口が見られました。作業療法学専攻では、比較的穏やかで優しい子が多いですが、そこでも、いじめがあったりしたそうです。
    • 学生生活
      勉強が忙しく部活なく、週1、2回ほど活動するサークルが少しある程度です。
      ちなみにサークルに入る人は少ないです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次では一般教養、
      2年次では基礎医学全般 見学実習
      3年次では専門科目、評価実習
      4年次で卒業研究、臨床実習があります。
      他大学や専門学校では1年次の時点で見学実習、2年次で評価実習に行くところがほとんどであり、他の学校より遅れたカリキュラムとなっています。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    投稿者ID:390320
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    保健医療学部 リハビリテーション学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年09月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他の方の言う通り留年生は多いです。というより、1度留年してしまった人がまた留年を繰り返してしまうことが多いように感じます。
      普通は留年すると焦りを感じますし、1年分余計に勉強しているわけですからまた落ちることはあまりないように思います。しかし、正直留年者に厳しい学校です。
      この学校には先修条件というのがあります。
      他の学校では留年しても取れる科目は履修出来る所もあるらしいのですが、この学校は単位を落として留年してしまうとその先で習う科目が取れなくなってしまいます。例えば、一科目だけ単位を落としたら、留年と言ってもその落とした一科目を取るだけに1年を費やすという事なのです。マジでそれ以外の事は何もやらせて貰えませんよ。個人で勉強するのもダメって言われますから。なので次進級した先でまたつまづいてまた留年という事になりかねません。
      さらに、実習で精神領域と身体領域の両方に行くのですが、どちらか片方落として留年してもどっちも落とした事になりまた両方実習やり直さなければいけなくなるんです。
      留年させることが悪い事だとは思いませんが、留年後に色々制限かけて、結果的に追い詰めてるのかなと思いました。
    • 講義・授業
      授業は先生によって様々です。
      3年生にはかなりぎゅうぎゅうにやる事が詰め込まれています
    • 研究室・ゼミ
      これも先生によって様々です。
      英語の論文読めって言われるところもあれば卒業研究にはこだわりたいという先生もいらっしゃいます。
      国試の勉強の為に、卒研は早めに終わらせようぜって言ってくれる先生もいらっしゃいます。
    • アクセス・立地
      自然に囲まれてた場所にあるキャンパスです。
      多摩センターから徒歩で30分くらいの距離に学校があります。
      バスも出ています。
    • 施設・設備
      小さい学校ですし、施設などあまり充実していません。
      図書室の本は少しずつですが増えてきました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      セラピストを目指しているだけあって、基本的に人と接する事が好きな人が多いです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      作業療法士
    投稿者ID:362131
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    保健医療学部 リハビリテーション学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年07月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 2]
    • 総合評価
      講義の内容に疑問がある。作業療法士を目指すのに何でこんな講義を受けるんだと思うような講義と内容が多い。教え方もあまり良くなく、それでいてほとんどが必修科目のため留年する人が多い。学校の建物が小さく、サークルもほとんどありません。大学というよりも専門学校です。想像するような大学生活を送ることはできないと思って来た方がいいです。
    • 講義・授業
      これやって何になるんだ?と思うような講義が多いです。先生には質問に行けばわかりやすく教えてくれます。というか1番の問題は講義中に寝ている、携帯をいじっている、おしゃべりしている学生が多い事です。それらの学生を先生が授業中に注意するたび授業が止まるし、話し声がうるさいので真面目に受けている学生が不憫でなりません。
    • 研究室・ゼミ
      当たり外れがあり、自分で選べないようです。
    • 就職・進学
      就職に関しては先生が頼りになるので心配はいらないと思います。卒業まで残れていればですが、、、
    • アクセス・立地
      最寄りの駅から歩いて20分はかかる所にあります。スクールバスなどはありません。周りは長い上り坂ばかりのため自転車で通学するのは毎日苦痛でしょう。周辺にはお店が何もありません。住宅街の中にあるのであまり騒ぐと学校に苦情が行くそうです。
    • 施設・設備
      できたばかりの学校ですが壊れていたり古い設備のものばかりです。特にメディアラウンジのパソコンは数は少ないし、起動が遅いので腹が立ちます。また、資料や機器があまりないので不便です。自由に使える自習室は大変うるさく、変な匂いがします。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私の学年は最初は人数が少ないのでみんな仲良しでしたがだんだんとギスギスし始めグループができて科がバラバラになりました。2年時から始まるグループワークという班で一つのレポートを作る課題ではあいつは仕事をしないとかを影で言い合っていて仲がほんとに悪くなりました。ギスギスしている学科の雰囲気はまるで漫画や映画のデスゲームのようでした。毎年このグループワークで仲が悪くなるそうです。入学した際にはは仲が悪くならないようがんばってください。それでも規模が小さいのでたくさんの一生ものの友達ができることでしょう。私はあまりできませんでしたが、
    • 学生生活
      規模が小さいのであまりサークルはありません。学祭はやはりできたばかりで規模が小さい大学であるため大きな大学と比べればそれほど盛り上がっておりません。有名人を呼ぶとかは無いです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      医療従事者になるために大切なことを学べます。
      自分から学ぼうという意欲と将来絶対になりたい!という強い意志がなければ4年間在籍することは出来ないでしょう。
    投稿者ID:356268
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中3人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    保健医療学部 看護学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年06月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      授業が朝から夕方まで合間無く行われます。看護師になりたい!と強く思っている学生にはいい環境の大学だと思います。選抜ではありますが、助産師の資格を取ることもできるそうです。
    • 講義・授業
      優しい先生や厳しくとも学生のことを考えてくれていると感じる先生がたくさんいますが、ホントに冷たいだけの先生も残念ながらいます。教室の前に立っていただけで「じゃま。通れないだろどけ!」と強く怒鳴られたり、授業の時にだけ来校する先生の連絡先を聞きたくて理由を説明しても「あっそ。でも教えない。今忙しいから消えて」などと言われることもあり、悲しい気持ちになります。教えてくれる気がないなら最初から理由まで聞かないでほしい…
    • 施設・設備
      学校内にも学校のまわりにもコンビニはなく、食堂は小規模なので、お弁当を持っていくか駅周辺で用意したほうがいいかもしれません。最近は自動販売機が増えて便利になりました。
      パソコンから印刷するときに、印刷機が1台しかないので他の子のプリントが混じることが多いです。
    投稿者ID:354778
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    保健医療学部 リハビリテーション学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      ちっちゃい大学だがその分仲が良く全員で勉強頑張ろうって雰囲気があります。施設不足がマイナスポイント。
    • 講義・授業
      担当の先生によって充実度が変わるイメージですね。
      うるさい授業や、寝ている授業もありますが、真剣に充実してやっている授業もある感じです。
    • 研究室・ゼミ
      3年からゼミは始まり、実習の時期があったりでなかなかドタバタしてました。忙しいっていうのが本音ですが、充実はしていると思います。
    • 就職・進学
      小クラス担任制なので、進路なとの相談はとても気軽にできます。先生方の繋がりで紹介などもあり、サポートはしてもらえますよ。
    • アクセス・立地
      なんせ駅から距離があります。そして学校の周りは団地です。駅周りは少々栄えてますが通学中にも特になにもありません。小田急線はよく止まるイメージです。
    • 施設・設備
      新設してから年数が浅く、まだまだ施設が整ってません。
      綺麗ではありますが、学生の人数にパソコンの台数や食堂の数、勉強スペースなど足りてないという感じです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      理学療法士
    投稿者ID:338776
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    保健医療学部 リハビリテーション学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      少人個別性が特徴的です。クラス分けにより担任制度が設けられています。専門科目が2年からと比較的に遅めである。
    • 講義・授業
      大学のため、専門家の先生による授業なため知識は深められる。専門学校では学ばないことをやる為要領が悪いと頭が混乱することをあります。しかし、先生に質問しにいけば大抵のことは解説してくれ解決できるので大丈夫です。
    • 研究室・ゼミ
      個々で選択でき、自分の希望するゼミで研究を行うことができます。自分の興味を持った分野に対してアドバイスを先生方から受けながら進めてゆく流れです。
    • 就職・進学
      5年目の大学であるが、専門学校との繋がりも強く先生方に相談することが多い。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は多摩センター駅です。そこから徒歩30分。バスだと5分。歩いていく生徒とバスの生徒が半々です。自然に囲まれています。
    • 施設・設備
      学校の施設内は、新しく綺麗です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      少規模の大学のため繋がりがあります。サークルに入ることをお勧めします。
    • 学生生活
      イベントは楽しいです。
    投稿者ID:320138
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    保健医療学部 リハビリテーション学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      リハビリを学ぶ上で必要なことは教えてもらえます。喫煙所があるともっとよかった。笑
      資格を取るための体制は整ってます。
    • 講義・授業
      特別講師の多い導入の講義で心掴まれて、のめり込んでいけます。常勤の先生方には頭が上がりません。
    • 研究室・ゼミ
      自分の所属していたゼミではやりたいことをやらせていただいたという印象。臨床に出てからも大事にしたいです。
    • 就職・進学
      資格を取ることができさえすれば就職には困りません。地域に強いです。
    • アクセス・立地
      坂道が多いので、電車でも最寄の駅からはバスもしくは自転車が必須です。
    • 施設・設備
      必要最低限そろってます。喫煙所が無いくらい。建物も新しいものができたそうです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルを立ち上げただ時期でいろんなのに所属して楽しかったですが、勉強が忙しくてなかなか参加できませんでした。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年では概論、後期から解剖などの基礎。2年までは基礎が続き、3年から専門分野になっていきます。4年では実習アンド国試!
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      急性期病院
    投稿者ID:266224
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    保健医療学部 リハビリテーション学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      カリキュラムがしっかりしているが、時間割の組み方に少々難があり、急な授業変更や時間割変更がある。実習等は充実。
    • 講義・授業
      先生によりけりです。良き先生は非常にわかりやすく意欲が湧きます。
    • 研究室・ゼミ
      看護に直結する部分は多いとは感じられないが、間接的に関わってくる事が多く非常に充実している。
    • 就職・進学
      就職率や、卒業率、国家試験合格率からみるとあまりよいとは言えないだろう。留年生が多い。
    • アクセス・立地
      京王線、小田急線、モノレールと非常に通いやすいが、駅から徒歩で行くには遠く、バスを使わなければならない。バスの本数も多いとは言えず、少々難である。
    • 施設・設備
      新しい大学という事もあり、綺麗である。実習物品は非常にきれいで気持ちがよい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内みな仲が良く、ゼミや実習、トレーニングなど非常に行いやすい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      おもに専門分野を習うが、コミュニケーション論や、日本語表現など、就職後必要となるものも学べる。
    投稿者ID:265222
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    保健医療学部 リハビリテーション学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016年10月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      本当に入学はオススメいたしません
      わたしは作業療法学専攻です。カリキュラムに問題があり、実習地で求められているような勉強内容を実習後に行ったりしています。真剣に作業療法士を目指しているなら違う場所で勉強するか、先生方とうまく付き合っていくかしかない大学です。
    • 講義・授業
      上記しましたが勉強内容の密度、進行度ともに問題があります。先生によって授業内容の差があり、細かく教えていただける時もあれば、大量のプリントを渡され、生徒が音読する授業もあります。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミによって当たり外れがあり、先生を選ぶことができません。抽選で割り振られます。生徒の自主性に任せているゼミでは具体的なアドバイスはなく、他ゼミの生徒が先生に指導を受けている中、ゼミを開いてもらえずなにをやればいいのかわからないまま時間が過ぎていきます。
    • 就職・進学
      学校の先生方とは独立したキャリアセンターがあり、とても親身になって話を聞いていただけます。そもそも卒業生がかなり少ないため、就職先で困ることはあまりないです。
    • アクセス・立地
      周りになにもありません。最寄り駅は京王、小田急多摩センターで、そこから20〜30分ほどかけて歩くか、路線バスに乗っての通学となります。スクールバスなどは出ていません。
    • 施設・設備
      出来たばかりの大学ですが設備が壊れていたり、古いものを使っているため、病院実習の際全く見たことのない新しい器具を使うことがあります。教室もたくさんありますが、生徒への教室貸し出しがなくなってしまったため、図書室か自習室、もしくは開かれている教室3つほどしか使えないためいつも混んでいたり、人の声がうるさいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      狭い学内のため、結束できれば大変いい仲間がたくさんできますが、クラスが結束できなければなにをやるにも揉めることになります。いい友達ができればなにも問題はないです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      リハビリテーションとはなにか、作業療法士とは、働くために必要なスキルを学ぶことができます。全体的に自主性がなければ4年間大学にいることは不可能なため、しっかり勉強していることが多いです。
    投稿者ID:252564
    この口コミは参考になりましたか?

    9人中7人が「参考になった」といっています

20件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

東京都で評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京医療学院大学   >>  口コミ

東京医療学院大学の学部

オススメの大学

北海道千歳リハビリテーション大学
併願校におすすめ
☆☆☆☆☆ (0件)
北海道/私立
東北医科薬科大学
東北医科薬科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.74 (58件)
宮城県/私立
旭川大学
旭川大学
併願校におすすめ
★★★☆☆ 3.29 (17件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。