>>     >>     >>  口コミ

専門学校桑沢デザイン研究所
(せんもんがっこうくわさわでざいんけんきゅうじょ)

東京都

口コミ:★★★★

4.00

(10)

専門学校桑沢デザイン研究所 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 東京都順位
(全447校中)
就職 3.80 71位
資格 2.70 138位
授業 4.30 25位
アクセス・立地 4.80 10位
施設・設備 3.30 124位
学費 3.40 65位
学生生活 2.70 138位
就職 所属学科の就職実績の評価
資格 所属学科の資格取得実績の評価
授業 所属学科で行われる授業の評価
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
学費 所属学科の学費は妥当か
学校生活 所属学科の学校生活の充実度

口コミ一覧投稿する

10件中 1-10件を表示
  • 専門学校桑沢デザイン研究所
    女性卒業生
    デザイン専攻科(夜間部) / 卒業生 / 2013年入学
    2016-03-19投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    • 就職4|資格4|授業4|アクセス・立地5|施設・設備5|学費5|学生生活4

    学科に関する口コミ
    • 総合評価
      おすすめ!
      昼間は大学に行ったり仕事やバイトをしながら、夜から授業に出席するという限られた時間をやりくりしながら授業と課題に取り組むという濃い2年間を過ごしました。現場を知っている先生や厳しい課題、いろいろな経歴を持ち、それぞれの目標に向かうクラスメイトなど、デザイン業界を目指す人にはとてもいい専門だと思います。
    • 就職
      おすすめ!
      都内の4年制美大(いわゆる五美大)と並んで知名度があり活躍している卒業生も多いので、本人次第で就職は強いと思います。ポートフォリオ作成も講師の先生方は相談に乗ってくれると思います。
    • 資格
      おすすめ!
      デザイン業界に就職することにおいて必須となる資格は特にありませんが、図書館の蔵書も充実していたし、授業等での理論で補えるものだと思うので、何か資格を取りたい人にはいいと思います。
    • 授業
      おすすめ!
      現場で経験を積んだ個性的な先生ばかりで、相談すると何でも答えてくれました。課題も山ほど出てきつかったですが、そこを乗り越えることで自信がつきました。
    • アクセス・立地
      おすすめ!
      渋谷駅や原宿駅から徒歩で通え、本や資料、画材を買ったり食事するのにも大変便利でした。実際の繁華街に毎日通うことでもおおいに勉強になりました。
    • 施設・設備
      おすすめ!
      校舎が比較的新しく、充実した施設で勉強することができました。図書館の蔵書も多く大変良かったです。
    • 学費
      おすすめ!
      夜間クラスなので自分の頃はそれほど高額ではありませんでしたが、特に他の学校を既卒の人、社会人の人は昼間に働く時間があるため、自分で働いて生活費と学費を補っている人もいました。
    • 学生生活
      おすすめ!
      自分の頃は学科が2クラスありましたし、夜間は他の学科もいくつかあるので、自分次第でいろいろな知り合いや友人を作れると思います。個性的な人が多いですが自分にあった仲間も見つかると思います。
    専門学校に関するコメント
    • 所属学科で学べる内容
      1年次には必要なデザインの概論や基本を学びます。デッサンや広告や写真の実技の授業もあります。2年次からは選択授業が増え、より自分の目指したい方向を深く学ぶことができました。
    • 取得した資格
      特にないです。
    • 所属コース・専攻
      夜間部デザイン学科ビジュアルデザイン専攻
    • 所属コース・専攻で学ぶ内容
      グラフィックデザインの実技や歴史概論と幅広く学べると思います。画材やカメラの使い方もきっちり教えてくれます。
    入試・出願について
    • 専門学校・学科の志望動機
      既に四年制大学を卒業予定だったため、時間をかけずデザインを学べるちゃんとした学校ということで桑沢一択でした。桑沢出身の人に勧められたこともポイントでした。
    進路について
    • 就職先
      ファッション誌のエディトリアルデザイン→大手出版社の常駐デザイナー
    • 就職先を選んだ理由
      グラフィックデザインでは一番メジャーで潰しがきくため、エディトリアル関係を身につけました。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 専門学校桑沢デザイン研究所
    女性在校生
    総合デザイン科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-18投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    • 就職4|資格3|授業4|アクセス・立地5|施設・設備2|学費3|学生生活3

    学科に関する口コミ
    • 総合評価
      おすすめ!
      立地は悪くない、先生も良い、生徒もいいひとが集まっている。ただ、全体的に狭いのと、設備があまり充実していないところがマイナス。 デザインを本気で学びたいならとても良い学校だけれども、そうでないなら、課題に押しつぶされるのでやめたほうがいい。バイトもしづらいほど、たくさんの課題を出される。 全体的に良いんだけども、ちょこちょこ悪いところもあるので、4にした。
    • 就職
      おすすめ!
      有名企業に就職する先輩方が多い。 サポートはしてくれるし、実績もある。 しかし、結局は本人の実力と頑張りがものをいうので、誰でも有名企業に行けるかといったらそうでもない。
    • 資格
      まあまあ
      授業の中で資格をとる、ということはしていない。 資格を取りたければ、自分で情報を集めて受験するのみ。 情報は学生課に行けばそれなりにあるので、何も対策をしてくれていない、というわけではない。 しかし、課題との両立は難しいので、長期休みなどにやってみるといいだろう。
    • 授業
      おすすめ!
      授業では、デザインの基本をビシバシ教えてくれる。正直、とても厳しい学校。 現役デザイナーの方が授業をしてくれるので、現場の話などが聞ける。 内容は良いのだけども、課題の出る量がすばらしく多いのと、締め切りがきついので、4。
    • アクセス・立地
      おすすめ!
      JR原宿駅と渋谷駅が近くにあり、千代田線の明治神宮前駅もあって、アクセスは良好。 NHKが近くにあるし、竹下通りにも行きやすい。 駅からバスなどは出ていないものの、アクセスは良いと言える。
    • 施設・設備
      イマイチ…
      一言でいうなら、狭い。 工作室はあるが、機械があまり無い。大きなものを加工するなら、業者さんに頼むほうがいいだろう。 ロッカーも狭い。教室も狭い。どこもかしこも、狭い。それは覚悟してほしい、
    • 学費
      まあまあ
      高い学費がどこにいっているやら、あまり分からないところがマイナス。 画材代も年間数万円単位でかかるので注意。 全部1人で払う、となると厳しいので、親の支援や奨学金が不可欠。 アルバイトもしづらいので、収入はあまりないのに支出が増えていく、という状況になることも。
    • 学生生活
      まあまあ
      ひとクラス50人で、わりと交流もあり、仲良くはなりやすいと思う。 先輩たちと交流する機会はあまりないので、機会のあるときに積極的に話すと吉。 課題を手伝い手伝われ、としているうちに、仲良くなっていくこともありそうだ。
    専門学校に関するコメント
    • 所属学科で学べる内容
      1年生では、デザインの基礎を学びます。 2年になると、専攻に分かれて、それぞれの専門的なところを学びます。 3年ではゼミに入り、一年かけて卒業作品をつくります。
    入試・出願について
    • 専門学校・学科の志望動機
      デザインを根本から教えてくれるということ、また、課題を数多く出してくれるというところに惹かれました。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 専門学校桑沢デザイン研究所
    女性卒業生
    総合デザイン科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-13投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    • 就職4|資格2|授業4|アクセス・立地5|施設・設備5|学費2|学生生活2

    学科に関する口コミ
    • 総合評価
      おすすめ!
      1年次では総合科として様々なデザインを一通り学ぶことができます。2年次から専攻を選択することとなりますが、この1年で学んだもので進路を変更する人も少なくありません。課題は決して少ないとは言えず、大変なところもありますが、頑張った分自分へ帰ってきます。
    • 就職
      おすすめ!
      諸先輩方のお陰でたくさんの求人がきます。焦らないためにも事前からしっかりとポートフォリオを作る準備をしましょう。また特定の分野に行きたい方は、選択授業を取得しないとインターンを受けられない等制約がある可能性もあるので気をつけてください。就職については講座を開いているので、積極的に参加するのも手です。
    • 資格
      イマイチ…
      特に資格取得のための授業などはないので、欲しい資格は自分で探して自分で取ることになります。実際の仕事では殆ど必要ありませんが、知識を増やしたり、使える道具を増やすという点では、余裕があれば取得を目指してもいい、という状態です。
    • 授業
      おすすめ!
      一線で働いている方々が教えに来てくださいます。受け身ではなく、積極的にいけば、業界のこぼれ話や、仕事のお手伝いができるかもしれません。積極的な生徒は好かれます。選択授業では自分の分野ではない授業も取ることができ、見識を広げることができます。
    • アクセス・立地
      おすすめ!
      渋谷駅と原宿駅のほぼ中間、代々木体育館横という素晴らしい立地です。いろんな町を見るもよし、足を伸ばして積極的に美術館や展覧会にいって目を肥やしてください。その為の立地です。ただ、とにかく人が多いので、大きい荷物を持つときは大変不便です。その辺りは覚悟が必要です。
    • 施設・設備
      おすすめ!
      パソコンルームや工作室は小さいながら充実しています。ただ、狭いので譲り合いの精神が必要かと思います。カフェテリアのような空間もありますが、そこで作業する人のマナーが悪く、机がカッターの傷でボロボロ担っているとこは大変残念ですが…。
    • 学費
      イマイチ…
      学費についてはほぼ大学と同じだと思います。そこに様々な材料費などがかかってきます。一人暮らしをする方は、学校の立地が良いため、家賃の負担が増える可能性がありますので、十分気をつけてください。課題が多いため、バイトをする方もいますが、うまく両立できるようにしないと単位を落とす可能性もありますので、気をつけてください。
    • 学生生活
      イマイチ…
      1年次に専攻関係なくクラス分けされるので、色々な分野の友人ができます。その繋がりはとても大事になってきます。2、3年次はほぼクラス替えがないため、濃厚な友人関係が気づけると思います。積極的にいえばひょんなところからとんでもないつながりが出来たりするので、大事にしてください。
    専門学校に関するコメント
    • 所属学科で学べる内容
      1年次には基礎デザインと各分野の内容をかいつまんで学習していきます。広く学習することで先の専攻の選択のための足掛かりとしたり、知識を広げるための授業が多いです。2年次からは専攻に分かれ、それぞれの分野の深い授業を行います。先生は実際にデザイナーとして働いている方も多く、現場の話などが聞くことができたり、就職への繋がりができたりします。
    • 取得した資格
      特に必要な資格はないため、取得しませんでした。
    • 所属コース・専攻
      プロダクトデザイン専攻
    • 所属コース・専攻で学ぶ内容
      プロダクトデザインの基礎から素材の勉強やモデリング、製図等の実技も勉強します。望めば選択授業を取得し、自動車業界への道も開けています。
    入試・出願について
    • 専門学校・学科の志望動機
      デザイナーとして就職がしたかったのと、色々なものが見たかったためこの学校を選びました。私立の美術大学が学費が高く、公立は落ちてしまったため、滑り止めでこちらを選択しました。
    進路について
    • 就職先
      モバイルアクセサリー関連の商品開発
    • 就職先を選んだ理由
      正直なところ、就活対策を殆ど行わなかったため、唯一内定をいただけたところ、という残念な結果でした。準備はとても大切です。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 専門学校桑沢デザイン研究所
    女性在校生
    総合デザイン科 / 在校生 / 2015年入学
    2015-12-11投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    • 就職3|資格3|授業4|アクセス・立地5|施設・設備4|学費3|学生生活3

    学科に関する口コミ
    • 総合評価
      おすすめ!
      4つの分野(グラフィック、プロダクト、ファッション、インテリア)を一年次に全て取り組めるから、将来の幅が広くなる。
    • 就職
      まあまあ
      夏くらいには内定をもらえる人が多い。ポートフォリオの相談も4つの分野の先生から幅広い視点から相談できる。
    • 資格
      まあまあ
      自主活動としてやっていくしかないが、先生に相談すれば新味に接してくれるので、自主性がありさえすればとれる。
    • 授業
      おすすめ!
      実戦的な授業が多いので、卒業後も使える人材として育ててもらえる。4つの分野を取り組んでみて向き不向きもわかる。
    • アクセス・立地
      おすすめ!
      渋谷と原宿の間にあるので、流行を追いやすい。はふらっと遊びにもいけて便利。電車も地下鉄から大体揃っているので移動もしやすい。
    • 施設・設備
      おすすめ!
      パソコンも50台ほどあり、印刷も色々な種類できるので自分の思ったような印刷ができる。教室も広すぎず狭すぎないので使いやすい。
    • 学費
      まあまあ
      一般大学に比べれば高いが、美術専門学校や美術大学に比べると平均的か少し安く設定されていると思っている。
    • 学生生活
      まあまあ
      1年次にクラスで仲良くなると2年次にいろんな分野の友達ができて、将来の仕事も頼む相手が増えて人脈が広くなる。
    • 先生
      おすすめ!
      幅広い分野の先生がいるので、作品の相談なども気軽にできる。現役デザイナーの先生もいるので、かなりみになる。
    専門学校に関するコメント
    • 所属学科で学べる内容
      近代美術史がデザイン概論などの講義では、スクリーンに写してさまざまな時代のデザインについて学びます。
    • 取得した資格
      特になし。
    • 所属コース・専攻
      昼間部
    • 所属コース・専攻で学ぶ内容
      4つの分野のデザインについて学べることができる。
    入試・出願について
    • 専門学校・学科の志望動機
      一年次に4つの分野を学べることが魅力的で志望しま。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 専門学校桑沢デザイン研究所
    女性在校生
    デザイン専攻科(夜間部) / 在校生 / 2014年入学
    2015-12-04投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    • 就職3|資格2|授業4|アクセス・立地5|施設・設備3|学費3|学生生活2

    学科に関する口コミ
    • 総合評価
      おすすめ!
      渋谷という、現代の流行の象徴の地にある学校のため毎日刺激を受けて生活できる。お店もたくさんあるので、課題制作もはかどる。
      夜間部のビジュアルに在学しているが、講師陣も夜間だからといって手を抜いていないのでよい。
      夜間は年齢層も様々なので色々な人と話ができ、刺激をもらえる。人間関係は楽しいものを構築できると思う。
      学校自体が狭いのでそこだけ難点である。
    • 就職
      まあまあ
      就職は比較的積極的に学校側が支援してくれている。
      求人も多いし、セミナーも多い。
      ただし、結局は自分が動かなければならないしポートフォリオも作らなければならないため、大学とは少し違う
    • 資格
      イマイチ…
      資格は何もとれない。
      とりたいのならじぶんで色彩検定などを受けるしか無い。
      卒業したからといって資格がもらえるわけでは無い。
    • 授業
      おすすめ!
      夜間部
      1年時は基本を楽しく学ぶ授業が多かった。
      課題は毎週か隔週にだすくらいの量。バイトと両立するのは少し大変。お金もかかる。
      二年次は応用が多い気がする。
      感覚で作っていた1年次とは違って、ちゃんと頭で思考して、ちゃんと伝わるデザインを作るプロセスが学べる。難しい。
    • アクセス・立地
      おすすめ!
      流行の最先端の渋谷にある学校なので、毎日刺激を受けられる。
      飲食店も、おしゃれな店も多いので遊ぶのにも良い。
      ハンズや竹尾もあるので課題制作もはかどる。
    • 施設・設備
      まあまあ
      とにかく学校が狭い。作業スペースが少ない。
      共同スペースも狭い。パソコンや印刷関係はまあまあ充実している。図書館もよい。
    • 学費
      まあまあ
      夜間部は学費は妥当か、少し高いなと思う。
      講師によっては、野放しな感じの授業も多いので、よく「金返せ!」という生徒の声が聞こえる
    • 学生生活
      イマイチ…
      夜間部
      様々な年代の人がいるため、色々な価値観や意見がきけてとても刺激になる。
      年齢差はあるが、同級生なので砕けた会話もできるし唯一無二の友達ができると思う。
    • 先生
      おすすめ!
      夜間部に在学しているが、講師陣は手を抜いている様子が無い。
      基礎からちゃんと教えてくれる先生もいれば、生徒の感性を大事にしてくれる先生もいる。
    専門学校に関するコメント
    • 所属学科で学べる内容
      一年次は、基本を楽しく学ぶ感じ。
      色彩感覚や構成を、遊びながら身につけていく印象。
      二年次は、応用を頭使ってちゃんとこなす感じ。
      具体的な商品などを用いて、ちゃんと伝わるビジュアルを頭使って制作しなければならない。
    • 取得した資格
      特になし
    • 所属コース・専攻
      夜間部 ビジュアルデザインコース
    • 所属コース・専攻で学ぶ内容
      デザインの基礎から応用。感覚から考え方まで広く。
    入試・出願について
    • 専門学校・学科の志望動機
      デザインを学びたかったから。デザインの専門と言ったら桑沢だったから。
    進路について
    • 就職先
      内定済み
    • 就職先を選んだ理由
      雑誌のデザインが好きでやりたかったので。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 専門学校桑沢デザイン研究所
    女性在校生
    総合デザイン科 / 在校生 / 2015年入学
    2015-06-11投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    • 就職5|資格3|授業5|アクセス・立地5|施設・設備3|学費5|学生生活3

    学科に関する口コミ
    • 総合評価
      おすすめ!
      課題も多く、多彩なクラスメイトが集まり、充実した楽しい学校生活。だけど、機械が少なかったり部屋が少し狭いところはマイナス。
    • 就職
      おすすめ!
      桑沢生は皆優秀だから、企業も注目していて、たくさんの求人が来る。有名企業に入った先輩もたくさんいる。
    • 資格
      まあまあ
      授業内で資格をとることは、今のところ無い。ただ、ものによっては、授業で学んだことがそのまま資格をとるのに使えたりする。
    • 授業
      おすすめ!
      先生は全員ベテランのデザイナー。現役で仕事をバリバリしています。そんな方々から学べるのは、どれもこれも難しい、けど素晴らしい授業ばかり。
    • アクセス・立地
      おすすめ!
      渋谷駅にも原宿駅にも近く、行きやすい。学校の近くにはコンビニもあるし、レストランもある。明治神宮や代々木公園にもほど近い。
    • 施設・設備
      まあまあ
      工作室の機械は、正直いって少ない。簡単な加工しかできない。校舎はきれいだけど、少し狭い。教室にクラスメイトが全員入ると、少し狭苦しく感じるかも。
    • 学費
      おすすめ!
      高いけど、授業内容からしたら仕方ないと思う。奨学金も利用できるので、検討してみてはどうだろうか。
    • 学生生活
      まあまあ
      他学年、他クラスとの交流が多く、友情を深めたり、いい人を見つけたりはしやすいだろう。打ち上げや食事会なんかも多く開かれているらしい。
    • 先生
      おすすめ!
      優しく教えてくれる、けど一人一人見てくれるわけではない。質問があったら聞きにいくこと
    専門学校に関するコメント
    • 所属学科で学べる内容
      1年でデザインの基礎を学び、実力をつける。2年からは専攻に別れ、それぞれの勉強をし、3年でゼミに入って卒業制作を作る。
    入試・出願について
    • 専門学校・学科の志望動機
      デザイン漬けの毎日を送れると聞き、桑沢に決めた。しかし、自分には基礎となる実力が無かったので、昼間部で基礎から叩き直してもらおうと思った。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 専門学校桑沢デザイン研究所
    女性在校生
    総合デザイン科 / 在校生 / 2015年入学
    2015-06-10投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    • 就職4|資格4|授業5|アクセス・立地5|施設・設備3|学費3|学生生活4

    学科に関する口コミ
    • 総合評価
      おすすめ!
      施設は少なく、部屋は狭く、売店は小さく、課題はきつい。だが、習う内容は本物だ。本気でデザイナーを目指すなら、寝不足や課題の山は覚悟の上で入るべし。そこらの専門学校より、充実した日々を送れるだろう。
    • 就職
      おすすめ!
      桑沢はその道では有名な学校。有名企業にも卒業生がたくさんいるので、その他の専門学校と比べると就職しやすいそうだ。だからといって、楽して入れる、ということは無いらしい。
    • 資格
      おすすめ!
      授業内で取得できる資格は特に無い。けど、色彩検定などであれば、それの勉強に役立つ授業はしてくれる。
    • 授業
      おすすめ!
      先生は、全員現役のデザイナー。有意義な時間がすごせるし、内容は面白い。ただ、1クラスの人数が50人なので、一人一人見てくれるわけではない。聞きたいことがあれば、積極的にアタックしていこう。
    • アクセス・立地
      おすすめ!
      渋谷駅から徒歩10分弱、原宿駅からも同じくらい。渋谷にも原宿にも出やすく、いい立地と言えるだろう。近くにコンビニもあり、少し歩けばレストランやショップもある。NHKにもほど近く、明治神宮、代々木公園や、様々なイベントが行われている体育館?にも近い。この前はアイドルのイベントをやっていたらしく、人がたくさんいた。
    • 施設・設備
      まあまあ
      はっきり言うと、狭い。パソコンは良いものがあるし、スキャナーやプリンターなどもあるが、工作室には機械があんまりない。穴を開けたり削ったりはできるけど、あんまり高度なことはできない。
    • 学費
      まあまあ
      正直言って、高い。大学と同じくらいする。高い。しかも、入学してから画材などを買う機会が多々あり、金額もばかにできない。パソコンは必須だし、プロダクトデザインを学ぶならペンタブレットも必須。フォントも買うだろうし、イラストレーターやフォトショップも欠かせない。学生割引がある、とはいえ、それでも正直いってきつい。奨学金が利用できるので、確認しておくこと。
    • 学生生活
      おすすめ!
      クラスメイトは、現役で入った人もいれば浪人した人もいるし、一度社会に出てから自分のお金で学びに来た人もいる。また、中国やタイからの留学生もいる。他クラス、他学年との交流もあり、友達は作りやすい。学校祭では学年関係なしに役割が与えられるので、交流はしやすいだろう。
    • 先生
      おすすめ!
      どの先生も、基本は優しい。ただ、課題を忘れてもわざわざ「出してないよね?」なんてきいてこない。自分できちんと管理すること。また、若い先生はあんまりいないので、そこは期待しないこと。裏をかえせば、全員ベテランだ。
    専門学校に関するコメント
    • 所属学科で学べる内容
      1年生でデザインの基礎を学び、2年生から専攻を選んで学ぶ。3年生ではゼミに入り、1年かけて卒業制作を作る。
    入試・出願について
    • 専門学校・学科の志望動機
      デザインを広く学べるため。夜間では最初から専攻を選ぶが、それに見合う実力が必要だ。基礎から学びなおしたかったので、昼間部にした。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 専門学校桑沢デザイン研究所
    女性在校生
    総合デザイン科 / 在校生 / 2013年入学
    2014-11-07投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    • 就職3|資格2|授業4|アクセス・立地3|施設・設備3|学費3|学生生活2

    学科に関する口コミ
    • 総合評価
      おすすめ!
      色んな分野の生徒がいるので、将来のツテが出来ると共に、色んな視点から物を見る能力や技術が備わる。
    • 就職
      まあまあ
      1年で総合分野を学ぶので、他の学校に比べ就職先の幅が広がる。例えばファッション専攻してやっていても、ビジュアルの映像処理などが自身で出来る
    • 資格
      イマイチ…
      案内のポスターは掲示されていますが、基本的に個人的に行います。専攻によって、資格取得の為の内容をかじる授業もあります。
    • 授業
      おすすめ!
      現役で現場に出ている講師の先生からアドバイスをいただきながら受講できるが、課題もそれなりのクオリティと仕事量を求められる。
    • アクセス・立地
      まあまあ
      渋谷と原宿の間に立地している為に、流行や世の中の流れが分かりやすい。展示会や、市場調査がしやすい
    • 施設・設備
      まあまあ
      立地場所が都心なだけに、学費は高め。教材として配られるものは少なく、自分で応じて購入することが多い。
    • 学費
      まあまあ
      あまり、大きくない校舎で、設備は何でも揃っている、とは言えない。あくまで、必要最低限?
    • 学生生活
      イマイチ…
      他分野の友人や先輩後輩とのコミュニケーションがとりやすく、輪が広がりやすい。卒業してから、フリーになった時も人脈があり便利。
    • 先生
      おすすめ!
      実際に現場で活躍されている方が多く、生の声が聞くことが出来る為、身になることが多い。
    専門学校に関するコメント
    • 所属学科で学べる内容
      ファッション、ビジュアル、スペース、プロダクトの分野が学べる。
    • 所属コース・専攻
      特になし。
    入試・出願について
    • 専門学校・学科の志望動機
      自分がしたいこと以外にも学べ、一通りかじってから最終的に絞ることが出来るから。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 専門学校桑沢デザイン研究所
    女性在校生
    総合デザイン科 / 在校生 / 2012年入学
    2014-11-07投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    • 就職5|資格3|授業5|アクセス・立地5|施設・設備2|学費3|学生生活3

    学科に関する口コミ
    • 総合評価
      おすすめ!
      名のあるデザイン学校で、就職率も高くて先生方も著名な方々ばかりです。渋谷に学校があるので、課題をするにも遊ぶのにもとてもいい立地で、また、様々なデザイナーがやってきやすいということもあって授業がとても充実しています。
    • 就職
      おすすめ!
      求人の数は多いです。大企業への就職実績も豊富で、特に車系への就職に強いように思います。
    • 資格
      まあまあ
      資格自体そこまで重要視しているわけではないので、興味があったら取れば、程度の感じです。在学中に出た資格の話は、英検を一定以上取っていれば授業免除ぐらいでした。
    • 授業
      おすすめ!
      本当にさまざまな分野の先生方が来てくださります。デザイナーだけでなく科学者や弁理士の方なども来るので、とても視野が広がります。
    • アクセス・立地
      おすすめ!
      渋谷駅と原宿駅の中間にあるのでとてもアクセスしやすいです。渋谷は流行の最先端を行っているので、デザイナーとして大事な流行に敏感になれます。
    • 施設・設備
      イマイチ…
      安くはないです。それに、基本的に課題に使う道具や材料は実費なので別途お金がかかります。バイトをする暇はありませんが、バイトをしなければ課題制作に取り組めません。
    • 学費
      まあまあ
      施設そのものは大きくないですし、設備もそこまで整っているというわけではありません。しかし渋谷にはたくさんのお店があるのでそこを利用して課題制作に取り組んでいます。
    • 学生生活
      まあまあ
      昼間部は1年次は総合デザインといして一通り学びます。2年から分野分けされるので、他専攻の人たちとも仲がいいのが特徴です。
    • 先生
      おすすめ!
      先生方は基本的に生徒の自由にさせているので、口うるさくしてくることはありません。でも、本当にやりたいことがあればアポイントを取ってくださったりととても協力的です。
    専門学校に関するコメント
    • 所属学科で学べる内容
      ビジュアル、ファッション、プロダクト、スペースは1年生から学べ、そこから詳しいことは2年から学べます。
    入試・出願について
    • 専門学校・学科の志望動機
      憧れたデザイナーが桑沢のプロダクトを専攻していたため受験しました。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 専門学校桑沢デザイン研究所
    女性卒業生
    総合デザイン科 / 卒業生 / 2010年入学
    2014-07-17投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    • 就職3|資格1|授業4|アクセス・立地5|施設・設備3|学費4|学生生活1

    学科に関する口コミ
    • 総合評価
      まあまあ
      先生は現役のデザイナーで、仕事の内容などを教えてくれたので現場の様子を聞けたのが良かった。また、生徒も志を高く持っている方が多かったので切磋琢磨することができました。立地アクセスはとても良いと思います。学費は妥当だと思いますが、道具材料は自分で用意する必要があるので大変だった。さらに就職支援についてほとんどなかったので、とても大変でした。
    • 就職
      まあまあ
      デザイン事務所、各企業のデザイン部へ行く方多かったですが、自分で起業する方もいました。
    • 資格
      イマイチ…
      資格取得については授業などはなく、専門の先生もいないので自分でやるしかありません。
      資格を取っている方はほとんどいなかったと思います。
    • 授業
      おすすめ!
      今必要な知識技術を教えてもらえるので、とても役立ちました。
      とても宿題が多く大変ですが先生も全力で教えてくれるので力がつくと思います。
      ただ、先生によっては個性が強く自分のやりたいことを反対する先生もいるので、
      気持ちを強く持つ必要があると思います。
    • アクセス・立地
      おすすめ!
      渋谷と原宿の中間ぐらいにあるのでどちらからも行きやすかったです。
      また、東京ハンズもあるので材料の確保にも困りませんでした。
    • 施設・設備
      まあまあ
      ビル1棟のみなので、とても狭かったです。
      設備も十分ではありませんでした。数が少なく順番待ちが多いです。
    • 学費
      おすすめ!
      設備が不足しているとは思いましたが、立地が良かったので妥当かと思います。
    • 学生生活
      イマイチ…
      志の高い方が多いので、奮起されられることが多かったです。
      年齢層も幅広いのでいろいろな話を聞くことができました。
      恋愛はしている人は少なかったです。とても忙しかったので、恋愛をする時間は少ないと思います。
    • 先生
      おすすめ!
      先生は現役のデザイナーやカメラマン、建築家なので今デザイン業界では何が行われているのかよくわかりました。先生経由でアルバイトや仕事をもらえることもあるので先生生徒以上の関係になれると思います。
      自分の作品に納得できるまで付き合ってくれる先生がとても多かったです。
    専門学校に関するコメント
    • 所属学科で学べる内容
      グラフィック、ファッション、プロダクト、スペースデザインすべてをある程度学べます。
      デザイン技術や歴史、カメラ技術も学べます。
      美術館での校外授業も多いです。
    • 取得した資格
      ありません。
    • 所属コース・専攻
      総合デザイン科 スペースデザイン専攻
    • 所属コース・専攻で学ぶ内容
      住宅の設計、内装や店舗の什器デザインもやりました。
      大型家具のデザイン、製作も学びます。
      3Dでのモデリングや有名な建築物の見学もあります。
    • 面白かった授業名
      ゼミ 
    • 面白かった授業の概要
      3年生のゼミでは、卒業作品を1年かけて作ります。
      先生の助言もありますが、ほとんどを自分で行います。
      3年分の自分を発揮できる授業です。
    入試・出願について
    • 専門学校・学科の志望動機
      デザインに興味があったが、どの分野が良いのかわからずいろいろ学べる学校を選びました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      作文、画面構成、デッサンや面接の練習をやりました。
    進路について
    • 就職先
      システム開発会社
    • 就職先を選んだ理由
      デザイン部があり、自分の学べることが生かせると思ったため。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

10件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめコンテンツ

IT・インターネット系で評判の良い専門学校

IT・インターネット系のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

専門学校を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

専門学校桑沢デザイン研究所の学科

オススメの専門学校

専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ
近隣の学校です
★★★★☆3.86 (7件)
東京都
専門学校田中千代ファッションカレッジ
近隣の学校です
★★★☆☆3.00 (3件)
東京都
住田美容専門学校
住田美容専門学校
近隣の学校です
★★★★★4.67 (3件)
東京都