みんなの専門学校情報TOP   >>  東京都の専門学校   >>  専門学校桑沢デザイン研究所   >>  総合デザイン科|昼間部[3年制]

専門学校桑沢デザイン研究所
専門学校桑沢デザイン研究所
せんもんがっこうくわさわでざいんけんきゅうじょ / 私立
東京都 渋谷区神南1-4-17

総合デザイン科|昼間部[3年制]

★★★★☆4.3126件

独自のカリキュラムで、デザインの基礎から社会で役立つ考え方と技術まで幅広く学ぶ。

  • 理念・制度

    時代がどう変わっても、社会に貢献できるデザインの根本的な力を身につけること。これが〈桑沢〉の理念であり、目指している教育です。それを実現するため〈桑沢デザイン研究所〉の昼間部は、3年制の独自のカリキュラムを組んでいます。3年間をかけて、デザインの基礎から、社会で役立つ考え方と技術まで、幅広く学んでいきます。社会が大きく変化している今、デザインへの期待は広がり続けています。自ら選択した分野において、自分の習得した技術を使って独創的なデザインのできる人、現実の制約や条件を創意の糧に転化し、新しい社会の創造に加担できる人、このような人材を育て、輩出し続けています。

  • カリキュラム

    1年次は、自らの力で考え、経験し、デザインの基礎を養う共通過程があり、専門分野を学ぶ前に、「デザインとは何か」を徹底的に考えていきます。共通過程を経た後は、ビジュアルデザイン・プロダクトデザイン・スペースデザイン・ファッションデザインの各専攻に分かれてデザインの基礎を実践へ発展させます。そして、3年次にはそれらの応用を積み重ねることで、 デザインに必要な観察力・発想力・構築力を豊かに培っていきます。※1年次の成績や出席などを参考に、第2志望以降の専攻へ進級となる場合があります。

  • 実習

    2年次は、専門課題に沿って制作を進めるデザイン実習がはじまります。ここではリサーチ、企画、プレゼンテーションに至るまで、実際の現場と同じプロセスで制作を進めます。3年次は、卒業制作に向けた少人数制のゼミナールが中心になります。自らテーマを決め、計画的に遂行する発想力や推進力が求められます。ここでは、自分自身の納得や自己満足にとどまることなく、社会的な役割を念頭に置き、「もの」や「こと」の本質をとらえた思考を練り上げていきます。卒業生作品展では、「デザインとは何か」という時に各自が自力でつかみ取った答えを、3年間の集大成として発表します。

  • 就職

    〈桑沢〉ではデザイン分野にかかわる職種に限り、随時求人を受けつけています。2018年度は590社、2,016名の求人がありました。有効求人倍率(求人数 ÷ 就職希望者数)は、 8倍以上になっています。就職を希望する学生の多くが、デザイナー職・企画職として各企業から内定をいただいています。きちんと授業にのぞみ、課題に取り組み、「自分のやりたいことは何か」を考えたうえで目的意識をしっかりもって、日頃から積極的に行動することが、自らの道をひらいていくことにつながります。

学費総額 募集人数 年制
414.0 万円 160 3年制

目指せる仕事

グラフィックデザイナー 、 インテリアデザイナー 、 空間デザイナー 、 ディスプレイデザイナー 、 プロダクトデザイナー 、 エディトリアルデザイナー 、 パッケージデザイナー 、 キャラクターデザイナー 、 美術スタッフ 、 カメラマン 、 ファッション商品企画・開発・管理 、 パタンナー 、 ファッションデザイナー 、 テキスタイルデザイナー 、 アパレルマーチャンダイザー 、 靴デザイナー 、 帽子デザイナー 、 バッグデザイナー 、 ジュエリーデザイナー 、 工業デザイナー 、 店舗デザイナー 、 カーデザイナー 、 雑貨デザイナー 、 ブックデザイナー(装丁家) 、 WEBデザイナー 、 DTPオペレーター 、 イラストレーター

専門学校桑沢デザイン研究所のことが気になったら!

当サイト限定

入学で全員に6,000円分のギフト券をプレゼント!

※資料請求が2件以下の場合は3,000円分

この学科の口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆4.31
26グラフィック分野ランキング 292位 / 1924学科中
全国順位
全国平均
  • 就職
    4.00
    899位
  • 資格
    2.48
    1882位
  • 授業
    4.25
    322位
  • アクセス・立地
    4.53
    400位
  • 施設・設備
    3.42
    1435位
  • 学費
    3.26
    1156位
  • 学生生活
    3.43
    1557位
※点数はユーザーが評価した口コミ点数の平均値です
※順位は全国で同じ分野の仕事を目指せる専門学校の中での口コミ点数順位です

口コミ一覧

  • 男性在校生
    総合デザイン科|昼間部[3年制] / 在校生 / 2018年入学
    学びの場としてとても良いと思う
    2019年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    • 就職5|資格4|授業5|アクセス・立地5|施設・設備5|学費4|学生生活5

    • 総合評価
      良い
      夢に向かって着実に進めている感じがします。苦しいなと思うことはもちろんありますが、それでも諦めたくないですし、努力するのには良い環境だとも思います。
    • 就職
      良い
      就職率は十分だし、サポートもかなり充実していると思います。アフターケアみたいなのもあって安心できる。
    • 資格
      良い
      学科の資格取得実績は文句ないものだと思います。が、自分で頑張れるかどうかが肝なことに変わりはないですね。あと、資格に価値あるものはそんなに多くないようにも感じる。
    • 授業
      良い
      十分なクオリティなんじゃないかと思います。苦しい時はありますが、理解できなくてついていけなくなることは今の所ありません。
    • アクセス・立地
      良い
      渋谷、原宿から近いので、特に困ったりはないです。人は多いけど、アクセスがいい駅の周辺だからそこは割り切ってます。
    • 施設・設備
      良い
      周りの人の話を聞いている感じでは悪くないと思います。ただ、学校の規模自体はそこまでなので余裕があるという感じではありません。
    • 学費
      良い
      安いとは思いませんが、色々な要因から考えて満足いくものだと思います。
    • 学生生活
      良い
      人によるけれど、明るい人ならば友達はできると思います。自分も友達はそれなりにいるので楽しく過ごせています。
    口コミ投稿者の情報
    学べること <学科> 何もわからない一年生のうちは基礎を固めて、二年生から自分のやりたいことをやるためにグラフィックデザイン・プロダクトデザイン・スペースデザイン・ファッションデザインに専攻が分かれます。
    この学校・学科を選んだ理由 身近にデザイナーの方がいて、デザイナーという職業に憧れがあったから。
  • 女性在校生
    総合デザイン科|昼間部[3年制] / 在校生 / 2018年入学
    自分の為にたくさん学べる場所
    2019年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    • 就職5|資格3|授業5|アクセス・立地5|施設・設備4|学費5|学生生活5

    • 総合評価
      良い
      デザインを身につけていけている自覚が出るので通っていて毎日楽しい。課題が多いのはそのうち慣れるので心配いらない。
    • 就職
      良い
      就職率が他のデザイン専門学校と比べて高いため。なおかつ、就職してから一年後も同じところで働き続けているかなど、就職先でのことも気にかけてくれる。から
    • 資格
      普通
      デザイン系の就職に重要であるAdobeの作業ツール取得に資格という名目ではないためどちらでもないと答えた。ただ資格はなくとも就職先で使うツールは授業内で教えてもらうことが出来る
    • 授業
      良い
      現役講師を招いて授業をすることも多くこの先の就職に不安を感じない今だからこその授業を受けられる
    • アクセス・立地
      良い
      原宿駅から徒歩10分もない。とても立地が良い。渋谷からも徒歩10分程度で行けるので立地の不自由はない。周りも栄えていて唯一学校の周辺のみ静かであり、授業が受けやすくなっている。
    • 施設・設備
      良い
      ビジュアル科は文句ないが、他のプロダクト系の学科は色々と試行錯誤している姿が見られる
    • 学費
      良い
      奨学金を借りている。借りている金額に見合った技術を取得できるように考えるようになった
    • 学生生活
      良い
      友人関係はとても良く、作品作りのモチベーションにもなっている。
    学科における希望業界への就職率
    • 10%以下 30%程度 50%程度 70%程度 90%以上
      ※上記は投稿者の感覚による数値となります
    口コミ投稿者の情報
    所属 <学科> 総合デザイン科|昼間部[3年制]
    <コース・専攻> ビジュアルデザイン科
    学べること <学科> 1年生のうちはデッサンや立体構成の基礎を学び、2年生からはビジュアル、スペース、プロダクト、ファッションに専攻が分かれる。
    <コース・専攻> 本の挿絵などで使えるイラストレーション、デザインのデジタル基礎Adobeツール、広告の写真を撮る用の一眼レフの使い方、チラシや本の文字詰めを学ぶタイポグラフィ、その他印刷や歴史を学ぶ
    この学校・学科を選んだ理由 発端は就職率と立地が良かったから。文化祭に行って内容を詳しく聞くと課題がとてつもなく多いということを聞き魅力に感じた。本当に多い。
    就職先 広告関係
  • 女性在校生
    総合デザイン科|昼間部[3年制] / 在校生 / 2017年入学
    とても良いデザイン学校です
    2019年06月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    • 就職5|資格1|授業5|アクセス・立地-|施設・設備5|学費3|学生生活5

    • 総合評価
      良い
      一年時に4つの分野のデザインや基礎的なことを学び、2年生、3年生と専門的なことになっていきます。先生は現役デザイナーなので意見を貰うのは貴重ですし、デザインに対して真面目な学生がとても多いので張り合いが持てます。授業もしっかりしているので、かなり成長出来ると思います。
    • 就職
      良い
      就職率はとてもいいと思います。サポートは自分から相談しに行く形ですが、サポートセンターのようなものがあり就活についてとても詳しく教えてくれますし、とても優しいです。先生も親身にポートフォリオなど見てくれます。
    • 資格
      悪い
      学校では資格取得は行っていないのでやるなら自分で勉強して勝手に受ける必要があります。
    • 授業
      良い
      すごく厳しい先生はいないと思います。でもきちんとどうしたら良かったかなど話してくれるので自分のためにもなりますし、先生は学生の意見をしっかり聞くイメージです。
    • 施設・設備
      良い
      工作室は充実していますし、コピー機なども特大のものがあるのでお金はいちいちかかってしまいますが、いいと思います。
    • 学費
      普通
      学校ではとくに生徒に配られるものがないので自分たちで画材を買います。紙も自分で用意することがほとんどです。コピーするのもいちいちお金がかかります。
      そう思うと年間が高いため、こんなに払ってるのに何故色々用意してくれないのだろうか?とも思います。
      渋谷と原宿の間にあるので維持費がとても高いのだと思います。
    • 学生生活
      良い
      外国人が多いので外国人とすぐに友達になれます。
      デザインが好きな人たちなので話しもはずみます。
      少人数でワイワイする感じです。でも、クラスの部屋というのはないので1度も話したことない人は結構います。
    学科における希望業界への就職率
    • 10%以下 30%程度 50%程度 70%程度 90%以上
      ※上記は投稿者の感覚による数値となります
    口コミ投稿者の情報
    所属 <学科> 総合デザイン科|昼間部[3年制]
    <コース・専攻> グラフィックデザイン専攻
    学べること <学科> グラフィックデザイン、 プロダクトデザイン、スペースデザイン、ファッションデザイン
    <コース・専攻> ポスター、広告、専用ソフト、パッケージデザイン、エディトリアルデザイン
    この学校・学科を選んだ理由 グラフィックデザイナーになりたかったから
    希望業界に就職できたか はい

専門学校桑沢デザイン研究所のことが気になったら!

当サイト限定

入学で全員に6,000円分のギフト券をプレゼント!

※資料請求が2件以下の場合は3,000円分

この学科の就職・資格

就職・資格の特徴

在校生・卒業生へのアンケートを基にした特徴です
  • 就職先の企業
    どちらともいえない
    2人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    2人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 資格取得対策の傾向
    どちらともいえない
    2人が回答

    授業形式中心

    実践形式中心

  • 資格取得のサポート
    自主性を尊重
    2人が回答

    懇切丁寧に指導

    自主性を尊重

主な就職先・内定先

DENTSU ONE (BANGKOK)、GRID、HARIO、JDI、Mother’s Industry 、MTG、Shed、Studio AP、アドビション、あとらす二十一、イフグラフィックス、インデックス、エイチアンドクロッシング、エッジ・インターナショナル、エル・ステージ、オロ、キャップ、キュードット、グランドデザイン、コロプラ、サンエー・ビーディー、シーエーコマンドジー、ジェイツ・コンプレックス、スープデザイン、スパイス、スペース、セガ・インタラクティブ、ダイハツ工業、たき工房、デザインバス、バードランド、パロット、フューチャリティー、プレイン、プロッズ、ボンドクリエイティブ、マーグラ、マッキャン・ワールドグループ ホールディングス、ラウンドアバウト、リッシ、小林工芸社、西尾家具工芸社、土屋鞄製造所、日建スペースデザイン、日本デザインセンター、博報堂プロダクツ、大洋印刷、面白法人カヤック、凸版印刷、旭電機化成、細山田デザイン事務所、自然農園、青山パッケージングセンター、藤森泰司アトリエ、読広クリエイティブスタジオ、圖庵、匠大塚

この学科の授業

授業の特徴

在校生・卒業生へのアンケートを基にした特徴です
  • 授業の形態
    実習中心
    2人が回答

    座学中心

    実習中心

  • クラスの生徒数
    多い
    2人が回答

    多い

    少ない

  • 先生の教え方
    どちらともいえない
    2人が回答

    優しい

    厳しい

  • 課題の量
    多い
    2人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラム
    決まっている
    2人が回答

    自由に決める

    決まっている

授業の特徴をもっと見る
全5項目

この学科の学生生活

学生生活の特徴

在校生・卒業生へのアンケートを基にした特徴です
  • キャンパスの雰囲気
    活気がある
    2人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    都会的
    2人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    長い歴史がある
    2人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    どちらともいえない
    2人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    2人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    少ない
    2人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    女性が多い
    2人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • 入学者の割合
    高卒が多い
    2人が回答

    高卒が多い

    社会人が多い

  • サークルや部活
    活発ではない
    2人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    明るい
    2人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    どちらともいえない
    2人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

学生生活の特徴をもっと見る
全11項目

専門学校桑沢デザイン研究所のことが気になったら!

当サイト限定

入学で全員に6,000円分のギフト券をプレゼント!

※資料請求が2件以下の場合は3,000円分

この学科の時間割モデル

1年次では全員が共通の基礎を学び、眠っている感性を呼び覚まします。

1年次
1時限
9:00~10:30
基礎造形(デッサン) 基礎造形(フォトグラフ)
2時限
10:40~12:10
基礎造形(デッサン) 基礎造形(フォトグラフ)
3時限
13:00~14:30
基礎デザイン(プロダクトデザイン) 基礎造形(構成・平面) 【自由選択科目】美術史研究A 基礎造形(構成・立体) 基礎デザイン(ビジュアルデザイン)
4時限
14:40~16:10
基礎デザイン(プロダクトデザイン) 基礎造形(構成・平面) 【自由選択科目】メディア文化研究A 基礎造形(構成・立体) 基礎デザイン(ビジュアルデザイン)
5時限
16:20~17:50
英会話Ⅰ 近代デザイン史A デザイン概論A

※学年・学期によってカリキュラムは異なります
※時間割は個人差があります
※クラス・学期によって時間割は異なります。
※自由選択科目は個人によって異なります。

2年次からは専門分野に分かれて、それぞれの知識・技術を身につけていきます。(時間割はビジュアルデザイン専攻の一例)

2年次
1時限
9:00~10:30
コンピュータ演習 ビジュアルデザインⅡA
2時限
10:40~12:10
コンピュータ演習 英会話Ⅱ ビジュアルデザインⅡA
3時限
13:00~14:30
イラストレーション フォトグラフ 【自由選択科目】ウェブマーケティング&デザイン(基礎) タイポグラフィ 印刷・DTP概論 文化論
4時限
14:40~16:10
イラストレーション フォトグラフ 【自由選択科目】ウェブマーケティング&デザイン(基礎) タイポグラフィ 画像概論 メディア論

※学年・学期によってカリキュラムは異なります
※時間割は個人差があります
※ビジュアルデザイン専攻の時間割です。詳細は、桑沢デザイン研究所公式ウェブサイトで確認できます。
※https://www.kds.ac.jp/curriculum/sougou/

この学科の基本情報

学校名

専門学校桑沢デザイン研究所

ふりがな

せんもんがっこうくわさわでざいんけんきゅうじょ

学科名

総合デザイン科|昼間部[3年制]

住所

東京都 渋谷区神南1-4-17

最寄り駅

東京メトロ千代田線 明治神宮前〈原宿〉 (684m)
JR山手線 原宿 (693m)

学費

学費総額414.0万円

入学金 30.0万円

授業料 270.0万円 (90.0万円/年 × 3年)

その他 114.0万円

※「その他」は入学金と授業料以外に卒業までにかかる学費すべて(教科書代や教材費など)です

※正確な金額・詳細に関しては資料請求の上、ご確認ください

※小数点以下は切り捨てとなります

奨学金

日本学生支援機構(独立行政法人)の奨学金制度の対象です

オープンキャンパス参加キャンペーン
入学支援キャンペーン

みんなの専門学校情報TOP   >>  東京都の専門学校   >>  専門学校桑沢デザイン研究所   >>  総合デザイン科|昼間部[3年制]

パンフ/願書請求リストに追加されました!

パンフ/願書請求リストを見る
閉じる

専門学校桑沢デザイン研究所の学科一覧

首都圏 × グラフィック分野 ランキング

  • 人気順
  • 口コミ
  • 学費