みんなの大学情報TOP   >>  滋賀県の大学   >>  長浜バイオ大学   >>  口コミ

長浜バイオ大学
出典:OAS
長浜バイオ大学
(ながはまばいおだいがく)

滋賀県 / 私立

マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:37.5 - 42.5

口コミ:

3.75

(32)

長浜バイオ大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.75
(32) 私立内261 / 567校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.79
  • 研究室・ゼミ
    3.83
  • 就職・進学
    3.63
  • アクセス・立地
    2.77
  • 施設・設備
    4.23
  • 友人・恋愛
    3.19
  • 学生生活
    2.92
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

32件中 1-10件を表示
  • 男性在校生
    バイオサイエンス学部 コンピュータバイオサイエンス学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      授業によって、採点方式が違い、レポートのみで採点する場合と、期末テストのみで採点する場合、授業内の小テストのみで採点する場合、それらの複合で採点する場合と、まちまちである。
    • 講義・授業
      講義の内容は、基礎から専門的な内容と幅広い。教授や講師の先生は、コミュニケーションが取りやすく、ある程度好きな時間に、会うことができる。課題は、量は、まちまちだが、内容は、授業に沿ったレポートが課題になる。
    • 研究室・ゼミ
      まだ、研究室・ゼミに入るのは4回生に入る直前で、選び方は第3希望まで選択して、GPAに応じて希望のゼミに入ることができる。
    • 就職・進学
      就職先は、学んだことを生かせる仕事が多く、進学実績はいい方だといわれている。進学は、ここの大学院を選ぶ人が多い。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は田村駅と30分に1本の電車しかない。駅から大学は50mあるかないか。大学の周りは、ラーメン店とコンビニしかない。下宿は隣駅近くから自転車などで来る人が多い。
    • 施設・設備
      教室は人数的に程よく、キャンパスはそこそこ人がいる。研究設備は、ほぼ最新のものが多い。図書館は専門分野に特化している。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については、学部や学科を問わず、作ろことができ、いろいろな情報交換ができるので、とても良い。
    • 学生生活
      サークル・部活動は、主に楽しむことをメインにしており、大学のイベントでは、イベントを盛り上げるのも行う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、実験や専門分野の基礎知識を、2年次は、実験のある程度の発展、専門分野のそこそこの発展を勉強する。
    投稿者ID:431275
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    バイオサイエンス学部 バイオサイエンス学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学校生活全般を振り返ると、とても充実した日々を過ごすことができました。
      友達関係もよく、先生方も分からないところがあると熱心に教えていただける方々がほとんどでした。
      そして、なんといっても実験実習に力を入れており、一人一人が実際に手を動かして取り組むことができスキルとして身に着けることができました。
    • 講義・授業
      講義授業の内容については主に生物、化学の内容の基礎から応用のことまでしっかり学ぶことができるものが多かったです。
      講義中の雰囲気については、静かな雰囲気のクラスが多く集中して先生のお話を聞くことが出来ました。
      課題については、決して多くはなく、程よい程度でした。
    • 研究室・ゼミ
      理系の大学なので、ゼミではなく4回生から研究室に配属されます。
      研究室の選び方は、基本自身が希望する研究室に行くことが出来ますが、定員が決まっており多い場合は3回生までの成績で高い人が優先されます。
      自身が所属している研究室では、教授から提示された研究内容から自身が進めたいと思う内容を1つ選択し先生ややさしい先輩方からアドバイスを頂きながら卒業研究を進めていく体制でした。
      ゼミ生同士のつながりは、とても良好で、お互い協力しあっています。
      卒論提出までのスケジュールは、しっかり決められており期限内に余裕をもって提出することができました。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートについては、エントリーシートの添削など、親身にアドバイスしてくださるスタッフの方々が多かったです。
      私が所属するバイオサイエンス学科は、学んできた専門分野を活かす企業に就職する人々は少なく、とりあえずお金を貯めるために就職先を決めている人が多い印象でした。
    • アクセス・立地
      最寄駅は長浜駅の一つ前の田村駅で、駅をおりて5分で大学に到着することができます。
      学校の周りには、自然が広がっており空気はきれいなのですが、最も近いコンビニは歩いて15分程かかる1件だけでお昼を買いにいくには苦労しました。
      買い物にいくには長浜駅まで行かないといけません。
    • 施設・設備
      キャンパスは、自習できるスペースがたくさんあります。
      しかし、図書館においてある本の種類は少なく、利用することは少なかったです。
      リラックスできる場所は少なかったので、日々疲れが溜まっていることは多かったです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については親切な人が多かったです。
      学内の恋愛については人によって様々で幸せな人もいれば、泥沼化する人もいました。
    • 学生生活
      私自身がサークル、イベントに積極的に関わっておらず、学際などサークル活動がの充実具合を知る機会が少なかったので、真ん中の点数を選択しました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は必須科目が多かったです。科目内容としては専門分野よりも思想面や、高校で習ってきたことの復習や、基礎内容を定着させるものが基本でした。実験実習は週1でありました。
      2年次~3年次には、専門分野を扱う科目が増えました。実験実習も週2になりました。
      4年次から研究室に配属され卒業研究を行いました。研究室に拘束される時間が多かったです。
      卒業論文については、研究室によって異なりますが、自身が所属した研究室ではスケジュールがしっかり組まれており提出期限が遅れることはなかったです。
    投稿者ID:431238
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    バイオサイエンス学部 アニマルバイオサイエンス学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      大学は駅から徒歩1分程度の距離で通学しやすく、周りに自然が多いため田舎ならではの学び方ができます。地域貢献活動やフィールドワークは他の大学よりすごいと思います。地域貢献活動ではキャリア科目で地域を盛り上げるイベントを学生だけで行ったり、地元の酒造さんと協力し米作りから関わり日本酒を作るなど様々なことを行なっています。また、小さい大学なため教授との距離が近く、質問がしやすく一緒にご飯に行ったり、釣りに行ったり、教授の部屋に相談をしに行くことも可能です。他大学の院を志望していても応援してくれて学んでいない科目も質問に行ったら丁寧に教えてくださります。実際に学歴ロンダリングする人も多いです。また、実験動物技術者1級の資格獲得者は多く1位合格者も出ています。マウスやラットなどを取り扱えることから製薬会社などの就職がとても有利になります。実際に資格獲得者は学内で表彰され、就職活動もスムーズに決まっています。琵琶湖が近いことから固有種であるビワマスの研究をおこなっている教授もおり、どのようなエサが脂のノリがいいかなど調べているため試食会が行われたりすることもあります。
      とても自由な大学です!
    • 講義・授業
      野外でフィールドワークを行う授業があり、琵琶湖で実際に漁を行なっている方に話を聞き、刺し網漁を手伝わさせて頂くことができます。前日の網の設置から当日の引き上げなど普段決してすることのできないことを漁師さんに教わり学ぶことができます。他にも周辺の水路の生物を集め何がいるかを自分たちで同定し、データにまとめることや、投網の投げ方を地元の漁業組合の方に指導していただき川で投網で魚を捕ったりします。
      ただ大学生活を過ごすだけでなく、価値のあるものにしてくれる授業が多いのではないかと思います。
    • 研究室・ゼミ
      3回の後期から研究室配属です。アニマルでは教授は全く関わらず、学生たちで話し合って配属を決めます。
      どの教授も良い先生であり、「はずれ」の様な研究室はありません。卒業研究もしっかりと研究でき、学部卒でもたくさんのことを学べます。
    • 就職・進学
      しっかりと進学であっても就職であっても手助けをしてくれます。
      1人1人に作文を書かせ、将来について3回生の時に考えさせられます。そして、就職課の職員と面談を行なったりします。
      また、いつでも相談できる距離感なので、気軽に話せます。
    • アクセス・立地
      駅から徒歩1分ほどで
      駅から大学のWiFiが届くほどです。
      最寄駅は北陸線ですが、2駅で米原駅なため、愛知県や岐阜県から通っている人もいます。京都府や大阪府や奈良県からも通えるため、通っている人もいます。また、京都、大阪であれば琵琶湖線から乗り換えが不要なため座ってれば着きます。
      長浜駅は観光地なためスーパーや観光名所など様々な建物があり、便利です。
    • 施設・設備
      動物舎や温室などをはじめとする建物から電子顕微鏡などの高価な機材も多くあるため、様々な実験を行うことができます。
      また、学生実験の授業でも基礎の実験などを学ぶのでその際にも試薬や機器を触りまなぶことができます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      都会の大学の様な合コンや交流パーティーなどは全くありません。
      しかし、小さい大学だからこそ友達もすぐにでき、サークルに入れば先輩や後輩もたくさんできます。
      また、実験などグループで行うことも多いので、コミュニケーションを取り、お互いに成長し合うことができます。
    • 学生生活
      小さい大学であるため、学祭の規模も小さいです。
      しかし、地域との交流は多いため、学祭では学生以外の出店がたくさんあり、とても屋台やクオリティは高いです。
      長浜バイオ大学にしかないサークルも多いため、どの団体に所属してもとても良い経験が得られ楽しめます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      実験動物、生物多様性、食品衛生などの分野を中心に様々な講義があります。どの分野も深くまで学ぶことができ、とても面白い講義が多いです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      動物病院
    投稿者ID:386382
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    バイオサイエンス学部 コンピュータバイオサイエンス学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      学校生活を振り返ると、単位を取ることに力を入れていましたので、恋愛やサークルなどはあまり積極的ではなかったです。今更ながら、もっと積極的に参加していればよかったと思いました。ですが、単位を1回生と2回生でしっかり取れていましたので、充実している点としては自由な時間がたくさんありました。ですが、その時間は自分のために使うようにしないと後々、大変ですので、気をつけてください。ちなみに、わたしはアルバイトばかりしてました。実験の講義が充実していると思いますので、細胞とか生物、たんぱく質とか学びたい人は入学しても良いかなと思います。コンピュータ系を学びたいなら、少しは、知識を付けてからの方が良いです。分からない状況が続きますと学ぶ意欲が無くなり、大変です。琵琶湖や滋賀県の環境が好きなら、是非、入りましょう!後、大学名にある長浜市には、お世話になりますので、その地域について詳しくなると思います。通学も以外にラクチンです。先生も面白い人はいますので、喋りに行くのも有りです。
    • 講義・授業
      講義や授業の内容については、基本的なことが多いと思います。ただ、マニアックな講義もあり、その講義で単位を取ろうと思うと、先生の話をしっかり聞いて、知り合いから過去問をもらうことをオススメします。先生は、面白い人もいるし、ひたすら、ホワイトボードに書いて、90分終える授業もあります。何を学んでもいいと思いますが、ある程度、講義内容について、知っている方が良いと思います。後は頑張って、出席する事で、単位を落とさないことをオススメします。講義中の雰囲気は基本的に静かです。ただ、大きい場所で後ろの方の席はうるさいと思います。勉強するなら、真ん中より前に座る方が良いです。課題はあんまり無いです。講義中に課題が出ることが多いです。基本的に始めか、最後です。講義中の内容のものが多いです。分からない場合は、知り合いに聞いてください。単位については、基本的に取りやすいです。しっかり聞いて、出席していればですが。基本的には小テストや出席点でしっかり稼いで、最後のテストで、平均ぐらい取れば、問題無いです。履修の組み方は、友達と同じの方が良いと思います。後、出来るだけ最大まで組みます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期については、3回生の後期からが、ほとんどです。選び方については、自分がいいなと思ったところで、良いと思います。ゼミの説明会については、一応、参加してみてください。色々と話を聞いて、決められると思います。自分の所属しているゼミの活動は、週一ぐらいで、その他に先生の手伝いや課題があったので、それをするかでした。ゼミ同士のつながりは、時々ぐらいで、あまり積極的に関わってなかったです。卒論については、先生が何種類か持ってきて、自分で選択します。卒論は早めにやった方が良いです。私は就活が終わってから、取り組みましたが、問題無かったです。
    • 就職・進学
      就活実績については、2社内定を頂いております。就職活動のサポートについては、とても良いと思います。ただ、自分が、積極的に参加してなんぼです。気持ちがなかったらサポートが優秀でも、意味が無いです。先輩の就職活動は、あまりだったような気がします。自分の就職活動は、積極的に参加してましたので、早めに内定を頂けることができました。ただ、それ以降、実施しなかったので、他の人が良い企業に内定をもらったりしているともう少しやった方がよかったかなと後悔しますので、就職活動は長くやった方が良い企業に巡り会う可能性があります。後輩の就職活動は、あまり知りません。就職活動の時に気をつけて方が良いことは絶対にあきらめないことです。進学については、その道に行きたいのであれば、オススメします。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は田村駅です。駅から大学までは近いです。学校のまわりは、特に、何も無いです。ドームがあります。住んでいる人が多い場所は長浜市です。飲みに行く時は、長浜市に行きます。買い物に行くことが多い場所は、長浜市です。
    • 施設・設備
      キャンバスについては小さいです。教室については、小さいです。研究設備については、充実していると思います。図書館については、専門書が多いです。サークルや部活で役に立つのはコミュニティです。課題をやる上で役に立つのはコンピュータです。試験前に役に立つのは過去問です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については、みんなと仲良くなれると思います。サークルのつながりについては多少あります。学内の恋愛関係については、少しはあります。友人ができやすい場所は、食堂です。
    • 学生生活
      サークルについては、自主活動なので、やっている人もいるし、やってない人もいます。大学のイベントは、普通の学校と同じくらいだと思います。アルバイトについては、飲食店でたくさんしていました。学外での活動については、あまりしておりません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、アルバイトもせずに遊びました。単位を落とさない程度に。必須科目については、基本的な講義が多いですから、高校でしっかりしていれば、大丈夫です。2年次は、アルバイトもしつつ、単位を落とさない程度に遊び、勉強も、ある程度しました。3年次は、アルバイトばかりで、あまり、勉強をしていなかったです。後期からが、研究室に配属されるので、それまでに、卒業に必要な単位分はしっかりとりました。4年次は、就活とアルバイトばかりでした。就活が終わってから、卒論に取り組みました。卒論は、医療関係について、可視化するというので、取り組みました。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      IT業界の製造職
    投稿者ID:412154
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    バイオサイエンス学部 バイオサイエンス学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      私はバイオサイエンス学科に所属していますが、その中でも別枠の臨床検査学プログラムというコースを専攻して入学しました。この入学時から臨床検査学プログラムのコースに入るという専攻の仕方は私たちの学年からはじまったものなので、学科の総合評価をするにあたってまだ情報が不十分であるので、今回の総合評価を3とさせていただきました。
    • 講義・授業
      基礎から授業を行ってくれるのは勉強の苦手な人にとっては良いことであると思います。でも、勉強がある程度できる人にとっては1回生での一般教養の内容がとても簡単で薄く感じてしまうと思うから。
    • 研究室・ゼミ
      実験室については、先生達が言うように関西の国公立・私立含め全ての大学において、京都大学・大阪大学に次ぐ素晴らしい装置・器具・設備が整っていると思われます。
    • 就職・進学
      詳しく知らないので3とさせていただきました。大学院などへの進学よりは就職のほうが多いということを、大学のパンフレット等で見たことがあります。
    • アクセス・立地
      米原駅よりさらに北に最寄り駅があるので、自宅から学校までが遠いという人がほとんど。また、冬にはものすごい積雪があり、しょっちゅう電車が止まるので学校に行けない。学校周辺については、何も無い。琵琶湖しかない。
    • 施設・設備
      先ほど述べたように、実験室については、先生方が仰っているように、関西の国公立・私立含め全ての大学において、京都大学・大阪大学に次いで装置・器具・設備が整っていると思われます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学部はバイオサイエンス学部のみ、学科は3つしかないので、大学内で友達ができやすい。また、ある研究室において、その研究室内で成立したカップルはほとんどの確率で結婚すると言われています。
    • 学生生活
      サークルについては私自身それほど積極的に参加していないので何とも言えません。学祭に関しては、あまり大々的に行っていない(たぶん?)です。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は全学科ほぼ合同で授業を行います。一般教養です。必修科目は、生命倫理・研究倫理、エッセンシャル生物学、化学基礎、一般英語、国語、大学での学びと実践方法、そして自然科学基礎実験。2年次から学科ごとに分かれます。私の所属する臨床検査学プログラムでは、2年次から臨床検査学プログラム専攻者のみの棟にうつり、実習を行ったりしていきます。
    投稿者ID:411339
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    バイオサイエンス学部 アニマルバイオサイエンス学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      先生と生徒の距離が近いから、気軽に質問出来る。
      資格取得の勉強もサポートしてくれる。
      研究室も様々な分野があり、自分の視野が広がる。
      ただし、研究室にも受け入れ人数の制限があるため、制限オーバーした際は話し合いなどをしなければいけない。その時に決めてになるのが、意志の強さとGPA。なのでGPAは高めの方が安全。
    • アクセス・立地
      駅の目の前というのは魅力。
      ただし、電車の本数が少ない。また、実家から通うならば終電の時間を考慮しなければいけない。時間によっては自宅の最寄り駅まで帰れなくなることもある。
      そして、周りにはほとんど何も無い。
      コンビニがあるくらいかな。
      遊び場も遠くへ行かないとない。
    • 施設・設備
      実験動物専門の建物がある。
      他の学科は実験室がコロコロ変わるが、アニマル学科はほとんど変わらない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友達はとても作りやすい。学科内のほとんどの人と関わることが出来る。そのため、テスト期間は情報交換がとてもしやすい。
      恋愛関係は、学科内の人数が元々少ない為か、色んな噂が飛び交っている。悪い噂が少し多め。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      イオンの子会社
    投稿者ID:385175
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    バイオサイエンス学部 アニマルバイオサイエンス学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    • 総合評価
      遺伝子の実験や、生物採取をしたり、
      たくさんの事が学ぶことが出来る。
      アニマルバイオサイエンス学科は、
      主に、動物の多様性や進化の仕方などを学ぶ。
    • 講義・授業
      可もなく不可もなく。
      自分がやりたいことをサポートしてくれる。
      いろんな研究をしている人が多いので
      興味を持てる。前期と後期が始まる時に担当教員が
      面談をしてくれるので、何かあったら相談できる。
    • アクセス・立地
      駅の目の前で、ものすごく近い!!
      JR琵琶湖線の田村駅すぐ目の前にある。
      キャンパスからは琵琶湖が見える。
      大阪や京都、岐阜などから通っている人も多い。
      地方からくる人が多い。長浜市に下宿している人も多い。
    • 施設・設備
      実験器具も、たくさんあり充実している。
      いろんな器具を使うので楽しい。
      トイレも綺麗で、女の人も安心して利用できる。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      いろんなサークルがあり、地域の人たちと
      関わったり、子どもたちと接したりする事ができる
      サークルもある。体育系のサークルもある。
    投稿者ID:378425
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    バイオサイエンス学部 バイオサイエンス学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      植物や遺伝子など、農学系のことを研究したいと思っている学生さんにはぴったりの大学だとおもいます。自然豊かなところにあり、創立から10年ちょっとのため、設備も最新のものが多く、研究するにはとても充実しています。この大学は1年次から毎週実験を行うことが一番の魅力で、実験能力の向上に繋がります。また農学系の単科大学はここしかなく、先生方とも距離が近いので様々な事を相談できます。ただ、立地が微妙で通いとなると時間がかかり大変です。単科大学のため規模が小さめで、不便かなと感じることがいくつかあります。また私立ということもあるのか、授業に真面目に取り組んでいない人もちらほら…。しかしバイオのことをしっかり学びたいと思う人にはとてもいい大学です。自分のやる気次第で先生方も親身になって下さり、充実した研究ができます。研究室も農学系の分野を細かく分け、それぞれに特化した研究をされているので、自分がやりたいと思った研究を追求することができると思います。
    投稿者ID:373282
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    バイオサイエンス学部 バイオサイエンス学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      生徒の層が上と下で両極端のため、下の子に合わせた授業がちょくちょくある。けれど、実験設備もかなり整っていて器具も新しい。
    • 講義・授業
      分母数が小さいがために教授との距離も近く手厚くしてくれる。
      担任制度もあるので、何かあれば気軽に相談できるし、教授に聞くのが恥ずかしいとかであれば質問を承る専門の人たちが備わっている。
    • 就職・進学
      就活センターに二回生からでもお世話になれる環境はありがたい。
      就職実績もなかなか良いと思う。周りの話を聞いていてモンスター大学よりかは苦労してないと感じている。
    • アクセス・立地
      田んぼ。空気はいい。無人駅。まぁお金はたまる。使うところがないし。
      JRで遅延しやすく、ただでさえ30分に一本の電車数だから交通に関しては非常に不便。慣れたらなんとも思わないが、電車逃した時の悲しさは異常。
    • 施設・設備
      校舎自体は良い環境の高校って感じだが、実験面ではかなりいい。
      教室は広すぎないのでスライドが見やすい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友達は選ぶべき。友達で左右されて人間味が落ちる子は落ちる。真面目な子たちと一緒にいる方が充実する。
    • 学生生活
      サークル数は少ないけど、その代わりサークル同士の繋がりは硬い。
    投稿者ID:372919
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    バイオサイエンス学部 バイオサイエンス学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      生命科学の基本的知識がしっかり身につきます。とくに製薬企業の品質管理部門ではかなりの活躍が見込めます。主に化学系や製薬系からの推薦などもたくさん来たりします。
    • 講義・授業
      大学の講義は自己責任が多いですが、実験においては国内でもかなり高度な技術を習得できるはずです。一年生からしっかりと取り組むことができます。プレゼンテーションなどの機会も多く積極的な参加ができます。
    • 研究室・ゼミ
      それぞれ研究室ごとに評価は異なりますが、4回生からしっかりと始まります。三年生の前期にはどこの研究室に配属されるか決まります。
    • 就職・進学
      キャリア科がサポートしてくれます。是非とも活用してください。
    • アクセス・立地
      最寄り駅の田村から徒歩30秒です。琵琶湖のすぐそばで、かなりのどかです。ただ、終電が21~22時台なので遠方の方は注意が必要かもしれません。
    • 施設・設備
      高額な機材までかなり充実しています。とにかく学習意欲のある方にはおすすめの大学です。また科学実験においてたくさんの機材を使用することができ、専門技術を習得できるはずです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学部がひとつで皆顔見知りの用な人数です。仲良くできるのではないでしょうか。男女比はおよそ7対3ぐらいです。恋愛については、それぞれです。顔見知りの分、噂が広まっちゃったりもしますけど、とてもまったり平和なカップルが多いですよ。
    • 学生生活
      科学系の部活が充実しています。運動サークル藻在りますが体育館や運動場は正直小さいです。学園祭はあまり大きなものではありませんがみんなで盛り上げられるよう頑張ります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      生命科学について学びます。医学、薬学、細胞生物学、分子生物学、環境科学、遺伝子学について幅広く学びます。実験が充実していてとても成長を感じられました。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      製薬企業
    投稿者ID:372513
    この口コミは参考になりましたか?
32件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

滋賀県で評判が良い大学

滋賀県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  滋賀県の大学   >>  長浜バイオ大学   >>  口コミ

長浜バイオ大学の学部

オススメの大学

東北学院大学
東北学院大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.69 (448件)
宮城県/私立
東北芸術工科大学
東北芸術工科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.14 (77件)
山形県/私立
北海道千歳リハビリテーション大学
北海道千歳リハビリテーション大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.00 (1件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。