みんなの大学情報TOP   >>  新潟県の大学   >>  長岡造形大学   >>  口コミ

長岡造形大学
(ながおかぞうけいだいがく)

新潟県 / 公立

偏差値:54 - 57

口コミ:

4.06

(16)

長岡造形大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.06
(16件) 公立内16位 / 77校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.75
  • 研究室・ゼミ
    3.81
  • 就職・進学
    2.94
  • アクセス・立地
    3.31
  • 施設・設備
    3.81
  • 友人・恋愛
    3.56
  • 学生生活
    -
    -
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

16件中 1-10件を表示
  • 男性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-10-24投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      授業内容について、押し付けがましくて、自分のしたいことができない印象。課題も興味がない時は苦痛でしかない。
    • 講義・授業
      講義内容はいい時もあればいろいろ。義務教育の延長だと思えば乗り切れるかも。
    • 研究室・ゼミ
      3年に少しと、4年から本格的にゼミが始まる。先生の言うことを真に実行できる生徒が好まれる。
    • 就職・進学
      よく就職関連の催しものをやっている。企業もよく説明会に来る。
    • アクセス・立地
      長岡駅からは遠いのでバスやタクシーを使うことが多い。環境は静かでよい。
    • 施設・設備
      スタジオが多数ある。比較的新しい。カメラなどの機材を借りることができる。
    • 友人・恋愛
      サークルが結構ある。しかし活動内容がよく分からないものが多い。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎造形をする。デッサンや絵の具を用いての基本的な学習をする。2年から自由度が高まる。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-10-20投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      同じ夢を持った人たちが集まっているので楽しいです。他の学科の子たちとも交流できるカリキュラムがあるので制作の幅が広がります。
      ただ、課題がキツイところもあるので入学を考えている方は、そこは心しておいたほうがいいかもしれません。
    • 講義・授業
      外部から先生が来てくださったり、その点では充実しています。
      面白い先生が多いので、授業は楽しいです。
    • 研究室・ゼミ
      他の大学とは違うゼミの内容です。いろんな学科の人が集まって、一つのゼミになります。三年生になると、学科ごとのゼミになります。
    • 就職・進学
      わたしはまだ就活生ではありませんが、ポートフォリオの演習や講座を開いてくださいとてもためになります。
      学務課の方も親身になって話を聞いてくださいます。
    • アクセス・立地
      周辺環境はとてもいいです。しかし、バスや電車の数がとても少なく、雪が降るとすぐに止まるので注意が必要です。
    • 施設・設備
      とてもかっこいい外見の学校ですが、使い勝手が悪いところがあります。その点を除いては、設備も充実しています。
    • 友人・恋愛
      とてもたのしいです!
      サークルにはいると上下の関係もできるので先輩方から情報をもらえます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      私の学科はざっくりと分けて、写真映像、タイポ、描写、WEBに分かれます。もう少し細かく分かれますがこのような感じです。一年生のころは、デッサンなどの基礎的な演習を行います。これは、全学科対象です。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-10-20投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      課題の量が多いですが、動画やイラスト、パッケージのデザインなど幅広く学ぶことができます。同じ意識の友達がたくさんいるので共作して学校で展覧会を開いたりなども可能です。授業も毎回チェックやアイデアを発表する機会があり、プレゼンなども上達します。ただ、課題が多く出るので毎週こなすのが大変です。バイトとの両立がしにくいと思います。
    • 講義・授業
      外部からもプロのデザイナーの方が来て講義をしてくれることもあります。先生方もデザインに精通している方々なので、指摘が的確です。
    • 研究室・ゼミ
      自分の極めたい分野の先生に着き、指導を受けることができます。またこういうことをやりたいと提案すればそれにあったアドバイスも受けることができます。
    • 就職・進学
      二年生の頃から就職対策の授業があり、面接の時の話や就活までの準備について講義があります。また、ポートフォリオを作って実際に評価をしてもらったり、改善点を指摘してもらうこともできます。先輩方のポートフォリオをみて参考にすることもでき、かなりサポートが充実しています。
    • アクセス・立地
      周りにはスーパーが一件ある程度で、お店はそんなに多くないです。遠くからだと冬に通うのが大変です。道路から水も出ていて、雪もあるので、近くに住んだ方がいいと思います。
    • 施設・設備
      学校には工房やパソコン室などがあり、大体のことが学校の中で実施できます。できたばかりの学校なので校舎もかなり綺麗ですし、設備が充実していると思います。
    • 友人・恋愛
      デザインを学びたい人が多くいるので、刺激をもらえたり、学校外でも展覧会をしたりと幅広く活動できます。サークルもあるので友人同士の交流が深まります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年では基本的なデッサンや色彩について学び、二年生からはやりたい分野を選択します。三年生になると2つのコースに分かれて制作を始めます。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    造形学部 美術・工芸学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-10-04投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他大学では考えられないほど、教師から生徒に対するアドバイスがあり、実力を伸ばしていくには良い環境です。
      しかし、生徒に威力が無い為、自分で行動していかなければ4年間あっという間に過ぎてしまう刺激の少ない大学でもあります。
    • 講義・授業
      自分から動いていかなければ先生方から欲しい指導はもらえません。
    • 研究室・ゼミ
      和気藹々とした雰囲気もあり、活動しやすい環境がととのっています。
    • 就職・進学
      キャリア実習等は2年生から始まります。また、キャリアセンターなど就職に対して良い環境ではあります。
    • アクセス・立地
      周辺にスーパー、24時間薬局、大きなイベントモール、駅まで自転車で行けるなど、利便性は良いです。
    • 施設・設備
      美術工芸学科については各コースごとに工房が分かれているため、集中して作業できます。
    • 友人・恋愛
      サークル活動が活発なので、友人や先輩後輩といった縦の繋がりも持つことができます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年のうちは基礎を徹底的に学びます。
      2年生からは各学科ごとに分かれ、専門的な勉強をしていき、3年生からゼミや研究室に入ります。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    造形学部 プロダクトデザイン学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      将来、製品を作ったり商品の企画を考えたりする仕事がしたい学生にとって良い環境が揃っていると思います。プロダクトデザイン学科の先生方には色々な種類のデザインに携わってきた元デザイナーの方(ホンダやマツダ、ニコンなどの有名企業からいらした方もいます)も多く、お話を伺ってデザインの仕事の内容が具体的にどういうものなのかをイメージする勉強になります。この学科はアトリエが2年生から4年生まで同じなので(カリキュラムにより1年生は別アトリエ)、学年全体での交流が他の学科に比べて多く、先輩後輩と課題の内容やアドバイスなど、コミュニケーションを取る機会も多いので刺激になりモチベーションに繋がります。
    • 講義・授業
      学外からの特別講師を招いて行う講義では、様々な企業の普段見聞きできないデザインの話を聞くことができ、自分自身の将来を考える糧になります。文・理系の大学とは違い試験やテスト期間などは無く、本人のやる気次第で単位取得や作品の評価が左右されます。
    • 研究室・ゼミ
      4年前期からゼミが本格的に始まり、学生が各々で研究テーマを決めて進めます。ほとんどの学生は、ゼミの先生を選ぶ際、自分自身がやりたい研究内容の専門により近いことに携わってきたり詳しかったりする先生を選択します。研究内容は学生ごとバラバラなので、先生は基本的に学生の自主性に任せた指導方法を取ります。
    • 就職・進学
      大手だとパール金属、富士フィルム、イトーキ、ホンダ、スズキ等の企画やデザイナーまたは設計の仕事に就いた人も居ます。学内にキャリアデザインセンターという部署があり、就職活動に関する情報を発信したり、学外で行われる合同企業説明会のためにシャトルバスを手配したり、履歴書の添削を一人一人行ったりと丁寧に就職活動をサポートしてもらえます。但しそれらは自主的にキャリアデザインセンターに通うなどして就職活動に意欲を示している人が受けられる恩恵なので、結局のところ自分が動いていくしかありません。
    • アクセス・立地
      最寄りの長岡駅からはバスでないと苦しいと思います(自転車で30分、徒歩1時間程)。大学周辺には大きなショッピングモールのほか、美術館や美味しいご飯屋さんもあり、自然にも囲まれ住みやすい環境だと思います。学生の多くは一人暮らしで、アパートから通っています。アパートの相場は3.5万から5万以下くらいだと思われます。大学に寮はありません。大学からの連絡でたまに不審者情報が発信されるので、女子学生は二階のほうが安心かもしれません(もちろん1階に住む女子学生も居ますし住んだ地域に必ずしも不審者が出るということはありません)。
    • 施設・設備
      今年から新しい3Dプリンタ数台とレーザーカッターが導入され、使い方の講習を受けた学生は自由に稼働させることができます。またポートフォリオと呼ばれる作品集を作る上での作品の撮影などはスタジオを予約すればカメラを持っていなくとも撮影ができます。校舎はコンクリート打ちっ放しなので、夏は暑く冬は寒いです。教室は冷暖房完備です。また大学の図書館にはデザイン書籍が多くあり、希望が通れば読みたい書籍を導入することも可能です。
    • 友人・恋愛
      1年生は学科関係なくクラス分けされ合同で学ぶのですが、2年生から本格的に学科ごとの講義となり他の学科の人と関わる機会は同じサークル、同じ講義を受けているなどでないと大きく減ってしまいます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      メーカー/グラフィックデザインと企画
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-18投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      講義の選択肢はとても狭く感じました。 また画材や材料、機械に設備は想像しているよりも少ないです。 ですがその中で何が自分に必要かなど考えさせられ、 よりオリジナリティな作品を作ることができます。 また先生方も色々な分野の方がいるので 分からないことはなんでも教えてくださいます。 必修授業では自分が今までにしてこなかった事まで習うので そこから自分が将来やりたいことなどを見つけるチャンスにもなります。
    • 講義・授業
      講習の選択肢は狭いです。 しかしその分皆が顔見知りになれるのでアットホームな感じです。 設備が少ないのは難点ですが講師の先生との距離感が近いので ドンドン分からないことは聞けました。
    • 研究室・ゼミ
      研究室では本当に自由にさせて貰いました。 自分の希望する分野の先生を基本選びますが、 中には色々な分野を組み合わせて卒業制作を作る生徒もいて 先生も分野を押し付けること無く親身になって相談に乗ってくれました。 自分個性を存分に出すことができます。
    • 就職・進学
      就職活動の時期になると、学校でデザイン系の企業を集めた合同説明会を開いて下さいました。 また定期的に就職指導の講習も設けられたので 基本的な就活マナーは学べるかと思います。 ただ私が在学していた時は少し時期が遅いのではないかと思いました。
    • アクセス・立地
      長岡駅からバスで15分ほどなので立地はいい方かと思ったのですが、 バスが10分遅れるのは当たり前で なおかつ雪が降るとさらに遅くなります。 市外から通う方達は電車の時間もあり大変だったかと思います。
    • 施設・設備
      学内はデザイン学校らしいインテリアで清掃の方も居たので綺麗でした。 ただ校内がコンクリート制で夏場はエアコンを切ったりしていたので 灼熱か極寒という両極端なのが気になりました。 設備は先程も書きましたが設備が少ないのが気になりました。 課題をやるために放課後パソコンルームへ行くと満席 なんてことがよくありました。 ハードディスクとマイパソコンは買ったほうが良いかもしれません。
    • 友人・恋愛
      長岡造形大学は人数が都内ほど多くないので 殆どの生徒が顔見知りだったりでアットホームな雰囲気でした。 また大学周辺は学生が住んでいるアパートが近かったのもあり 一人暮らしでも寂しいと感じたことがありませんでした。 いまでは周辺に沢山お店も出来て不便はないかと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1・2年は必修授業とイラストや写生の基礎知識などをとにかくやりました。 そして3年からいよいよ選考学科の中でもコースで分けられ イラスト、写真、絵画、などなどと自分の味を出せる講義を受けられます。 そして1・2年で頑張れば4年生で研究室と就活を伸び伸びとやることができます。 またまだ講義を受けたい生徒も時間に余裕が出来るので受けてないけれど行ってみたい授業を 受講する事もできます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      カメラマン
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      お世話になっていたアルバイト先の勧めで入社しました。 自分の力を存分に活かせる仕事でなおかつ必要とされていると感じたためです。
    入試について
    • 学科志望動機
      私は昔から絵を描くことや物を作ることが大好きだったので 卒業制作展示に参加しました。 学生の作品とは思えないハイクオリティや奇抜な作品に 他の美術大学とは違う感性に感動し 自由に作品を作るならここだと思いました。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      AO入試では学校から絵の課題を出されました。 それから面接があると言うことだったのであらかた予想される 面接での質問を予習し望みました。 そして作品を持ち学校で面接をしましたが、 面接では作品の説明をした後は面接をする講師との雑談で終わりました。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2015-06-22投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      個性を発揮するのにはとても良い環境でした。卒業して思い返してみると、課題の量や質が他の大学と比べて多く、大変でしたが就職して、何かしらに役に立っていると思います。
    • 講義・授業
      講義は、あまり良いとは思えません。講義の環境的に寝ている人が多く質が下がっています。私も寝ない様にしていたのですが、どうしても寝てしまう様な環境です。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはとても楽しかったです。1週間に1度集まる機会があり、自分がしている作品の発表をします。他の人の発表を聞き、とても勉強になりました。
    • 就職・進学
      正直、就職率はとても悪いです。自立したデザイナーになる人も居ますが、3割近くが未就職のまま卒業を迎えてしまいます。これは改善すべきです。
    • アクセス・立地
      主要の駅から少し離れていますが、近くには美術館、大型スーパーなどがあり、とても便利であるとは思います。バスの時間帯をもう少し改善して欲しいです。
    • 施設・設備
      課題で使う設備はほとんど整っています。しかし、使い方を間違うと怪我をしてしまうものが多い為、注意が必要です。
    • 友人・恋愛
      基本的に他の大学と変わらないと思います。友人に関しては、ほぼ確実に複数できると思います。最初は誰でも1人だと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      デザインに置ける個性を育てる場だと思います。人と違う事をするのがこの大学では重要です。
    • 所属研究室・ゼミ名
      天野研究室、エディトリアルゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      主に本を制作しました。エディトリアルという分野を研究できます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      介護関係
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      高校のときにその分野を勉強した事もあり、コミュニケーションが必要な介護福祉を選びました。
    入試について
    • 学科志望動機
      コミュニケーションを学びたいと思い、入ろうと思いました。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      予備校などは利用していません。
    • どのような入試対策をしていたか
      受験対策はほとんどしませんでした。英語は大事です。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2011年入学
    2015-02-19投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自分の作った作品をどのように伝えるのか、考えるのかを学べる良い大学だと思います。他のデザインの大学と大きく違うところは、デザイン力を持っていなくても、個性を持っていれば活かせるところです。自身が無い人でも基礎から学べます。 一年次は、基礎を学ぶ為、かなりの講義数で悩む日々が続きますが、そこを踏ん張る力が必要です。就職率は、低めです。
    • 講義・授業
      最初の一年間は、基礎をびっしり鍛える期間です。一週間に一度の課題が出され、講義内では絶対に課題が終わらない為、時間外にする必要があり、余裕は中々、一年生は無いと思われます。しかし、その中で評価されたら、自身を付けられるでしょう。二年生以降は、授業の自由度が上がり、自分で行動に起こす様な講義が増えていきます。
    • アクセス・立地
      学校は、近くの駅から、歩いて一時間程のところにあります。バスが通っている為、それを利用する人が多いです。しかし、冬は、かなり雪が降り、バスや電車が遅れたり、動かなくなる事があります。 学校の近くには、コンビニエンスストア、大型スーパー、ホームセンター、デザインにおいて大事な文具店があり、とても便利です。
    • 施設・設備
      校舎内はとても綺麗です。デザインを考える、作る為の設備は一通り揃っています。二年生以降から、パソコンを使う課題が増え、家で課題をする人がいます。勿論、学校にもそのスペースがあります。 学食は、栄養バランスがとれた美味しいものばかりです。レストランの席の数はかなりありますが、昼時になると、ほぼ満員になります。
    • 友人・恋愛
      入学時、全く友人がいなくても問題ありません。むしろ、新しく友人を作る良いチャンスです。なぜならグループで行う授業がとても多いからです。例えば、グループでデザインの作品を作りなさいという課題が出る時があります。その時に自分の意見を進んで言える様になれば、自然と友人が増えます。私が知っている限り、四年生になって、友人が一人もいない人はいないです。一人一人が受け入れやすい部分もデザインにとって必要な事だと思います。恋愛に関しては、他の大学と全く同じと思われます。
    • 部活・サークル
      正直、スポーツ系の部活やサークルが非常に少ないです。私は、そのような部活に入りたかったのですが無くて断念しました。デザインの大学だからだとは思うのですが、もう少し増やして欲しいと感じました。スポーツ系の部活としてバスケとバレーしかありません。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      デザインについての基礎をはじめから学ぶ事ができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      エディトリアル、ブックの研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      エディトリアルや絵本など編集を主に勉強するゼミです。
    入試について
    • 学科志望動機
      しっかりしたコミュニケーションを学びたかったからです。またデザインにも興味を持っていました。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      面接練習を特に一生懸命しました。また、試験に関しては、記憶にありません。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2015-02-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      良くも悪くもひたすら作品作りに没頭できます。真剣にもの作りがしたい人にはとてもいい環境だと思います。
    • 講義・授業
      様々な分野の基礎を学び、自分に合ったものを見つけられると思います。また、学んだ基礎技術はどの学部でも役に立ちます。
    • アクセス・立地
      駅からは遠く、冬は積雪がスゴいですが自然が多くとても気持ちの良い環境です。スーパーも近くて学生には嬉しいと思います。
    • 施設・設備
      校舎全体がひじょうにデザイン的で、設備も充実しています。敷地も広々としていてとてもきれいで開放的です。
    • 友人・恋愛
      課題が多いので、真剣に勉強しようとすると遊ぶ時間は少なくなるかもしれませんが、その分同じ境遇の友人とはより深い仲になるかもしれません。
    • 部活・サークル
      サークル数は決して多くはありませんが、学業とは違う刺激があり良いと思います。ですが、課題との両立は少し大変かもしません。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      デザインは基礎から徹底的に学ぶことが出来ます。
    入試について
    • 学科志望動機
      設備が充実していて、実習も魅力的だったから。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      AO入試だったので特に対策はしなかった。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2012年入学
    2014-12-19投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学の規模は大きくありませんが、教員の数が多く、密な関係を築けると思います。あくまでデザインの大学です。美大とは違うということを認識した上で入学ができれば、最高の4年間になると思います。
    • 講義・授業
      教員の数が多いので、一人一人丁寧に講評を受けることができます。他の大学では珍しいことで、優秀な作品しか見てもらえないということはザラにあります。
    • 研究室・ゼミ
      学生の数があまり多くない分、ひとつの研究室に配属される人数は1?20人程度です。平均は4?5人くらいでしょうか。みんなで協力しながらプロジェクトを進めたりと、充実した研究を行えると思います。
    • 就職・進学
      専門職につく人が多い大学です。就職率がとても良いとは言えないでしょう。第一志望の企業には入れずに、離職してしまう先輩もいるようです。
    • アクセス・立地
      駅から離れていますので、バスを利用しなければなりません。冬は雪が多く、バスもなかなか来ないので大変な時があります。不便だと感じる人は皆、一人暮らしをしています。
    • 施設・設備
      3年生になると、自分達のアトリエが与えられ4年間になると、自分の机が与えられます。ただ、校舎自体が優れた建造物ですので汚したり壊したりした場合は大変です。自由に使っていい場所が限られているので1?2年生の時は困りました。
    • 友人・恋愛
      基本的に作品作りは個人作業なので、一人でせっせと作業をしています。そのため、自立している人が多いように感じます。自立している同士だからこそ、良い友人関係が築けていると感じています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      求められるデザインとは何なのか、自分にできることは何なのか、イラストレーションやタイポグラフィなど、様々な分野を学びながら、追求していきます。
    入試について
    • 学科志望動機
      もともとはイラストが描きたかったからです。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

16件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

新潟県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  新潟県の大学   >>  長岡造形大学   >>  口コミ

長岡造形大学の学部

造形学部
偏差値:54 - 57
★★★★☆ 4.06 (16件)

オススメの大学

千葉県立保健医療大学
千葉県立保健医療大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.50 (14件)
千葉県/公立
静岡県立大学
静岡県立大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.83 (103件)
静岡県/公立
名寄市立大学
名寄市立大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.13 (8件)
北海道/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。