みんなの大学情報TOP   >>  新潟県の大学   >>  長岡造形大学   >>  口コミ

長岡造形大学
(ながおかぞうけいだいがく)

新潟県 / 公立

マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:-

口コミ:

4.06

(36)

長岡造形大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.06
(36) 公立内20 / 83校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.97
  • 研究室・ゼミ
    3.79
  • 就職・進学
    3.55
  • アクセス・立地
    3.31
  • 施設・設備
    4.06
  • 友人・恋愛
    3.50
  • 学生生活
    3.40
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

36件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    • 総合評価
      授業は一年生で基礎を築いて、二年生から(人によりますが)楽しくなる感じです。先生の話が面白くて他の学校より距離が近いと思います。
    • 講義・授業
      授業によります。実技系は渡りやすく丁寧に教えてくれるので満足です。一般科目はひたすら話を聞いていることになるものが多いので、授業によっては起きるように努力しても寝てしまいます
    • 研究室・ゼミ
      基礎ゼミという進路について考える時間が設けられていますが、いかにその時間を有効活用するか自分なりに工夫が必要です。
    • 就職・進学
      学務課が非常に生徒に優しいので、相談は常時受け持ってくれますし、様々な企業がお話をしにきてくれます。
    • アクセス・立地
      生活には十分です。最低限のものは近所で全て揃います。イベントなどでインスピレーションを受けるためには都会へ出向かないと行けないのでそこが少し不便です
    • 施設・設備
      もと専門学校なので充実しています。校舎は綺麗ですし年齢関係なく自由に使えます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ゼミに所属すると人と協力しないとできないことにチャレンジするので、授業を通して友達はできます。
    • 学生生活
      人数が少ないこともあってサークルの数は限られています。イベントも他の大学に比べてこじんまりとアットホームに行なっています
    投稿者ID:423935
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      先生もきちんと指導してくれるし、周りの人と切磋琢磨しながら制作できるので、スキルアップにつながると思う。課題で徹夜したりするので大変だが、その分仲間との絆は強くなると思う。笑
    • 講義・授業
      質問すれば先生方はきちんとアドバイスしてくれるし、課題制作の前にもきちんとレクチャーしてもらえるのでとてもいいと思う。
    • 研究室・ゼミ
      一年生のうちは専門的なゼミではないが、カタリバという機会を通して、自分の未来としっかり向き合う時間が作れて良いと思う。
    • 就職・進学
      学科と言うよりは大学全体として、大学院に進む学生は他の大学より少ないようなので、就職の方が圧倒的に多い。
    • アクセス・立地
      大学前にバス停はあるが、本数が少ないし電車の駅は遠いので、一人暮らしなら徒歩10分圏内の場所がいいと思う。
    • 施設・設備
      普通は扱うことのできない大きな機材や危険な機材を使用することができる。また、各工房に専任の方がいるので安心して作業ができる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルでできた先輩達にいろいろ相談できたり、アドバイスをもらえることもあるので、どこか1つはサークルに入ると楽しいと思う。
    • 学生生活
      基本的にみんな時間にルーズなので、予定通りに進むことが少ないのが残念な点だが、学生が自主的に創作できるのはいいと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年生のうちは基礎的なことから教えてもらえる。二年生以降はそれぞれが目指す分野の専門的なことを学べる機会が増える。
    投稿者ID:409664
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      美術経験がほとんどない状況で入学したが、基礎の基礎からのカリキュラムが組まれているので、安心して学べている。また、学内に大きな撮影スタジオやガラス工房などが設備されており、公立の美術系大学の中でもかなり充実している方だと思う。しっかりした設備利用の講習も組まれているので利用もしやすい。また、教授と学生の距離が近いので楽しくかつ、深く学びたいことが学べると思う。
    • 講義・授業
      教授によって講義のタイプが異なるので聞いていて面白いと思う。課題も出されるが計画的にこなせば問題ない。単位は最初の方にできるだけ取っておいた方が後々自分のやりたいことの時間を作れる。
    • 研究室・ゼミ
      「カタリバ」というゼミ講習がある。先輩や、社会人のかたと「今」と「未来」を語り合う場だ。自分と向き合って、今の自分の状況をぶっちゃけるのだが、ここまで自分と向き合って将来を考える具体的な講習はなかなかないと思う。これが就職率の高さに繋がっているのかもしれない。
    • 就職・進学
      就職率は高い。就職希望者のうち7,8割は就職している。職の領域も幅広い。「デザインする力」の引き出しを持った人材は需要があるのだと思う。大学の理念でもあるので就職に関しては信頼できる。
    • アクセス・立地
      大学の隣にはスーパー、ドラッグストアがある。700メートル先にはショッピングモールがある。大学周辺は住宅街で県外からの学生のほとんどが大学周辺に住んでいる。大学に寮はないので、入学が決まったら早めに住まいは決めた方が良い。
    • 施設・設備
      キャンパスは複雑な作りになってるので最初は大変だが慣れれば問題ない。図書館はかなりマニアックな書籍が置いてあったりするので楽しい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      基本みんな仲良しである。積極的にコミュニケーションをとっていけば基本仲良くなれると思う。先輩も癖のある人が多く、楽しい。ただ、男性が少ないので恋愛は充実しているかどうかはよく分からない。
    • 学生生活
      総合音楽サークルいわゆる軽音サークルに所属している。スタジオがあるので定期的にライブを開催しおり、とても活発だと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年生は基本「基礎造形実習」というものが主となる。これは学科関係なしにグループ分けされ、デッサンや平面構成、立体などを行う。後期になると徐々に学科専門分野に分かれていく。
    投稿者ID:414615
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      どの学科でも1学年ではデザインの基礎中の基礎を学び、2学年からそれぞれの学科に合わせた授業が入ってきます。視覚デザイン学科では、デッサン等基本的なことから、プロが使用するような一眼レフ、ビデオカメラを使用した写真・映像制作、web制作など各Adobeソフトを使用して幅広く学べます。生徒数が少なめなので、授業や就職関連の相談を、それぞれの先生に気軽に質問もできて、サポートが厚いです。
    • 講義・授業
      座学の種類が結構豊富です。スクリーンやプリントを使って説明してくれるのでわかりやすく、理解が追いつかないことはほぼありません。レポートも多くなく、それほど難しくないので、制作に集中できると思います。取得単位数は学科によって違いますが、無理なく取れる数です。また、履修登録はパレットというPC上のサイトで行うので簡単です。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年と4年にあります。3年では卒業制作がないため、より自分の興味のある研究室で課題に打ち込めます。私の学科では、イラストから映像、web、写真、アプリまで幅広い研究室の中から選べます。4年になると、卒業制作に向けた課題がメインの研究室になります。自分が卒業制作で作りたいものに近い内容の研究室を選びます。私の研究室では、ポートフォリオの充実のための課題制作、卒業制作に向けたチェックと指導を行ってもらっています。
    • 就職・進学
      デザインの大学だからといっても、いろいろな学科と、学べる事も多いため就職先は幅広いです。また、起業したり職人として活躍している方もいます。就活の際、ポートフォリオが必要になる事もありますが、日頃から作品を作るので、真面目に取り組んでいればポートフォリオの内容もすごく充実します。また、3年では、ポートフォリオの作り方を学ぶ授業もあります。そして、私は現地点でまだ就活中ですが、とにかく就職課の先生が優しいです!とても親身になってくれ、何かいい仕事があればその都度メールで紹介もしてくれます。履歴書も細かく見てくれ、面接練習もできます。入学の際には、ぜひ利用することを勧めます。
    • アクセス・立地
      交通の便では、長岡駅からだとバスを利用しないと大学に行くには少し遠く、冬だとバスも運行しないことがあるので、通う際は大学付近のアパートに住むことを勧めます。大学のすぐ近くにスーパーやドラッグストアがあるので、食材や日用品を買うのには不便は全くありません。十分ほど歩けばアピタ等の大型スーパーもあります。病院や郵便局なども点々とあるので、不便なく生活できると思います。住人も子供や年寄りが多く、治安もいいためとても平和だなと思います。ただ都会のような遊び場は長岡には少ないので、電車で遠出する必要があるかもしれません。
    • 施設・設備
      キャンパス全体は少し狭めですが、落ち着いた雰囲気で、オシャレです。教室が多く、放課後も各教室で住人も課題に取り組めます。視覚デザイン学科では、プロが使用するような一眼レフや、ビデオカメラ、スタジオや各機材まで幅広く揃っており、貸し出しも可能です。課題などでスタジオを使いたいときは、予約すれば貸し切って使うこともできます。図書館は、デザイン関連の本は特に充実してます。DVD・Blu-rayの視聴スペースや、集中して勉強や読書ができる机も多くあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は、最初はどの学科の人とも接することができますが、学年が上がるにつれ、自分の学科の人と接することがほとんどになってきます。座学では、他学科の人や他学年の人とも接する機会があります。学内恋愛は時々見かける程度です。みんな大っぴらにしないので、実は結構いるのかもしれませんが…。
    • 学生生活
      サークルや同好会の数は最近増えてきて、活発になってきています。大学のイベントといえば、大学祭でしょうか。各々がお店を出すことができ、飲食だけでなく、アクセサリーや小物の販売をすることもできます。有名人や芸人さんがよくゲストに来たりもします。学祭初日の夜には花火も上がります。アルバイトについては、初めのうちは授業に慣れるまで大変でなかなか出来ないと思いますが、学年が上がるとやってる人は多く見かけます。学外活動としては、コンペティションに応募したり、授業でボランティアや県内の色々なイベントに携わることができます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はデッサンやデザインについての基礎を学ぶ授業がメインで、他にはデザインや美術の歴史に関する座学や、初めのガイダンスでのテスト結果で割り振られたレベル別の英語の授業があります。2年次では、学んだ基礎を活かした、実技メインの授業が多いです。2年から学科別の授業が増え、より専門的なことを学びます。座学で学べることも増えますし、英語も引き続き学びます。3年次では、より深く専門的なことについて学びます。課題のレベルも上がり、なかなか大変ですがやりがいのある授業内容です。3年次から、ゼミも追加され、ポートフォリオ演習など、就職に目を向けた授業が増えます。4年次では、ゼミのみが必修で、それ以外は卒業に足りない単位を補う授業となっています。
    投稿者ID:412594
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      入学して良かったと思う点としては、一年生のうちは基礎的なことから教えてもらえる。また、先生が親身になってアドバイスしてくれて、自分の創作意欲を伸ばしてくれる。
    • 講義・授業
      分からないことがあると、相談すれば、先生たちが理解できるまで一緒に考えてくれたり、大きな機材を使用することができる。
    • 研究室・ゼミ
      専門的なゼミは一年生のうちは参加できないので、なんともいえないが、先輩達に聞くととても充実しているとよく耳にする。
    • 就職・進学
      就職活動としては、デザイナーとしてみんな就職出来ているわけではなさそう。進学者は他の大学と比べると少ない。
    • アクセス・立地
      バス停は学校前にあるが、本数が少ないので、バス通学はやめた方がいいと思う。遊ぶ場所はほとんどないので、課題に集中するしかない環境ではある。
    • 施設・設備
      危険で大きいが性能の良い機械がある。普通は使えないものが揃っており、それぞれの機械に専属の方が付いているので、安全に利用できる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      自由人が多いため、程よい距離感を保つことができる。課題のために徹夜したりするので、絆は強くなると思う。
    • 学生生活
      やりがいは感じるが、基本的にみんな時間にルーズなので、わたしには合わないと思った。充実している人は楽しそう。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年のうちは造形についての基本的なことを身につけて、2年生以降はそれぞれが目指す分野に分かれて学習していく。
    投稿者ID:408235
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      公立になったこともあり様々な環境が変わり始めている学校だと思います。
      県外学生も増え、カリキュラムも毎年変化していき、先輩がやったことと後輩がやっていることが異なります。なので試しにやってみて大変なので翌年は変えるというようにも見えて学生が大変な面もあるかと、、
      教授も各界で有名な方や全国、国外でも活動する方などいて、勉強をしたいという意欲があればとても多くが学べる学校だと思います。
      どの学科でもまちづくりというこの学校の醍醐味と言える部分を学べることもできます、いろんな角度からのまちづくり、他学科と行うまちづくりなど大規模なデザインも学べると思います。
    • 研究室・ゼミ
      3年次に前期後期でゼミが選べ4年次に正式にゼミを選択します。
      3年のゼミで気になる教授を選択するもよし、全くやりたいことと異なる先生に試しにいくのもよしです。
      ただ、四年次は自分のやりたい事にあった先生を選ぶのがやはりアドバイスをもらう上では大切です
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      とても幅広くなんでもできます。目で見えるもの全てのデザイン。
      1年次は全ての基礎を、2年から3年にかけてそれぞれ専門的に細かく学びます。4年の最後に卒業研究として今まで学んだこと、興味のあることを作品としてまとめます。平面と言ってもデジタル、アナログ、写真とあり、他にもアニメーション、立体までほんとに様々なことへ挑戦できます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      自営業農家、事務、デザイン
    投稿者ID:385604
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    造形学部 美術・工芸学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      なかなか生徒と先生の関係がよくていいと思います。近くのはスーパーやコンビニではたくさんの造形大生がいて気軽に接してくれたり話しかけてくれるので私はここに来てよかったと思いました。数年前はガラが悪かったり、見た目がヤバイ人が沢山いたらしいが最近は減っているらしいです。でもときどきすごい見た目の人がいるのでびっくりします笑。最近は国際的なことが行われていてすごいなぁと思っています。敷地も広くいろんな部活があるのでオススメです。
      部活やサークルがたくさんありとてもおもしろいです。テニスコートや野球ができる場所もあります。最近地域の子供がしようしてるぐらい気軽に使える?と思います。
      先日、造形大学のイベントで造形大生が作った花火があがりとても綺麗でした。
      祭ももりあがっていたしふんいんきもよかったのでこれもオススメです。
      最後に造形大学はとてもおもしろく楽しく自分が成長できるいい大学です。
      これを読んで興味を持ったかたはぜひ来てみてださい。
    投稿者ID:379180
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    造形学部 建築・環境デザイン学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      3年生になってからやりたいことができる。その他の学科のことなどいろんなことを経験できる。また、入学時にどの学科にしようか決めていなくても、とりあえず一年やってみて違う学科に転学科できる制度もある。他にも、建築学科は、高校で建築をしていない人が多いので初めから教えてもらえる。さまざまな設計課題を通して、自分がどの分野に興味があるのか知ることができる。
    • 講義・授業
      大変なことも多いが、自分の分野以外のことも教えてくれたり、地域に関わって実際に動けることはとても楽しい
    • 研究室・ゼミ
      3年の前期終わりに研究室をきめる。大きく分けて設計、インテリア、ランドスケープ、文化財保存、都市計画がある。地域に即した課題が多く、そうしたちいきおこしの課題やイベントもおこなう。様々な経験をすることができ、多くの人に出会うことができる。見学なども多いので、たくさんの建築物を見ることができる。
    • 就職・進学
      1~3年まで、キャリアの授業があるので、そこで外部の人や卒業生、企業の方などが来て、話を聞く機会が多くある。また、グループワークなどもある。
    • アクセス・立地
      基本的には、近くのアパートにすんでる人が多く、最寄り駅からは歩いて一時間程度かかる。ひとり暮らしの学生がおおく、近くにショッピングモール的なものなどもあるので自転車等があれば住みやすい環境。
    • 施設・設備
      基本的には、学校のパソコンを使うことができ、印刷なども一定数は無料でできる。建築アトリエもあり、模型製作や製図などをおこなう。また、アトリエには自分の席があるので好きに使うことができる。比較的校舎は、デザイン性を高くしているので、使いにくいところもある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      全国さまざまなところから来る人が多いので、訛りや口調など多種多様で話していて楽しい。サークルなどにはいると他学科の人との交流が増えるので、はじめはサークルに入ることをおすすめする。
    投稿者ID:376821
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    造形学部 建築・環境デザイン学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      とても良い環境、設備、先生、指導ですが、課題はキツイです。でも、どこ美大もそんな感じです。基礎から学びたいならココがオススメ。
    • 講義・授業
      美術初心者でも大丈夫ですが、基礎からやると言っても、手取り足取りという訳ではありません。ですが、聞けば何でも優しくおしえてくださいます。
    • 研究室・ゼミ
      1年から専門的にやり始めます。
    • 就職・進学
      進学する人は少ないですが、新しく大学院が出来るのでとてもオススメです。多くの人が就職しています。
    • アクセス・立地
      アクセスはどちらかと言えば悪いです。駅から1本で大学前に来られるバスがありますが、1時間に2本程度なので駅から来られる場合は駅で暇つぶしできますが、学校からバスを利用する時は注意です。
    • 施設・設備
      大きな機械がおおく、難しいこともできます。施設は綺麗だし素晴らしいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      仲良くなろうと思えば簡単に4学科全ての人と仲良くなれます。サークルに入ると本当に色んな人と仲良くなれます。
    • 学生生活
      サークルは楽しいし、色々あるし、1年でも自分達で立ちあげることができます。学祭では多くの人が参加できるし、個人の販売もできます。
    投稿者ID:374144
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      「デザインに興味はあるけど分野が絞れていない」「美術などはほとんどやったことがないけど何かを造るのが好きだ」こんな学生にはとてもオススメだと思います。入試も実技が必須ではないし、1年生のうちにデッサンなどの基礎をしっかり教わるので、美術未経験でも大丈夫です。デザインのイメージが、いい意味で変わるかもしれませんよ。
    • 講義・授業
      教授も講師も、第一線で活躍している人がたくさんいます。個性豊かな教授が、一から教えてくれるので、初心者でもチャレンジできます。
    • 就職・進学
      デザイン系の大学ですが、一般企業への就職も多いです。
    • アクセス・立地
      長岡駅からバスで20分程度です。学生のほとんどが県外からの進学なので、大学周辺のアパートに住んでいます。ただ、アパートの家賃は安いとは言えないと思います。
    • 施設・設備
      全国を探しても有数の施設が揃っています。撮影スタジオや美術工芸系の工房もあります。また、キャンパスがハリウッド映画の撮影に使われるほどのオシャレです。日頃からデザインについて考えさせられます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子かほとんどです。ほぼ女子大です。
    投稿者ID:374116
    この口コミは参考になりましたか?
36件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

新潟県で評判が良い大学

新潟県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  新潟県の大学   >>  長岡造形大学   >>  口コミ

長岡造形大学の学部

造形学部
偏差値:-
★★★★☆ 4.06 (36件)

オススメの大学

新潟県立大学
新潟県立大学
近隣の学校です
★★★★☆ 4.03 (60件)
新潟県/公立
新潟県立看護大学
新潟県立看護大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.93 (15件)
新潟県/公立
長野県立大学
長野県立大学
近隣の学校です
☆☆☆☆☆ (0件)
長野県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。