みんなの大学情報TOP   >>  新潟県の大学   >>  長岡造形大学

長岡造形大学

(ながおかぞうけいだいがく)

公立新潟県/長岡駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:-

口コミ:★★★★☆

4.05

(52)

概要

長岡造形大学は、新潟県に本部を置く公立大学です。通称は「NID」。1994年に開学し、2014年に公立大学に移行しました。「社会人基礎力」「構想力」「造形力」の3つの目標を掲げ、社会人基礎力・構想力重視のデザインプロセス・複合的な造形力が身に付くカリキュラムを組んでいます。学部は「造形学部」のみ。「プロダクトデザイン学科」、「視覚デザイン学科」、「美術・工芸学科」、「建築・環境デザイン学科」の4つの学科があります。 キャンパスはJR長岡駅から出ているバスを利用した場合、バス停から大学まで徒歩1分の位置にあります。キャンパスはデザイン性の高い内装やコレクションのような家具が特徴です。見るもの、触れるものすべてが教材になるよう、工夫を凝らしたデザインの内装になっています。
偏差値
-
口コミ
4.0552件
学科
プロダクトデザイン学科、視覚デザイン学科、美術・工芸学科、建築・環境デザイン学科
学べる学問
デザイン デザイン工学 映像 美術 建築 ...

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆4.05
(52) 公立内 18 / 88校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.99
  • 研究室・ゼミ
    3.57
  • 就職・進学
    3.79
  • アクセス・立地
    3.53
  • 施設・設備
    4.17
  • 友人・恋愛
    3.67
  • 学生生活
    3.67
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 男性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2019年度入学
    目で見て理解する作品を作ります。
    2021年01月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ-|就職・進学4|アクセス・立地4|施設・設備4|友人・恋愛4|学生生活4]
    造形学部視覚デザイン学科の評価
    • 総合評価
      良い
      専門的な分野の知識を得ることはもちろん、視覚デザイン学科はAdobeのソフトを頻繁に使うので広告、ウェブ、3Dなど作品であればなんでも作れるようになります。
    • 講義・授業
      良い
      課題は多いですがその分充実した講義と様々な経験を得られます。
    • 就職・進学
      良い
      私はアニメーターになりたいと考えていますが、専門的な外部講師を読んだり、ブートキャンプに参加するための情報もいち早く流れてきます。
    • アクセス・立地
      良い
      駅からは少し遠いですが大学周辺はアパートも多く、大通りに出ればショッピングモールや飲食店などありますし、立地はいいと思います
    • 施設・設備
      良い
      視覚デザイン学科は基本PCで作業することが多いのもありますが、普段の生活に支障が出る程設備に不満を覚えることはないでしょう。
    • 友人・恋愛
      良い
      演劇サークルは人数も多く、他学科や他学年ともすぐに交流できます。
    • 学生生活
      良い
      学祭での模擬店は出品されるものに偏りがありますが、様々なイベントや展示が催され、とても充実します。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      視覚デザイン的な思考を元に作品の表現力を高め、社会に作品伝達する上で必要なことを学びます。
    • 学科の男女比
      2 : 8
    • 志望動機
      アニメーションに興味があり、作画技術はもちろん、私が思うアニメーションの可能性を広げるような新しい作品を作りたいと思ったから。
    • 就職先・進学先
      公的機関・その他
  • 女性在校生
    造形学部 視覚デザイン学科 / 在校生 / 2019年度入学
    感性と視野を広げられる学科
    2020年11月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ-|就職・進学4|アクセス・立地5|施設・設備4|友人・恋愛4|学生生活5]
    造形学部視覚デザイン学科の評価
    • 総合評価
      良い
      施設は整っているし、先生方も大人数で見てくれるのでとても勉強になります。
      ただ、ゆくゆくのコース選択などは希望者数が多いコースは成績順にとっていかれます。高校までのテストとは違い、答えのない美術系の分野で良い成績をとるのは難しいです。結局は自分のやる気次第、あとは先生とどれだけウマが合うかにかかっています。
    • 講義・授業
      良い
      先生方や授業内容は人によって合う合わないがかなり別れるかと思います。課題もテーマに沿って作られているかよりも、先生方の好みで評価されることが多いです。でも、好みでないから減点なんてことはないし、真面目にやってさえいればそれなりの評価はちゃんと貰えます。
      座学系の講義は面白い先生が多く、レポートやテストなども極端にきついものはないので楽しく受けれています。
    • 就職・進学
      良い
      私はまだ就職活動も始まっていないですが、先輩方の話を聞くかぎり、ちゃんと先生方からも就活の状況など、色々と気にかけてもらえるそうです。
      また、企業説明会やインターンシップの案内などもかなりの頻度で大学側から届きます。それらの殆どのものが学年問わずに参加できるので、意欲のある人は1年のうちから企業説明会に出ている人もいました。
    • アクセス・立地
      良い
      田舎過ぎず、都会過ぎず。
      大学のすぐ隣にスーパーや24時間営業のドラッグストアがあり、近隣のアパートで一人暮らしする分にはとてもありがたい環境です。
      ほかにも、10分ほど歩くとショッピングモールがあったり、画材を買える文房具店があったりします。駅からは少し離れていますが、バスが大学前まで通っているので非常に便利です。
    • 施設・設備
      良い
      機材やアトリエなどの設備はとても整っています。校内の売店にも画材が売られているのでとても便利です。ただ冬はとても寒い校舎です。
    • 友人・恋愛
      良い
      とても充実していると思います。サークル活動も盛んに行っているところが多いので、学科内と言うよりかはサークル内での友好関係が多い気がします。グループ課題などもちょくちょくあるので、けっこう色んな人と話す機会があります。他にも、表立った友情ではないですが他の人が制作した作品を見て感化されるなど、語りこそはしなくとも切磋琢磨というようなものはかなり強くあると思います。
      恋愛関係は疎いので詳しくは分かりませんが、学内の男女仲は良い方だと思います。
    • 学生生活
      良い
      私はサークルに所属していませんが、サークルはどこも盛んに活動しています。学祭も生徒がオリジナルグッズを販売できたり、作品を展示できたり、この大学ならではの楽しみがありとても楽しいですよ。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      グラフィックデザイン、写真、映像などです。
      もっと噛み砕くと、例えばポスターや商品パッケージのデザイン、本のデザイン、写真の撮り方やテレビ広告の作り方などです。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      本当はプロダクトデザイン学科に行きたかったのですが、そちらの学科の方が採用人数が少なく受かるか不安だったので、採用人数が多い視覚デザイン学科に入り転学科制度で2年からプロダクトに移る予定でした。ただ、勉強していくにつれて視覚デザインも楽しくなり、転学科について相談した先生からも「どの学科にいてもやりたいなら他学科の分野でも何でもやっていい」と言っていただけたので視覚デザインで続けています。
  • 女性在校生
    造形学部 プロダクトデザイン学科 / 在校生 / 2019年度入学
    ものづくりが学べる大学
    2020年01月投稿
    認証済み
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ-|就職・進学4|アクセス・立地4|施設・設備5|友人・恋愛4|学生生活4]
    造形学部プロダクトデザイン学科の評価
    • 総合評価
      良い
      私の学科は教授が理解のある人が多いです。また、1年のうちからしっかり基礎から教えてくれるので経験の少ない人も技術を身につけることができます。デザインをやりたい人にはおすすめです。
    • 講義・授業
      良い
      私の学科はもともと企業でデザイナーをやっていた人がほとんどなので、会社のことや仕事についてを講義で教えてくれます。ただ、他の学科の一部の教授や外部の講師などはよく分からない人もいます、まあどこの大学でもそういうのは少なからずいると思いますが。
    • 就職・進学
      良い
      企業側から大学に説明会に来てくれます。一応3年生対象ですが、希望すれば1.2年生も行けるので早くから就職を意識できます。
    • アクセス・立地
      良い
      ほとんどの人が全国各地から来ている人なのでみんな近くのアパートを借りています。学校の周りには一応大きなショッピングモールがあり、そこまで困ることはないです。大学のそばにスーパーがあって便利です。
    • 施設・設備
      良い
      もともと私立だったこともあって設備が整っています。大体のものは大学の工房で作ることができます。また、デザイン系の学校なので外見も美しいです。若干デザインの敗北ともとれる場所もありますが…。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルの数はそこまで多くないですが、そもそもの人数が少ないので学科の友達などは普通にできます。付き合っている人たちもいますがごく一部です。
    • 学生生活
      良い
      サークルは少ないです。しかしみんな課題制作や自主制作で忙しいのでそこまで不満はないです。学祭は普通の大学と違って、色々な人がお店を出してデザフェス的な感じになるので楽しいです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      プロダクトデザインとテキスタイルデザインがあり、1年の間は2つとも学び、2年以降に2つの専攻に分かれます。実習や演習が多いです。必修科目はそこまで難しいものはないし、デザインに関連しているものもあるので面白いと思います。4年は卒業制作です。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      ものづくりが好きだったからです。また、もともと工学部志望でしたが、自分がやりたいことの方向性が違うことに気付いたからです。

長岡造形大学のことが気になったら!

学校の特徴アンケート投稿する

講義・授業に関する特徴アンケート

  • 先生の教え方
    優しい
    14人が回答

    優しい

    厳しい

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    14人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    14人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 課題の量
    多い
    14人が回答

    多い

    少ない

  • 英語を利用する授業
    少ない
    14人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

長岡造形大学のことが気になったら!

学生生活に関する特徴アンケート

  • キャンパスの雰囲気
    どちらともいえない
    14人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    14人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学生の雰囲気
    落ち着いている
    14人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 男女の比率
    女性が多い
    14人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • 学生交流
    学内が多い
    14人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    少ない
    14人が回答

    多い

    少ない

  • サークルや部活
    活発
    14人が回答

    活発

    活発ではない

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    14人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    14人が回答

    多い

    少ない

  • 外国へ留学する人
    少ない
    14人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    少ない
    14人が回答

    多い

    少ない

  • 学校の歴史
    新しい学校
    14人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

長岡造形大学のことが気になったら!

就職・進学に関する特徴アンケート

  • 卒業後の進路
    就職が多い
    14人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    14人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 就職先の企業
    中小企業が多い
    14人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学費

地域内・外 入学金 年間授業料
地域内 141,000円 535,800円
地域外 282,000円 535,800円

合格体験記

合格体験記一覧

  • 造形学部美術・工芸学科(2015年度/公募推薦)の合格体験記

    女性在校生
    • 長岡造形大学 造形学部 美術・工芸学科
    • 釧路江南高等学校 出身
    • 入試形式:公募推薦
    • 現役 / 浪人生:現役
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    面接

    【2次・個別】
    学校の面接対策担当の先生と週2回練習。 志望動機を明確に固めること。面接に対する姿勢を重視。

    小論文

    【2次・個別】
    芸術系の大学の小論文の練習問題が少ないので様々な分野の小論対策をした。

    利用した参考書
    新型書き小論文 AO/推薦 志望理由書で合格

    長岡造形大学のことが気になったら!

長岡造形大学のことが気になったら!

出身高校

順位 高校名 偏差値 国公私立 都道府県 合格者数
2019
年度
2018
年度
2017
年度
- 八戸東高等学校 60 - 62 公立 青森県 - - -
2位 佐土原高等学校 52 公立 宮崎県 1人 1人 -
- 宮城第一高等学校 69 公立 宮城県 - - -
4位 科学技術高等学校 50 - 55 公立 静岡県 1人 1人 -
4位 佐賀北高等学校 51 - 60 公立 佐賀県 1人 - -

基本情報

所在地/
アクセス
学部 造形学部

長岡造形大学のことが気になったら!

長岡造形大学のコンテンツ一覧

長岡造形大学の学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  新潟県の大学   >>  長岡造形大学

長岡造形大学の学部

造形学部
偏差値:-
★★★★☆ 4.05 (52件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。