みんなの専門学校情報TOP   >>  東京都の専門学校   >>  東放学園映画専門学校

東放学園映画専門学校

とうほうがくえんえいがせんもんがっこう / 私立
東京都 新宿区西新宿5-25-8
無償化対象校
無償化対象校のラベルがついている学校は、高等教育無償化制度の2020年度対象校です。この制度は、一定の条件を満たすと学費の免除等の支援を受けることができる制度です。

ご自身が対象になるかどうかは、学校へお問合せ下さい。

★★★★☆

3.6

20件

学科一覧

  • 映画制作科
    学費総額:
    254.0 万円
    年制:
    2年制
    ★★★☆☆ 3.412件
    目指せる仕事
    映画監督、脚本家・シナリオライター、映像カメラスタッフ、映像編集者、照明スタッフ
  • アニメーション・CG科
    学費総額:
    254.0 万円
    年制:
    2年制
    ★★★★☆ 4.33件
    目指せる仕事
    キャラクターデザイナー、イラストレーター、アニメーター
  • プロモーション映像科
    学費総額:
    254.0 万円
    年制:
    2年制
    ★★★★☆ 3.93件
    目指せる仕事
    カメラマン、照明スタッフ
  • 小説創作科
    学費総額:
    254.0 万円
    年制:
    2年制
    ★★★☆☆ 2.52件
    目指せる仕事
    編集者、作家・小説家、ライター、漫画原作者
  • 映画VFX専攻科
    学費総額:
    180.0 万円
    年制:
    1年制
    ☆☆☆☆☆ -
    目指せる仕事
    映像プロデューサー
学科一覧をもっと見る
全5学科

東放学園映画専門学校のことが気になったら!

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

学校の口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆ 3.6
20映像分野ランキング 80 / 95校中
全国順位
全国平均
※点数はユーザーが評価した口コミ点数の平均値です
※順位は全国で同じ分野の仕事を目指せる専門学校の中での口コミ点数順位です

口コミ一覧

  • 女性在校生
    映画制作科 / 在校生 / 2019年入学
    自分次第で全てが決まる。
    2020年01月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    • 就職4|資格3|授業3|アクセス・立地5|施設・設備4|学費3|学生生活5

    • 総合評価
      普通
      やる気がある生徒にとっては、とてもいい学び舎だと思っています。
      有名な監督などにも知り合えるので将来の職業の本格的な部分がわかるのではないでしょうか。
    • 就職
      良い
      独立をして企業に入らない人もいます。
      就職サポートは結構じゅうしつしています。
    • 資格
      普通
      そこそこに充実しています。
      取りたい人は取れるし、別にいらない人は取らなくても大丈夫です。
    • 授業
      普通
      先生によりますが、自分のやる気次第で、全てが決まります。
      とてもいい授業だと思います。
    • アクセス・立地
      良い
      とても良いです。西新宿5丁目が最寄駅で駅から徒歩1分で学校に着きます。
    • 施設・設備
      良い
      スタジオがあり、機材も貸し出し可能です。
      そこそこに充実していると思います。
    • 学費
      普通
      少々他の学校に比べて高いです。ですが機材などを考慮すると妥当だと思います。
    • 学生生活
      良い
      とても充実しています。地方から来た人や留学生もとても多く充実しています。
    口コミ投稿者の情報
    学べること
    学科
    脚本、監督業、照明、音響、撮影、録音、助監督、プロデューサー、美術など。
    この学校・学科を選んだ理由 映画に関わる仕事がしたかったのが一番です。それ以外にもその業界について詳しく知りたかったからです。
  • 女性在校生
    映画制作科 / 在校生 / 2019年入学
    映画大好きマンのあつまり
    2020年01月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    • 就職3|資格3|授業4|アクセス・立地5|施設・設備3|学費2|学生生活5

    • 総合評価
      良い
      ドラマ制作やショートムービーなど全て自分たちで作品を作り上げて行けるので楽しいです。ロケ地や機材も全て自分たちでやります。
    • 就職
      普通
      就職実績も良く、進路指導の授業もあるので良いですが、フリーランスの方も多いです。
    • 資格
      普通
      資格取得などはあまり無く、授業でもあまり言われたりはしません。
    • 授業
      良い
      実際に活躍してた講師の方や現役で現場に行っている講師の方達が直接教えて下さります
    • アクセス・立地
      良い
      新宿に歩ける距離でとても近く、駅からも近いので交通の便はとてもいいです
    • 施設・設備
      普通
      機材の貸出やMacルームが教室が空いてたら使えるので便利です。
    • 学費
      悪い
      学費は少し高めです。制作費も自費なのでそこはがっこうからだすべきだとおもいます
    • 学生生活
      良い
      留学生の方も多いので、グローバルだったり、沢山の経験ができます
    口コミ投稿者の情報
    学べること
    学科
    撮影照明録音は力を入れて教えて貰えますが、制作部やプロデューサーなど目指してる方はあまり教えて貰えません
    この学校・学科を選んだ理由 映画関係の裏方のお仕事に就きたくて、就職実績のいいがっこうを探しました
  • 男性在校生
    映画制作科 / 在校生 / 2018年入学
    とても大変です。辞めたくなります。
    2019年11月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    • 就職4|資格2|授業3|アクセス・立地1|施設・設備3|学費2|学生生活3

    • 総合評価
      悪い
      まだ、映画業界の何になりたいか、決まっていない人はいいかもしれませんが、カメラマンになりたい、監督になりたい、など強い意志がある人は、他の学校でもいいかもしれません。ここは、全部の職業を体験するので、興味のないカメラの話などの授業があります。
    • 就職
      良い
      メディア業界はコネ就職が有力で指導者は業界人なので、親しくなれば、才能がなくても就職できます。
    • 資格
      悪い
      資格などは、この業界には特に必要ないので、わからないですね。
    • 授業
      普通
      現役の業界人も講演しに来るので、現場の生の声が聞けていいです。
    • アクセス・立地
      悪い
      大江戸線なので、アクセスはあまりよくないです。学校指定寮から通ってましたが、一時間くらい掛かりました。パンプレットには30分で着くと書いてありました。
    • 施設・設備
      普通
      カメラなど、高い機材があるので、いいです。学校自体も新しいので、綺麗です。
    • 学費
      悪い
      高いです。半年で100万くらいだったと思います。映画業界以外での就職には不利な学校なので、お金に余裕があるいえでないと厳しいです。
    • 学生生活
      普通
      それなりに充実していますが、年齢がバラバラで、三十代の人とかもいるので、気まずい。
    学科における希望業界への就職率
    • 10%以下 30%程度 50%程度 70%程度 90%以上
      ※上記は投稿者の感覚による数値となります
    口コミ投稿者の情報
    学べること
    学科
    すべてのメディア業界の職業が学べます。照明も脚本も学べます。一年は一通り全部やります。
    この学校・学科を選んだ理由 高校のときから脚本家になりたくて、入りました。現役の業界人が来るので、ここにきめました。東京と言う立地も良かったです。
    希望業界に就職できたか いいえ

東放学園映画専門学校のことが気になったら!

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

学校の就職・資格

映画制作科
就職先・内定先 (株)白川プロ、(株)角川大映スタジオ、(株)ティー・ワイ・オー、(株)バスク、(株)トラストネットワーク、(株)デジタル・ガーデン、(株)ビデオ・ペディック、(株)ビーグル、(株)インナップほか
資格 映像音響処理技術者資格認定試験、ビジネス著作権検定、ビジネス能力検定(B検)ジョブパス
アニメーション・CG科
就職先・内定先 (株)旭プロダクション、(株)マッドボックス、(株)シグナル・エムディ、(有)マウス、(有)T4、(有)高橋プロダクション、(有)アニメーション・プラネット、(株)マーベル、(株)EMTスクエアード、(株)スタジオ雲雀ほか
資格 映像音響処理技術者資格認定試験、CGクリエイター検定、CGエンジニア検定、情報検定(情報デザイン試験)、ビジネス著作権検定、ビジネス能力検定(B検)ジョブパス
プロモーション映像科
就職先・内定先 (株)エヌ・デザイン、(株)アニキ、(株)AOIPro.、アオイスタジオ(株)、(株)モイ、(株)ケイファイブ、(株)東芸エンタテイメンツ、(株)メディア・ガーデン、(株)MFG、(株)カウンタックほか
資格 映像音響処理技術者資格認定試験、ビジネス著作権検定、ビジネス能力検定(B検)ジョブパス
小説創作科
就職先・内定先 (有)未鏡アタットリーほか
資格 情報検定(情報デザイン試験)、DTP検定、校正技能検定、ビジネス著作権検定、ビジネス能力検定(B検)ジョブパス
映画VFX専攻科
資格 CGエンジニア検定
入学支援キャンペーン

学校の特徴

在校生・卒業生へのアンケートを基にした特徴です
  • 就職先の企業
    中小企業が多い
    10人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    10人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 資格取得対策の傾向
    どちらともいえない
    10人が回答

    授業形式中心

    実践形式中心

  • 資格取得のサポート
    自主性を尊重
    10人が回答

    懇切丁寧に指導

    自主性を尊重

  • 授業の形態
    どちらともいえない
    10人が回答

    座学中心

    実習中心

  • クラスの生徒数
    どちらともいえない
    10人が回答

    多い

    少ない

  • 先生の教え方
    優しい
    10人が回答

    優しい

    厳しい

  • 課題の量
    どちらともいえない
    10人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラム
    自由に決める
    10人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • キャンパスの雰囲気
    どちらともいえない
    10人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    都会的
    10人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    新しい学校
    10人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    どちらともいえない
    10人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    10人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    少ない
    10人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    男性が多い
    10人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • 入学者の割合
    高卒が多い
    10人が回答

    高卒が多い

    社会人が多い

  • サークルや部活
    活発ではない
    10人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    どちらともいえない
    10人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    10人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

この専門学校の特徴を投稿してみよう!

投稿する
学校の特徴アンケートをもっと見る
全20項目

東放学園映画専門学校のことが気になったら!

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

有名人(卒業生・講師)投稿する

卒業生

  • 堤 幸彦 演出家、映画監督、株式会社オフィスクレッシェンド取締役
    1978年東放学園映画専門学校を卒業。テレビドラマ「金田一少年の事件簿」で、独自の演出で注目をあび、その後「ケイゾク」、「池袋ウエストゲートパーク」、「TRICK」、「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」等、数々のヒット作を生み出す。2015年に「天空の蜂」、「イニシエーション・ラブ」の作品2作を手がけた手腕が評価され第40回報知映画賞監督賞を受賞した。
  • 行定 勲 映画監督、脚本家
    小学生の時、黒澤明監督の映画「影武者」の撮影を見て、映画監督を志し、東放学園映画専門学校に入学。在学中より製作会社に入社し、岩井俊二監督、林海象監督の助監督として経験を積む。第2回みちのく国際ミステリー映画祭 in 盛岡で上演された「OPEN HOUSE」は新人監督奨励賞グランプリを獲得し、2000年に公開された「ひまわり」で劇場公開監督デビューする。2001年公開の「GO」で第25回日本アカデミー賞作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞など数々賞を受賞し一躍脚光を浴びる。「世界の中心で、愛をさけぶ」や、「北の零年」、「春の雪」などの監督作品でヒットメーカーとなる。
  • 駒尾 真子 小説家
    2002年に東放学園映画専門学校を卒業し、、あかほりさとるに弟子入りする。コミック作品のノベライズや、オリジナル作品、ガールズラブ作品の漫画原作を手がけ、。テーブルトークRPGのプレイヤー役としても知られている。
  • 井樫 彩 映画監督
    2015年に東放学園映画専門学校。卒業制作作品「溶ける」が、第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門16作品の中に選ばれ、上映される。初長編作品「真っ赤な星」が、2018年9月イギリスで開催されるレインダンス映画祭にてワールドプレミア上映され、劇場デビュー作となる。
  • 鹿島 勤 映画監督
    1976年に東放学園映画専門学校を卒業。フリーランスとして、澤井信一郎氏、長谷部安春氏、村川透氏のもとで経験を積み、1989年「勝手にしやがれヘイ!ブラザー」で監督デビューをはたす。主な監督作品に、Vシネマ「静かなるドン」や、Vシネマ「今日から俺は!!」などがある。

講師

  • 杉井 ギサブロー アニメ監督、日本画家 非常勤講師
    子供の頃観たディズニーの「バンビ」に強い印象を受け、アニメーションの仕事をしようとと決意し、中学3年生の時うしおそうじ氏に弟子入りする。東映動画を経て虫プロダクションに所属し、「鉄腕アトム」などの演出を手掛ける。1969年に田代敦巳氏、明田川進氏らと共にグループ・タックを設立。「ルパン三世」の最初のアニメ化企画を東京ムービーに持ち込み、パイロットフィルムの原画を担当、またテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」の立ち上げに携わる。その後、日本各地を放浪し「鬼の子」をモチーフとした絵を1枚500円で売って生計を立たが、1983年のあだち充原作のアニメ「ナイン」で本格的に復帰を果たし、1985年から総監督を担当したあだち充原作のテレビシリーズ「タッチ」は大ヒットとなり、日本アニメ大賞アトム賞を受賞した。
  • 江口 摩吏介 アニメーター、キャラクターデザイナー、アニメーション監督、株式会社BILBA代表取締役 非常勤講師
    1978年にグループ・タックにアニメーターとして入社し、1982年長編劇場アニメーション「銀河鉄道の夜」のキャラクターデザイン、作画監督として抜擢され、100万人を動員する大ヒットを記録した。1990年フリーランスとなり、「ストリートファイターII V」の作画監督や、「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」のキャラクターデザイン、総作画監督を務める。2002年にグループ・タックに戻り、劇場長編を作れるスタッフを育てるべく、自らが一年間育て上げた弟子を中心とした作画チームによって完成させた、2005年公開の劇場長編「あらしのよるに」は観客動員数120万人を超える大ヒットとなった。2012年自ら育てたスタッフと共に創作集団、株式会社BILBAを設立した。
  • 出渕 裕 漫画家、イラストレーター、メカニックデザイナー、クリエイター 非常勤講師
    1979年に「闘将ダイモス」の敵ロボットデザイン担当でデビューをはたし、ガンダムシリーズや「機動警察パトレイバー」、などの多くの作品でメカニックデザインを手がけ、2002年にテレビアニメ「ラーゼフォン」で初監督を務める。2012年には「宇宙戦艦ヤマト2199」の総監督の他、メカニックデザインや脚本なども担当した。
  • 上記は2017年調査時の情報です。現在の情報と異なる場合がございます。ご了承ください。
  • 常勤講師:月一回以上授業をする講師
    非常勤講師:年一回、期間限定などの授業を担当する講師

情報提供お待ちしています! みんなの学校情報では、有名人の出身校情報をお待ちしています。有名人の名称・出身の
学校名・出典や根拠となる情報(URLなど)を添えてフォームからご連絡ください。

情報提供フォームへ
有名人をもっと見る
全8人

学校の基本情報

学校名

東放学園映画専門学校

ふりがな

とうほうがくえんえいがせんもんがっこう

住所

東京都 新宿区西新宿5-25-8

最寄り駅

都営大江戸線 西新宿五丁目 (159m)

学費

総額

1年制180 万円
2年制254 万円
★高等教育無償化制度の対象校(2020年度)
一定の条件を満たすと、学費免除等の支援を受けることができます。
ご自身が対象になるかどうかは、学校へお問合せ下さい。

内訳

入学金20.0 万円 ~74.0万円
授業料 20.0 万円 ~148.0万円 (20.0万円~74.0万円/年 × 1~2年)
その他 86.0 万円

【注意事項】

  • ・正確な金額や詳細は資料請求の上、ご確認ください
  • ・各学科ごとの学費情報は各学科の基本情報をご確認ください
  • ・小数点以下は切り捨てとなります
  • ・「その他」は入学金と授業料以外の卒業までにかかる学費すべて(教科書代や教材費など)です
入試
AO入試
書類審査・面接
一般入試
書類審査・面接
推薦入試
書類審査

東放学園映画専門学校のことが気になったら!

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

東放学園映画専門学校と同じ仕事を目指せる学校の人気ランキング

ぴったり専門学校診断

みんなの専門学校情報TOP   >>  東京都の専門学校   >>  東放学園映画専門学校

パンフ/願書請求リストに追加されました!

パンフ/願書請求リストを見る
閉じる

東放学園映画専門学校の学科一覧

  • 映画制作科

    ★★★☆☆3.4 12件
    目指せる仕事:
    映画監督,脚本家・シナリオライター,映像カメラスタッフ他
    学費総額:
    254.0万円
    年制:
    2年制
  • アニメーション・CG科

    ★★★★☆4.3 3件
    目指せる仕事:
    キャラクターデザイナー,イラストレーター,アニメーター
    学費総額:
    254.0万円
    年制:
    2年制
  • プロモーション映像科

    ★★★★☆3.9 3件
    目指せる仕事:
    カメラマン,照明スタッフ
    学費総額:
    254.0万円
    年制:
    2年制
  • 小説創作科

    ★★★☆☆2.5 2件
    目指せる仕事:
    編集者,作家・小説家,ライター,漫画原作者
    学費総額:
    254.0万円
    年制:
    2年制
  • 映画VFX専攻科

    ☆☆☆☆☆- (0件) 0件
    目指せる仕事:
    映像プロデューサー
    学費総額:
    180.0万円
    年制:
    1年制

首都圏 × 映像分野 ランキング

  • 人気順
  • 口コミ
  • 学費