>>     >>     >>  口コミ

島根県立大学
(しまねけんりつだいがく)

島根県 / 公立

偏差値:55 - 56

口コミ:

3.69

(16)

島根県立大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 公立大学順位
(全87校中)
講義・授業 3.50 58位
研究室・ゼミ 3.75 29位
就職・進学 4.25 14位
アクセス・立地 1.63 70位
施設・設備 3.06 55位
友人・恋愛 3.31 64位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

16件中 1-10件を表示
  • 島根県立大学
    女性在校生
    総合政策学部 総合政策学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-10投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      田舎だけれど、こじんまりした良い大学です。勉強に集中したい人には適した環境だと思います。就職にも強い地方大学です。
    • 講義・授業
      様々な科目の授業を好きに選択して学ぶことができる環境にあります。そこは総合政策学部の利点だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      自分のやりたいことにあったゼミを選択することができます。先生も熱心に指導してくださるので、嬉しいです。
    • 就職・進学
      田舎にある地方大学ですが、就職率はとても高い大学です。手厚い就職支援をしてくれるので、とてもありがたいです。
    • アクセス・立地
      田舎にあるので、公共交通機関も少なく、都市部にも遠いので、少し不便な環境にあるのは事実です。車や原付があったほうが便利です。
    • 施設・設備
      比較的最近にできた大学なので、設備はきれいなほうだと思います。人数が少ないので、そこまでおおきくはありません。
    • 友人・恋愛
      田舎にある分、ゆったりとした毎日を過ごすことができます。お金もそこまで使うことがないので、節約することができます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年の時は必修科目が多いですが、後半から第二外国語が始まります。2年からはゼミ活動がスタートします。
    • 所属研究室・ゼミ名
      金野研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      情報や地域政策について学びました。しかし、基本的には自分たちでやりたい内容を決めることができます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      ホテル 総合職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      ホテル会社に勤めたくて、また比較的大きな会社だったので。
    入試について
    • 学科志望動機
      いろいろな学問をやってみたいと思っていたので、この大学・学部を選択しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を解いたり、それに類似した問題を解いた。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根県立大学
    女性在校生
    総合政策学部 総合政策学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-07投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      田舎にあるけれども、落ち着いて住むにはとても良い環境だと思います。いろいろな科目を勉強することができます。
    • 講義・授業
      大きく広い学問を制限なく学ぶことができます。特に、地域のことを勉強したいなら門戸が広いので、とてもよい環境だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      さまざまな種類があるので、自分で悩んで選択することができます。人数が少ないので、先生としっかり話をすることができるので、いいと思います。
    • 就職・進学
      地方にある大学ですが、就職率はとても良いです。就職に対してのサポートも手厚いので、就職講座に気軽に参加して様々なことを学べると思います。
    • アクセス・立地
      地方にある田舎大学で、都市部には遠いですし、車か原付がないとなかなか生活しにくい環境にあると思います。電車は使いづらい環境です。
    • 施設・設備
      人数がそこまで多くない学校なので、設備は結構使いたいときに使えると思います。敷地も広いです。新しい学校なので、きれいな学校だと思います。
    • 友人・恋愛
      人数が少ないので、学年みな知り合いという感じになります。ただ、人数が少ない分、破局するとすぐに知られてしまうという難点はあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は必修が多いです。後半からは第二外国語が始まります。2年からは自分で選んだゼミ活動も始まり、学べる科目の幅が一気に広がります。
    • 所属研究室・ゼミ名
      金野研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      先生が決めたことを学ぶのではなく、ゼミ生が自分たちで選択して活動内容を決めることができます。私たちの代は地域や情報について学びました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      ホテル/総合職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      人と接する仕事がしたかったことと、地元に近いところで働きたかった。
    入試について
    • 学科志望動機
      語学も法学も経済学も学んでみたかったので、一つに決めるのではなくいろいろな学問が学べる学部に入りたいと思ったから、選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      2次試験は一つの教科だけだったので、ひたすら英文を読んで問題を解いた。過去問と、それに類似した問題を先生に見つけてもらって勉強しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根県立大学
    女性在校生
    総合政策学部 総合政策学科 / 在校生 / 2012年入学
    2015-06-25投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      行ってみると、充実した生活を送ることができますし、就職にも強く実績があります。
      しかし、田舎なので都会育ちの人にはそこに慣れるまで時間がかかるかもしれません。
    • 講義・授業
      総合政策部というだけあって、授業のバリエーションは豊富です。
      自分の好きなものに特化するもよし、幅広く受けるのもよしだと思います。
    • 研究室・ゼミ
      少人数で、自分の好きな興味のあるところに入ることができます。
      人数が少ない割に、バリエーションに富んでいると思います。
    • 就職・進学
      就職率は、毎年95%以上です。
      就職サポートがとても手厚く、充実した就職活動ができると思います。
      田舎大学ですが、あなどれません。
    • アクセス・立地
      田舎の、さらに山の上にあるので、車や原付がないと不便かもしれません。
      県大線という100円バスは通っています。
    • 施設・設備
      大学自体が出来てまだ日が浅いので、建物もおのずと綺麗です。
      人数の割に、広いのでは?と思っています。
    • 友人・恋愛
      人数が少ないので、学部生みな知り合い!という感じで、アットホームな雰囲気があります。
      ですから、恋愛が一度上手くいかないと、すぐに広まってしまう部分はあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      法学や経済学、政治学や語学など幅広く興味のあるものを学んできました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      金野研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      ゼミに入ってから、自分たちが何をやりたいのか決めます。
    入試について
    • 学科志望動機
      幅広く興味があったので、色々な科目の授業がとりたかったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      ひたすら英文を訳して、先生に添削してもらいました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根県立大学
    女性卒業生
    総合政策学部 総合政策学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2015-06-24投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      どうしても国公立の大学に進学したい人におすすめします。
      田舎過ぎてまわりになにもない+単位は楽に取れるが張り合いがない、環境です。
    • 講義・授業
      やる気次第ですが、ただ講義を受けているだけ、ゼミにいるだけ、では専門知識を身につけることはほどできません。
      様々なジャンルの講義を広く浅く学ぶので、シューカツの面接などで、何を学んできたか、という筆問に苦しみがちです。
    • 研究室・ゼミ
      フィールドワークの多そうなゼミがおすすめです、狭い講義室にいるだけではつまらないと思います。
      ゼミの難しさも様々なので、先輩からのアドバイスを聞いてから希望するゼミを決めた方がいいです。
    • 就職・進学
      就職率がいい、と売り文句を出しているかもしれませんが、就職先を見てみれば、所謂ブラック企業的な企業に就職している人もかなり多いのが現実です。
      地元企業からのウケはいいかもしれませんが、広い視野で就職を考えている人にとっては、なんの取り柄にもならない大学名です。
    • アクセス・立地
      立地は最悪です。遊びにいく場所は主に県庁所在地の松江よりも近いですが、近い広島市。とはいえ交通手段は本数の限られたバスしかないし、二時間はかかります。
      シューカツの時は特に不便さを痛感しました。東京や大阪行きの夜行バスに毎週乗るような生活になりました。
    • 施設・設備
      施設はきれいです。学食は安くも高くもなく、味は不味くも美味くもない、といったところ。冬は図書館が寒いのが難です。
    • 友人・恋愛
      一年生のときは寮に入る人がほぼほぼなので、その時の同じエリアの人たちとなかよくなると思いますが、周りに大学はないので大学以外で交友を持つのは難しい気がします。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      政治、経済m、社会学などについて広く浅く学ぶ
    進路について
    • 就職先・進学先
      金融系
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      地域密着型の企業に就きたかったから。公務員も視野に入れていたが、受からなかった。
    入試について
    • 学科志望動機
      全国の国公立大学で受かる大学がここしかなかった
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センターで点が取れるようにしていた。得意科目がひとつあると、この大学での二次試験に有利。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根県立大学
    女性在校生
    総合政策学部 総合政策学科 / 在校生 / 2012年入学
    2015-06-20投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      立地の悪さ、人数の少なさはマイナスだが、自然が豊かで深い人間関係が築けるので総合的に評価を4にしました。
    • 講義・授業
      社会系の学部が広く設けられており、選ぶ科目も多いが正直身を入れて一つの科目に取り組めるかどうかは、その科目に興味がある、または好きではないと取り組めない。
    • 研究室・ゼミ
      地域政策、国際関係、福祉などの幅広い様々な専門分野のゼミがあるので、自分のやりたいことが研究できる。
    • 就職・進学
      毎年進学率が良い。キャリア支援の先生がたのサポートもとても手厚いので、頼りにしている生徒はとても多い。
    • アクセス・立地
      まず大学が山の上にあるため、大学付近に住んでいる場合は買い物の際下へ降りないといけない。
      下に住んでいる人は大学へ通うのが大変。そのため車を持っている人がとても多い。
    • 施設・設備
      バリアフリーになっていたりなど、わりと充実。構内も綺麗で、図書館、カフェテリアなど学生が過ごしやすい。
    • 友人・恋愛
      人数は少ない大学だが深い人間関係が築ける。ほとんど顔見知りなので、噂は瞬時に広まりやすいという面もある。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      経営、経済、地域政策、国際関係、語学、政治、憲法など
    • 所属研究室・ゼミ名
      ヘネベリーゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      英語と国際関係を学び、海外の学生との交流も多かった。
    入試について
    • 学科志望動機
      社会系の科目が幅広く学べ、国際関係に特化して研究できるから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      利用していない
    • どのような入試対策をしていたか
      早朝の高校の自習室利用、夏期講習への参加
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根県立大学
    女性在校生
    総合政策学部 総合政策学科 / 在校生 / 2012年入学
    2015-06-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      良くも悪くも周りに娯楽施設が何も無いので、勉強をするのにはとても良い環境にあると思います。慣れれば、とても良い環境です。
    • 講義・授業
      学部は一つしかありませんが、様々なプログラムに分かれているので、授業数も豊富で、色々選択できるのが魅力だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      学生に対して、色々なタイプのゼミが用意されています。一度ゼミに入ると3年間同じゼミなので、よく考えて入る必要があります。
    • 就職・進学
      田舎の学校ですが、就職率は毎年とても高いです。キャリア支援室の方がとても援助してくださいます。手厚くサポートが受けられます。
    • アクセス・立地
      田舎の学校なので、どうしてもアクセスは悪いです。車や原付が無いと少し不便かもしれません。大学線のバスが走っているので、それは低価格で乗ることができます。
    • 施設・設備
      学校自体はまだ新しいので、施設はキレイです。しかし、公立大学なのでどうしても私立に比べると施設のレベルは落ちてしまうかもしれません。
    • 友人・恋愛
      人数が少ないので、みんなと知り合いになれるのは良い点だと思いますが、その分、すぐに噂も回ってしまうことがあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      総合政策学部なので、語学から法学、経済学など幅広い科目について学んでいます。自分が力をいれたいものを集中してとることもできます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      金野研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      デジタルサイネージの設置や観光プランを作成し、行政に提案したりしました。
    入試について
    • 学科志望動機
      法学も経済学も語学も学びたいと思っていたので、どれにも力をいれられる学部にいきたいと思っていたから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      ひたすら英文を読んで訳すという作業をしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根県立大学
    女性在校生
    総合政策学部 総合政策学科 / 在校生 / 2012年入学
    2015-06-08投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      遊ぶ環境があまり充実していないので、勉強するには良い環境だと思います。勉強にベクトルを向けやすいのではないかと思います!
    • 講義・授業
      様々な授業を全て自分で選択できるので、自分の好きなように進路を決められます。選択肢が多いのは魅力だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      人数の割に様々なゼミが用意されています。自分が頑張れば、頑張った分だけ成果は付いてきます。人数が多すぎたら、面接があります。
    • 就職・進学
      田舎の地方大学ではありますが、就職率はとても高いです。サポートも本当に充実しています。最後まで支援してもらうことができます。
    • アクセス・立地
      田舎なので、車や原付がないと少し不便です。山を下らないと、お店が全くありません。近くを散策すれば、楽しい発見があるかもしれません。
    • 施設・設備
      一つの学部しかないので、校舎はそこまで、広くありません。学食のメニューはおおいとは言えません。景色はとても綺麗です。
    • 友人・恋愛
      人数が少ないので、少し物足りない感はありますが、同級生みんな知らない人がいない、という雰囲気です。仲良くなりやすいと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      語学から法律、経済、政策と、的を絞らずに学ぶことができました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      金野ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      デジタルサイネージ設置、地域活性化のための観光プラン作成
    入試について
    • 学科志望動機
      様々な学問を学びたいと思い、総合政策学部を選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      英語の文章をひたすら読んで、早く解けるようにした。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根県立大学
    男性卒業生
    総合政策学部 総合政策学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2015-02-20投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      北東アジアに関することや日本の経済、経営、法律、心理学等、色々な知識を学べる学科で、何を勉強していきたいか選択できます。また、英語学習にも力を入れているのでグローバルな人材になりたいと考えている方はおすすめします。就職活動もキャリアサポーターがおられるので心配事は他大学と比べても少ないほうだと思います。
    • 講義・授業
      学校全体で人数が少ないので集中して講義を受けることができます。少人数制(20人程度)の講義や授業も多いのでしっかりと勉強していきたい方にはいいと思います。
    • アクセス・立地
      山の上にあるのでバイク、車がない人には不便だと思います。もちろんバスで通勤する人も多いです。学校周辺には美術館があるくらいで何をするにも山の上にある大学を降りて買い物をしたり、バイトをしたりしなければいけません。
    • 施設・設備
      小さい大学なので他の大学と比べると最低限の施設しかないかなと感じてしまうことが多いです。その分、無駄な出費を抑えることは出来るので無駄な出費を抑えたいという方はいいとお思います。
    • 友人・恋愛
      同じ学年の人(1学年250人程度)の半数以上は友人になれ、女子の割合が多い学校なので男性目線で言うと恋愛しやすいと思います。(自分の時は6:4で女:男)
    • 部活・サークル
      しっかりやるサークルからあんまりやらないサークルまでありますが特に最近盛り上がっているのはヨサコイの部活です。お金はある程度かかるみたいですが、その分、ヨサコイにかける熱意がある人が多く、県外の大会で入賞するレベルまで達しています。サークルをやれば、小さな学校ですので誰かしら友人も出来て繋がっていきます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      社会人になって最低限必要な知識からグルーバルな人材になるための勉強もできます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      江口ゼミ(中国系)
    • 所属研究室・ゼミの概要
      教授は中国のことについてでしたが、ゼミ員が中国、韓国、ロシア等色々な国を専門に学んでいたので多角的な視点を学ぶことが多かったです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      理想実業(ラーメン屋)
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      食文化といえば関西、また海外出店を狙っている企業だったからです。
    入試について
    • 学科志望動機
      県内推薦があり、島根県内の高校生で成績優秀者にたいしては合格率が9割を超えていたため
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験は必要なかったので小論文の書き方と面接の練習のみ行いました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根県立大学
    男性在校生
    総合政策学部 総合政策学科 / 在校生 / 2013年入学
    2015-02-18投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      広い分野で学べて知識は広くなるが、深くは学ばない分、専門としている人よりは知識が足りない場合もある。しかし将来の夢が決まっていない人には適していると思う。
    • 講義・授業
      先生にやる気の差があるが、良い先生は講義を受けていて自分のためになる。何の授業を取るかで知識の差は出てくる。
    • アクセス・立地
      山の上にあるため、車やバイクがない人にはキツイ。100円バスがあるが、1時間に1本しかないため乗り遅れたら授業に出られない。
    • 施設・設備
      講義室、体育館など一般的な施設はあるが、1学部しかないため規模は小さい。事務局も耳を貸さないためこれから変わることはないだろう。
    • 友人・恋愛
      1学部のため仲良くなれる確率は高い。1人でいる人もあまり見かけない。恋愛も男女で話すことが多いため発展しやすい。
    • 部活・サークル
      部活、サークル活動は活発。運動系や文化系まで活発に取り組んでいる。硬式野球部では3部から2部に昇格したりもしている。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      政策を考えるうえで必要な知識を幅広く学べる。
    • 所属研究室・ゼミ名
      たなかゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      経営を主に置き、客観的な思考からマーケティングをしていく。
    入試について
    • 学科志望動機
      地域を活性化させる方法を学びたかったから。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      小論文を大学が過去に出していた質問から何個が取り出し何度も直しながら書き方を覚えた。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根県立大学
    男性在校生
    総合政策学部 総合政策学科 / 在校生 / 2011年入学
    2014-12-20投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      良い点としては、様々な学問を幅広く学べる点があります。また、学校設備も比較的整っており、心労を患った生徒のための相談室や、進路相談が気軽にできるキャリアセンターなどが充実しています。しかし、一方で生徒の質や立地条件はあまりよくありません。昨年度から改定されたものの、多くの生徒は推薦で入っているため、俗にいう”DQN”が大量にいるのが現状です。キャンパス内は禁煙にもかかわらずたばこを吸っているのは日常茶飯事で、まれに取っ組み合いの喧嘩をしていることもあります。重く見た学生課は入試制度を改めましたので、このようなことは今後起こりにくいと思いますが注意が必要かもしれません。また、大学はゲームセンターもろくにない田舎の山の上に立っていますので、移動には自転車より車やスクーターが便利かと思います。
    • 講義・授業
      授業に関しては比較的優し目の科目が多いです。しかしながら、それでは満足できないという場合があるかと思います。前述の通り推薦で入学した学生が多いことを配慮してか、授業のレベルは低めです。また、教授によってばらつきが激しいので、注意が必要です。ただ、ほとんどの先生は親身になって質問や相談に乗ってくれるので、本格的な大学授業を望まない人にとっては良いかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミに関しては、良くも悪くもキャラの濃い先生方の元につくことになります。この大学は、1,2年次からすでにゼミが始まるので、ゼミというものにすぐに慣れる点はとても評価できると思いますが、「ハズレ」の教授を選んでしまうと卒業論文を書くときにも苦労する可能性があります。このあたりは、先輩方やOBに聞いて情報を集め、失敗しないようにしていただければと思います。
    • 就職・進学
      県内でも屈指の就職率の高さが売りの大学ですので、就職に困ることはないでしょう。キャリアセンターも最後の最後まで応援してくれますし、就活に向けた研修や合宿なども豊富に企画されています。最終的には自分自身の力になるので過度の信頼は禁物ですが、就活というものに向けての準備を2年次頃から授業という形で取るので比較的就活・就職し易いと思います。
    • アクセス・立地
      島根県は御存知の通り田舎でありますが、この大学はさらに田舎の方に立っております。しかも山のてっぺんですので、徒歩や自転車での通学は苦しいと思います。また、大学周辺にはコンビニなどがないので、実質構内の売店などを利用することになります。交通も不便で、バスもそんなに走っていません。車やスクーターが生活には必須となるでしょう。
    • 施設・設備
      図書館はメディアセンターと呼ばれ、多くの和書・洋書・百科事典はもちろん、プリンターやパソコン相談など、様々な支援を受けることもできます。また、教室や事務棟なども比較的綺麗で過ごしやすいと思います。唯一の欠点は学食であり、とにかく席の数が少ないです。お昼時には座れないことも多々あるので、その部分だけが不満でした。
    • 友人・恋愛
      これに関しては、大学の全生徒数が少ないので、よく顔を見る生徒が自然と増えていくと思いますが、それをどうするかはあなた次第ということになります。友人を作ることも恋人を作ることも他の大きな大学に比べて簡単だと思いますが、レポートを移し合うだけの友人を持たないようにしてください。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      総合政策学部という名前ではありますが、広い学問を学ぶことができます。政策にとどまらず、政治、経済、言語、哲学、文化、芸術など、自分の興味をそそるものが必ず一個は見つけられるような学部です。気に入ったものがあれば授業を多めに取ったり、その担当の教授のゼミに入ると良いでしょう。
    • 所属研究室・ゼミ名
      英語を担当されていた教授のゼミに入りました。
    • 所属研究室・ゼミの概要
      英語ゼミでは、英語や言語について深く学ぶことができます。例えば、私のゼミの場合英字新聞に使われている言語のトリックについて学びました(ヘッドラインの書き方など)卒業論文のテーマは自由に決められるので、自分の興味のあるものを題材に書くことができます。
    入試について
    • 学科志望動機
      県内出身で、県内にとどまりたかったということと、留学に力を入れている大学に行きたかったので、ここに決めました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      受験対策については、とにかくセンターをメインに勉強しました。2次試験は得意の英語でしたが、過去問を説いて傾向を掴んでいました。
    この口コミは参考になりましたか?
16件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

島根県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

オススメの大学

山形県立保健医療大学
山形県立保健医療大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:57 - 60
★★★★☆4.00 (7件)
山形県/公立
札幌市立大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:53 - 60
★★★★☆3.86 (37件)
北海道/公立
青森県立保健大学
併願校におすすめ
偏差値:50 - 56
★★★★☆4.46 (24件)
青森県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。