>>     >>     >>  口コミ

奈良大学
奈良大学
(ならだいがく)

奈良県 / 私立

偏差値:45 - 52

口コミ:

3.91

(56)

奈良大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.98 40位
研究室・ゼミ 4.00 26位
就職・進学 3.02 389位
アクセス・立地 2.64 310位
施設・設備 3.39 281位
友人・恋愛 3.18 361位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

56件中 1-10件を表示
  • 奈良大学
    男性在校生
    文学部 文化財学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-03-16投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      考古学、保存科学、美術史、文献史料、世界遺産について遺跡や世界遺産、国宝に近いところで学べる。 特に古代史や保存分析をやりたい人が多く、実際に見学に行ったり学内の設備で実験を行えます。先輩との距離も近く、発掘調査のアルバイトも紹介してもらえることもあります。 また、卒業生は全国の教育委員会や博物館で活躍しており、交流の幅は広いです。
    • 講義・授業
      1年のときから全ての分野を幅広く学びます。2年から専門授業や講読で深く学びます。実習や見学もあって、講義の内容は実践的です。3年からはゼミが始まり、個人発表を行います。先輩や教授との距離がが近いことから、授業以外でも研究室へ行って質問する人も多いです。 授業は専門的で難しいですが、考古学や文化財を学びたい人は熱心に学んでいます。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は教授によってさまざまです。発掘調査を行っている人もいれば、美術館へ研究に行く人もいます。それぞれの研究室はとても個性的であると思います。外部の研究所と共同で調査を行ったり、アルバイトの受け入れを行っているところもあります。研究費についてはそれなりに出ているように思いますが、資料見学や収集は基本自分持ちのところが多いです。アルバイトなどで費用を捻出する必要があります。
    • 就職・進学
      自治体や財団などの学芸員や、教育委員会の発掘調査主任になりたい人は多いですが、就職は少ないです。ほとんどは院卒の募集のため、学部卒は10名にも至らないことが多いです。 キャリアセンターでは、学芸員のほかにも一般企業就職のためのセミナーや相談制度があり、模擬面接やES内容も見てくれます。
    • アクセス・立地
      駅からは20分坂を上がる形になり、とても遠く感じます。バスがありますが、1時間に1本程度なので便利ではありません。しかし、歩いてくる人も多いです。 最寄の高の原駅は大型ショッピングセンターがありますが、南側にある大和西大寺駅のほうがにぎわっているため、下宿生はその周辺が多いです。
    • 施設・設備
      施設は老朽化が進んでいます。学科で使われている設備も古くなってきており、今後改修、置き換えを進めていくことが必要です。
    • 友人・恋愛
      1学年120人ほどですが、授業が同じになる人も多いです。発掘調査のアルバイトで、さらに遠くの大学生と知り合いになっている人もいます。 カップルはそれほど多くはないです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は一般教養や基礎科目でしたが、2年生から専門的な講義が増加します。学内設備を使って実習を行ったり、博物館へ見学に行くこともあります。また、外部の先生による特別講義も行われます。3年生からゼミに配属され、卒業研究へ向けて研究していきます。 教授によって専門が異なるので、希望抽選が行われます。 私は専門が古代の須恵器の教授のゼミにいますが、近代の鉄道について研究しています
    • 所属研究室・ゼミ名
      植野研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      研究内容はほぼ各自の自由です。教授や先輩との距離が近く、先輩からも発表について評価してもらえます。
    入試について
    • 学科志望動機
      考古学に興味があったため、それについて学べるところがいいと考えていました。通っていた高校が大学の附属だったので、近くに学べるところがあると知り、ここで学ぼうと決めました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      個別指導ゴールフリー
    • どのような入試対策をしていたか
      指定校推薦でしたが、面接対策は力を入れました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 奈良大学
    男性卒業生
    文学部 文化財学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-09投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      考古学・古代史、地理、古典文学を専門的に学びには最高の大学だと思います。 奈良は考古学・古代史の本場ですし、近鉄電車に乗れば京都・大阪といった大都市に出ることもできます。 図書資料も充実しており、最高の環境で4年間を過ごすことができました。
    • 講義・授業
      本物に触れる、現場の声を聞くことができます。 奈良大学所属の教員以外にも研究所の所員・研究員や他大学で教鞭をとる先生方の話を聞くことができます。
    • 研究室・ゼミ
      文化財学科は横のつながりも重視していて、複数の教員の指導を受けることができました。 また、私は他学科(地理学科)の研究室にも出入りしていましたが、学科を超えた学びを経験することもできました。
    • 就職・進学
      古代史や考古学を学んではいますが、一般企業への就職が6割と聞きました。文化財関係の専門職に就けるのはほんの僅かで、在学中に発掘調査のアルバイトやまじめで本格的な研究に取り組む必要があります。
    • アクセス・立地
      最寄り駅(近鉄京都線高の原駅)からですと、上り坂を20分歩きます。バスもありますが、片道200円と負担が少し大きいです。
    • 施設・設備
      現在のキャンパスができれ四半世紀が過ぎているため、改修工事が最近進められているそうです。これから先、きれいな外観・設備になっていくのではないかと思います。
    • 友人・恋愛
      在学数2500人ほどの小さな大学ですが、充実した学生生活を送ることができました。 勉学以外にもサークル・部活動への参加もできて、よかったです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1・2年生は教養科目が多く、専門的かつ本格的な勉強は3年生から始まります(いわゆるゼミ)。
    • 所属研究室・ゼミ名
      酒井龍一ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      「楽しい考古学」を合言葉に、各人が好きなテーマを決め、教員はそれに対して方針ややり方を指導していました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      高等学校教員(地理歴史)
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      歴史の面白さ、1つのことを究めることの楽しさを伝えていきたかったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      考古学を本場の奈良で学びたいと思って決めました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      国公立志望だったので、奈良大学に特化した勉強はしませんでした。国公立大学の対策で十分対応できます。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 奈良大学
    女性卒業生
    文学部 文化財学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      むかしから自分が興味のある分野についての勉強ができてよかった。大学のちかくにもたくさんの博物館や遺跡がある
    • 講義・授業
      実際に現地に行ったりすることができる。学外授業が多くてたのしみがある。ただし交通費は自分で出さなければならない。
    • 研究室・ゼミ
      自分の好きな分野について好きなように学ぶことができる。大学をでての授業が多い。ただし交通費は自分で出さなければならない。
    • 就職・進学
      さらに深く学びたい人は大学院に行けばいいと思う。就活にかんしてはほとんど経験がないのでよく分からない。
    • アクセス・立地
      最寄り駅から歩いて結構時間がかかるから大変であると思う。またおかのうえにあるためなかなか疲れてしまう。
    • 施設・設備
      学内に博物館がある。自分ではあまり使ったことがないが、いろいろな機械もあるらしい。かなり充実していると思う。
    • 友人・恋愛
      クラブやサークルやバイトなどなにかと忙しいがそれなりに充実していると思う。友達とのみの行ったりできる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      日本の文化財について。とくに美術的なものについて
    • 所属研究室・ゼミ名
      美術ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      文化財とくに美術的なものについて、自分の興味があることを好きなように学ぶことができる。他の人の発表もきける
    進路について
    • 就職先・進学先
      介護けい
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      暇な日に説明会があったから。他の会社はほとんど受けていない
    入試について
    • 学科志望動機
      歴史好きなこと。高校の先生からの強いすすめから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      とくに対策といった対策は行っていないと思う。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 奈良大学
    女性卒業生
    文学部 史学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      歴史を学ぶにはとてもいい大学だと思います。 史学科は特に、歴史に関する優れた教授が集まっているので、より深いところまで研究できます。
    • 講義・授業
      史学だけでなくさまざまなジャンルの講義があるので、自分が興味のある講義を自由に選択できます。 結果的に自分の研究に活かすこともできるので、幅広く事を学ぶには理想的です
    • 研究室・ゼミ
      特に自分の入っていた研究室では、卒論に向けて早いうちからコツコツと研究する時間を与えてもらったので、ギリギリになって慌てて研究することはありません。
    • 就職・進学
      社会科や国語科の教員や、学芸員の資格がとれます。他にも企業に就職する実績があります。 就職活動のさいにも、模擬面接や履歴書のチェックなど、サポートしてもらえるので安心です
    • アクセス・立地
      最寄り駅からは徒歩15分くらいかかりますが、駅から大学構内まで入ってくれる市バスがでているので、楽チンです。 原付バイクや自転車で通う学生も多くいます。 駅近くにイオンモールかあるので、買い物や食事などに便利です。
    • 施設・設備
      図書館ぎ大きく、歴史に関する史料が豊富です。 また席も多く用意されているので、本を使いながら勉強するには最適てす。
    • 友人・恋愛
      史学科はほかの学科と比べて男性が多く、地味なイメージが強いと思います。 心理学や国史学などは結構カップルが多いように見受けられました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一回生は、必須科目をこなすのと、単位をなるべくとっておく為に、 高校より少し少ないくらいの講義を受けます。 二回生以降は 徐々に履修数は減っていきますが、ゼミが加わるのでより専門的な研究がはじまり、自分の最終的な研究につながります。
    • 所属研究室・ゼミ名
      日本史中期
    • 所属研究室・ゼミの概要
      日本史の室町時代から江戸末期あたりの中期の研究ができます。 早いうちから卒論に向けて研究をはじめるので、慌てて卒論を書くときに史料を集めなくても済みます
    入試について
    • 学科志望動機
      歴史を学びたいと考えていたため。また社会科の教員を目指していたため。 オープンキャンパスに参加して、優秀な教授が集まっているのを知り充実した研究ができると思い入学をきめました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      推薦入試は、論文が出題されるため赤本などの過去問や国語の先生から問題をもらって数をこなしました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 奈良大学
    女性在校生
    文学部 文化財学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-05投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      歴史学に特化しており、その分野を学ぶにはとても良い環境だと思います。ただし偏差値もあまり高くないですし、すべての学生が熱心に勉強しているというわけでもないです。
    • 講義・授業
      著名な先生方が多く在籍されており、とても充溢した講義を受けることができます。先生方の専門がそれぞれ違い、どの先生方の授業もとても魅力的です。
    • 研究室・ゼミ
      どこの研究室もアットホームな雰囲気です。先生と生徒の距離が近く、熱心な学生には先生方も答えてくれます。どちらかというと、みんなで勉強するよりも、飲み会などの交流の方が多いかもしれません。
    • 就職・進学
      就職課がしっかりサポートしてくれます。個人の面談などもしてくれて、気軽に相談できます。また、公務員や専門職員の試験対応などにも力を入れてくれています。
    • アクセス・立地
      正直、アクセスや立地はよくありません。駅から遠いですし、バスは本数も限られており、値段も安くありません。また、近くには飲食店や店も少ないです。ただ、少し歩けば高の原イオンがあり、そこで基本的なものは入手できます。
    • 施設・設備
      私立大学ですので、機材等は充実しているようです。ただし、自分の選択する専門分野によって、その恩恵を受けたり、受けなかったりすることがあるかもしれません。
    • 友人・恋愛
      小さい大学ですので、とてもアットホームな雰囲気です。チャラい人よりも落ち着いた雰囲気の人の方が多い印象です。割と学科内で付き合っている人が多く、そのまま結婚する人も少なくないようです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      私は考古学を専攻していました。ほかにも保存科学や美術、史料といった専攻があり、いずれも魅力的でした。
    • 所属研究室・ゼミ名
      酒井ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      先生がとても気さくな方で、ゼミは毎回楽しく過ごせました。メインは考古学でしたが、ほかにもいろいろなことを研究している人がいました。
    入試について
    • 学科志望動機
      幼いころから歴史に強い興味を持っていたから。文化財学科という専門的な学科があったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      個別指導塾
    • どのような入試対策をしていたか
      夏休みまでセンター試験対策を行い、それ以降は赤本を中心に二次試験対策とセンター試験対策を並行して行った。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 奈良大学
    男性卒業生
    文学部 史学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-03-02投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      日本史・世界史問わず歴史を深く学びたいと考えている人にはとてもいい大学だと思います。史学科は実際に実地研修をしながら学べる良い環境だと思います。
    • 講義・授業
      1つの講義でも細かく区切られているので様々な面から歴史を見ていくことができます。2年からは他学部の講義をうけられるのでそれによって新しい知識を得ることもできます。
    • 研究室・ゼミ
      奈良という土地柄、様々な史料が集まっています。そのため、おおまかに調べる分には問題ないでしょう。ただ、卒論を作る際は遠くに行かなくてはいけないことが多いので、遠征費を3年の後期までにどれだけ確保できるかがキーになります。
    • 就職・進学
      就職率はあまりよくはないようです。博物館学芸員を目指す人が多いですが、1年の契約社員でしかも2人程度しかないので一般企業に舵を切る人が多いようです。
    • アクセス・立地
      近鉄高の原駅からは歩いて向かうこともできますが、バスも出ているのでバスを使う人が多いです。離れていますが南側にはターミナル大和西大寺駅があり、ここから自転車で来る人もいます。
    • 施設・設備
      大学側も多くの古文書を持っていて、それを使い、古文書読解の練習をすることができます。卒論制作の際は古文書を読めないと大変なんで助かりました。
    • 友人・恋愛
      史学科は男女比が一番均等な学科でもあるのでチャンスがあれば恋愛はできるでしょう。また、1年必修の講義は様々な人と意見交換をするのでそこで仲良くなることもあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養や日本史・東洋史・西洋史の概論が中心でしたが、2年次以降は研究室に配属され、自分の興味のある事についての本格的な学習がスタートし、実際に本物の史料に触れるなど貴重な体験ができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      木下ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      2年次・3年次は実際の古文書を特殊な辞書を使って読めるように特訓していきます。3年次・4年次は卒論に向けて途中経過を報告していきます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      ドラッグストア/販売職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      地元で有名な企業だったから。薬について深く学べると思ったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      学芸員になりたいとかんがえていたため、免許を取れるところに魅力を感じました。また、歴史を学ぶに良い環境が整っていることも魅力に感じました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      数学と英語が苦手だったのでこの2つだけを重点的に学習しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 奈良大学
    男性卒業生
    文学部 文化財学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-02-29投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      考古学や古代史、美術史、保存科学を学びたい人にとっては立地もさることながら、充実した教員が配置されています。実習も充実していて、先輩や同級生からも発掘調査や修復の技術を教えてもらい、身に付けることができます。
    • 講義・授業
      専任の教員だけでなく、他大学や文化財の専門機関から非常勤として出講されている先生も大勢いらっしゃいます。また、史学科や地理学科といった文化財学の周辺分野の学科の講義も気軽に受講できます。
    • 研究室・ゼミ
      総合評価でも書きましたが、文化財に関するほぼ全分野をカバーできる教員が確保されています。また所属ゼミ以外の研究室への出入りもできるので、広い視野にたった研究活動ができます。
    • 就職・進学
      文化財を専門に学んでも、専門職は狭き門で運に頼る部分があります。教員になる人もいますが、6割くらいは一般企業に就職していると聞きます。
    • アクセス・立地
      最寄り駅から歩いて早くて20分ほど。坂道になっていて、これより時間がかかることもあります。バスだと片道200円くらいになります。学生が多く住む西大寺方面からでも坂になっており、少し苦労します。
    • 施設・設備
      保存科学に関する機材は国内有数の充実度だそうです。大学図書館は最近日本考古学協会からの移譲本が入り、より充実した内容で、歴史や考古学に関して「ない本はない」という状態だと思います。
    • 友人・恋愛
      全国から歴史好きな学生が集まる傾向にあるので、趣味・興味が合えばすぐに仲良くなれると思います。サークルも多数あり、そこでの人間関係も面白いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は概論で考古学、美術史、保存科学など幅広い分野に触れることができます。2年生からは各専門に関する講義が始まります。3、4年生ではゼミで発表をし、学生同士切磋琢磨します。
    • 所属研究室・ゼミ名
      酒井研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      学生の興味や関心を寛大に受け取り、「楽しい考古学」をモットーにしていました。本格的な「学問」に取り組む人もいれば、趣味の延長上で卒業論文を書く人もいました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      私立高等学校教員
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      これからの時代を担う子供たちに歴史の面白さを伝えたかったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      奈良という古代史・考古学の本場で学び、奈良・京都の史跡巡りをしたかったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を解き、教科書の細かな知識まで必要としたので、かなり教科書を読みこみました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 奈良大学
    男性卒業生
    文学部 史学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      日本史、東洋史、西洋史いずれのジャンルも幅広く学べます。 ゼミではその中で好きな時代に特化して学べます。 大学生の人数がちょうどいいので先生との距離も近くなります。 また、関西の大学ならば学生証を提示するだけで図書館に出入りすることが自由なので資料も集めやすいです。 教養部から歴史の教授はその世界での権威もいらっしゃる為先生のレベルはかなり高いです。 他の学科との交流は教養の授業を受講する際にあります。 大学近隣には賃貸マンションが多いので自転車があれば通えます。 ゼミによって異なりますが就職活動を理由に休みを取る事も出来るので就職活動もしやすいです。
    • 講義・授業
      日本史、西洋史、東洋史の先生がいる為ゼミは日本史、世界史ともに選択肢があります。 特に日本史は古代から現代まで教授がいる為、かなり自分の学びたい分野を絞って選べます。 教養部の授業では、経済、法律、論文授業、生物、哲学、語学と幅広く学べます。 特に法律の授業では憲法の判例が学べるので面白いです。 経済の教授も分かりやすく説明してくれますし、質問もしやすいです。
    • 研究室・ゼミ
      卒業論文を書く為に必要な古文書の読み方から学べるので全く初めは全く分からなくても卒業の心配はありません。 大学生の人数がちょうどいいので教授との距離が近くなる為質問もしやすいです。 また、授業が卒業論文に繋がっているため、日頃真面目に取り組めば、卒業論文は繋げてまとめるだけなのでとても親切でした。 教授自体のレベルも高い為、大学院を目指す人にも対応してくれます。 どこまで学びたいか自分で自由に選択できます。
    • 就職・進学
      就職の為の講座も有りますし、卒業生が多く入ってる会社ならば就職しやすいです。 就職の講座では、自己PR、面接指導、グループディスカッションの指導もあります。 就職のモチベーションを上げるにはとてもいいと思います。 また、就職科の先生の人柄もいいので尋ねやすいです。 大学が関西にある為企業も多く選べるのも利点です。
    • アクセス・立地
      大学は住宅地から少し離れた所に有りますが自転車さえあれば通勤はとても楽です。 最寄り駅からはバスも出てるので通学はらくです。 県外から来て一人暮らしする人が多いので生活には苦労しません。 ただし車通勤は駐車場スペースが限られておりしない方がいいです。 遊びに行くにも電車に乗れば大阪、京都にも簡単に行けますので便利です。
    • 施設・設備
      学内は整理されていますが、これといって目立つ施設はありません。 食堂も有りますが、メニュー、量ともに普通です。 しかし値段は比較的安いと思います。
    • 友人・恋愛
      史学科のゼミによっては学園祭の為の催し物製作、伊勢参りを歩きで行く機会があるので卒業後のゼミ仲間との結束が出来ます。 大学内は女性が少ないのでカップルになれる確率は限られてます。 しかし、アルバイトをしている学生が多く、アルバイトで他大学の学生とも知り合いになれます。 また、カップルも誕生します。 サークルに入れば毎日遊べる仲間も出来る人もいます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年から二年は教養の授業がメインです。経済、法律、生物、哲学、体育、言語幅広く学べます。 二年から専門の授業も始まりますが基本を学ぶくらいです。 三年から教養部の単位が取れていれば専門授業が中心になります。 私は日本史中世の授業を専攻しましたので、三年から伊達政宗について論文を書くと決めました。 三年の末から四年は卒論に取り組みます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      日本史中世、河内ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      教授はとても穏やかで優しい人柄です。教授の担当外の範囲でも融通を利かせてくれます。 また、すべての授業が卒業論文につながってるのでかなり要領よく卒業できます。 また、人数も程よく教授との距離も近いです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      ガラス商社の営業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      会社の経営状態がとてもよく、歴史がある会社だった。 また、人事担当者と社長の人柄が好きだった。
    入試について
    • 学科志望動機
      日本史が好きだったのて日本史の先生に相談した所、日本史を学ぶなら奈良に行くと良いとの事で大学を決めました。 学科は教授の人柄と自分が戦国好きなので選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      北九州予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      予備校で浪人してたので日本史、古文、英語に特化して、予備校のテキスト中心に勉強しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 奈良大学
    女性卒業生
    文学部 文化財学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-02-26投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      歴史や文化財に興味のある人にとっては素晴らしい学科であると思う。授業で現地に行ったりすることができる。近くにさまざまな遺産がある。
    • 講義・授業
      さまざまな分野の教授がおり、個性的な講義をきくことができる。どの講義も興味深く、きいていて楽しい。実際に現地に行ったりすることができる。
    • 研究室・ゼミ
      好きなことを好きなように学ぶことができる。教授の話も非常にためになる。現地に行ったりすることが多いので交通費はそれなりに用意しなければならない。
    • 就職・進学
      博物館学芸員の資格をとることができる。実際にその仕事につかなくてもとっていて良かったと思う。就活についてはほとんど経験ないのでよく分からない。
    • アクセス・立地
      駅から遠く、キャンパスが坂の上にあるので非常に大変であると思う。大学の近くにはコンビニなどないため少し不便であるかもしれないと感じた。
    • 施設・設備
      学内に博物館があったりと、非常に充実した設備環境であると思う。そのほかにもさまざまなものがあると思うが実際に使用していないのでよくわからない。
    • 友人・恋愛
      日本各地さまざまな地域の人がおり、おもしろい。人数もそれほど多くないのでアットホームな雰囲気であると思う。他の大学との交流はほとんどしなかった。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      日本の文化財について、特に仏像についてまなんだ。
    • 所属研究室・ゼミ名
      美術ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      日本または世界の文化財について美術的なものをまなんだ。
    進路について
    • 就職先・進学先
      介護の仕事
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      説明会の日にものすごい雨がふり、会社の人によくしてもらったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      高校の担任の先生からの強いすすめから興味をもった。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      赤本を多くといた。高校の授業で歴史を特に勉強した。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 奈良大学
    男性在校生
    文学部 文化財学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-02-25投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      考古学や文化財を学びたい人におすすめです。周囲は世界遺産や国宝、重要文化財、史跡が近くにあり、研究しやすいところです。
    • 講義・授業
      基礎教育では、考古学だけではなく、美術史、保存科学、文献資料について一通り学びます。そこから、自分の興味ある分野を選択していきます。また、選択授業も豊富です。仏教や考古学、美術史、保存科学、世界遺産について外部講師の方による専門的な授業を受けられます。学外への見学や講演も行われ、積極的に参加しています。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは各自で決めた内容を研究しています。授業での発表は、先輩や先生から質疑応答を受けながら、研究はどのように行うようべきか学びます。ゼミによって内容は異なり、学外に見学に行くところもあれば、各自で自由に行くところもあります。先輩との距離はとても近く、アドバイスももらえます。研究は各自自由なため、見学や資料購入のお金は自分で用意する必要があります。
    • 就職・進学
      大手への就職は少ないですが、中小や各自の故郷で就職する人が多いです。キャリアセンターでは、履歴書などの添削も行ってもらえるので、とても役立っています。他にもさまざまなセミナーを開いています。
    • アクセス・立地
      駅からは遠いので、電車以外なら原付か自転車は必要です。電車で行く場合は、駅からのバスが少ないのでダイヤを確認してください。生活に必要なものが買えるスーパーやショッピングセンターはありますが、大阪や京都に近いことから県外へ行く人も多いです。遊べるところは映画館のあるショッピングセンターや近鉄奈良周辺ぐらいです。大概は県外へ出掛けます。
    • 施設・設備
      設備は少し古いですが、そこまで困ることはないです。情報処理センターは資料作成や課題研究できるようになっています。図書館は発掘報告書が全国から届いており、研究のために自由に使えます。博物館では定期的な展示のほか、博物館学芸員実習も行われます。
    • 友人・恋愛
      とても専門的な学科なので、他学科との交流はないです。専門家がOBにいるで、交流や人脈はあります。学科内でカップルはあまりいません。オタクな人が多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年と2年ではでは一般教養、語学、基礎教養がメインですが、基礎的な学科専門授業が始まります。2年では購読があり、専門的な授業を受けます。選択授業も多くなります。3年からゼミに配属されます。主に専攻によって配属は決まりますが、各自で自由にテーマを決めて研究しています。
    • 所属研究室・ゼミ名
      植野ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      先生の専門は考古学(弥生~古墳、韓国)、博物館学です。先生の専門分野を研究したい人はおすすめです。しかし、ゼミでは各自で自由に研究しており、内容で咎められることはありません。
    入試について
    • 学科志望動機
      考古学を学びたいと考えており、内容が充実しているところがいいと考えていました。オープンキャンパスに参加して、とても内容が充実していると感じ、ここなら専門的に学べると思いました。付属高校だったので、内部進学で進学しました。
    • 利用した入試形式
      その他
    • 利用した予備校・家庭教師
      学習塾は学校の復習メインで学んでました。
    • どのような入試対策をしていたか
      内部進学のため、普段からの成績による内申点と、面接対策に力を入れました。
    この口コミは参考になりましたか?
56件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

奈良県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

奈良大学の画像 :©mtiさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

宮城学院女子大学
宮城学院女子大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:38 - 56
★★★★☆3.74 (84件)
宮城県/私立
東北学院大学
東北学院大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:48 - 56
★★★★☆3.58 (201件)
宮城県/私立
旭川大学
旭川大学
併願校におすすめ
偏差値:42 - 52
★★★★☆3.80 (5件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。