みんなの大学情報TOP   >>  奈良県の大学   >>  奈良大学   >>  口コミ

奈良大学
出典:mti
奈良大学
(ならだいがく)

奈良県 / 私立

偏差値:45 - 52

口コミ:

3.96

(67)

奈良大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.96
(67件) 私立内82位 / 508校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.99
  • 研究室・ゼミ
    4.03
  • 就職・進学
    3.03
  • アクセス・立地
    2.66
  • 施設・設備
    3.45
  • 友人・恋愛
    3.18
  • 学生生活
    3.00
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

67件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    社会学部 心理学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016-10-25投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      資格取得のサポートが充実しており、その他にも専門的な分野で満遍なく好きなことを学べる学校だと思います。特に心理学は、分野ごとに専門の講師がわかりやすく一から教えてくださるので、学べば学ぶほどより興味が深まります。社会心理学と臨床心理学に分かれてはいますが、どちらかしか学べないというわけではなく、興味を持った授業はどちらに進んでも分け隔てなく受けることができます。レポートの課題もありますが、書き方を纏めた資料もくださるので困ることはないはずです。
    • 講義・授業
      講義の内容は、一年生のうちは心理学の基礎の授業しか受けることができませんが、二年生から専門的な分野の授業を受けることができます。しかしその分、他の一般教養の科目を受け、必要な単位を予め取っておくことで、二年生からは心理学の授業に集中することができます。一年生で受ける基礎の授業の心理学実験は、実験担当の先生がそれぞれ違い、少人数で受けることが出来るので質問もしやすく、レポートに対する指導も大変充実しています。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは、大学生生活の後半から始まり、専門の分野ごとに先生がついてくださるので、授業を受けて興味を持った分野に打ち込むことができます。ゼミの種類も豊富で充実しているので、しっかりと学ぶことができます。
    • 就職・進学
      就職実績は悪く無いと思います。1.2年生の時から、就活に対する講座が開かれているので、参加して損はないでしょう。3年生になれば、就活に必要なメイクの講座も開かれるので女性でメイクに不安を持っている人でも心配ないです。
    • アクセス・立地
      最寄駅は近鉄高の原駅で、近鉄線なので本数も多く、遅延があってもギリギリでない限りちこくすることはないでしょう。大学自体山の上に建っていますが、大学構内行きのバスも出ているので通学しにくいということはないでしょう。高の原駅前には映画館の入ったイオンモールもあるので、買い物や、遊び場にも困らないはずです。
    • 施設・設備
      学内の設備は、充実しています。建物が4階までありますがエレベーターもあり、車椅子でも心配することはないでしょう。食堂も十分な広さとメニューがあり、安い値段で食べることができます。味も美味しいです。それだけではなく、小さいながらも書店と購買が入っており、他の店よりも安く買うことができます。図書館も、非常に多くの書物があり、大学の性質上こと歴史関係の資料に関しては他大学よりも充実していることだと思います。
    • 友人・恋愛
      サークルの数は多いです。好きなものに入るといいでしょう。授業は、必修科目で顔を合わせることになるので、余程のことがない限り友人ができないということはないでしょう。はじめにオリエンテーリングもあるので、心配はいりません。恋愛は学園祭が狙い目です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年生のうちは心理学の基礎を学びます。心理学実験もありますが、それも心理学の一環なので、興味のある人にとってはとても楽しいものになるでしょう。
      2年生から専門的な分野を学ぶことができます。授業も、取れる範囲で好きな分野を自由に学ぶことができるので、興味を持った分野を好きなだけ学ぶことができます。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    文学部 文化財学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-10-22投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      文化財を学びたいと思っている人は大変充実した大学だと思います。
    • 講義・授業
      各専門分野ごとに非常に偉大な先生方がいらっしゃるので良いと思います。
    • 研究室・ゼミ
      3年生からゼミは始まります。それまでは自分に合った分野を探します。
    • 就職・進学
      公式的な就職情報はもちろんありますが、先生の元に個人的に届いてる情報もあるのでたずねてみるのもいいかもしれません。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は近鉄京都線の高の原駅です。高の原駅からは大学行きのバスも運行されています。
    • 施設・設備
      文化財学科に関しては設備は優先的に用意してくれているので良いと思います。
    • 友人・恋愛
      大学の規模は少し小さいので友人を作るのは大変かもしれませんが、自ら積極的にいくことをお勧めします。
    • 学生生活
      文化財学科では学内での授業だけでなく、学外授業も多くあるので、大変面白い授業です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      文化財を学ぶには日本で一番充実していると思います。興味がある人には是非お勧めします。
    進路について
    • 就職先・進学先
      博物館学芸員
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      進路はまだ決まっていないので、ここでの回答は控えさせていただきます。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    文学部 史学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-10-20投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      実際の場所にいったり、本物の史料なふれながら、教授たちと話し合いながら授業ができる。
      また、史学会によるツアーも年に数回あり、貴重な場所を巡りながら学ぶことができる。
      ゼミは少人数で、教授たちとの距離が近く、自分から学べるような体制が整っている。
      校舎もキレイでコンパクト。静かな環境で学べる。
    • 講義・授業
      テレビ出演や名著を残している先生が多く、分かりやすい。また、他学科の講義も受けられることで、視点が広がる。実際の体験談が多く聞けて勉強になる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは20人以内でくまれる。
      段階的に学ぶことができて、少しずつ専門性が高まっていくので学びやすい。
    • 就職・進学
      学内の説明会やガイダンスはおおく、サポートはしっかりしている。
      県外就職もおおいことから、リターンにも対応している。
    • アクセス・立地
      バスはあるが高い。駅から遠く登り坂が急である。
      また近辺に買い物できるところがない。
    • 施設・設備
      博物館があり、実習が可能。また、図書館の専門書の多さは他の大学や地域から人が来るほど充実していて、勉強スペースも多い。
    • 友人・恋愛
      ここにきて気の会う友達がてきることは多いと言われている。独特だったり専門性のたかいひとが集まってるからか。
      恋愛はサークル入ってる人が多い。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年は日本、西洋、東洋、歴史学について幅広く取り扱い、来年のゼミ選択の参考にしたり、広い知識を養う。
      2年からはそれぞれのゼミに別れて史料にふれながら、自分のテーマを絞っていき、卒論についても考え始める。
    進路について
    • 就職先・進学先
      学芸員、銀行、教員、公務員、
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    文学部 文化財学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-10-19投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      文化財を学びたい学生にとっては日本一充実していると思います。
    • 講義・授業
      文化財に関する先生は色んな場所で活躍された先生ばかりで素晴らしいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      どのゼミに入っても自分の好きなことを研究したりできるのでいいと思います。
    • 就職・進学
      公式な求人情報はもちろんありますが、先生のところに個人的に求人情報が送られていることが多くあるので、聞きに行くのもいいかもしれないです。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は近鉄京都線高の原駅ですが、大学までは坂道が多く遠いのでバス通学の人が多いです。
    • 施設・設備
      文化財学科に関しては大学で最も優先的に設備が備えられるので、大変充実した設備があります。
    • 友人・恋愛
      小規模な大学なので友人関係が狭くなりがちです、しかし自ら積極的にコミュニケーションをとると楽しい大学生活をおくることができます。
    • 学生生活
      年に1回開かれる大学祭では非常に有名なアーティストや芸人が来るので、楽しい大学祭だと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      2回生までは自分に合う分野を探します、3回生からは専門的な分野を学びます。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    文学部 史学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-10-17投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      歴史や考古学を学びたい学生にはとても充実しています。学校のすぐ近くには、古墳も多いですし、近鉄の奈良駅までのアクセスも良いので、有名な寺社仏閣もすぐに見に行けます。また、寺社仏閣での職業体験や、遺跡調査のアルバイトなど、奈良大学でしかできないような貴重な体験もできますので、将来専門職に就きたいと考えている人にはとても充実した学生生活が送れると思います。
    • 講義・授業
      専門職に就いておられる先生がやはり多いので、変わった先生が多いのは事実です。歴史上の人物の命日に学校に来るなんて!と怒られたこともありました。ですので、先生によって合う合わないはあると思います。また、よくも悪くもプリントを配布して終わる先生も多いので、きちんと独自でノートを取ってまとめたり、プリントに、重要事項を書き込める人でなければ、テストは難しいと思います。史学科の評価はシビアですよ。
    • 研究室・ゼミ
      史学科は、一年生で既にゼミ分けされます。早いと思うかもしれません。ですので、自分がどの時代に興味があるのか早いうちから明確化しておく方が良いと思います。日本史、東洋史、西洋史に別れ、あとは時代別に別れます。私の日本史近現代史のゼミは自由な分評価はとても厳しいゼミでした。ただ、コツコツ莫大な資料をまとめるのが好きな方には向いていると思います。映像資料も残っている時代なので、ゼミではみんなで映画を見たり、とても楽しいです。
    • 就職・進学
      専門職がどうしても狭き門ですので、そういった職へのサポートは少ないです。特に史学科から専門職を目指すのは難しいと思います。考古学であれば、学校側のサポートよりもゼミの先生を頼る方が良いです。また、どうしても専門職に就きたい方は院に行くことをオススメします。
    • アクセス・立地
      山の上にあるので最寄駅からは遠いです。バスがありますが、距離の割に片道料金が高いので、学生には厳しいと思います。私は、片道20分の山道をひたすら歩いて行っていました。夜道は痴漢なども多いので、女子学生は、家賃が高いですが、近くの平城や押熊に下宿することをオススメします。平城には、スーパーや銭湯、家電量販店なども充実しており、住みやすいと思います。
    • 施設・設備
      私が卒業した年にトイレは新しくなったようですが、施設はわりかし古いです。授業でテレビが映らなくて、テレビ待ちの時間があったりしました。しかし、考古学の研究施設と図書館はとても綺麗で充実しているので、専門の授業では、困らなかった印象があります。
    • 友人・恋愛
      歴史や考古学を好きな全国の高校生が受験するので割りとコアなオタクが多いです。ですので、類は友を呼ぶというか、すぐに友達ができました。あと、奈良大学の人は、奈良大学の人と付き合うことが多く、やはり、好きなものが同じだからか長続きしていましたよ。
    • 学生生活
      奈良大学は規模が小さいので、イベントも充実していません。文化祭ですら、高校の文化祭の延長で、想像していた大学祭とは程遠いものでした。有名人もあまり来ません。文化祭は、サークルに所属していない人はいかない感じです。みんなお休みを満喫する方が楽しいのでしょう。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一回生の間は広く浅く全ての歴史を学びます。その中で、専門にしたい歴史を決め、冬のゼミ決めで、別れます。教養科目もあり、語学は二回生までに英語と(中国語、仏語、独語)が取得必須です。二回生からはゼミがスタートします。ゼミは2種類あり、専門の時代を全体的にみんなで学ぶゼミと自分の卒論のテーマを見つけて行くゼミがあります。ゼミでは、課外授業もあり、私たちは大阪のピース大阪に行きました。三回生では、卒論のテーマ候補を決め、そのテーマについてレジュメを作りゼミで発表します。そこで、教授やゼミ生から意見をもらい、卒論のテーマを絞ります。四回生では、一万八千字から二万字以上の卒業論文を書きます。字数は学科によって異なります。
    進路について
    • 就職先・進学先
      フリーター
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      四回生のときに、実家で色々と問題があり、就職活動を失敗してしまいました。今は、アルバイトをしながら、もう一度勉強するお金を貯めているところです。学芸員への夢が諦められないので、大学院に行きたいと思っています。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    文学部 史学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-10-17投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 1| 学生生活 3]
    • 総合評価
      教授は充実しているが学内設備(自分の専攻の場合)が乏しいのでよく学外に赴く必要あり
    • 講義・授業
      政治的中立はかなり怪しい宗教的にはどこかに傾いているとかは見られない
    • 研究室・ゼミ
      自分の専攻の場合辞書の用意が大変なので注意事前に覚悟しないと探すのも大変
    • 就職・進学
      自分の所属したサークルの場合春日大社などへの就職が多いようで地域を歩けば先輩によく会う
    • アクセス・立地
      平城旧跡まで30分ほど歩けばつく距離で学外の方が資料が豊富。
    • 施設・設備
      建物が山の斜面にあるため移動は大変学食は比較的広く、カフェテリアも別棟だが設置されている
    • 友人・恋愛
      古いしきたりを固持するやり方の先輩たちと馬が合わないので反発中
    • 学生生活
      正直なところサークル間の仲は悪い。対立するところはとことん対立し一種の冷戦である
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      奈良時代の仏法、僧侶に関する当時の法令等の研究。また当時の寺社の形式等
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    文学部 文化財学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-10-16投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      文化財学科では「文化財学」を学べます。文化財学とは考古、美術、史料、保存科学の4つの観点から文化財を研究するもので、これらの基礎的な部分は全て1・2年で履修できるようにカリキュラムが組まれています。その後は興味ある分野を専門に学んでいきます。文化財学科では現地・現物主義であるため、遺跡や博物館などに授業やゼミの一環で見学することもあります。またNHKなどメディアに出演しておられる教授も在籍しています。歴史や文化財が好きな学生には充分な環境だと思います。
    • 講義・授業
      博物館学芸員や文化庁といった文化財の専門家を経た教授が多数在籍しているため、本格的な授業が受講できます。3年生から受講できる実習科目では本物の文化財を使って学べます。
    • 研究室・ゼミ
      3年の初めからゼミが始まります。考古学・史料学・美術学・保存科学との中から、興味あるものに選びます。分野によって複数のゼミがありますが、担当する教授の専門や、内容などを比べて選びます。2年の終わりのゼミ分けまでに学びたいことを大体決めておきます。全てのゼミで現地見学をします。長期休暇中にもあるので、掲示板は頻繁に確認します。ゼミは基本的に各自テーマを決めて調べ物をし発表する形をとるので、自分の専門以外の話も聞けます。
    • 就職・進学
      専門性が強いからか、あまり就職率は高いとは言えません。ただ、全国の文化財関係の専門職に卒業生が多数いるので、そういった仕事を目指す場合には多少有利だと思います。就職率が低い理由に就活関係の利用が少ないことも考えられます。学内企業説明会やセミナーなどを行っているので、積極的に利用することをお勧めします。
    • アクセス・立地
      最寄駅は近鉄京都線の高の原駅です。高の原駅からは、時間割に合わせて運行しているバスがありますが、間隔がやや長いため徒歩で通ってくる人が多いです。ただ、緩やかな坂道を1キロ歩くので、初めのうちは大変かもしれません。大学寮はありませんが、安く借りられるアパートが多いそうです。駅前にはショッピングモールやコンビニがあるため、買い物に便利です。また駅のまわりに住んでいる人は、駅から京都や大阪へ、博物館や遊びに出かけるそうです。勉強も遊びも充実した学生生活が送れます。
    • 施設・設備
      図書館の冊数は他大学と比べると多くはありませんが、考古学関係の書籍が大量に置かれています。また、文化財を調べるための装置も充実しており、教授に前もって使用予定日を伝えておけば利用できるので、研究しやすい環境だと思います。
    • 友人・恋愛
      そもそも規模が大きくない大学です。カリキュラム的に時間割が似てくるので、自然と友達ができるかもしれません。ただサークルが非常にたくさんあり、多くは積極的に活動しているので、同じ趣味の人が見つかると思います。
    • 学生生活
      趣味や興味が似ている人が多く、友達の友達といった風に知り合いが増えていきます。食堂やラウンジでは楽しそうに話し込む人も多く、同性異性関係なしに友達ができています。男女比は半々ぐらいですが、全国から学生が集まるので色々な話ができます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年2年は考古・美術・史料・保存科学の中から最低3つの分野を学び、文化財の基礎を総合的に理解していきます。これらの授業はほぼ重ならないようになっているので全て学ぶこともできます。3年からゼミが始まり、分野の中から選んで研究していきます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      建設業界の文化財コンサルタント
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    文学部 文化財学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-10-12投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      考古学だけではなく、美術史、保存科学、史料学、博物館についても学べます。自分の興味を持った分野のゼミに所属し、研究に打ち込めます。教授陣も著名な方がおられます。数は少ないですが、学芸員や発掘調査員になる人もいます。
    • 講義・授業
      さまざまな分野について、その分野で第一線の講師や教授などが授業を行っています。また、実際に実物に触れたり現地へ見学に行きながら学びます。
    • 研究室・ゼミ
      3年前期からゼミに所属します。考古学、史料学、美術史、保存科学、世界遺産、博物館から自分の研究してみたいこと、先生の専門と併せて考える必要があります。2年から購読という発表練習があり、これで方向性を考えていきます。2年後期に行われる説明会は参加必須です。しっかり考えておかないと、焦りと劣等感からついていけなくなり、卒業できなくなります。
    • 就職・進学
      学芸員や発掘調査員を目指せるが、実際は嘱託が多く、正規は少ないため、厳しい。一般企業に進む人も多いが、キャリアセンターのサポートはしっかりしています。学科担当者との面談や、各種講座・説明会はたくさん開催されています。全体的な参加者は少ないですが、学科担当者とは仲良くなっておくほうが良いです。苦しい時にフォローしてもらえる可能性が高くなります。
    • アクセス・立地
      最寄りは近鉄京都線の高の原駅です。徒歩で20分かかりますが、急な坂を上がっていかなくてはならず、重い荷物があるときや急ぎの時には歩かないほうが良いです。通学には、構内や大学前に止まるバスが便利です。ただし、毎時1~2本なので、乗り換えには余裕を持って動いてください。大学周辺は住宅地のため、店はないです。買ってくるか、食堂・売店を利用している人が大半です。周辺にはアパートなどもありますが、大和西大寺周辺から通う人が多いです。
    • 施設・設備
      設備は若干古いです。機器も一部新型がありますが、古いものを繰り返し使用しているほうが多いです。実測道具などはそろっているので、個人で買わなくても大丈夫です。図書資料は豊富で、発掘調査報告書などの文化財専門書は15万冊以上あり、蔵書数は50万冊と豊富です。研究の際には、全国の資料が見られるため大いに役立ちます。
    • 友人・恋愛
      サークルや部活の所属の人は、先輩や同期、後輩の関係ができるため、交友関係は広くなります。学科内だと、やる気によって差が大きいので、ある程度は知り合いがいないときつくなります。
    • 学生生活
      1年から専門的な授業が受けられるほか、発掘調査などのバイトの紹介、OBの紹介・交流などの盛んで、しっかり研究していきたい人にとっては、たくさんの方と交流できます。男女比は女子が若干多くなっています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年は幅広く様々な分野について一通り学びます。2年からは興味のある分野について深く掘り下げ研究します。3年からゼミ所属となり、個人で研究していきたいものを決めていき、4年には卒論となります。
    進路について
    • 就職先・進学先
      航空業界の保安警備職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      運輸分野のなかで鉄道に興味があり、鉄道を中心に受けたが苦戦。キャリアセンターの紹介により、その会社を見学したうえでこれも交通の安全を支える重要な仕事であると感じ、安心して利用できる環境と作りたいと思った。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    文学部 国文学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-10-06投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自分の好きな文学について、全国でも有数の専門の教授が集まり講義してくださるのでとても良いと思います。
    • 講義・授業
      奈良という立地の良さを活かし、分かりやすく講義してくれているので助かります。
    • 研究室・ゼミ
      文学について、より深く、より分かりやすく追求できるのでとても良いと思う。
    • 就職・進学
      先輩たちはみんな教師や、かなりの大手企業に就職していたりと、かなり良いと思う。
    • アクセス・立地
      近鉄高の原駅から徒歩20分と、少し立地悪いです。バス出てますが、210円かかります。
    • 施設・設備
      可もなく不可もなくといった感じです。普通に授業を受ける分には困りません。
    • 友人・恋愛
      それほど大きな大学ではないので、すぐに顔見知りができ、友達になれると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      日本古来の文学、それを礎に築かれた現代文学を深く追求する学科です。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    社会学部 心理学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-10-05投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      ほかの学部は静かそうなひとばかりですが、社会学部は比較的服装に気を付けていたり華やかなひとが多く楽しかったです。大学自体は大きくはありません。こじんまりしています。
    • 講義・授業
      大教室の講義はやはり目が行き届いていないので寝るのも抜けるのも自由といった感じでした。心理学の講義はしっかりと指導をする先生が多かったです。
    • 研究室・ゼミ
      自分がやりたいテーマで卒論を書きました。ゼミの先生もそのテーマに沿ったアドバイスをしてくださりました。
    • 就職・進学
      あまりキャリアセンターは利用していませんでした。相談には乗ってくれるとおもいます。
    • アクセス・立地
      駅から遠いです。バスに乗るか20分ほど坂を登るかのどちらかになります。
    • 施設・設備
      可もなく不可もなく。学食で料理を注文することなく4年間がおわりました。カフェはおいしかったです。
    • 友人・恋愛
      卒業後も仲良く遊ぶ友人関係が築けました。いまでは別れてしまいましたが大学内で恋人ができたことも数回ありました。人間関係は恵まれていました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1回のときはあまり学部の講義はありません。スポーツ等の必修はクラスで分かれるので友達はできます。2回や3回で心理学!という感じの授業があります。
    進路について
    • 就職先・進学先
      上場企業
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

67件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

奈良県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  奈良県の大学   >>  奈良大学   >>  口コミ

奈良大学の学部

文学部
偏差値:46 - 52
★★★★☆ 3.98 (56件)
社会学部
偏差値:45
★★★★☆ 3.82 (11件)

オススメの大学

宮城学院女子大学
宮城学院女子大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.77 (106件)
宮城県/私立
東北学院大学
東北学院大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.61 (265件)
宮城県/私立
旭川大学
旭川大学
併願校におすすめ
★★★☆☆ 3.11 (9件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。