みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  札幌市立大学   >>  口コミ

札幌市立大学
札幌市立大学
(さっぽろしりつだいがく)

北海道 / 公立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:-

口コミ:★★★★☆

3.89

(62)

札幌市立大学 口コミ

★★★★☆ 3.89
(62) 公立内40 / 83校中
学部絞込
621-10件を表示
  • 女性卒業生
    デザイン学部 デザイン学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      在学中や卒業後数年は「大学選び間違えたなぁ」という気持ちがありましたが、卒業から5年ほど経って考えると、得たものもありますし無駄では無かったと思うようになりました。

      ただ私の在学時とは、カリキュラムも教授陣も変わっていますし、参考になるかどうかはわかりません…。
    • 講義・授業
      4期生でしたので、まだ大学としての指導と高専時代の指導がごちゃごちゃになっていたように思います。
      私は学問として体系的にデザイン学を学びたかったので(こういうタイプは少ないです。大体みんな何か作りたい人で活字読まない人が多かったです。)、座学に関してさして不満はありませんでした。
      ただ、デザイン学部に進学しておきながら難ですが、制作には興味が皆無でしたので、実習は苦痛でした。
      作る目的がわからなかったからです。何を作るのかではなく、なぜ作るのか、その背景などを説明して欲しかったです。マーケティングなどの講義も非常にどっちつかずな印象で、4年間で何を学んだのか今だによくわかりません。

      正直な印象としては、先生方が学生のレベルに合わせて簡単に、簡単に教えているように見えました。
      確かに学生のレベルにもかなり差がありましたし、作りたいもの作るなら大学じゃなくてもいいでしょう?と思っていた私には、残念ながら合わない学校でした。

      ただ英語の先生方のレベルは高く、私は個人的に大変お世話になりました。論文の概略だけでも英訳しておいて損はありません。こちらの先生方はしっかりサポートしてくださいますよ。
    • 研究室・ゼミ
      きちんと何を研究している先生なのか(それすらわからずゼミを選択すべきではない)というところを見て、ゼミを決めることをお勧めいたします。
      私の指導教員だった方は既に退官されていますし、言及は控えます。
    • 就職・進学
      私は新卒就職はしておりませんので、残念ながらわかりかねます。ただ人数が少なく、市の大学としての責任もあるのでサポートは厚い方かと思います。
      就職する際に、地方公立大学というのは良い印象の場合が多いので、出身大学で困ることはないかと思います。(日系大手は除きます…)
      またデザイン学部を出ているというのは、デザイン以外の業界で喜ばれることがあります。
      いきなり「リーフレット作って!」「会議室の内装考えて!」という依頼が飛んでくることもありますが、意外とつぶしがききます。
    • アクセス・立地
      こればかりはしんどかったです。
      森に隔離されて、貴重な大学生活の思い出がマイナスイオンと四季折々の美しい北海道の景色だけになります。
      まぁ、過ぎれば良い思い出です。
    • 施設・設備
      学生数に対しての書籍数やpc数など、かなり充実していたと思います。
      私が4年生の頃に、英語担当の教授が選書されて語学系の本をかなり増やされていました。
      また開学当初、図書館長をされていた方のセンスがずば抜けていますので、読むべき書籍はたくさん蔵書されています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学というより、高校や専門学校に近い距離感かと思います。人数が少ないので、全員顔見知りで友人というような印象。恋愛関係はどうでしょう?あるにはありましたが、全員が状況を知っているというようなコミュニティの狭さで、気まずそうな人もいましたし、気を使うのもだるかったです。
    • 学生生活
      市立のサークルやイベントには顔をほぼ出してないので、よくわかりません。サークルに入った方が絶対いいですよ。森に引きこもってたら貴重な学生生活もったいないですから。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      外資メーカー(業界非回答)
    投稿者ID:487591
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    デザイン学部 デザイン学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    • 総合評価
      カリキュラムが変更され、実験台に使われています。
      先生達も探り探りで、良くないです。特殊な先生が多く、本当に社会に出てこんな知識使うのかってことばかり教えられます
    • 講義・授業
      先程と同じく、カリキュラム変更のため実験的な授業ばかりです。時間割も被りすぎて取りたいものが取れません。総合性を掲げていますが、広く浅く学びすぎて全て中途半端に終わります。
    • 研究室・ゼミ
      学生の人数に対する先生の数は多いです。
      しかしゼミ内容が特殊すぎてこれをどう社会に役立てていけばいいのか微妙なところの研究室ばかりです。卒研を見ていても意味がわからない研究内容ばかりです。
    • 就職・進学
      学生課はキャリア支援してくれます。学生人数が少ないのでその辺はきちんとしています。しかし、いい企業に就職しているのはほんの一部です。
    • アクセス・立地
      真駒内駅からバスなので、とても不便です。
      帰りの最終バスが早く、遅い時間になればなるほどバスの本数が無くなってきます。またスクール便がないため、朝と夕方、授業開始終了の時間はとても混み合います。1本遅らせなければならないこともしばしばあります。冬の滝野すずらん公園行きなんて乗った時は地獄です
    • 施設・設備
      木工室や大型プリンタ、金工室やレーザーカッター、写真スタジオ、PCの数は申し分ないほど充実しています。
      使いこなせれば使いこなすほどお得な大学です
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人数が少なすぎます。
      また少ないのにもかかわらず敷地が広いので、人にあまり出くわさないです。またサークルも意味のわからないサークルばかりなので、北大などで入ることをお勧めします
    • 学生生活
      サークルは本当に意味のわからないサークルばかりです。
      サークルといえばウェイウェイ系が盛り上がっているものだとお思いのあなた、この大学は、陰気な人達が盛り上がっているだけです。見ててイタいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年ではコースにわかれずに色んなことを学びます
      2年から2コースにわかれますが、まだきちんとカリキュラムが組まれておらず、不安定な授業ばかりです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      市の職員
    投稿者ID:429241
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    看護学部 看護学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      看護師になるための全てを教えてくれる。授業は多いが為になる。
      実習も早い時期からあり四年の秋には全て終わるため国家試験に向けた勉強もそのあとできる。
      研究が大変だが、就職後も研究することがたるため為になっている。
      よさこいサークルが盛んで自分も所属しており、その時の仲間は卒業後のいまでも大切な仲間だ。
      全体の人数が少ないがそれにより先輩後輩同期とみんなと仲が良く交流も多い。
      大学になってからは日が浅いが看護学校での歴史は長いため信頼でき、横のつながりも広いためいろんな経験を学生のうちにできる。
      また施設がとても新しいためクーラーも効いてるし演習の部屋もきれい。
      ただデザイン学部との共同授業では遠いところまで行かなければならないため大変
    • 講義・授業
      学校の先生は全て看護師経験がある人なため、実際の看護をしっかり学ぶことができる。また非常勤講師も医者や名のある看護の人であったりするため非常に為になる。
      落とすためのテストではないため勉強すれば単位はとれる。全く勉強しなければ単位を落とす人もいる。
    • 研究室・ゼミ
      演習室はきれいで色んな看護技術を学ぶための物品が揃っている。自主的に演習もしてよかったため、テスト前には練習もした。
      ゼミは四年目から始まり、看護研究を一年かけて行った。大変だがためになる。実際に施設にアンケートをとった。教授が有名な人であるため、アンケートの依頼もしやすかった
    • 就職・進学
      就職率はほぼ100%。国家試験に受かればみんな看護師になれる。
      キャリア支援もいつでも声をかけられる状態で、何度も相談に乗ってもらった。
      進学は一部であり大変そうだが概ね受かっている。
    • アクセス・立地
      最寄駅は桑園。札幌駅からも歩いて行ける。イオンが近くにあり便利。とても立地がいいためアルバイトも困らない。大体札幌、大通、すすきのあたりで遊ぶ。
      デザイン学部まで行くとなると1時間くらいかかる。(芸術の森のため)
    • 施設・設備
      キャンパスは狭いが人数も少ないため不便はない。
      図書室も看護のための本がたくさんありよく活用していた。
      どこもきれい。
      ゼミ室と言うとこがあり、自由に使える個室。8人ほどまで入れる。明日とテーブルがある。勉強によく使った
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人数がすくないため全員顔を知っている。また実習や演習でグループになるため友人が出来やすく、学年の半分以上と飲みに行ったことがあると思う。
      サークルでもたくさん関わっているため繋がりも多い。
      男子が少ないため恋愛は難しいが、男子はいつも誰かと付き合っている。
    • 学生生活
      よさこいサークルとダンスサークルが大きい。活発。
      学校祭も地域とつながりをもった形で行うため楽しい。
      アルバイトも自由に行った。実習中のみアルバイトは難しい
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      看護師になるための基礎。
      看護のほうはほぼ必修。
      一年次は主に病態生理や看護についての概論。
      それが学年があがるにつれ各論になり看護技術の根拠などを四年かけて勉強する。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      関東の大学病院
    投稿者ID:429485
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    看護学部 看護学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      看護学部ということで1年生の前期から見学という形で実習があります。そのため、自分の進みたい進路(保健師や看護師。看護師でもどこに勤めたいか)を考える良い機会が与えられていると思います。
      また、学年の最後には希望者だけですが、OSCEという自分が今まで習った技術を生徒ではなく模擬患者さんに提供することのできる機会があります。技術を見学していた先生方と実際に看護を提供した模擬患者さんから直接アドバイスを頂けるので、今後の技術や実習などで役に立ちます。
      札幌市立大学の先生方は熱心な方ばかりですので、分からないことを相談しに行けば教科書に載っていないことなど授業以上の知識を与えてくださいます。また、たんにんではなくアドバイザーのようなメンターというシステムを採用しているので、授業以外のことでも気軽に相談出来る先生ができます。そのおかげで、とても過ごしやすい大学生活を送れています。
    • 講義・授業
      一年生のうちは週5日間のうち3日間は一般教養、2日間は専門科目を学びます。一般教養は比較的単位が取りやすく、先生方が個性的で楽しくリラックスした気持ちで授業に挑めます。その分、将来重要になってくる専門科目に集中出来るため良いのではないかとおもいます。
      専門科目は課題がとても多いですが、看護を提供する上で必要な技術とそれに対する根拠を考える力を養うことができるようになります。実際、病院へ実習に行った時、指導者の方に何度も根拠はなにかと聞かれ答えることができたのは、このおかげだと思っています。
    • 研究室・ゼミ
      まだ研究室やゼミでの活動がスタートしていないので、はっきりと申し上げることは出来ませんが、先輩たちのはなしを聞く限りではとても充実しているように感じます。教授陣が多くの時間を割いてくれているようで、非常に手厚いようです、
    • 就職・進学
      国試に合格した先輩方はほとんどが就職しており、就職率は非常に高いです。市内の病院に務められる方がほとんどですが、道外の病院へ就職される方も少なくはありません。学内にあるキャリアサポート室では常にどなたかが在室されているので、いつでも相談出来るようです。
      進学については大学院へ進む方はほとんどいませんが、札幌市立大学の助産科へと進学される方もいます。
    • アクセス・立地
      一般教養は芸術の森キャンパス、専門科目は桑園キャンパスで授業を受けることになります。桑園キャンパスはJR桑園駅から徒歩5分ほどで、交通の便がとても良いです。しかし、芸術の森キャンパスは街から外れた所にあり地下鉄とバスを乗り継いでいかなくてはならないため、とても不便です。芸術の森キャンパスのすぐ近くには芸術の森美術館があり、市立生は無料で中に入れるため空きコマに行く時もあります。
      1人暮らしをする市立生のほとんどが桑園キャンパスの近くに住んでいます。
    • 施設・設備
      看護学部が使えるスペースは非常に狭いです。授業を受ける教室はほとんど固定です。楽ではありますが、デザイン学部と比較して自由度が少ないことは気になります。
      しかし、技術で使用する実習室は充実しており、技術の授業の時には4人にひとつのベッドが与えられます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      看護学部という特性上学生の9割以上が女子です。男子は片手で数えられるほどしかいません。そのため、恋愛に関しては期待出来ませんが、女子校のように素が出しやすい環境であり過ごしやすいです。
    • 学生生活
      札幌市立大学は新設校でありサークルや部活動が少ないため北大などのサークルに所属している方も少なくありません。実際、私も外部のサークルに所属しています。同じ市立生もいますが、大多数が他大学の学生なので、視野が広がる良い機会だと思っています。
      学祭は全部で3日間あり、その内の2日を芸術の森キャンパス、1日を桑園キャンパスで行います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      私は今1年生ですので、1年次のことのみを記載します。
      1年では5日の内3日間を一般教養、2日間を専門科目に充てます。一般教養は選択必修なので、比較的好きなように講義をとることが出来ますが、英語は必修です。また、デザイン学部との学部連帯授業があります。専門科目は全て必修です。前期では2コマ、後期では2.3コマ技術の授業があります。
      実習は6月に3日間、10月に3日間あります。6月の実習は病院・保健師のいる施設・老人ホームの3ヶ所を見学することになります。どこに行くかは大学側から指定されます。10月の実習は市立札幌病院か手稲渓仁会病院のどちらかに行き、指導者の方の後に着いて歩き見学をします。この時初めて入院している患者さんへの技術提供とインタビューを行うことが出来ます。
    投稿者ID:427164
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    看護学部 看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 -| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      先生が優しい。
      看護が辛くて辞める人もほぼいません。
      テスト対策もしてくれるので、留年することはほぼありません。
      1、2年の頃は遠いキャンパスに行くのが大変です。
      また、看護っぽい授業が少なく、英語や宗教、パソコン系など幅広い授業内容をデザインと共同で行います。
      幅広いことが学べて良いという意見を持つ人もいれば、看護学部なのに、なんでこんなことするんだという気持ちになる人もいます。
      しかし、一年生の頃から実習を行い、実践力のある看護師を育てるカリキュラムになっています。
      3年生になると沢山の実習と授業、課題で看護学部らしい忙しい毎日を送ることになります。
    • 就職・進学
      キャリア支援室の方が優しく、丁寧に対応してくれます。
    • アクセス・立地
      札幌駅から一駅です。冬はたまにJRが遅れるけど、とてもいい立地です。ちかくにイオンがあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友達はたくさんできます!
      元から仲のいい子だけでなく、実習で同じグループになった子と仲良くなるので楽しいです。
      でも、男子との出会いがありません。
    投稿者ID:389688
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    デザイン学部 デザイン学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      充実している点は施設。工作のための施設や、パソコン室などデザイン・制作作業が捗る設備が整っているので、作る意欲のある人にとっては良い。ただ、キャンパスが郊外にあるため通学が大変(特に冬)札幌市立の大学なので、卒業後は札幌市内での就職に強い気がする。
    • 講義・授業
      教授や講師の先生については、私が通学していた時と大半代わってしまっている。課題については制作物が多く、授業の内容や履修科目によっては手間のかかる課題が重なる時期もあり大変だった。1年2年生の時は必須科目に英語がある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは私の時は4年生になってから。卒業論文・研究・制作の顧問が基本はゼミの教授で、ゼミでは院生含め卒業研究・制作について発表や議論をしていた。
    • 就職・進学
      就職実績については、札幌市内での就職率は高いと感じる。大学内にキャリア支援室があるので、就職活動のサポートもしてくれる。
    • アクセス・立地
      最寄駅は地下鉄真駒内駅。そこから大学まではバスで約15分。郊外のためバスの本数が少なく朝は混む。校舎が山の中なので、最寄りのバス停からも遠い。冬は雪が多く、夏は虫が多い。友人が澄川に住んでいる人が多かったので、澄川で飲むことが多かった。
    • 施設・設備
      キャンパスについては制作用の設備が整っており、アトリウムや廊下などでも制作作業を行う人もいる。ただ、暖房冷房が不十分な部屋もある。図書館については、デザイン芸術関係の書物は一通り揃っている。DVDやCDも視聴ができる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルは比較的つくりやすく、所属もしやすい。学年に関係なく繋がりがあると思う。デザイン学部と看護学部間で友人をつくるきっかけにもなる。
    • 学生生活
      大学のイベントについては、あまり学生の参加率は高くない。サークルや部活動で大会や試合、イベントに参加することが多く、他校の学生ともたくさんの交流があり、今でもその関係が続いている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年2年次は、基本科目。デザインの基礎やパソコンのデザインソフトの使い方、英語など。2年次後期からコースに分かれ、より専門のデザイン分野を学ぶ。空間デザインコースでは、建築の歴史、環境デザイン、都市計画、構造、設計など幅広く学んだ。3年次からはコース毎にアトリエが与えられる。設計課題も増え、遅くまで作業することも多かった。4年次はほぼ卒業論文・研究に費やす。登校せず自宅で作業する人もいる。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      札幌市内の工務店(中小企業)の設計室
    投稿者ID:413139
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    デザイン学部 デザイン学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      私が入学した時はまだ創立1年目で、カリキュラムなども手探りの感じがしたが、今は良くなって来ているらしい。先生方は現役のアーティストなどもいて、常に刺激がもらえる環境でもある
    • 講義・授業
      種類は充実しているが、内容や、身につきやすさなどは講義によっては少し足りないような気がした。また知識がつくが、それの発揮の仕方などはなかなか講義の中では提示されず、自分で模索するしかない
    • 研究室・ゼミ
      座学だけではなく、実際の現場やコミュニティなどにも参加させてもらえてとても勉強にもなるし、インプットだけではなく、きちんとアウトプットする場があるのでよかった
    • 就職・進学
      1期生だったので、先輩もいなく、OBの情報がなかったり、大学の認知度がまだ低かったので少し就職活動は大変に感じた。専門的な職に進むのであればもう少し手応えがあるかもしれない
    • アクセス・立地
      地下鉄の終点からさらにバスに乗っての通勤だったので、少し大変でした。朝と帰りのラッシュはぎゅうぎゅう詰めで、たまにバスが満員でのれないこともえります。
    • 施設・設備
      建築家の方の設計した校舎で、自然を壊さず、地形をうまく利用した建物で、それだけでかなり感性に刺激を与えられる。アトリエなどもあり、ほとんど大学生活で困ることがなかった
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学部内恋愛はけっこう多かったと思う。やりたいことがあって、専門的な学部に来ている人が割合多いので、面倒な関係もあまりない。お互い高め合って行ける環境
    • 学生生活
      サークルは特に入っていなかったが、面白そうなサークルはいくつが作っていたようです。イベントとしては、サブゼミの活動があり、物作りをしたりなどかなり充実していた
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      デザインの歴史や基礎、デッサンの仕方などが共通科目で、コースが別れた後はそれぞれの専門分野の勉強になる。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      家具メーカーや設計事務所、公務員。映像系の会社や、商品価格系の仕事
    投稿者ID:410625
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    看護学部 看護学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    • 総合評価
      デザインとの共通点がここの大学を通っていたらたくさん見えてくる。特にデザインとの授業では、看護の人ができないことをデザインの人がやったり、デザイン系の知識を教えてくれるため、とても参考になる。また、看護の技術もしっかりと身につけられる。
    • アクセス・立地
      看護科なのに芸森に行かなきゃ行けないのが辛い。遠いし、交通費がとても多い。そして、芸森行きのバスや、真駒内行きのバスが市立大生で満員にしてしまい、他の一般で乗る方がぎゅうぎゅうになっていたり、乗れなかったりするので申し訳ない。
    • 施設・設備
      学内の施設は比較的新しい。いつも清潔に保たれているので過ごしやすいです。図書室も静かで勉強がしやすくなっている。ただ、桑園キャンパスに学食がないのが辛い。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      目立ったものはよさこいしかない。けど、デンコラや、ボリュームが意外と楽しそうだったりする。イベントは全然充実していない感じがする。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、看護の基礎的なものを学んでいったり、デザインと連携して地域を活性化する授業を行う。また、英語や情報などの授業も行なっている。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      保健師になりたいと考えている。
    投稿者ID:379848
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    デザイン学部 デザイン学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      入学時にどのデザイン分野にするか絞っていなくても、1年生のうちに大体の分野をかじるので、その1年で方向性を決めると良いです。ただ、新カリキュラムで2年生からコース分けになるので、授業や課題にきちんと取り組んで後悔のない選択をしてください。建築分野をやらない人は人間情報コースに行くのが良いと思います。映像や音響などは人間空間コースに分けられていますが、人間情報コースの人も人間空間コースの授業を取れる(取らなければいけない)ので、人間情報コースにいても映像や音響の授業を受けることができます。建築をやらないのに人間空間コースに行っても、卒業に必要な単位の都合上、建築分野の授業を取らなければなりません。
    • 講義・授業
      様々なデザインを学ぶことが出来るので、自分が楽しいと思う分野を見つけることができます。先生達も面白い方が多く、楽しいです。課題は制作物が多く、楽ではないです。特に複数の課題の締切が重なった期間は生きた心地がしません。でもそれを乗り越えた時の感覚は忘れられないです。
    • 研究室・ゼミ
      大体の分野のゼミがあります。
    • 就職・進学
      三菱など大手のメーカーに就職した先輩もいらっしゃるようです。
    • アクセス・立地
      通いにくいです。あと大きい虫が多いです。
    • 施設・設備
      木工、金工、プラスチックの加工室など充実していますし、写真スタジオやシアタールームなどもあります。一眼レフカメラなどの貸出もあり、良いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      いい意味で変わった人が多く、楽しいです。
    • 学生生活
      立地が立地なので、学祭は少し寂しいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      デザイン全般学べます。建築、製品、コンテンツ、様々です。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      まだ決まっていません。
    投稿者ID:377682
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    デザイン学部 デザイン学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年07月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 -| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      安全面での危機感のなさから。

      安全具や粉じん対策のマスクなどを着用せずに電動工具や工作機械を使用していることに閉口した。
      学生への指導はもちろん、先生方への指導を徹底的にしないと怪我人や体調不良者がでる。
      正しく安全に学習するのが当たり前だと思うのだが、現状そこまで安全面に気を使っていない。
      命の危険と背中合わせの中で授業をやっていることがおかしい。
      そしてその危険性に気付いていないのは論外。手遅れになってからでは遅い。
    • アクセス・立地
      通学面は最悪。南区の山奥にある。基本はバス通学で、講義室までは急斜面を登って行かないとたどり着かない。車があった方が無難。
      逆に山奥にあるので自然をスケッチし放題なのはとてもいい。気分転換にもなるし環境自体はまあまあ。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      年齢層が幅広いので、色々な友人ができる。その反面、恋愛面は期待できない。
      ましてや男性は少なめなので取り合いになる。他大学とも離れている僻地なので、他大学の学生とも交流しづらい。
    投稿者ID:356240
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

621-10件を表示

基本情報

住所 北海道 札幌市南区芸術の森1
最寄駅 札幌市営地下鉄南北線 真駒内
電話番号 011-592-2300
学部 デザイン学部、 看護学部
概要 札幌市立大学は、北海道札幌市南区に本部を置く公立大学です。1965年開校の札幌市立高等看護学院を前身として、2006年に設置されました。デザイン学部と看護学部の2学部があり、デザインと看護が連携した独自のスタイルで授業が行われ、連携科目で学習した内容を実際に活かせる連携演習の場も設けられています。 キャンパスは大学本部とデザイン学部が設置されている「芸術の森」キャンパスと、看護学部が設置されている「桑園」キャンパスがあり、芸術の森キャンパスには、アートの発信地として有名な札幌芸術の森が隣接し、学生たちに刺激を与えています。デザイン学部と看護学部の連携プロジェクトとして、近年では地域の人たちとの交流を図り学食でのイベントや、子どもから高齢者を対象にした大学での「お泊まり会」などが企画されました。

この学校の条件に近い大学

おすすめのコンテンツ

北海道で評判が良い大学

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  札幌市立大学   >>  口コミ

札幌市立大学の学部

デザイン学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.76 (35件)
看護学部
偏差値:-
★★★★☆ 4.06 (27件)

オススメの大学

札幌医科大学
札幌医科大学
近隣の学校です
★★★★☆ 4.05 (82件)
北海道/公立
公立はこだて未来大学
公立はこだて未来大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.90 (30件)
北海道/公立
名寄市立大学
名寄市立大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.91 (26件)
北海道/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。