みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  札幌市立大学   >>  デザイン学部

札幌市立大学
(さっぽろしりつだいがく)

公立北海道/真駒内駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:-

口コミ:★★★★☆

3.91

(80)

札幌市立大学 デザイン学部

概要

デザイン学科
偏差値-
口コミ 3.6742件

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆3.67
(42) 公立内 149 / 187学部中
公立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 男性在校生
    デザイン学部 デザイン学科 / 在校生 / 2019年入学
    自分で物作りができるようになりたい人に!
    2020年01月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ4|就職・進学5|アクセス・立地3|施設・設備5|友人・恋愛4|学生生活5]
    デザイン学部デザイン学科の評価
    • 総合評価
      良い
      先に書いたとおりデザインという言葉に興味を持って深めたい人には素晴らしい環境です。先生方も話しやすくオープンなひとが多いのはデザイン学部だからこそなのかなとも感じています。
      自分からいろいろなことにトライしていくにはこれ以上ない場所です。
    • 講義・授業
      良い
      授業や先生は各分野で活躍されている方で意欲的に取り組めば様々なスキルが身につく環境だと思います。
      しかしデザイン学部の大学という性質上勿論なのですが、やはり自分から手を挙げて学びにいかないと先生方のなされてきたことやそこに込められた工夫などは汲み取りにくいので、職業選択はまだせずとも、しっかりと心構えを持って通わないと無為に4年間を過ごしかねません。
      好きを伸ばしたい方やデザインについて学びたい方にはぴったりな学び舎ですが、モラトリアムを過ごすには不向きかと思います!
    • 研究室・ゼミ
      良い
      総合大学などに比べればやはり規模は小さいかと思います。
      しかしアトリエや生徒利用可のPCなどは、制作環境が整っておりストレスなく自分のイメージを形にしていけると思います。
    • 就職・進学
      良い
      先輩方のお話では様々な進路に進んだ方がいますし、先生方と学外で活動した際のお食事などでは企業に勤められている方と直接お話しする機会もいただきました。いろいろなところにチャンスが転がっていてそれを生徒にわかりやすく提示してくれるという点で整ったサポート体制だと感じます。
    • アクセス・立地
      普通
      これは住む場所にもよりますが、真駒内キャンパスは南北線終点真駒内駅からさらにバスで15分ほどにありますので通学のしやすさは△です、、、。
      徒歩で寄り道するような場所もないので勉強する場所としてはいいかと苦笑。
      周辺環境としては、芸術の森美術館が隣接していて学生ならばフリーで観覧できるので、これは生かしていきたいですし素晴らしいメリットだと思います。
    • 施設・設備
      良い
      先にも書いたとおりPCの設備は全く問題ないです。
      校舎自体も高名な建築家の方が設計されたもので刺激的な空間体験ができます。高専時代の教室は少し古いですが他の部分は綺麗で落ち着いた雰囲気なので全く不満はないです。
    • 友人・恋愛
      良い
      人数が少ないので恋愛関係は学内だとばればれになります苦笑。
      同じ趣味(絵や音楽)の人ばかりなので友達は問題なくできますし、面白いひとが多いです笑。
    • 学生生活
      良い
      サークルは運動部が少ないです、、、。
      球技サークルとよさこいくらいしか浮かびませんがよさこいは毎年大通りのソーラン祭りを目標に熱を持って活動しているので入る価値ありだと思います!
      また演劇サークルのデンコラは札幌学生大会で優勝し道外での公演もきまるほどでこちらも素晴らしい成果を出しています。
      軽音楽部も部室がきちんと用意されているので、総じてやりたいことは、運動以外はできる雰囲気になっています!
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      デザインという言葉の意味からその捉えられ方の変遷に始まり、それを物に落とし込む際の加工技術を、木工からPCデザインまで幅広く勉強します。
      専門に別れてからは建築や製品プロダクトなどより深まった内容になっていきます。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 就職先・進学先
      東京の建築系の院に進もうと思っています。
      同期には地元のデザイン事務所や関東の大手化粧品メーカーや車メーカー志望などがいて楽しみです!
    • 志望動機
      建築士免許を取得すべく、そのために必要な単位が取れる大学をめざしたからです。
      一級建築士受験に必要な単位が取得でき、なおかつ現在デザインの業界で必要とされるおおよその作業に触れることができるのでこの学校、この学部を志望しました。
  • 男性在校生
    デザイン学部 デザイン学科 / 在校生 / 2018年入学
    自分に合っていると思う
    2020年01月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業3|研究室・ゼミ-|就職・進学3|アクセス・立地3|施設・設備3|友人・恋愛3|学生生活3]
    デザイン学部デザイン学科の評価
    • 総合評価
      普通
      この学校だと結構集中できるので大学生(自分)的にも助かります。それぞれの人にあった勉強ができるのでやりやすい。
    • 講義・授業
      普通
      デザインについてわかりやすいと思った。先生もいいと思いました
    • 就職・進学
      普通
      自分の力ではしんどくなった時にサポートしていただくのでとても助かります
    • アクセス・立地
      普通
      しゅうへんかんきょうは、ぜんぜん良いと思いました。通学についてもOK
    • 施設・設備
      普通
      しっかりしていると思う。綺麗だと思いました。もう少し新しいものを導入した方がいいと思う
    • 友人・恋愛
      普通
      大学なので、人との関係はいいと思う。部活もやりやすくて助かる
    • 学生生活
      普通
      サークルでの友達といっしょに、文化祭などをできるので、高校よりも生活がしやすいデス
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      今でもたくさんの分野をまなんでいます。自分に合った勉強ができるので良い。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      昔からこの学校だと自分に合っていると思っていたので入りました。
  • 女性在校生
    デザイン学部 デザイン学科 / 在校生 / 2017年入学
    自主的にデザインを学びたい人に向けた学部
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業3|研究室・ゼミ3|就職・進学3|アクセス・立地1|施設・設備2|友人・恋愛4|学生生活4]
    デザイン学部デザイン学科の評価
    • 総合評価
      普通
      自分が将来どのようなデザイナーやクリエイターになりたいかが明確な人には、北海道の範囲で考えるととても良い環境かなと思います。ただ、実践的なテクニックなどはあまり教わらないので自主的に取り組める人に向いています。すぐに仕事に生かせるようなスキルが欲しい人は専門学校や芸大に通うことをお勧めします。また、プロダクトデザインや建築デザインをやりたい人に向いていると思います。自主性を問われますが、やりたいことには教員も協力してくれます。
    • 講義・授業
      普通
      教員や講師によって講義の質が大きく異なります。デザインを学ぶ上で実用的であったり、とても勉強になる嗜好プロセスを指導してくださる方もいれば、ただただ好きな作品を紹介して終わりのような講義をする方もおり、一概に良いとも悪いとも言えません
    • 研究室・ゼミ
      普通
      まだゼミ活動を行っていないので詳細がわかりません。三年生の後期からプレゼミというものが始まりますが、一体どのようなことをするのかなどの詳細は公開されていません。
    • 就職・進学
      普通
      就職活動に向けた講義はありますが、基本的に個人任せです。ただ、まだ私自身就職活動を行っておらず、また、本格的に動く時期でもないため、これからどうなるのかは分かりません。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅は真駒内駅です。札幌駅から大学まで片道1時間、往復1000円かかります。地下鉄とバスを乗り継がなければたどり着けません。また、大学の周辺にはスーパーなどの店がなく、生活にはとても不便なように思えます。周りは森に囲まれており、熊も頻繁に出没します。虫もとてもおおいです。とにかく交通の便が悪く周りにも店はありません。住むにも通うにもとても不便です。また、真駒内駅から大学までのバスには日本・外国人関係なく観光客が多数乗っていることがあります。満員になって乗れないこともしばしば。本当に通いづらいです。
    • 施設・設備
      悪い
      デザインを謳っている大学にも関わらず、空調や室温の調整、バリアフリーへの対応が遅れているように感じます。教室によっては窓が開かないところもあります。冷房も無い教室が多いので空気がこもってとても息苦しく、濁っているため眠気も誘われます。また、高低差が大きいので身体に障がいがある方は構内の移動に不便が生じると思います。人が大勢で過ごすということを考慮していないように感じます。とても残念なデザインをしている校内だとと思います。
    • 友人・恋愛
      良い
      デザインという自身の感性を大事にし、また、お互いの趣味思考の違いを認めることが出来る人が集まった学部です。お互いを否定し合うことがほとんどなく、また、高め合っているように感じます。協力してデザインをするという大切さを学ぶ学校であるので大きな問題は起きていないように感じます。
    • 学生生活
      良い
      サークルは気が付くと増えていたりなくなっていたり……本当に活動しているのかもどこで誰が活動しているのかもわからないサークルがほとんどです。積極的に動いている大きなサークルもありますが、交友関係が広いひとがいない限りその活動は公になっていません。学校祭も交通の便が悪いせいで参加しに来ないという学生も多いです。楽しみたい人は積極的に参加し、興味ない人は全く関わらない。そのような自由な体制になっているように感じます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年の間に教養を学んだり、デザインするということを学びます。ほとんどが必修科目で毎日講義が沢山あるなと感じる生活になります。2年の間では総合実習というかなり重たい課題が課される講義があります。自分の専門でない、興味もない分野に取り組まないといけないこともあります。出来ないことでも頑張りすぎず上手くこなせるようになるといいと思います。3年前期では途端にグループワークが増えます。作品制作もさせられますが、1・2年生の間に習わなかったことも要求されたりします。3年後期から4年の間に何をするのかはまだわかりません
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      映像デザインというものに興味があったので本当は専門学校に行きたいと思っていました。しかし、親との相談の結果大学には通っておくべきだという判断になり、北海道で唯一デザインを学べる市立大学ということでこの大学を選びました。

講義・授業

講義・授業の満足度

3.53 (40件)

★★★★☆

  • 授業や先生は各分野で活躍されている方で意欲的に取り組めば様々なスキルが身につく環境だと思います。 しかしデザイン学部の大学という性質上勿論なのですが、やはり自分から手を挙げて学びにいかないと先生方のなされてきたことやそこに込められた工夫などは汲み取りにくいので、職業選択はまだせずとも、しっかりと心構えを持って通わないと無為に4年間を過ごしかねません。 好きを伸ばしたい方やデザインについて学びたい方にはぴったりな学び舎ですが、モラトリアムを過ごすには不向きかと思います!(在校生 2019年入学)
  • ・プログラミング、文字組、デザイン史、製図、3Dなどなど、とにかく色々な分野の授業を満遍なく受けます。最初の頃はどれも必修です。すでになりたい職種が明確に決まっていて、それについて実技面での経験値を増やしたい方は専門学校に行った方が近道だと思います。ですが、「デザインに興味はあるけど将来なんの仕事しよう?」とか、デザインを学問として学びたい方にとってはマッチしていると思います。私は元々前者でした。 ・単位を効率よくとっていくことで、4年生になると前期も後期も卒業研究のみ(ほぼ週1登校)という時間割を実現することが可能です。 ・様々な分野の先生がいらっしゃいます。講義の雰囲気も十人十色です。オープンキャンパスで体験授業を受講すると先生に会えるはずなので、気になる人は参加すると良いと思います。 ・入学前に気を付けたいのは「デザインとアートは違う」ということです。ググってください!間違ったまま入学すると、多分すごく苦しいと思います。(在校生 2016年入学)
  • 教員や講師によって講義の質が大きく異なります。デザインを学ぶ上で実用的であったり、とても勉強になる嗜好プロセスを指導してくださる方もいれば、ただただ好きな作品を紹介して終わりのような講義をする方もおり、一概に良いとも悪いとも言えません(在校生 2017年入学)

講義・授業に関する特徴アンケート投稿する

  • 先生の教え方
    優しい
    3人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    少ない
    3人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    多い
    3人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    3人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    3人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    少ない
    3人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    少ない
    3人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学生生活

学生生活の満足度

3.13 (15件)

★★★☆☆

  • サークルは運動部が少ないです、、、。 球技サークルとよさこいくらいしか浮かびませんがよさこいは毎年大通りのソーラン祭りを目標に熱を持って活動しているので入る価値ありだと思います! また演劇サークルのデンコラは札幌学生大会で優勝し道外での公演もきまるほどでこちらも素晴らしい成果を出しています。 軽音楽部も部室がきちんと用意されているので、総じてやりたいことは、運動以外はできる雰囲気になっています!(在校生 2019年入学)
  • 私が学校祭に参加した時、校内をどれだけ歩いても学生に出会わず、お祭りムードも一切なかったので不安になった思い出があります。今はどうなんでしょう。 (在校生 2016年入学)
  • サークルは気が付くと増えていたりなくなっていたり……本当に活動しているのかもどこで誰が活動しているのかもわからないサークルがほとんどです。積極的に動いている大きなサークルもありますが、交友関係が広いひとがいない限りその活動は公になっていません。学校祭も交通の便が悪いせいで参加しに来ないという学生も多いです。楽しみたい人は積極的に参加し、興味ない人は全く関わらない。そのような自由な体制になっているように感じます。(在校生 2017年入学)

学生生活に関する特徴アンケート投稿する

  • キャンパスの雰囲気
    活気がある
    3人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    3人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    新しい学校
    3人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    3人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    どちらともいえない
    3人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    少ない
    3人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    女性が多い
    3人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    どちらともいえない
    3人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    落ち着いている
    3人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    3人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

就職・進学

就職・進学の満足度

3.38 (35件)

★★★☆☆

  • 先輩方のお話では様々な進路に進んだ方がいますし、先生方と学外で活動した際のお食事などでは企業に勤められている方と直接お話しする機会もいただきました。いろいろなところにチャンスが転がっていてそれを生徒にわかりやすく提示してくれるという点で整ったサポート体制だと感じます。 (在校生 2019年入学)
  • 頻繁に企業が来校してセミナーを開いています。また、勉強したことが活かせる企業の合同セミナーが体育館で開催されることがあり(小規模ですが)、講義終わりに話を聴くことが可能です。結局はマイナビやリクナビに登録して自力で内定までたどり着く人がほとんどですが、「会社ってこんな感じなのか?」となんとなく知っておく良い機会だと思います。(在校生 2016年入学)
  • 就職活動に向けた講義はありますが、基本的に個人任せです。ただ、まだ私自身就職活動を行っておらず、また、本格的に動く時期でもないため、これからどうなるのかは分かりません。(在校生 2017年入学)

就職・進学に関する特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    中小企業が多い
    3人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    3人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    就職が多い
    3人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学費

地域内・外 入学金 年間授業料
地域内 141,000円 535,800円
地域外 282,000円 535,800円

合格体験記

  • デザイン学部デザイン学科(2015年/後期)の合格体験記

    女性在校生
    • 札幌市立大学 デザイン学部 デザイン学科
    • 藤女子高等学校 出身
    • 入試形式:後期
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    読み方のコツを覚えて感情を挟まないようにして読むように気をつけた。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    何冊かの問題集を何周もして、解法を覚えた。できないところは何度もやって自分の苦手を潰した。

    利用した参考書
    赤本、メジアン

基本情報

本部
所在地
北海道札幌市南区芸術の森1
最寄駅 札幌市営地下鉄南北線 真駒内
電話番号 011-592-2300
男女比 男:女=3:7 (口コミより引用)

この学校の条件に近い大学

札幌市立大学のコンテンツ一覧

札幌市立大学の学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  札幌市立大学   >>  デザイン学部

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
札幌大学

札幌大学

BF - 37.5

★★★★☆ 3.64 (92件)
北海道札幌市豊平区/澄川駅
札幌国際大学

札幌国際大学

BF - 35.0

★★★★☆ 3.69 (77件)
北海道札幌市清田区/南郷18丁目駅
北海学園大学

北海学園大学

BF - 47.5

★★★★☆ 3.72 (480件)
北海道札幌市豊平区/学園前駅
理系のオススメ大学
北海学園大学

北海学園大学

BF - 47.5

★★★★☆ 3.72 (480件)
北海道札幌市豊平区/学園前駅
北海道科学大学

北海道科学大学

BF - 47.5

★★★★☆ 3.64 (124件)
北海道札幌市手稲区/手稲駅
酪農学園大学

酪農学園大学

BF - 55.0

★★★★☆ 3.76 (188件)
北海道江別市/大麻駅

札幌市立大学の学部

デザイン学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.67 (42件)
看護学部
偏差値:-
★★★★☆ 4.15 (38件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。