みんなの大学情報TOP   >>  大阪府の大学   >>  大阪府立大学   >>  口コミ

大阪府立大学
出典:個人
大阪府立大学
(おおさかふりつだいがく)

大阪府 / 公立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:52.5 - 62.5

口コミ:★★★★☆

3.84

(312)

大阪府立大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.84
(312) 公立内50 / 83校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.60
  • 研究室・ゼミ
    3.69
  • 就職・進学
    3.85
  • アクセス・立地
    3.05
  • 施設・設備
    3.55
  • 友人・恋愛
    3.63
  • 学生生活
    3.66
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

312件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    地域保健学域 看護学類 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      私の学部は、メインキャンパスとは離れたところにあり、孤独感が強い、イメージしていた大学生のキャンパスライフとは少し程遠い気はしますが、その分専門分野をみっちりと学ぶことができます。
    • 講義・授業
      授業は専門分野の勉強が主になってくるので、難しいところも大変なこともありますが、同じ目標を持った仲間たちと切磋琢磨しながら一生懸命勉強しています。
      つらいときもある
    • 研究室・ゼミ
      4回生から急にゼミに所属するので、仲間同士がすごく仲良くなったらすることはあまりないです。まだ始まってないので何とも言えないですが、自分の興味のある分野を研究することができます。
    • 就職・進学
      就活に関しては、放置な感じがします。
      他の学校のように面接の練習や先生が一生懸命相談に乗ってくれる感じではないです
    • アクセス・立地
      最寄駅からバスで移動しなければならなかったり、大変なことも多く、電車も運賃が高く、不便ではあります。
    • 施設・設備
      設備は、専門分野のみのキャンパスなので、充実しています。図書館も専門書が多く置いてあるのは勉強しやすく良いです
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      メインキャンパスのサークルに所属していれば、友達の幅も広がり、出会いも多くなります。専門キャンパスは男女比に差がありすぎるので期待できません。
    • 学生生活
      サークルは他学部の人とも知り合えて、とても大学生活が彩り豊かになるものだと思います。サークルの人にテストのことなども聞けて、良いです
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養科目が主になりますが、2回生から急に専門分野の勉強が増え、時間割もキツキツになるのでしんどいです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      また就活中ですがほぼ全員が病院に就職すると思います
    投稿者ID:429996
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    工学域 電気電子系学類 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学校の施設のデザイン性は、学生皆が首を傾げるぐらいには謎です。統一性がないです。
      学校主催のイベントは、直前まで連絡がないなどすごく対応が杜撰です。
      私の所属する電気電子系学類は、人数が多いので把握していない人たちが多いですが、それだけ友達を作る機会もあります。授業は昔から工学の学校だったこともあって充実していると思います。
    • 講義・授業
      私が1番充実しているも思うのは、実験の授業です。私たちの学校は公立なので学生1人あたりに担当してくださる先生が私立学校と比べ、とても多く、その分細やかな指導を受けることができます。1年生の頃はもう十分というほど実験では指導いただきました。
    • 研究室・ゼミ
      私はまだ2年生なのでよく把握してませんが、説明会の感じだと、研究室は所属する課程(専攻)で6,7室ほどあり、学類(学科)で15~20室ほどあるので方向性は充実していると思います。研究室での演習の充実さはまだわかりません。
    • 就職・進学
      学校の生協主催で公務員講座が他の公務員講座よりも安くで行われています。一次試験の合格率が96%ということでした。これはかなり充実している結果だと思います。また、学内に進路用のコーナーがあり、パンフレットなどがたくさんおいてあります。
    • アクセス・立地
      大阪府立大学は最寄り駅が南海高野線の白鷺駅と地下鉄御堂筋線のなかもず駅なのですが、それぞれ学校まで徒歩8分程、15分程と、近くて便利とは言えません。通ってると慣れますけど。周りにコンビニや郵便局、銀行やスーパーがあるのはとても便利です。ただ自転車がないと話にならないぐらいには近くないです。
    • 施設・設備
      実験での話と重なります。実験設備は長年使われたものから新しいものまである気がします。新しい校舎での実験では1台500万円するような機械もいじらせてもらえます。ほかの学校の設備をいじったことがないので相対的に分からないですが、充実している方だと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大阪府立大学の学生は5,6000人いて、公立大学では多いほうだと思います。私立の大学でも単科大学よりかは多いと思います。なのでその分部活やサークルが充実していて、中には100人規模の団体だってあります。私は約100人いる部活に所属していますがいろんな人と関わることができて、出会いはとても多いほうだと思います。
    • 学生生活
      私はピアノ部という部活に所属しています。そこでは春は新入生歓迎会、新入生歓迎コンサート、友好祭(学祭)、夏は定期演奏会、夏旅行、秋は白鷺祭(学祭)、ハロウィンパーティー、冬は定期演奏会とイベントはかなり充実しています。全部本気で関わればとても忙しいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では、微積分や線形代数など高校での勉強の延長(応用)を学びます。しっかり勉強、演習すればそれなりにいい成績を取れると思います。実験もありますが、1年生での実験は先生の指導が厳しいです。2年生での実験で1年生での実験の厳しさは何だったのかと思うぐらいには1年生での実験は厳しかったです。必修の物理学系は私は理解できませんでした。過去問に頼りたいんですが過去問は回収型でないです。教科書の問題と例題の答えを覚えてください。2年生での必修のいちばん難しい教科は電気電子系学類の電子物理課程では、電磁気です!!難関でした!
    投稿者ID:427373
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    現代システム科学域 環境システム学類 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      3回後期に研究室配属されてから卒論を書くにあたって、特に理系は事前知識が足りないように感じる。
      また、3つ課程があるが課程ごとに学べる内容が全く異なっているので自分の希望する課程に配属されなかった場合非常に辛いのではないかと思う。転学類の制度もあるが転出先は限られている。
      大学で学んだ内容が就職に活きるかははっきり言ってそこまでだが、他の学類でもそれは同じだとも思う。
    • 講義・授業
      履修の組み方については他の学域と比較しても非常によく考えられていると思う。必修科目を1つ落としたから留年が確定するということはない。
      講義中の雰囲気については、1,2回生の頃は騒がしかったが課程配属が終わると静かになったので騒がしい学生は別の課程になったと考えられる。
      課題の量や単位取得の厳しさはごくごく普通で、高校の頃と同様に真面目にこなしていたら単位を落とすことやCなどの悪い評価になることはまずないと思う。
      授業のわかりやすさについては、かなり先生方は工夫しているだろうなと感じることが多い。比較的専門的な環境問題の授業も(興味・関心がある)文系学生にとってはわかりやすく行われている。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの内容・充実度は所属しているゼミによって大きく異なる。
      私の所属していたゼミは週1度集まりがあったが、他のゼミは月に1度教授と会うだけだったりもするようだ。
      ゼミ内での発表の準備はかなり大変だったが、人にわかりやすく伝える練習ができとても有意義だったと終わった今では思っている。
      卒論も2月には完成しているゼミと3月でも執筆中のゼミとに分かれる。早く書き上げるゼミは文系が多い。
    • 就職・進学
      就職実績は普通の国公立並みだと思う。ただ、同じ学類で大手金融や商社に内定したという話は身近では聞いたことがない。学べる内容からして学生にブランド志向というか権力志向が薄いのかもしれない。
      自分は公務員試験を受けてから民間就活を行ったので、かなり準備不足だった感が否めないが、キャリアサポートでは親身になって対応してくれた。そのほかに大学宛の求人をウェブ上で見ることもできる。
      また、課程内で公務員試験の案内などをしてくれたりもする。
      進学者は1割未満。外部の大学院に行く学生も、そのまま府立大大学院に進学する学生もいる。
    • アクセス・立地
      なかもず駅と白鷺駅が最寄。大学に近いのは白鷺駅だが、便利なのはなかもず駅である。
      学校自体は自然が多く、個人的には四季が感じられ好きである。
      飲食店は豊富だが日曜日の昼は多くの店が閉まっている。居酒屋も豊富である。
      大学近辺で遊ぶ・買い物する場所は思いつかないが、地下鉄で天王寺、なんば、梅田、南海でなんばに乗り換えなしで行ける。
    • 施設・設備
      キャンパスは続々と建て替えやリフォームをしているのでだいたいどの棟も綺麗である。一部古い棟がある。
      研究設備についてはやはりきちんとしているように感じる。機器が壊れているなどの不備は私が知る限りではなかった。
      課題をやるうえでは図書館やラーニングコモンズ(自習室)が役に立つが、試験前は人が多すぎるとも感じる。
      上述の施設でノートPCが借りられる。たまに調子の悪いPCがあるがレポートを書くなどではあまり問題はない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学類内よりサークルや部活動での方が圧倒的に仲良くなりやすいので、深く付き合う友人を作りたいのであれば何かしらのサークルや部活動に入っておくほうがよい。
      特に男女比が均等でない学類もあるので、恋人が欲しい場合なおのこと入っておくほうがよい。
    • 学生生活
      大学では春に2日と秋に3日かけて文化祭を行う。祭りが長引くとだれる気がするので個人的にはどちらか1回でいいようにも感じる。たくさんのサークルが屋台を出すが、毎年おいしいと評判の店があるのでサークルの先輩に連れて行ってもらうといいと思う(下級生はたいてい何かを買ってもらえる)。
      アルバイトは研究室と就活がはじまるとやめた人が周りには多かった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次・・・各課程の基礎的な知識。必修は英語、数学、第二外国語(ドイツ、フランス、中国、韓国)
      2年次・・・課程配属。環境共生科学(環境問題について)、社会共生科学(社会学・哲学・言語学等)、人間環境科学(心理学)の3つに分かれる。
      3年次・・・課程ごとのテーマについて深く学習していく。環境共生科学課程の場合は野生生物の保全についてや、大気・海洋環境の仕組み、庭園などについて学んだ。
      4年次・・・卒業研究。授業はほぼなし。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      中小SIerのSE
    投稿者ID:426900
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    地域保健学域 総合リハビリテーション学類 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      同じ目的で入ってきているので、ある程度仲間意識を持って取り組むことができる。1年次から実習があるので、それをきっかけに頑張るようになる人も多い。難点はメインである中百舌鳥キャンパスとの距離が遠く、2年次からは本当に専門科目の勉強しかできなくなること。中途半端な気持ちで選ぶとこの学科はしんどくなる。
    • 講義・授業
      先生は生徒思いの良い先生ばかり。今は充実しているがわりと先生の入れ替わりが起こっているので今後もそれが続くのかはわからない。専門科目については大学なので、自分から積極的に学ぼうと思えばそれが出来る環境は整っていると思う。
    • 研究室・ゼミ
      今はまだゼミに入っていないのでわからない。ただ、周りの先輩からの話を聞いていると当たり外れが激しいように感じる。
    • 就職・進学
      就職率は毎年ほぼ100%であり、国家資格を持つことになるので他の学科よりは就活も楽だし転職もしやすい。ただ、就活自体は楽でも卒論と国試の勉強を並行することになるのでそれなりの気持ちがないと途中でしんどくなると思う。
    • アクセス・立地
      最寄駅は古市駅か藤井寺駅。そこからもバスか自転車を使わないと通えない距離に学校がある。周辺には本当に何もない。空きコマがあっても、近くにお洒落なカフェなどほとんど無いので外に出ず図書館などで勉強することが多い。遊びに行くなら天王寺に出ることになる。もしも住むなら天王寺までの電車代が100円安く、近くのお店も比較的充実している藤井寺駅周辺をおすすめします。
    • 施設・設備
      キャンパス自体はそこまで広くないが、人数があまりいないことを考えるとちょうど良い広さだと思う。教室は一般的な大学と変わらないが、一通り専門科目に必要なものは揃っているし学部によっては学生が自由に使える研究室もある。自習できる場所はかなり沢山あるがテスト前には基本的に満タンになってしまう。サークルや部活はこのキャンパスでは無く、メインの中百舌鳥キャンパスでやっている人も多い。(向こうの方が圧倒的に選択肢も多く、人数も多く活動が活発だから)
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      同じ職業を目指す人が多いので、高校までの友人とはまた違った感覚の友人になると思う。とはいえ、最初からみんな意識を持っているわけではないが、上回生になって実習を経験したり国試や就職が近づいた時には心強い仲間になる。恋愛については、女子が約9割なので学内ではあまり期待できない。(特に看護は。)中百舌鳥キャンパスやバイト先での知り合いと付き合っている人が多い。
    • 学生生活
      サークルは自分の気持ちとメンバー次第でどこに入っても充実させることはできると思う。ただ、この学科は上回になればなるほど忙しくなるので部活やサークルをしている余裕がなくなり、多くの人は2回生で引退してしまう。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は専門基礎科目や一般教養科目の勉強をする。専門基礎科目とは、2年次以降の専門科目の前提として必要な知識をつけるためのものであり具体的には体や筋肉・骨の構造や働きを学ぶことがメインになる。一般教養は必修の英語とそれ以外の選択科目になる。楽な教科、取ると単位をもらうことが厳しくなる教科などがあるので履修登録前に先輩に話を聞くことを勧める。そういう観点で選択しても良いし、「今年しか勉強出来ないから自分のやりたいことをやる」というならそれも大学生活を充実させるために大切なことだと思う。2年次以降については履修前なので分からないが、専攻ごとでの専門科目がほとんどになってくる。1回生の夏休みと春休み、2回生の春休み、3回生の夏休み、4回生の長期実習がありそれぞれで求められることが変わってくるのでそれに向けて勉強をしている。基本的には決められた時間割で、自分で選ぶことはできない。
    投稿者ID:431821
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    生命環境科学域 緑地環境科学類 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      大阪府立大学全体から見ても緑地環境科学類は学力の高い学科ではないので、そこまで評価は高くない。研究室に配属されるまでは広く浅く知識をつけているような印象で、ジャンルの違う研究室が同じ学類にまとめられている弊害とも言える。
    • 講義・授業
      性格に難がある先生が数人いるため苦痛に感じる講義がいくつかある。研究室に配属されると、今までの講義で学んだことを生かせていないことに気づく。
    • 研究室・ゼミ
      研究室のゼミは、自分の研究や同期・先輩方の研究に対して議論をすることができるため、非常に勉強になる。
    • 就職・進学
      就職や進学に対して大きなサポートをしてくれるといった印象はないが、全くサポートをしてくれないわけでもない。
    • アクセス・立地
      大阪市営地下鉄のなかもず駅が最寄りで電車でのアクセス自体は悪くない。ただ、最寄りから15分ほど歩かないといけない。
    • 施設・設備
      配属された研究室には自分の机や貸出用のパソコンもある。実験に必要な機材や装置も一通りあるため問題はない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      これは学科の問題ではなく個人の問題であると思うが、強いて言えば全体で50人程度の学科なので他の学科よりは同期との繋がりは強い。
    • 学生生活
      これも学科の問題ではなく個人の問題であると思う。サークルはそれなりに数があり、イベントも文化祭を含めて年に何回かある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      3年の後期までは、緑地や生態系の保全や昆虫学などの緑地環境に関する基本的な事を学習する。また土木学や水理学と言った工学系の勉強もする。3年後期になると研究室に配属されることになり、専門的な事を学ぶ。私が所属する生物環境調節学グループは、主に植物の外的環境を物理的に変化させた時の植物の応答を調査研究している。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大阪府立大学大学院
    投稿者ID:431778
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    地域保健学域 看護学類 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      ネームバリューがある。就活でも有利。キャンパスの雰囲気も良い。授業も興味深いものが多い。学年を超えた交流も盛ん。サークルも多いため、充実したキャンパスライフがおくれる
    • 講義・授業
      講義は生徒の声を取り入れながら、進められるものも多い。出席は重視されるものとされないものがある。試験は割とかんたん
    • 研究室・ゼミ
      まだ配属が決まっていないので、詳細はわからないがゼミの種類は多く自分の興味があるものが、必ず見つかると思う。
    • 就職・進学
      就職実績は多いが、学生グループのサポートはあまりなく、自分で頑張らないと何も進まない。割と放置される
    • アクセス・立地
      キャンパスによってちがうが基本的に田舎でアクセスは悪い。周りにも遊ぶ場所などはないため勉強の環境としてはgood
    • 施設・設備
      Wi-Fiがないのがつらい、教室によっては携帯が使えない。キャンパスなよっては学食や生協もまともに空いてない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活で恋愛も多いし、ほとんど彼氏彼女がいるとおまう、キャンパスライフは楽しめる環境だと思う
    • 学生生活
      サークルも多く、自分に合ったものが必ず見つかるとおもう。サークルに入らないと、田舎のキャンパスで楽しくもなんともない
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      教科書通りの内容で、特に特筆することもない。出席して、試験前に勉強しておけばイージーなものがほとんど。
    投稿者ID:429364
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    地域保健学域 総合リハビリテーション学類 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学生生活を振り返ると、知的で優秀なクラスメイトが多く、のんびりと楽しく毎日を送ることができたから。調理実習の時間数が多く、講師もプロで専門的な技術や知識を学ぶことができた。
    • 講義・授業
      講義では管理栄養士に必要な幅広い知識を学ぶことができた。それだけでなく実験も多かったので、食品メーカーに勤めたり研究職になるのに十分な技術を学べたと思う。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は少人数制なので密な指導を受けることができた。ただ、少人数制ゆえに定員オーバーだと希望の研究室に入らないことは残念だった。研究室では自由にテーマを選べたのがよかったと思う。
    • 就職・進学
      某有名食品メーカーに内定する人も多かった。就職活動のサポートでは、本部キャンパスで模擬面接なども多くされていてサポートを十分に受けることができたと思う。
    • アクセス・立地
      周辺には住宅が多く、閑静で治安が良かった。スーパーやコンビニも多かったので、学生の一人暮らしには不自由がなかった。繁華街へのアクセスもよかったと思う。
    • 施設・設備
      近隣に病院や老人ホームが多く、実習先がたくさんあるのがよかった。キャンパス自体も広くて新しく、快適に生活することができた。広い調理室もあり、不自由はなかった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      知的で優秀なクラスメイトが多く、価値観も合い楽しく学生生活を送ることができた。女子ばかりのクラスだったが、イジメもまったくなかった。サークルも多く友人がたくさんできた。
    • 学生生活
      ソフトテニスサークルに所属していたが、定期的に練習試合や大会に参加したり、本格的にスポーツに打ち込むことができた。他大学との合同合宿も多く、充実していたと思う
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      調理など。特に病院での栄養医療に特化しているので、高齢者や生活習慣病の患者への栄養面からのケアについて詳しく学ぶことができる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      食品メーカー
    投稿者ID:431721
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    工学域 電気電子系学類 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      毎回確認テストを行ったり、課題を出したりなど学生がしっかりと理解できているのか確認できる機会が多い。また、質問する機会も多く設けてあるので、詰まったらすぐに解決できる。さらに、幅広い分野の講義を受けることができるので、かなり視野を広げることができる。
    • 講義・授業
      比較的単位が取りやすく、仮に点数が足りなくても講師によっては救済措置が用意されている。また、課題についても簡単すぎず難しすぎずの内容となっている。そして、講義中に質問できる機会も設けてあるので、気になったことや疑問点などはすぐに解決することができる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミを選択するのは3、4回生の時期であるので、しっかりと基礎知識、専門知識を学んでから選択できる。また、選択方法についても基本的に成績順で、担当者との面談を踏まえて選択できるので、不公平がないようにしてある。そして、ゼミでは教授だけでなく先輩や同期とも報告する機会が多く設けてあるので、行き詰まっても相談できることが多い。異なるゼミ同士の交流も学業面だけでなくプライベート面でもある。卒論については、教授や先輩が熱心に指導し、過去の先輩の卒論も閲覧できるので、書けないといったことは絶対にないと思われる。
    • 就職・進学
      一流企業にも学校推薦があり、OB、OGの方とも連絡が取りやすいように計らってくれている。また、説明会や準備講座がかなり充実しており、興味が惹かれるものは必ずと言っていいほどある。進学についても、過去問の配布や先輩の指導などが充実し、落ちる人はかなり少ない。
    • アクセス・立地
      最寄り駅から徒歩で20?30分くらいなので、人によっては遠いと感じるかもしれないので、バスや自転車を利用する人が多い。しかし、住宅地が多いので下宿する場所には困らない。また、食事する場所が多く、学食以外にもいろいろなメニューを楽しめる。さらに、スーパーも複数あるので、買い物には困ることがない。遊ぶ場所は少ないかもしれないが、そのために家賃が比較的安い。また、大阪駅まで電車で約30分くらいなので、何かしたかったらそちらにも行ける。
    • 施設・設備
      最近体育館が新しくなったので、気持ちよく使うことができる。特に昼休みでは、ボールやラケットの貸し出しがあるので、いろいろなスポーツが楽しめる。学業面についても、自習スペースが数カ所設けてあり、そこでは友達と相談もでき、予約も不要なので試験前は人気がある。また、予約すればプレゼンの練習もできる。図書館では課題や講義の参考になる本が数多くあり、読みたい本がどこにあるのか、貸し出し中なのかが自分のパソコン上でも調べることができる。そして、教室は広いところが多く、エアコンも完備してあり、温度設定もある程度自由がきくので、快適に講義を受けることができる。さらに、講義で使用していない教室では食事や自習ができる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      入学式の前に交流会が設けてあるので、申し込めば入学前に友人を作ることができる。特にサークルや部活動では学部、学科だけでなく、キャンパスを問わずに交流を持つことができ、物によっては異なる大学生とも交流を持つことができる。さらに、メンバー同士の交流も盛んで、夏休みや春休みに旅行や合宿を企画するのがほとんどである。そのため、先輩、同期、後輩問わずに恋愛関係に発展する場合がある。
    • 学生生活
      所属しているサークルでは、外部の施設を利用している関係から、活動日数的には少ない。しかしながら、別のサークルや部活動では学外まで活動を広げているものもある。大学のイベントについても、大きな学園祭が2つあるほか、小さなイベントがちょくちょく設けてある。特に学園祭では、地域の人も店舗を出店できるので、深い交流を持つことができる。アルバイトについては学校近くよりも、地下鉄の駅付近や家の近くで行っている人が多い印象である。また、学内アルバイトも募集していることがあるので、時間がない人は利用するといいかもしれない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎知識を中心に学ぶので、高校生の時に学んだとこと一緒のことや似ていることが多い。また、ほとんどが必修科目であるが、単位を落としたとしても次年度に再履修することができる。2年次では、課程配属があり、より専門的な知識を学ぶことができる。さらに実験も本格的になるので、それらに関する技術も身につけることができる。3年次は、さらに専門的な知識を深めることができる。また、課程によってはこの時点でゼミや研究室に配属される。さらに、この年次あたりから必修科目もほとんどなくなる。そして、この年次まで留年することはないので、単位を取りこぼしていても進級することができる。また、就職活動を行う人はこの年次からサポートを受けることができる。4年次では、まだの人はゼミや研究室に配属され、研究がメインとなり、講義はほとんどない。そして、卒業論文については、テンプレートが配布されたり、教授や先輩の熱心な指導があるので、書き方や内容に困ることはないと思われる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手電機メーカーの研究、開発職
    投稿者ID:427157
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    地域保健学域 教育福祉学類 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      勉強、バイト、部活、遊び全てにおいて充実していた。
      一生のお付き合いができる友達、先生にもたくさん出会えた。
      とても楽しい大学生活が送れたため、とても満足している。
    • 講義・授業
      たくさんの資格が取れること。
      1つの課題・問題に対して多角的な視点から学べること。
      教育・福祉の現場で働いていた経験のある先生たちがたくさんいるので、現場のことがよく分かる。
    • 研究室・ゼミ
      少人数制のため、個人個人の興味・関心のあることにそれぞれ時間をかけてしっかりと見てもらえることに加えて、他のゼミとの合同で色々なところへ見学に行ったりもできる。
      教育福祉学類になる前はゼミ選択は1つしかできなかったが、教育福祉学類では複数のゼミを選択でき、学べる幅が広い。
      とても満足!
    • 就職・進学
      ほとんどの人が就職しています。
      進学した人も少し。
      先生やキャリアサポートセンターに相談すると、手厚いサポートが受けられると思います。
    • アクセス・立地
      駅からは少し遠いですが、都会なので、色々と便利です。コンビニやスーパー、飲食店など、あんまり困ったことはないです。
    • 施設・設備
      図書室は大学全体のものに加え、ヒューマンサイエンス系専用の図書室もあり、充実しています。
      大学全体の図書室ではパソコンが満席で大抵使えない(貸し出しのノートパソコンはあります)ですし、レポート等の印刷可能上限枚数に制限がありますが、ヒューマンサイエンス系の図書室のパソコンは使い放題ですし、印刷上限枚数もありません。←とても便利です!!
      保育系の授業で使うプレイルームや、ピアノ練習室も授業以外の時でも借りられます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      一生の付き合いができる友達がたくさんできました!
      学科の友達との集まりは2?3ヶ月に1回ありますし、今月から一緒にシェアハウスをする友達も大学で出会いました。
      私の恋愛に関しては特に何もありませんでしたが、私の学科の同級生カップルは、今度結婚します!
    • 学生生活
      手話サークルに所属していた。
      学祭の舞台発表や、打ち上げ、ボーリング大会、他大学の手話サークルとの交流、聴覚障害児の学習ボランティアなど、真面目な活動も遊びも全力で行なっています。
      学祭の練習は辛い時もありましたが、やり遂げた時は達成感があり、今ではいい思い出です。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      教育のこと、福祉のこと、保育のこと。
      それだけでなく、教育と福祉の間にある課題や問題点について学べる。
      多様な問題を抱えるクライアントのニーズに応えるためには、教育は教育・福祉は福祉のように縦割りで考えるのではなく、教育の視点を持った福祉職、福祉の視点を持った教育職の存在が必要だということ。
      全国でも珍しいスクールソーシャルワーカーの育成校です。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      社会福祉法人で障害者福祉の仕事をしています
    投稿者ID:427181
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    現代システム科学域 マネジメント学類 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学校生活としては、穏やかな環境できちんと勉強に集中することができますし、はたまた手を抜こうと思えば抜き放題で学業以外のことにも熱中しやすいと考えられる。
    • 講義・授業
      講義、授業は比較的先生との距離は近く、聞いてるだけではなく自分自身が考えないといけないことの方が多い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは1回生前期から始まり、プレゼン発表であったり、ディスカッションをして意見をまとめるなどの自分1人では出来ないことをチームとして作っていく授業が早い段階で組み込まれている。3回生になれば自分の専門分野のゼミに振り分けられ、より実践的な勉強をしていく。
    • 就職・進学
      就職実績はとても良く、企業からの評判も良いみたい。
      学校の就活サポートがしっかりしており、自らやろうと思えばいくらだって助けてくれる。
    • アクセス・立地
      最寄駅は御堂筋線のなかもず駅。そこから学内まで徒歩10分かかるので少ししんどい。夏は特に教室に着くまで徒歩20分かかるので汗だくになっている人を見かけることが多い。
    • 施設・設備
      キャンパスはとても広く、総合大学なので図書館も充実している。サークルや部活の部室が狭いのが難点。
      図書館の中の自習スペースや、少人数で借りることのできる研究室を利用して勉強したり、友達と談笑したりできるのがとても良い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は上下関係なく密接に仲良くさせてもらっているので最高でしかないです。また、先生とも和気藹々と話すことができ、たまに食堂で見かけると立ち話をしたりします。
    • 学生生活
      とても充実してます。市内のボランティアに参加したり、地域の人とも関われるので、そこはやはり大阪府の大学であるだけに認められているのかなと感じるところです
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1回生は基礎科目の英語、数学、情報、第二外国語、を主に勉強し、経済と経営の基礎科目も勉強します。
      2回生になると、必修は英語だけになり、あとは選択で専門科目をメインにとって、空いたところに般教を入れていきます。3回生ではさらに専門科目を勉強し、より演習が増え難しくなっていきます。ゼミの配属が決まる。がんばる。4回生は就活メインで週一程度大学で授業、といっても卒論の推敲をするといった流れです。
    投稿者ID:429526
    この口コミは参考になりましたか?
312件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

大阪府で評判が良い大学

大阪府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  大阪府の大学   >>  大阪府立大学   >>  口コミ

大阪府立大学の学部

オススメの大学

国際教養大学
国際教養大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.19 (58件)
秋田県/公立
横浜市立大学
横浜市立大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.75 (233件)
神奈川県/公立
静岡県立大学
静岡県立大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.96 (180件)
静岡県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。