みんなの大学情報TOP   >>  高知県の大学   >>  高知県立大学   >>  口コミ

高知県立大学
出典:User:Torreya1995
高知県立大学
(こうちけんりつだいがく)

高知県 / 公立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:-

口コミ:★★★★☆

4.01

(87)

高知県立大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.01
(87) 公立内26 / 83校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.94
  • 研究室・ゼミ
    3.86
  • 就職・進学
    4.08
  • アクセス・立地
    2.75
  • 施設・設備
    3.70
  • 友人・恋愛
    3.47
  • 学生生活
    2.81
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

87件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    社会福祉学部 社会福祉学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      学生全般の質もよく、専門的な分野を学びたい学生にとっては最適な環境だと思います。
      授業自体もある程度充実していますが、講義後も先生たちから話を聞ける環境も整っています。先生と生徒の距離感がとても恵まれているとは思います。
    • 講義・授業
      授業でわからないことがあれば、授業外でも丁寧に教えてくれます。単位はとりやすい科目とそうでない科目がありますが、テスト前に頑張れば大丈夫だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年より開始となります。
      選び方は、各教授たちの専攻を確認し、希望のゼミへ申し込みます。多い場合は先生と面談することになります。
      ゼミによっては地域に出て色々な活動をすることになります。ゼミ室同士も近くて、学年全体を通して仲良く過ごしていたと思います。
    • 就職・進学
      就職はほぼ100パーセントで、最後の最後まで頑張る学生に対してのフォロー!バックアップはとても厚いです。
      自分の就活はゼミの先生はじめ、専攻分野の先生たちからも指導を受けることができます。
    • アクセス・立地
      僻地のため、車やバイクが必須です。バスとなると一時間に一本、最終便もとても早いため、不便な立地です。
    • 施設・設備
      公立でそれほどお金をかけられる環境ではないので、必要最低限の施設設備しかありません。
      勉強するスペースとしてはパソコンのある部屋がゼミ室以外でもあるので、ゼミ室でできない場合は自習室や図書館で勉強している学生もいました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は、専門分野に進む子がおおいので、繋がりほ続いていくことが多いようです。
      サークルでは他の大学との絡みもあります。
      学内の恋愛については、元々女子大のため圧倒的に女子が多いためかそれほど多くはありません。
    • 学生生活
      サークル等については、そもそも数がおおくないため何ともいえません。
      大学の大きなイベントは文化祭かなと思います。ただ、他大学のように大規模ではないのであまり期待はしない方がいいかも、です。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年目から専門分野について学ぶことができますが、主には一般教養を学ぶこととなります。高知の文化を学ぶことができる科目もあるので、それも魅力です。
      2年目以降は、3年の実習に向けてより専門的なことについて勉強していきます。このあたりで自分の興味のある分野を幾つか絞っておいてもいいかもしれません。2年目までにたくさん遊んでください。
      3年目は実習で夏がおわり、4年にむけた下準備を行い、4年目では卒論、実習(精神)、就活、国試の勉強と同時平行しながらなのでなかなか大変かもしれませんが、やりがいのある4年間を過ごせると思います。友達も良い子ばかりで、私としてはここで学ぶことができてよかったと思いました。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      医療機関の相談員
    投稿者ID:427092
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文化学部 文化学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      学校全体としては比較的真面目な人が多くて、勉強したい人が頑張れる環境にある。
      キャンパスも数年前に新しくなったので比較的綺麗である。
      立地条件はあまり良くないが車か原付があれば良い
    • 講義・授業
      少人数制のため、どの講義も参加型の講義が多い。そのぶん課題も多いが難しくはない。単位は普通に授業に参加すればまず取れる
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは2年から決めることができて、3年かけて卒論に向き合うことができるのでかなり早いと思う。各ゼミの人数も少ないのでアットホームな環境である
    • 就職・進学
      私立に比べるとサポート力は弱い。また大学が田舎のため都会に出て働きたい人は就活が大変そうである。交通費がかかる
    • アクセス・立地
      キャンパスから駅は近いが、寮からは非常に遠い。周辺に学生対象のマンションがたくさんあるため講義の合間は家に帰れる
    • 施設・設備
      キャンパスが新しくなってから各部屋の設備が良くなった。自習室や図書館も新しくなっており使いたくなる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      特に仲のいい友達はできなかったが、バイトで他大学の方と知り合うことが非常に多かった。それで仲良くなれた
    • 学生生活
      サークルには参加していなかったが、サークル数はかなり少なかった。他大学との共同サークルも多く移動が大変そうだった
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      文化学科だったので土佐の歴史から言語まで幅広く取り扱っていた。1年は必修科目を履修するが2年からはゼミを決めるためそちらに関わる授業が多かった
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      商品先物取引の営業
    投稿者ID:428872
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    社会福祉学部 社会福祉学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      教授、助教授の方々は、成績に関係なく、一生懸命にまじめに取り組む生徒に対しての評価もきちんとしてくれる。生徒への距離も近く、親身になって話も聞いてくれたり、アドバイスもくれる。同じ学科の同級生も、気さくで他人に対する思いやりも強く、協調性もあり、人間性にあまり問題のない子が多かった。
      ただ、学校の立地条件は悪い。長い坂道、トンネルがあるため、車やバイク通学でないとしんどかった。
    • 講義・授業
      講義形式が多く、眠くなってしまう授業が多い。ひたすら板書を写す講義もあるため、教授の重要な話を聞き逃してしまうこともある。一方で、グループワーク形式の授業もあり、同級生と話し合い、考えなどを共有する機会もたくさんある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミでの演習はゼミやゼミの担当教授によって内容も異なっているが、教授や同級生との相性や自分が研究したい分野を深く学べるところを見極めることができればいい。
    • 就職・進学
      真面目に取り組む生徒や、サポートしてくれる教授と助教授が多いため、モチベーションが高く、真面目に取り組む環境が整っている。
    • アクセス・立地
      長いトンネルや坂道があるため車やバイクでの通学でないとしんどい。駐車場も、一部はキャンパスからも離れている。
    • 施設・設備
      図書室はさまざまな資料があり、学外にある資料も取り寄せることができる。昼休みは昼食を食べる席が少ないため、なるだけ早く席取りしないといけない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人たちは、真面目かつ気さくで、人への思いやりができる人間性のできた人たちばかりだった。協調性もあり、みんなで行う作業は手分けしてテキパキとおこなえる環境。
    • 学生生活
      自分はサークルやイベントにあまり参加していないが、文化祭では同級生たちと食べ物の出店をし、楽しめた。ただ規模は小さく、こじんまりとした文化祭だった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      社会福祉学部は社会福祉士コース、精神保健福祉士コース、介護福祉士コース牙ある。介護福祉士コースは、入学してから数日間の間に入るか否かを決めなければならない。
      精神保健福祉士コースは三年次に上がる前に募集をつのり、30名のみコースに入れる。三年次になると専門の教科を学ぶ。

      一年次は共通科目として数学や古典、英語などの講義を履修する。その中でも英語だけは必須科目であり、二年次まで履修し単位を取得しなければならない。
      三年次の夏には、自分の興味のある分野の施設などへ一ヶ月の実習へ行く。
      精神保険福祉士コースであれば、四年次の夏にも実習がある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      障害福祉の分野
    投稿者ID:427539
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    健康栄養学部 健康栄養学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      栄養学を学べる点では良いですが
      その中に化学の授業もあって、それは必要がないにもかかわらず、テストが難しかったりする点で一点下げていますが、他は充実していて問題ありません
    • 講義・授業
      課題は一回生の間はそこまで多くありません。
      単位も真面目に授業に来ていれば大抵落ちることはありません。
      ただ、授業の内容がわかりやすい先生もいれば、わかりにくい先生もいるので、わかりにくい場合は自分でもう一度勉強し直す必要もあるかと思います
    • 研究室・ゼミ
      研究室やゼミは4回生か3回生からなのでよくわかりませんが、ゼミ合宿があったりするところもあるようです。ですが、バイトを禁止にするけんきゅうしつもあるそうです
    • 就職・進学
      就職セミナー等が年間を通して何回か行われます。担任の先生が親身になって話を聞いてくれたりするので自分の行きたい進路に進めると思います。まずは試験に合格することがいちばんです
    • アクセス・立地
      池地域にあるので公共交通機関はほぼないに等しいので、雨の時のバスは大変混雑しており、授業に遅れる人もいます。
      高知市内ですが、中心部とは離れているので、街に出るのはしんどいです
    • 施設・設備
      実験器具も揃っています。
      キャンパスも最近綺麗になったのでとても使いやすくて綺麗です
      図書館は少し小さいですが、文化学部のキャンパスの図書館はとても広いです
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋愛関係はほとんど女子なのであまり出会いはありませんが、友人関係は少人数のクラスなのでお互いのことがすぐわかります。距離も近いので仲良くなりやすい環境です
    • 学生生活
      サークルはほとんどありません。ありますが、都会のように遊ぶサークルはほとんどありません。ボランティア系のサークルはとてもたくさんあります。学祭も小規模です
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一回生は基礎知識を学びます。体育があるのは一回生だけです。
      二回生は実験が多くなり、生物実験も追加されます。調理実習はこれで終わりです
      三回生は夏休み春休みも実習に追われ、4回生は就活です
    投稿者ID:428909
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文化学部 文化学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返ると、取れる資格も少なく、サークルも県立大学だけでは少ないので、あまり充実した学生生活では無かった。
      ただ、文化学部は人数が少ないので、少ない中で、狭く深く友達関係を築くことはできると思う。
    • 講義・授業
      講義、授業の内容については、興味が出る授業もある一方、毎回同じことの繰り返しのような授業もあり、それぞれであると思う。
      授業中の雰囲気は、きちんと取り組んでいる人もいれば、携帯をつついている人もいたり、とてもいいとは思えない感じだった。
    • 研究室・ゼミ
      自分の所属しているゼミでの活動は、フィールドワークなどもあり、地域に根ざした活動もできたと思う。自分が入っていたゼミでは、観光関係の研究もできたので、それは良かったと思う。
    • 就職・進学
      就職実績については、自分はあまりよくわからない。
      ただ、就職希望してなかったり、相談に行っていない人は、呼び出されたり、手厚く面倒を見てくれようとしていたイメージはある。
    • アクセス・立地
      学校の周りには、大きな商店街もあり、楽しめる場所がいくつかある。遊びに行くことが多い場所は、帯屋町かイオン。
    • 施設・設備
      パソコンなどが少なく、勉強スペースもあまり無かった。
      図書館も小さく、個別スペースも何個かしかないため、座れないこともあった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学部自体の人数が少ないので、友達はあまり多くできなかった。サークルも数が少なく、充実してないので、あまり楽しんだ覚えがない。
    • 学生生活
      サークルには一応入ったが、すぐに辞めてしまった。
      大学のイベントにも参加したことがない。
      アルバイトだけは何個か続いた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      私は、観光関係の勉強がしたかったので、
      観光の研究をしていた教授の授業ばかり取っていた。
      民俗学の勉強などもできる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      就職活動はせず、実家の農業を手伝っている。
    投稿者ID:430081
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    看護学部 看護学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      歴史もあり有名な先生がわざわざ高知まできて授業してもらえることありました。先生たちも有名な方が多く、勉強面においても、今後仕事をしながらの家庭両立などの面においても相談しやすいです。卒業後も先生との交流や卒後教育が盛んに行われており、私もいまでも先生たちにお世話になっています。
      卒後高知で就職しましたが、看護師が論文、レポート等書く機会はかなり多く、何不自由なく書けるほど大学時代指導されているところは高知の大学や専門学校では県立大以外にはありませんでした。
      看護の技術面においても専門学校生との差もまったく感じません。
      就職も高知でも県外でも卒業生が多くいるため、困ることはほとんどなかったです。就職試験も行きたいところを受ければ受かるという感じで、国試もクラスで1人落ちるか落ちないかレベルです。落ちた人は大抵妊娠中だったり、事情があることが多い気がします。
    • 講義・授業
      医学に関する授業は県立大の先生だけでなく、医大や医療センターの医師から習うことが多かったです。詳しい治療法や実際の病状など習うことができます。看護においてもたくさんの先生から習うことができます。特に実技演習は働いていた経験豊富な大学院生なども加わり、実習や卒後困らないようにエビデンスにのっとり詳しく説明しながら身に付けることができます。
    • 研究室・ゼミ
      研究室、ゼミという名前ではありませんが、大学4年で4.5人1組のチームになり卒論、つまり研究論文を書きます。希望の看護分野を選び、その分野の先生について、チームで論文を書き発表します。人気の分野、先生のところは定員を超えると話し合いで決めていたと思います。
    • 就職・進学
      就職活動というほどの活動はなく、希望するところを受けるとほぼ受かる感じでした。そのためなのか、就職活動のための勉強、面接練習などもありません。
    • アクセス・立地
      大学の場所はかなり高知の中心地から離れており、田舎なので、自転車や電車バスだけでは困ると思います。実際県外からきて自転車だけで暮らしていた子もいましたが、ほとんどが車かバイクを持っているので乗せてもらったりしていることが多いです。実習先にも自分で行かなくてはいけないので、車やバイクがないと大変そうでした。
    • 施設・設備
      図書館が閉まるのが21時で、授業後に勉強したりするには不便でした。建物自体は新しいので特に困ることはありません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      県立大看護科というだけで、高知の大学や専門学生だけでなく、公務員など働いている人からもかなりモテます。合コンも多く、彼氏はよほど選り好みしたりしない限りは難しくないと思います。ただ看護科は忙しいので、彼氏を作らなかったり、彼氏との生活ペースが合わずに破局する子はいました。なので、社会人の彼氏持ちが長続きすることが多く、卒業後もすぐに結婚するパターンが多いです。
    • 学生生活
      看護科でサークルしている人はあまりおらず、している人は医大のサークルにまざったりしていました。先輩もサークルはしていない人が多いので、無理な勧誘はなく楽でした。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は教養科目がメインで、英語や哲学など。看護も少しずつ勉強します。
      2年生で看護の勉強がメインになりはじめ、教科書もかなり買い揃えます。10万円くらい?だったかと。演習も増えて実習も始まります。
      3年生は看護の勉強、実習、保健師や助産師になるための勉強も増えます。
      4年生から卒論、実習、自分の進みたい分野に特化した授業があります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      民間病院の看護師
    投稿者ID:428196
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    社会福祉学部 社会福祉学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      ダブル資格の取得も目指せるので、将来の就職の幅も広がる。
      授業も先生が熱心に教えてくれるので、深い学びを得ることができる。
      福祉もいろいろ分野があるので、いろんな視点から社会を見ることができる。
    • 講義・授業
      面白い先生がたくさんいたので講義自体は面白かった。
      難しいと思う内容の講義もあったが、友達に教えてもらうことでなんとか単位は取得できた。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは人数制限もあったので、自分が学びたい分野のゼミに入ることができなかった点が残念だった。
      卒論は、先生が長期出張に行ったりしてたので、添削してもらうのが大変だった。
    • 就職・進学
      就職率はいい方だと思う。
      実習先に就職した人もいた。
      先生から勧めてもらった就職先に合格したものの資格取得ができず行けなかった点が残念。
    • アクセス・立地
      静かな場所だが、周りに何も無い。
      夜は人通りもあまりなく、どちらかというと暗い場所なので遅くまで学校に残ると怖い。
    • 施設・設備
      食堂は学部の定員増加の影響で生徒が増えたので狭かった。
      教室やゼミ室は使いやすいと思う。
      自習室がもう少し広かったらいいのにと思うことはあった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友達との関係は良かったと思う。
      県外から入学が半分くらいいた。
      ゼミのメンバーとも仲良く過ごせていたと思う。
    • 学生生活
      サークルの数はおおかったと思う。
      学校のグランドの予約をしないといけないという点が少しめんどくさいと思った。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次、共通科目中心。
      2年次?3年次は必修科目や実習が始まったりしたと思う。
      4年次は実習と卒論が中心だった。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      病院
    投稿者ID:428944
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    社会福祉学部 社会福祉学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    • 総合評価
      先生は優しい
      色々学べる
      先生が優しいので、質問しやすい。
      質問だけでなく、日々の相談もできる。
      頼れる先生たちが多い。
      グループワークが多く、みんなの意見を知ることができる。
    • 講義・授業
      基本はわかりやすい。
      しかし、中には教科書読むだけの人もいる。
      単位は基本は取れる。
      出席をしっかりとし、課題を出せば大丈夫。
    • 研究室・ゼミ
      卒論を書くためだけのゼミである。
      ゼミによっては、かなり活動的にやってるとこもある。
      しかし、ほとんどのゼミはそんなことない。
    • 就職・進学
      私自身まだ特にサポートは受けてないのでわからない。
      しかし、あまりいい印象は持っていない。
      就職率はかなり高いと思う。
    • アクセス・立地
      不便。
      バスが少ない。
      学校の周りは何もない。
      通うなら、車から原付、自転車が必要だと思う。
      バスでも通えなくはないが、大変だと思う。
    • 施設・設備
      パソコンが少ない気がする。
      あと、印刷できる枚数が決まっているため、本当に必要な時困る。
      ゆっくりできる場所があるのはいい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      男子が少ないため学内での恋愛は難しい。
      基本みんなは明るい性格の人が多いので、友人としては接しやすい。
    • 学生生活
      サークルには所属していない。
      他の大学と比べるとサークル自体少ない気がする。
      学祭も規模は小さいので、期待はしないほうがいい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      基本は国家試験に必要な科目を勉強する。
      あとは、必須ではない教科を自分で選択する。
      自分の興味ある科目を選ぶ。
    投稿者ID:431504
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文化学部 文化学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      中学と高校の教員免許が取得できるので、教育学部ではなくても教師になれる。少人数制のゼミなので和気あいあいとしており仲がいい。就職支援は私立に対して手薄
    • 講義・授業
      文化学部というぼんやりとした名前だが、文学部系の講義が多い。少人数制なので、講義に参加している感じがして勉強になる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは2年から決めることができる。3年かけて卒論に向けて準備ができるので余裕があると思う。ゼミの仲間は比較的仲がいい
    • 就職・進学
      就職支援は私立に比べると手薄。そもそも田舎の大学なので、都会に出て仕事をしたい人にとってはやりづらい職場である。
    • アクセス・立地
      田舎すぎて娯楽がほとんどない。車や原付がないと学校に通うことができない。洋服が良く周りとかぶるので恥ずかしい
    • 施設・設備
      キャンパスは最近新しくなったので、見た目はすごく綺麗である。自習室等もあるので学校に来ると講義の間も時間が潰せる
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルがほとんどない。周辺の大学との共同のサークルや部活になっている。女子が多いので、恋愛する人は他大学の生徒が多かった
    • 学生生活
      サークルは所属していなかったので良くわからない。アルバイトは周辺の居酒屋さんや塾の講師が人気だった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年目は必修科目を全員で履修していた。2年からは好きな講義を取ることができ、数に上限もなかったのでほとんどの学生が2年で必修科目をほとんど取っていた
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      商品先物取引の営業
    投稿者ID:427548
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    看護学部 看護学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 1| 施設・設備 -| 友人・恋愛 1| 学生生活 3]
    • 総合評価
      ここの大学のいい点は助産師の国家試験受験資格が大学4年で取ることが出来るということです。人数は限られていますが、早く資格を取りたい方はとてもいいと思います。看護の大学としては全国的に有名ですし、素晴らしい教授の皆さんが支えてくださいます。立地は少し悪いですが、代表的な病院と連携もとり、多くの経験が出来ると思います。思っている以上に課題が多く大変ではありますが、充実した大学生活が送れると思います。
    • 講義・授業
      演習授業では少人数のグループに対して先生が付いてくれます。またその都度必要な知識などを自分で理解できるようなワークシートで事前学習をした後、先生がそれぞれにコメントを付けかえしてくれます。また様々な病院から講義をしに来てくれます。臨床経験のある教授の講義は興味深いですよ。
    • アクセス・立地
      友達に一人暮らしの方がかなりいますが、トンネルを2つ超えなければならない場所に住んでいる人がおおいです。バスも本数が少なくアクセスは良くありません。また、病院内のコンビニぐらいしか行く場所はありませんので、空き時間に出かけるというのはなかなか難しいと思います。しかし、看護学部は空き時間が少ないのでその心配はしなくていいでしょう。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      元女子大学なので、男性は少ないです。学内での恋愛は少ないです。サークルではほかの大学とも連携しているので、恋愛している方は多いと思います。
    • 学生生活
      サークルの数は少ないですが、さまざまなボランティアのサークルがあったりアクティブなものが多いです。
    投稿者ID:389079
    この口コミは参考になりましたか?
87件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

高知県で評判が良い大学

高知県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  高知県の大学   >>  高知県立大学   >>  口コミ

一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

高知県立大学の学部

文化学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.70 (30件)
看護学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.94 (17件)
社会福祉学部
偏差値:-
★★★★☆ 4.31 (26件)
健康栄養学部
偏差値:-
★★★★☆ 4.21 (14件)

オススメの大学

高知工科大学
高知工科大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.87 (68件)
高知県/公立
愛媛県立医療技術大学
愛媛県立医療技術大学
近隣の学校です
★★★★☆ 4.19 (27件)
愛媛県/公立
福山市立大学
福山市立大学
近隣の学校です
★★★☆☆ 3.32 (37件)
広島県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。