みんなの大学情報TOP   >>  愛媛県の大学   >>  愛媛県立医療技術大学   >>  口コミ

愛媛県立医療技術大学
出典:www.epu.ac.jp
愛媛県立医療技術大学
(えひめけんりついりょうぎじゅつだいがく)

愛媛県 / 公立

口コミ
公立大

TOP10

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:-

口コミ:★★★★☆

4.16

(27)

愛媛県立医療技術大学 口コミ

★★★★☆ 4.16
(27) 公立内5 / 86校中
学部絞込
271-10件を表示
  • 女性在校生
    保健科学部 看護学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    保健科学部看護学科の評価
    • 総合評価
      普通
      優秀と言われているのは表向きだけ。
      蓋をあければ授業も生徒の質もそんなによくない。
      地頭がいいから、名門校といわれているくらい。
      病院勤務系医療系学科。
      遊べない大学生
    • 講義・授業
      普通
      単位はとれたりとれなかったりピンキリの授業。
      毎日空きコマなしで文系とは違いずっと勉強か実習、課題の毎日
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室は先生で大きく左右する。
      面倒見の悪い放任主義は困る。 くせの強い先生はやる気がなくなる。
    • 就職・進学
      良い
      進学実績はとてもよいが、個人のがんばりだと思う。
      学校側はとくになにも関与していない。
    • アクセス・立地
      普通
      アクセスはわるい。
      なぜ自転車で20分のところを
      スクールバスで1時間もかかるのか。
      田舎すぎてほんと困った。
    • 施設・設備
      普通
      施設などは充実していたが利用するにあたっての規則や処罰がきびしくて自由にできる環境ではなかった。
      事務がうるさい。
    • 友人・恋愛
      普通
      恋愛関係はほぼほぼないと思う。友人関係もよくもなく悪くもなくいたって普通。
      とりあえず勉強でみんな精一杯
    • 学生生活
      普通
      部活はどれも充実しているようだった。が、これといって優れている部活は一つもない。
      また学祭などの待遇が悪くて部活をやっている人ほ可哀想立った
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      すべてが必須科目のため、落としたら即留年。
      選択科目はない。
      実習は休むことすら、難しかしい。単位にかかわってきてしまう。
    • 就職先・進学先
      病院
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:428926
  • 女性在校生
    保健科学部 臨床検査学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    保健科学部臨床検査学科の評価
    • 総合評価
      普通
      担任副担任以外の先生とも距離が近く、先生に質問しやすい。
      万が一テストで60点以上とれなくても再試など救済措置がしっかりしている。
      合格率が高い。
      ただ、変わった先生などもいる。
      (テストの難易度がおかしいとおもったときがあった。)
    • 講義・授業
      良い
      講義や授業のレジュメが見やすい先生が多い。
      先生も優しい人が多く「ここは大事だから」「テストに出します」とゆってくれる。
      課題は2年の、れぽーとに苦しめられる
      カリキュラムが蜜
    • 研究室・ゼミ
      普通
      4年時の卒論研究のことなどを聞くと、いい先生が多いようである。授業の一貫で先生ごとのゼミにわかれ、本を読んでそれについてみんなで研究する講義がある。臨床と看護の仲が深まる
    • 就職・進学
      良い
      小規模であるため先生との距離が近く、就職や進学についてたくさん相談に乗ってくれる。
      就職率は100パーセントであるので、安心してサポートが任せられる。
      3年の夏季休暇のときには、自分で病院を見学して回る自主性も必要
    • アクセス・立地
      普通
      買い物、遊び、飲み行くのは松山や松前だが、バス代、電車代が高く、アクセスがいいとは思わない。また、大学周辺にはコンビニもなく大学にもないため、不便である。
    • 施設・設備
      普通
      学校の教室などに不足はないが、設備などは整っていないと思う。
      実験に使う機器が足りず、順番待ちをして使うため、すぐ終わるものも終わらない時がある(その代わりその間に班員と考察などを考えられる。)
    • 友人・恋愛
      良い
      友人関係は良好である。いい人もたくさんいる。学科だけでなく別の学科の友達もたくさんできる。
      恋愛は男子が少ないため、男子からしたら作りやすいが、女子は学外でつくる。
    • 学生生活
      普通
      サークルは週一の活動。少ないがお金の負担は少ない。
      合宿(がちなものではなく楽しい)などもあり、楽しめる。サークル後みんなでご飯を行くなどべつの楽しみもある。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は看護科とともに、教養科目や基礎科目などを学習する。教科もあまり多くなく遊びと両立できる。高校の復習のような教科もある。
      2年次ははっきりいってしんどい。(先生もそう言う。)
      前期はテストがしんどく、後期はレポート、テストどちらもたくさんある。
      3年は2年に比べ格段に楽にかるが就職について考えるようになる。
      4年はとにかく実習と卒論。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:429220
  • 女性在校生
    保健科学部 看護学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    保健科学部看護学科の評価
    • 総合評価
      良い
      看護師に本当になりたいと思う人には、すごくいい環境が整っている学校だと思います。
      中でも実習室の設備が整えられていて、人数が少ない分一人当たりに付く先生の人数も多いことが一番の魅力だと思います。
      実習は1年生の前期から割と多めで、少しでも自分の方法に疑問を感じたらすぐに先生に質問できます。
      先生も優しい方が多く、質問をするとその答えだけでなく色々アドバイスもして下さいます。
      また自分の頑張り次第で保健師、助産師、養護教諭などを目指すことも出来ます。
      同じ敷地にある大学院への進学も可能です。
    • 講義・授業
      良い
      看護師に必要な看護技術を学ぶ基礎看護方法論は、3人人ベッドで前の週に座学で学んだ看護技術を実際に自分達で行うことで身につけていきます。
      少人数ならではの先生との距離の近さが一番の魅力で、先生への質問もしやすいですし、アドバイスも頂けます。また実習後は同じベットのメンバーとレポートを書きながら色々自分たちの方法が正しかったか、改善点なども見いだせるようなカリキュラムになっているので、確実に技術を身につけられると思います。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究などがあるのかまだ分からないので説明が出来ませんが、研究というよりは現場での実習重視の学校のような気がします。
    • 就職・進学
      良い
      毎年、看護学科、臨床検査学科、保健師、助産師の国家試験合格率はほぼ100パーセントに近いと聞いています。前年は100パーセントだったそうです。
      カリキュラムも充実しているので、真面目にやっていれば確実に資格を得ることができる学校ではないかと思います。
    • アクセス・立地
      良い
      寮がないので県外の生徒は皆近くのアパートを借りて住んでいます。
      バスも多いし、原付を手に入れれば街にも十分遊びに行けます!
      近くにもスーパーやホームセンター、ドラッグストアなど普段の生活をするのには十分な程店もあるので生活もしやすいです。
    • 施設・設備
      良い
      前でも言ってますが、実習室はとても綺麗で設備も充実しています!
      技術を身につけるにはとてもいい学校だと思います。
    • 友人・恋愛
      普通
      友人関係はとても良好で優しい人が多いと思います。
      ですが、やはり女子の割合がとても高いので学内でのカップルはとても少ないと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生前期は臨床検査学科との共同授業が多めです。
      この授業を通して、両学科通して沢山友達が出来ます。
      後期からは徐々にそれぞれの学科の専門的な授業も増えてきます。
      看護は3年生で実際の現場での実習もあり、先輩方はやはり忙しそうです。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:216752
  • 男性在校生
    保健科学部 看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年05月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    保健科学部看護学科の評価
    • 総合評価
      普通
      図書館の看護に関する蔵書量はとても多く、看護の勉強をするにはとてもよい環境だと思います。しかし、他の4年制の大学と比べるとどうしても規模が小さく、思い描いている大学像とは異なる場合があります。また看護師という職業柄男性が非常に少ないため、肩身の狭い思いをすることもよくあります
    • 就職・進学
      普通
      卒業生が大学にきてくれて話す場を設けてくれたり、国試の対策がしっかりしていて、就職にはなかなか困らないとおもいます。
    • アクセス・立地
      悪い
      周囲に特に何もなく、勉強には集中できる環境です。
      しかし遊ぶにはどうしても不便になっています。電車などはなく、バスで通うか、バイク、自転車での通学になると思います。
    • 施設・設備
      悪い
      図書館は蔵書量が多く、とても勉強には適している。
      食堂は小さく、ランチもaとb、カレーの3種類くらいしかなく、あまり良いとは言えません。
    • 学生生活
      普通
      サークルも少なく、他の大学と比べるとあまりよくないと言えます。ほとんどのサークルが週に1回程度の活動で、あまり活動的ではないかもしれません。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:348131
  • 女性在校生
    保健科学部 看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    保健科学部看護学科の評価
    • 総合評価
      普通
      いいとこも悪いとこもあります。これからの自分の将来を見据えることができる大学でわたしはこの大学に入れて満足です
    • 講義・授業
      良い
      いいと思います
    • 研究室・ゼミ
      良い
      とても充実していてそれぞれの生徒にあったゼミがあります
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      看護学は、人間のトータルケアについて科学的に研究していく学問分野です。看護学におけるケアとは、人から苦痛・苦悩を取り除き、より健康な状態を継続させるための手助けをすることをいいます。実際にケアを必要とする人々の役に立たなければ意味を持たないので、人文科学と自然科学の研究を総動員して、理論と実践の両面から裏付けられた、人間をケアするための知識・技術を習得していくのです。
      看護学の研究分野は、実際の看護法などを研究する「基礎看護学」や、患者の精神的なケアの研究をする「精神看護学」のほか、成人・小児・母性・老人のそれぞれを対象とした看護学に分けられます。また、地域社会での健康・保健問題と、援助の具体的方法を研究する「地域看護学」や「在宅看護学」、国際的な保健・医療機関での看護について考える「国際看護管理学」などは、近年注目されている分野です。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:316422
  • 女性在校生
    保健科学部 看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    保健科学部看護学科の評価
    • 総合評価
      良い
      こじんまりしていて、授業はよいが、サークルや、学祭などがあまり充実していないと感じる。医療大学ならではのサークルはある!
    • 講義・授業
      良い
      色々な実践経験長い先生が丁寧に教えてくれて、質問しやすい。学校の先生も優しく、基本的にはゆるいが、提出物は厳しいので、しっかりしなければならない
    • 研究室・ゼミ
      普通
      1年の後期にゼミがある。いくつかの本を中心に行い、グループ第何希望かまで出して、そこから教員に分けられる。最後にグループごとの発表会がある。
    • 就職・進学
      普通
      まだ、二年生なので詳しいことはわからないが、県の学校なので、保健師として働く人は毎年県庁数人はいれるらしい。
    • アクセス・立地
      普通
      松山市内には原付で15分で行けるほど近い。
      バスも通っており、バス通の生徒もいる。
      基本的には原付か、徒歩か。
    • 施設・設備
      普通
      生徒数に対し学校が広い。比較的新しく、最近学食も設備されたが、学食は他の大きな大学に比べればメニューは少ない。
    • 友人・恋愛
      普通
      人によるが、1人暮らしをしている人は比較的助け合いが多いため、友人の幅が広く、お泊まりなどをしている。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年は基礎教養と、看護の基礎を学び、2年次は専門的なことと、少し実習が入ってきて、3年次は実習メインで、四年は国家試験対策!
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:206781
  • 女性在校生
    保健科学部 看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2015年06月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    保健科学部看護学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学の周りが自然豊かで人も優しいのでとても住みやすく、集中して勉学に励むことができると思います。先生方もとても面白くて話しやすいので大学生活が楽しめると思います。
    • 講義・授業
      良い
      講義は少人数性で看護・臨床が一緒に学ぶ機会もあるので多くのことを学ぶことができます。受けるだけの授業ではなく、ディスカッションやグループワークなど人間関係を築くのにもとても良い環境が整っています。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      それぞれの専門について研究していることが多いです。自分の気になる分野の話を詳しく聞くことができるので、自分の将来に役立てることができると思います。
    • 就職・進学
      良い
      国家試験の合格率はとても高く、県内・県外問わず就職しています。自分の希望の場所に就職できるので良いと思います。
    • アクセス・立地
      普通
      県の中心からは少し遠いですが、自然が豊かで住みやすい場所です。コンビニやスーパーも近くにあるので便利だと思います。
    • 施設・設備
      良い
      講義室、体育館、学食などがあり、創設されてから長い時間がたっていますが、外見も内装もとてもきれいです。
    • 友人・恋愛
      良い
      明るく面白い子が多いです。団結意識も高く、みんなで支えあっています。男性が少ないので学内カップルはそこまで多くないですが、近くの大学と合同でのイベントなどもあるので楽しめると思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      看護についての基礎知識から専門知識に加えて、英語や情報など働くにあたって必要な事を学ぶことができます。
    • 学科の男女比
      1 : 9
    • 志望動機
      少人数性で集中して勉学に励むことができると思ったため。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      岡村ゼミナール
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を解いて、小論文・面接の傾向を考え、それに応じて勉強をした。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:112480
  • 女性在校生
    保健科学部 看護学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    保健科学部看護学科の評価
    • 総合評価
      良い
      少人数制の授業ため、教師から手厚いサポートを受けることができ、研究室で分からないところを丁寧に教えてもらえる。しかし、実技の授業では授業時間がやや少ないと感じる。
    • 講義・授業
      良い
      専門の科目の教師は熱心な人が多く、授業中生徒に理解度を訪ねたり、補足の資料を用意してくれたりする。しかし、やる気のないような教師もおり、何を話しているのか聞き取れない授業もあった。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      1年の時の授業の1つでゼミがあるだけであり、そもそもゼミの活動がないに近い。ゼミ自体の活動の活発さは教師による。
    • 就職・進学
      普通
      求められている分野であるため、就職率はほぼ100パーセントである。就職のサポートについては地元の就職先の案内はよく知らせてくれるが、県外の就職先は自分で情報収集する必要がある。
    • アクセス・立地
      悪い
      大学近くに電車はなく、バスのみが交通手段となる。大学近くにコンビニもなく、10分は歩いていかなければならない。周辺のアクセスは良いとは言えない。
    • 施設・設備
      悪い
      図書室には専門書の品揃えは豊富で、授業などでよく利用した。しかし、人気の本は早めに借りなければ他の人に借りられていることがある。その他では食堂があるが、メニューが少ない。
    • 友人・恋愛
      悪い
      学内自体に生徒が少なく、また男子は数十人ほどであるため、学内恋愛はあまりない。ほとんどの人はアルバイト先や高校の友人の紹介で出会い、恋愛していた。
    • 学生生活
      悪い
      サークル活動は毎日しているわけではなく、大学祭のステージ発表や学外での発表の前に活動をする程度であった。合宿などがあって充実しているサークルもあるが、週に数回の活動であり、毎日活動しているサークルはない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年では英語や化学などの教養科目を中心に習う。
      2年から少しずつ病院や施設での実習が始まる。
      3年は実習がメイン。
      4年は前期だけ実習と授業があり、後期は週に一回程度授業がある。
    • 就職先・進学先
      〇〇業界の保健師
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:429287
  • 女性在校生
    保健科学部 看護学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    保健科学部看護学科の評価
    • 総合評価
      普通
      看護の技術や知識を学ぶ点では優れている。
      しかし、食堂、トイレ、ATM、サークル活動などが他の大学と比べてレベル、クオリティが低すぎる。
      環境は田舎で勉強に集中できるのかもしれないがコンビニも買い物できる場所もなく学生生活として物足りなさがある。
    • 講義・授業
      良い
      先生たちの指導が熱心。
      講義や演習で学生ひとりひとりの知識量や技術の向上のために工夫されていると思う。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミによって雰囲気が大きく異なり当たりハズレがある感じがある。
      先生は熱心に指導してくれるがおもしろさがなかった。
    • 就職・進学
      普通
      就職、進学実績は飛び抜けていい。
      サポートはこちらからアクションすると手厚くフォローしてくれる。
      たまに先生方から声をかけてくれることもある。
    • アクセス・立地
      悪い
      電車がない。バスはあるが大学が田舎のためどこにいくにも料金が高くなる。
      コンビニがない。スーパーはあるが価格がかなり高い。遊べる場所はなし。田んぼや畑しかない。
    • 施設・設備
      良い
      図書館の資料が充実している。
      勉強したい人や面談のために教室を借りられる。
      パソコンやコピー機を自由に使える。
      Wi-Fiがない。
    • 友人・恋愛
      悪い
      人数が少なくその大半が女子なので友人関係、恋愛関係はまったく充実していなかった。先輩後輩のつながりもいろんなサークルに積極的に参加しないとつくれない。
    • 学生生活
      悪い
      サークルの種類が少なく内容も物足りない。
      初心者向けの遊びレベルのものしかない。
      学祭の規模も小さくおもしろくない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年生、看護の基礎知識
      二年生、看護の知識と現場での実践体験
      三年生、実習をメインに看護を学ぶ
      四年生、国家試験に向けて勉強
    • 就職先・進学先
      看護師、保健師、助産師
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:428960
  • 女性在校生
    保健科学部 臨床検査学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    保健科学部臨床検査学科の評価
    • 総合評価
      良い
      看護学科であれば、看護師。臨床検査学科であれば、臨床検査技師。この大学は、看護師や臨床検査技師を目指す学生が在学しています。全ての学生が、国家試験合格を目指して日々勉学に励んでいます。勉強は大変です。しかし、将来は人の命と向き合う仕事です。勉強は大変ですが、大切で、意義のあるものです。入学して始めて医学を学びます。当然、皆最初は何もわかりません。しかし、少人数であるこの大学は、先生方の熱心な指導を受けることができます。先生は優しく、面白い方ばかりです。勉強についていけるか不安だと思うかもしれませんが、この大学なら大丈夫だと思います。周りが全力でサポートしてくれます。
    • 講義・授業
      良い
      臨床検査学科の場合、生物、化学、物理を勉強しなければなりません。私は物理に自信がありませんでしたが、1年生の時、高校レベルの理科3科目の講義がそれぞれありました。自分のレベルに合わせて、必要な講義を受け、2年生で皆と足並みを揃えるといったイメージです。また、実習(実験)は専門科目を学び始める2年生から少しずつ入ってきます。講義は充実しています。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      看護学科と臨床検査学科は違う学科ですが、ゼミでは両学科の学生が一緒になり、同じテーマについて議論していきます。学科が違えば考え方が違います。学生のうちから、異なる職種の人たちとコミュニケーションをとることは、チーム医療を考える上でも効果的だと思います。また、臨床検査学科の定員は25名です。一方で、看護学科は75名いらっしゃいます。ゼミ活動を通して、新しい人間関係を築ける、良いきっかけとなります。
    • 就職・進学
      良い
      就職は100%です。国家試験に合格できれば、就職は問題ないと思います。愛媛県出身の方の多くは、県内で就職します。県外出身は、地元で就職する方、愛媛県で就職する方、それ以外で就職する方など、様々です。
    • アクセス・立地
      悪い
      大学は砥部町にあり、松山市へのアクセスはほとんどがバスです。松山インターチェンジからはバスを使えばあまり不便な場所ではありませんが、松山空港からのアクセスはあまりよくありません。また、大学の特色上、病院実習などのように、大学外での活動もあります。一人暮らしの学生であっても、原付を購入する方がいらっしゃいます。勿論、原付は購入せず、バスを利用したり、自転車で移動する方もいらっしゃいます。
    • 施設・設備
      良い
      図書館は素晴らしいです。医学の参考書は一冊の値段が高く、購入できないことが少なくありません。また、臨床検査技師の参考書自体、あまり書店では取り扱っていません。そのため、大学の図書館は重宝します。欲しい参考書が図書館になければ、場合によっては取り寄せてくれることもあります。
      その一方で、大学は日曜日が閉館しており、出入りできません。テスト期間中など、集中して勉強したい時に図書館が閉館しているのは少し残念です。そのため、4点の評価にしました。
    • 友人・恋愛
      良い
      入学した年によって違いますが、男性は全体の2~3割です。臨床検査学科の全体が25名ということで、その内の2割と考えると、恋愛面で結果を残すのは、国家試験に受かるより難しいかもしれません。ですが、友人には恵まれると思います。医療人を目指しているだけあって、皆さん品があり、志を持った方々ばかりです。グループワークも多く、自然と仲良くなります。また、臨床検査学科は学年を問わず仲が良く、先輩方から国家試験や就職など、様々なお話を聞く機会がたくさんありました。
    • 学生生活
      良い
      学生祭では、サークルだけでなく、学科の学年ごとに屋台を出す所が多いです。そのため、サークルに入っていない人でも、自分のクラスの所で屋台に参加することができ、皆が楽しめるイベントです。
      アルバイトについては、勉強面に支障をきたさない程度にやっています。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では、基礎科目わ学びます。(例えば、高校レベルの理科であったり、英語などのこと。)看護学科と一緒にする授業が多いです。
      2年生では、基礎科目に少し専門科目の授業が入ってきます。(専門科目とは、血液学や微生物学などのこと。)
      3、4年生では、専門科目を学びます。実習(実験)もたくさんします。特に4年生では、国家試験に向けて猛勉強します。
    • 就職先・進学先
      医療施設
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:427639
271-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 愛媛県 伊予郡砥部町高尾田543
最寄駅 伊予鉄道横河原線 久米
電話番号 089-958-2111
学部 保健科学部

この学校の条件に近い大学

この大学のコンテンツ一覧

学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  愛媛県の大学   >>  愛媛県立医療技術大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
松山東雲女子大学

松山東雲女子大学

BF

★★★★☆ 3.93 (34件)
愛媛県松山市/福音寺駅
松山大学

松山大学

35.0 - 52.5

★★★★☆ 3.66 (295件)
愛媛県松山市/鉄砲町駅
聖カタリナ大学

聖カタリナ大学

BF - 37.5

★★★★☆ 3.52 (17件)
愛媛県松山市/伊予北条駅
理系のオススメ大学
広島国際学院大学

広島国際学院大学

BF

★★★★☆ 3.71 (12件)
広島県広島市安芸区/中野東駅
広島工業大学

広島工業大学

37.5 - 42.5

★★★★☆ 3.61 (86件)
広島県広島市佐伯区/山陽女学園前駅
広島修道大学

広島修道大学

37.5 - 47.5

★★★★☆ 3.83 (253件)
広島県広島市安佐南区/広域公園前駅

偏差値が近い大学の一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

愛媛県立医療技術大学の学部

保健科学部
偏差値:-
★★★★☆ 4.16 (27件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。