みんなの大学情報TOP   >>  奈良県の大学   >>  奈良先端科学技術大学院大学   >>  口コミ

奈良先端科学技術大学院大学
出典:Hiroaki Sakuma
奈良先端科学技術大学院大学
(ならせんたんかがくぎじゅつだいがくいんだいがく)

奈良県 / 国立

口コミ
国立大

TOP10

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:-

口コミ:

4.13

(23)

奈良先端科学技術大学院大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.13
(23) 国立内6 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.61
  • 研究室・ゼミ
    4.35
  • 就職・進学
    4.05
  • アクセス・立地
    1.78
  • 施設・設備
    4.43
  • 友人・恋愛
    3.48
  • 学生生活
    3.00
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

23件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    バイオサイエンス研究科 バイオサイエンス専攻 / 在校生 / 2017年入学
    2017年08月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      研究に関してはかなりのサポートをしてくれる大学だと思います。学内ではよく様々なところから研究者を招いてセミナーをしています。また、留学生も多く英語での交流日なども設けています。学生のサポートも充実しており、研究や就職、勉強など様々な面で支援があります。
    • 講義・授業
      授業量は他の大学に比べて多いと思います。内容自体は学部生の時に習ったものと同じですが忘れている部分も多いため良い復習になります。またいくつかの授業内容は録画されており、図書館で登録すると観ることができるため後で復習したい時や休んでしまった時でももう一度確認できます。
    • 研究室・ゼミ
      入試とオープニングテストの結果が上位の人から優先的に研究室を選び、5月ごろに最終的に研究室が決定します。研究室が決まるまでの間各研究室で説明会や歓迎会があり、先生や先輩方からさまざまなお話を聞けます。ただし、日付が重なっている研究室も多いので注意が必要です。
    • アクセス・立地
      最近近場のスーパーやコンビニが立て続けに閉店したため買い物は歩いて30分の場所に行かなくてはいけません。またバスも本数が少ないため出かけたりするには不便です。一応学内にコンビニはあります。大学内には学生寮(月1万円前後)があり、また大学が格安で提供しているアパートもあります。
    • 施設・設備
      大学自体がほかの学校に比べて新しいです。特に福利厚生に力を入れており、保健室では診察はもちろん薬なども無料で出してもらえます。また、図書室は24時間使用が可能で、ネット環境も整っています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人:大学院生としてここに進学してくるだけあって気の合う人が多いです。私の学年では社交的な人が多いのか交流会が何度か開かれました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      M1の特に前期は授業が多く研究よりも勉強がメインになるためあまり研究は進まないと思います。生物系の科目が多く、生物に共通する基礎的な授業、植物や動物などの分野別の授業、他の学科の基礎を学ぶ授業などがあり、英語学習にも力を入れています。
    投稿者ID:358486
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    バイオサイエンス研究科 バイオサイエンス専攻 / 卒業生 / 2015年入学
    2017年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      研究を行う上での環境、設備、人材が揃っていて自分の研究にしっかりと集中できた。確かに地理的には不便なところもあるが、学校として評価すると非常に優れた機関でした。
    • 講義・授業
      人によって形式が変わってくるが、グループ学習が多いので自分達の考えをしっかりと発信できました。
    • 研究室・ゼミ
      必要なものは揃っているので、本人の気持ち次第でどこまでも研究に没頭できると思います。
    • 就職・進学
      キャリアセンターでは専任の担当者と企業について話し合え、個人個人が目標としている分野の企業について丁寧に相談にのっていただけました。
    • アクセス・立地
      山の麓に位置しているので、周辺の勾配は多々ありました。駅やスーパーまでは徒歩15分位なので、そこまで困ることはありませんでした。
    • 施設・設備
      ここの研究室以外にも共通器機として非常に有能なものが揃っており、研究に役立ちました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ラボの人以外にも授業でいろんな人と話ができます。何よりも同じく研究がしたいと思って入ってくる人たちなので、気は合いやすいと思います。
    • 学生生活
      学生主体ですが、研究以外にも体を動かすスポーツ大会やBBQをしていました。その他のサークル等でもイベントは多くひらかれていました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      バイオサイエンス科では大きく生物の仕組みについて学べます。それが研究室によって動物あるいは植物や微生物なのか、そして細胞レベルか分子レベルなのか研究対象は多岐にわたります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      中堅食品メーカー
    投稿者ID:356431
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    バイオサイエンス研究科 バイオサイエンス専攻 / 在校生 / 2015年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 1]
    • 総合評価
      金銭的援助が手厚い大学という印象です。とにかく、安く生活でき、国立大学なので授業料が安いのはもちろん、寮費も光熱費電気代込みで一ヶ月に1万円程度で暮らすことができます。また、申請した人の殆どが奨学金の半額免除、上位7名ほどが全額免除を受けることができるなど、奨学金の免除の枠が圧倒的に多いです。生徒のレベルはさほど高くないので成績上位の枠にも入りやすいのも魅力だともいます。しかし、年々、生徒に対する金銭的援助の規模が縮小しているので、今後どうなるかはわかりませんが、それでも他の大学と比較して、安く修士号、博士号を取得できると思います。
    • 講義・授業
      他の大学院と比較して、取らなければいけない授業が多く、内容も簡単すぎるので、学部から生物学を学んだ人たちには退屈です。しかし、学部の時から分野を変えた生徒においては、一からじっくり学べる良い機会だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      殆どの研究室で最先端でレベルの高い研究ができます。しかし、俗に言うブラックラボも少なくないので、ラボ決めは慎重に行うことをお勧めします。
    • 就職・進学
      就活のサポートは手厚いですが、就活はその人次第なので、結果としては、良いところに入った人とそうでもない人の差がかなり開きます。
      また、昔は博士課程の学生には金銭的援助を大々的に行っていましたが、最近はあまりそうでもないので、奈良先端大のいいところが失われつつあるかなと思います。
    • アクセス・立地
      山の上にあるので立地は良くないです。最寄りのスーパーや駅へ行くために丘を1つ越えないといけません。また、大学の周りは田んぼで、レストランは学食しかありません。良く言えば、研究に集中できる場所です。
    • 施設・設備
      最新機器が揃っています。また、他の大学であれば共通機器として使っているような機械がラボ内にあったりなど、実験施設や設備は文句のつけようがありません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      陸の孤島なので学校内の繋がりが強くなります。それもあって大学内でのカップルが多い印象があります。逆に言うと、学校外の人と付き合っている人は少なめかもしれません。
    • 学生生活
      サークルはほとんどないです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      授業では生物学の基礎をしっかりと学べ、研究室では最先端の研究について学ぶことができます。
    投稿者ID:332051
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    バイオサイエンス研究科 バイオサイエンス専攻 / 卒業生 / 2010年入学
    2016年04月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      選ぶ際はやりたい研究よりもラボの雰囲気を最優先すべき。学生の学力は低め。教員は高めの人が多い。

      悪い点: 学生らしくない行動(派手なパーティや豪華旅行)をする者、研究をわざと邪魔する者に囲まれた。
      経済的な相談を教授&教員にしたがまるで相手にされなかった。

      良い点: 生徒の相談にちゃんと親身になる先生もいた(他のラボ)。忙しくても後輩の話をじっくり聞く生徒もいた(他のラボ)
    • 講義・授業
      長所: 多分野の講義が存在
      短所: 内容がつまらない、研究時間の削減になった
    • 研究室・ゼミ
      研究よりも行事に時間や金銭を割いた。

      雰囲気: 挨拶をする人はいない。新入りは全雑事を担当、悪口を言われるのも日常。
      月一で行事(飲み会、誕生会、運動会など)があり、高額な費用(自己負担)。ラボ旅行は非常識な豪華さで社会人3年目レベル(勿論自費)。

      研究: 上の指示通りに行うのみ。ほぼ何も許可なくできない。ラボ選択を誤るとパート/バイト程度の事しか出来ない。
    • 就職・進学
      就職支援は手厚い。就活NGのラボあり。
    • アクセス・立地
      異常な田舎。寮か車は必須。
    • 施設・設備
      研究費は充分。大学時代と比べ、狭く作業はし辛い。ex.1つの机を2人で共有し作業時間が3倍に。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学生の雰囲気は年々変化する(大学では毎年ほぼ同じだった)。
      友人: 自分の時は友人になりたいと思えたのは1人だけ。ラボが違ったので卒業まで0人。
      恋人: 他大学にいた。ここの学生で恋人はありえない。
    投稿者ID:188315
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    物質創成科学研究科 物質創成科学専攻 / 卒業生 / 2015年入学
    2016年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      博士号取得予定者には充実しています。アクセスは悪いですが、構内に寮があり、ほとんどの人が入居しています。
    • 講義・授業
      良い先生が揃っています。学士での専攻が違っても、勉強できる環境が揃っています。講義は配属までに集中していますので大変ですが、やりがいはあります
    • 研究室・ゼミ
      人気の研究室はとても良い先生、学生が集まっています。研究費は潤沢でやりたいことができます。学生が優秀でディスカッションが楽しいです
    • 就職・進学
      大手企業への就職実績があります。あとは自分の実力次第です。研究で実績を残せばいいところに入れると思います
    • アクセス・立地
      駅からが遠くバスが少ない。車を持ってくる人が多い。無料の駐車場は寮入居者で抽選で借りられます。イオンがあるので買い物はそこで揃います
    • 施設・設備
      寮は古いです。施設は最新とは言いにくいですが、研究施設は充実しています。ジムの用意されていて無料で使えます
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      寮生活の人は友達づくりができると思います。留学生も多いので、英語が話せれば、友達の幅がかなり広がります
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年目の最初は座学中心、配属されてからはテーマ決め、実験が開始します。
    • 所属研究室・ゼミ名
      浦岡研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      半導体技術の多くをカバーし、研究内容は最先端です
    • 学科の男女比
      7 : 3
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      化成品メーカー/研究職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      メーカーに勤めたかった。知識を生かしたかった
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      研究の幅が広いので、いろいろなことを学べると思った
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      小論文と面接なので、面接対策を中心にした
    投稿者ID:183251
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    物質創成科学研究科 物質創成科学専攻 / 卒業生 / 2012年入学
    2015年06月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      研究の質も高く、就職先も良いです。寮や福利厚生などの施設も綺麗で充実しており、満足いくものになっています。
    • 講義・授業
      ネイチャーにのったことのある教授陣の講義が聴けます。また、産学連携で企業の人の講義も聞けて幅広い知識が得られます。
    • 研究室・ゼミ
      お金が潤沢なので、研究費に困ることはなく、最新の設備が揃っています。産学連携で、企業の研究室に入ることも可能です。
    • 就職・進学
      超有名な企業への就職が比較的簡単に成功します。推薦枠があるので、学内で推薦枠をとればほぼ確定です。
    • アクセス・立地
      周りに何も無い、田舎に位置しています。車やバイクなどの足があったほうが絶対に良いです。駅から遠く、バスを利用することになります。
    • 施設・設備
      比較的新しいので、施設や建物が綺麗です。また、寮や筋トレルームなどの福利厚生施設も充実しています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女性は少なく、恋愛には適していません。また、女性がいても研究一筋の変わった人が多いので、恋愛は望めません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      研究内容によって、勉強する内容は千差万別ですが、おおよそ物性物理学や物性化学を学びます。物理系では固体物理などです。
    • 所属研究室・ゼミ名
      メゾスコピック研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      強想関係電子系の物性について。実験と理論の両面から最新の研究が出来ます。
    • 学科の男女比
      9 : 1
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      シャープ株式会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      近畿圏の事業所が多く、その当時は業績が良かったので
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      物理学が好きなので、物性物理を学べて家から近いのが魅力だったので
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      大学の先輩の話から、受験対策を行いました。
    投稿者ID:115110
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    バイオサイエンス研究科 バイオサイエンス専攻 / 卒業生 / 2015年入学
    2015年06月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学院大学なので、研究環境は整っていてとてもいいと思います。学科の人数も多いため、楽しい大学生活を送ることができると思います。
    • 講義・授業
      大学院のわりには講義が多く、課題もそれなりにあるので結構大変です。でもグループワークやディスカッション形式の授業が多いので協調性や考える力など社会で必要な力は身に付くと思います。
    • 研究室・ゼミ
      どの研究室もとても魅力的な研究を行っていると思います。国からもらう研究費も多いと思います。ただ入学してから研究室が決まるまで時間がかかるのですぐには研究を始められないという欠点もあります。
    • 就職・進学
      大手企業へ進学している人も多いです。就職支援も充実しているため、就職活動は比較的しやすいと思います。
    • アクセス・立地
      大学へのアクセスはあまりよくないと思います。また近くにあまり施設がないので不便に感じることもあると思います。
    • 施設・設備
      困るというほどでもないですが、食堂や売店の規模が小さいので、少し物足りなさを感じることもあると思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科の人数が多く、またサークルなども充実しているため、友達は比較的作りやすいと思います。色々な考えの人がいるため刺激にもなると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      講義を通して生物学を基礎からしっかり学びなおすことができます。またディスカッション形式の授業もあるので考える力も身に付きます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      構造生物学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      がん抑制遺伝子に関連するタンパク質を精製・単離し、X線結晶構造解析を用いてその構造や機能を明らかにする研究を行っています。
    • 学科の男女比
      8 : 2
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      元々学部の時に生物学を専攻していたため、大学院でもっと研究したいと思い、本学の研究環境や研究内容の充実さに魅力を感じ、進学を決めました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      卒論の内容をしっかり説明できるようにすることと、指定された教科書をしっかり学習すること。
    投稿者ID:110602
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    バイオサイエンス研究科 バイオサイエンス専攻 / 卒業生 / 2006年入学
    2015年02月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      研究室で没頭して研究に打ち込むなら良い環境です。研究の設備もかなり新しいものが取り入れられています。ノーベル賞受賞者の教授も京都大学以前はこちらに勤められており、各部門の最先端の研究を担っております。また、学部がないので学部生の面倒を見る必要が無く研究に打ち込めるといえます。就職活動に関してはそこそこの実績があります。ただし、研究室が閉鎖的なのでボスが非常に強い力を持っています。その為、研究室によって当たり外れが激しくボスが変な人だと非常に人間関係で苦労すると思います。特に就職活動に理解をしていない教授が多く、そういったところにあたると十分に就職活動をさせてくれずプレッシャーをかけられるようです。
    • 講義・授業
      基本的な学科科目に関しては、セル等に沿って行われる為、基本的な事が多いです。一方で各教授が自身で行っている研究についても説明してくれるので各最先端分野の状況もかじる事ができます。
    • アクセス・立地
      山の中です。最寄りの駅からでも徒歩で30分強はかかります。大きな丘を一つ越えるイメージです。校舎の周りにもほぼお店がありません。買い物を最寄りのスーパーまでするにも一苦労です。
    • 施設・設備
      キャンパスは非常に新しく、研究設備、図書館等充実しております。また、バスケコートやジムを無料で使用できます。学食もあり、昼、夜をたべることができます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      個性的な人が多いです。非常に柔軟な考え方をできる天才と思える人も何人か会える事でしょう。入試の試験が難しくなく、研究環境は優れているのでさまざまなレベルの人が入ってきます。なので、いままであまり関わりの無かったレベルの人と関わる事ができると思います。女性の割合が少し少ないですが、恋愛する機会も多いです。
    • 部活・サークル
      部活はそこまで活発とは言えませんが、ボランティアをしている団体等は結構本格的にやっていました。文化部活動がどっちかと言えば活発なイメージです。運動部もありますが、数はそこまでおおくありませんでした。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      理学・生物学の基本知識や先端の情報を学ぶことができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      細胞シグナル研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      細胞シグナルのメカニズムについて最先端の研究を行う。
    • 学科の男女比
      8 : 2
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      日本食研ホールディングス株式会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      研究職で内定が決まり、開発をしてみたいと思った為。
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      最先端の研究をしている方が多く、より深く研究に没頭できると思い選択した。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      説明会が各地であり、参加すると過去問の内容を聴ける。内容は、細胞生物学の前半から穴埋め何問かと簡単な英文を日本語訳する。後は面接。
    投稿者ID:83341
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    物質創成科学研究科 物質創成科学専攻 / 卒業生 / 2009年入学
    2015年02月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学院のみの大学なため、研究に集中できる。初めだけ授業があるが、1年半は研究のみをできるため、レポートに時間を割く必要がない。
    • 講義・授業
      他専攻からの専攻代えを行えるように、多岐にわたる授業プログラムがある。基礎から応用まで、研究に役立つ授業が多い。
    • アクセス・立地
      奈良の山奥になり、バスが一時間に2本しかない。駅から学校まで30分と遠い。コンビニが周りに一軒あるだけで買い物は車が必要になる。
    • 施設・設備
      運動場やトレーニングルームは広く、クラブ活動も毎日行われている。年に数回、野球やサッカー大会が存在する。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      日本だけでなく、世界各国から研究者として入学するため、色んな友達ができる。入学すれば、皆彼氏彼女を作るため、恋愛には困らない。
    • 部活・サークル
      野球やサッカー、マラソンサークル等と毎日活動するサークルがたくさんある。やりたいスポーツがあれば、自分たちでサークルを立ち上げて活発に取り組んでいる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      物質について化学から半導体まで幅広く学べる
    • 所属研究室・ゼミ名
      太陽電池作製研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      太陽電池の作製と評価を行い、安価なコストを実現することである。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      JAXA
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      宇宙太陽電池を発展と実現を目指し、宇宙産業を発展させるため。
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      他専攻からの専攻変えを行うため、幅広く学びたかった
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      学部の研究を基礎から応用まで考察し、質問対策を行った。
    投稿者ID:83043
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    バイオサイエンス研究科 バイオサイエンス専攻 / 卒業生 / 2009年入学
    2015年02月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      分野外から進学してきても充実した研究生活が送れます。学部生がいない分、研究に打ち込む時間が長く取れて成果が出しやすいです。入学後に研究室を選択して配属されるので、じっくり研究室を吟味できます。また、博士課程に進学すると大学から経済的援助もあります。
    • 講義・授業
      入学直後のテストで基礎的な知識レベルごとにクラスを分けられて教科書にそって一通りの基礎生物学の講義を受けれます。また、グループ授業では少人数でディスカッションする授業もあります。また、国内外から著名な研究者の先生が多く来られて講義を受けることが出来ます。
    • 研究室・ゼミ
      研究室ごとにそれぞれ特色があるので一概には言えませんが、どこにいっても自分が頑張れば頑張った分成果がでると覆います。
    • 就職・進学
      就職キャリア支援はかなり充実しているほうだと思います。もと大手企業役員のOBの方が客員教授として常駐してくださっているのでいつでも就職に関する相談ができます。
    • アクセス・立地
      キャンパスは最寄り駅から徒歩15分くらいで、バスの本数はそこまで多くありません。実際に生活するには車があった方が便利です。大阪から40分、京都から1時間くらいです。
    • 施設・設備
      キャンパス内に学生寮があり、月1万円で住めます。また、研究機器も高価なものを共通で使用できるので他大学と比べてかなり充実しています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      全員外部からの進学者なので、ほぼ100%新しい知り合いができます。研究室は違っても、講義で知り合って友人になることは多くあります。
    • 部活・サークル
      サークル活動はあるにはありますが、大学のようなサークル活動とは違います。みんな研究が忙しいので基本的に平日の夜か、休日のみの活動です。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      分子生物学、細胞生物学を基本として、植物、微生物、動物の三分野に分かれます
    • 所属研究室・ゼミ名
      細胞内情報
    • 所属研究室・ゼミの概要
      動物細胞を用いて細胞内のシグナル伝達に関する研究
    • 学科の男女比
      7 : 3
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      博士後期課程進学
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      研究者になるために博士号をとりたかったから
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      分野外の他大学出身でも進学でき、最先端の研究ができるから
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      エッセンシャル生物学に載っている基本的な生物学
    投稿者ID:80878
    この口コミは参考になりましたか?
23件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

この大学のコンテンツ一覧

おすすめのコンテンツ

奈良県で評判が良い大学

奈良県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  奈良県の大学   >>  奈良先端科学技術大学院大学   >>  口コミ

奈良先端科学技術大学院大学の学部

オススメの大学

奈良教育大学
奈良教育大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.84 (70件)
奈良県/国立
大阪教育大学
大阪教育大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.81 (226件)
大阪府/国立
京都教育大学
京都教育大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.78 (65件)
京都府/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。