みんなの大学情報TOP   >>  大阪府の大学   >>  大阪芸術大学   >>  口コミ

大阪芸術大学
出典:663highland
大阪芸術大学
(おおさかげいじゅつだいがく)

大阪府 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:-

口コミ:★★★★☆

3.71

(221)

大阪芸術大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.71
(221) 私立内299 / 567校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

221件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    芸術学部 放送学科 / 卒業生 / 2014年入学
    2018年05月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 1| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学校の雰囲気としては放置に近いです、手厚くサポートと言っているのはOCか最初か、ごく一部くらい。
      正直学費がどこに使われてるのか疑わしいです。
      芸大というネームバリューだけはそこそこ通用しますが、入試の難易度に比例し基礎的な学力を持たない+社会性がない学生が半数以上います。
      大規模な学校を維持するために仕方ないのかもしれませんが、優秀な学生が足を引っ張られてる場面を何回も見てきました。
      他の大学以上に立ち回りが重要かつシビアな大学です。
    • 講義・授業
      一部の授業などは今でも為になることがありましたが、大講義などは完全に動物園です。
      卒業に必要な単位+楽に取れる授業などはもはや授業といえるレベルではないです。
      また、一年から専門科目を中心に取ることになるため、基礎的な教養を教わる機会は皆無に近いです。
    • 研究室・ゼミ
      基本ユルいです。先生方も出張や遠征してる場合が多く、放置も多々あります。
      学費がどこにいってるのか、無駄になってる感覚しかありませんでした。
    • 就職・進学
      良くないです。
      作家になるどうこう以前に社会性が欠落してる学生が多いです。
    • アクセス・立地
      田舎にありますが、都心から電車は通っているためさほど不便ではないです。
      私が卒業する前の年からバスが学校の前まできてくれなくなり、通学環境はさらに悪化。
      (新しい学科の建設の為だそうです。今後は知りません。)
    • 施設・設備
      これだけはやけに良いです。常に清掃の方が清掃したり、設備が増えていきます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      それぞれです。本当にそれぞれです。
    • 学生生活
      それぞれですね、ただ格差が激しいです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      テレビ局
    投稿者ID:424255
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    芸術学部 工芸学科 / 卒業生 / 2014年入学
    2018年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      やりたいことが明確ならば、環境は整っているため有意義。
      課題は多いが、こなしていけば力はつく。

      しかし、なんとなく芸術が好きだから、といった無計画な気持ちで入学し自堕落になり辞めていく生徒も多いので気をつけましょう。
    • 講義・授業
      設備が良い。他学科の授業も興味深く、自分さえやる気があれば様々なジャンルのことを深く学べる。
    • 就職・進学
      就職課に足を運べばサポートはしっかりしてくれる。
      技術職・専門職のみならず、一般職希望でも就職課は活用しましょう。
      自分で動けば助けてくれます。
    • アクセス・立地
      田舎で何も無いが、そのぶん家賃がとても安く下宿生には有難かった。
    • 施設・設備
      他の芸大・美大とは比べ物にならないほど設備は良い。
      新しくは無いが、規模はかなりのもの。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人に寄るが、人数が多いので共通の趣味を持つ人は探せばいる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次には4つの専攻を全て経験し、2年次から専門へ。2,3年次には基礎を中心に課題をこなし、4年次には卒業制作に集中する。
      一般教養は2年までにある程度取り終えるくらいのスペースで、それ以降は専攻に集中しましょう。、
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手メーカー
    投稿者ID:421892
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    芸術学部 デザイン学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      自分が何をしたいかを明確に持っている人にとってはとても良い美術大学。
      様々な分野の学科がある為、選択抽選で受けることが可能になる授業では自分の専攻学科とは違う授業を受けることもでき、また自分が知らないことを知っている人とのかかわりで交友関係を深めると様々なことを知れる。
      また私立ということもあり、設備が整っている。図書館おすすめ。
      イベント、特に文化祭は盛り上がりを見せる。

      ただ、なんとなく進学した者は無為な生活を送るだけである。また基礎から教えるため、高校が美術学科・教室に通っていたことのある者は同じことを繰り返すことにもなる。
    • 講義・授業
      美術学科、デザイン学科はもちろん、工芸、建築、写真、映像、キャラクター造形、文芸、放送、舞台芸術、音楽、演奏など様々な学科があるので、様々な講義がある。
      ハリウッドでも活躍したアーティストによる特殊メイクについての講義、歴史と美術の繋がりを教える講義、実際の人気の声優による講義、キャラクターの作り方を学ぶ講義など、抽選式ではあるが講義を受ける機会はある。

      履修の組み方は春に1年間のスケジュールを立てる。前期・後期と別れていないのが地味にめんどくさい。
      課題は自分が専攻している学科については毎回出る。多いところは多いし、内容が難しいことも。
    • 研究室・ゼミ
      3回生でコースを選び、先生が1人しかいなかった為、コース生全員が同じ研究室のような扱いでした。
      卒制は、情報デザインというパソコンを使ったデザインを手がけるコースの為、ゲームの企画を作る・Webサイト作成など色々ありました。
    • 就職・進学
      3回生から就職活動がはじまる。美術大学ということもあり、自分が何をしたいかをしっかり見据えて動かないといけないため、就活課はしっかりとしたサポートを提供してくれていました。
      カプコン、フロムなどのゲーム会社の講習なども大学内で行ってくれたりと就活関係なくとても面白い講習を行ってくれました。
    • アクセス・立地
      大阪ではあるが田舎の方なので遠い。また通勤通学ラッシュタイムはそこそこ本数があるが、昼などは電車本数が少なすぎる。
      駅から大学までも遠く、スクールバスが出ている。が、授業前後のみ本数が多くそれ以外は少ない。
      駅、大学周辺は何も無い。
    • 施設・設備
      図書館には様々な本が揃っており、大きいフロアで2~3階建て。本以外にも様々な映像作品も多くあり、多くの学生が利用している。
      また学食が2箇所あり、それとは別に大学内には喫茶店などの飲食店がある。第2食堂はとてもひろく、授業がない学生が課題をしている。
      また印刷所、展示会ができるスペースなど他にも様々揃っていた。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      本当に多くのサークルがあり、駅伝が大会に出るほど頑張っていた。
      また学科が多いので、多種多様な人がいた。
      サークルも大学のイベントにそこまで出てないので詳しくは不明。
    • 学生生活
      サークルには所属していなかったため不明。
      イベントは秋に行う学園祭が一般の方々までくる大きなイベント。サークルは露店や喫茶店や展示会を催し、参加希望者にはフリーマーケットでお店を出していた。
      またコスプレも多くの方がしており、いるだけで楽しいイベントとなっている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      私の頃は、卒業する為に124単位が必要。
      基本的にはデザインについての授業だが、必修科目に英語が付きまとう。(だいぶ優しいが)
      1・2回生はデザインについての基本的な授業を行う。必修科目でも、先生によって内容がかなり変わる(新規店を作るためのコンセプトやイラストを作るものや、お茶のパッケージを作る為フォントを作るなど)。
      3回生からコースを選び、専門的なところが出てくる。グラフィックデザイン、ビジュアルアーツ、情報デザインと3つのコースがあった。情報デザインはPCを使ったデザインを主に行う。
      4回生は卒制を主に行う。単位を上手いこと取っていたら、卒制にだけ集中できる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      就活する気なく、デザインから離れたかった為
      新しいファミレスの社会保険付きパート
    投稿者ID:426865
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    芸術学部 舞台芸術学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学びたいことに集中して学べます。
      もし他の学科やコースにも興味があれば、授業によっては受けることもできます。
      卒業後はプロとして活躍してる先輩もいていい刺激になります。
    • 講義・授業
      毎日必須の授業があり、とても充実しています。
      曜日ごとで先生も違っていろんな先生方かはアドバイスがもらえます。
    • 研究室・ゼミ
      まだ1回生なのでよくわからないですが、先輩方から愚痴や変な話を聞いたことがないので、充実していると思います。
    • 就職・進学
      芸術大学なので就職せずにプロ志望の方もいるので何とも言えませんが、私の先輩はプロになった方も進学された方もいます。
    • アクセス・立地
      最寄駅は近鉄喜志駅。
      大阪阿部野橋駅から30分くらい。
      駅近くにバス停があり、そこからスクールバスが出てます。
      ものすごく田舎です。
    • 施設・設備
      劇場や映画館もあり充実してしています。
      食堂やインターネットルームにWi-Fiもあり、調べたりする時には役立ちます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内では仲間だけどライバルという感じです。
      サークルの繋がりは大きくてとても充実しています。
      学内の恋愛はそんなに多くはないですが、私の友達は同じ学科の人と付き合ってます。
    • 学生生活
      私のサークルはヤバTさんが所属してたサークルで毎月のLIVEが有ります。
      学外ではソロで舞台に出たり芸能活動をしている学生もいます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎的な知識が多いです。
      2年次以降はまだ1回生なので詳しくは分からないですが、1年次で学んだことを発展してさせていくと思います。
    投稿者ID:427991
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    芸術学部 工芸学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 1| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      講師が全員作家で、県外から来ていることもあり、授業内容は幅が広く、興味深いものが多かった
      学外授業で沖縄に行ったり、希望すれば海外に行くことも可能だった
      授業内外でも交流があり、みんなで食事する機会も多かった
    • 講義・授業
      授業内容は講師の専門分野に分かれるため、様々な授業を受けることが可能
      講義よりも実技授業が多く、講師によるデモンストレーションが必ずあり、雰囲気としても惹かれるものがる
      課題内容は個人レベルにもよるが、期日に間に合わせることがやや大変だったように思う
      講師たちはフレンドリーで接しやすく、話しやすいのでちょっとした相談もしやすい環境であった
      与えられたテーマや内容自体は面白く、やりがいのあるものが多かった
      単位をとることはさほど難しくなく、授業に出て、作品を期日にまでに完成させることができていれば高確率で取得可能
    • 研究室・ゼミ
      特殊な学科のため、ゼミはなかった
      卒論ではなく、卒業制作になるため、必要以上に講師・教授と話すこともなかった
    • 就職・進学
      特殊な学科だったため、専門の工房に入る人が毎年数人いた
      それ以外は一般の企業や留学・大学院に進んでいた

      大学としての就職活動サポートは充実しておらず、各自で自由に活動するというのがメインだった
    • アクセス・立地
      大学から駅まで距離があるため、ほとんどの学生が大学のバスに乗って通うことになる
      田舎で、下宿の学生が多いため、遊ぶ時は誰かの家で晩御飯を食べるということが多かった
      大学付近か、最寄駅の周りに住む学生が多かったので交流はしやすかった
    • 施設・設備
      大学自体はとても大きく、授業によっては移動が大変だった
      学科においての設備はとても充実しており、課題をこなすうえで不便に思うことは一度もなかった
      また、生徒一人につき、ひとつ、専用の作業机が用意されており、授業以外での制作はそこで時間を使うことになった
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係はとてもよく、学科内でも先輩後輩問わず顔と名前を覚えることが可能だった
      サークルでは、他学科の学生と友達になることもでき、人によっては他学科の友達の方が多い人もいた
      学内の恋愛は、サークルに入っている人の方が多いようにみえた
    • 学生生活
      サークル内容は充実していたが、授業とサークル活動とのバランスをとるのが大変だった
      大学内でのイベントは季節に合わせたものがいくつかり、(七夕・ハロウィン・クリスマスなど)学内の雰囲気も良かった
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1回生の時は、学科内の4コース(金属・陶芸・ガラス・テキスタイル)の主に基本的なことを学ぶ授業。雰囲気としては体験授業を受けているような感覚。
      2回生になると、それぞれ自分の希望するコースを選ぶことになる。そこから残りの3年間そのコースを続けることになる。1回生の時よりも専門的で、技術を学ぶことになる。課題も少し難しくなる。
      3回生の時は、2回生の時に学んだ技術的な面を重視される。作品に対しての正確さや美しさを評価される。後半では、卒業制作を意識してか、「表現」を学習することになる。課題自体も与えられたテーマは特になく、自分が何をどう表現したいかを問われる。
      4回生に至っては、卒業制作に時間を注ぐのみなので、授業はほとんどなく、授業時間とそれぞれが空いた時間を使ってひたすら作品を作る年になる。授業時に講師・教授に作品の相談をすることは可能。
      必修科目においては、特に無理することなくとれる。よっぽど出席日数が足りない限りは卒業できる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      某印刷会社
    投稿者ID:426247
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    芸術学部 舞台芸術学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      舞台芸術学科で4年間役者の勉強をしてきました。
      設備、授業を担当してくださる先生方は素晴らしい方達ばかりですが、マンモス校ということもあり、色々な考え、思いのベクトルが違う生徒もいました(中退する、真面目に授業をうけない等)。そういった人のことも含め学科の総合評価は4点かなと思います。
      もちろんちゃんと舞台のことを学びたいと思ってこの学校に入学した人もいたのでいい刺激を貰えることもありました。
    • 講義・授業
      先生方で講義や指導方法、教室が違うので教室移動や授業の準備が大変でした。
      とても楽しい講義をしてくださる先生がいらっしゃれば、ただ黒板に文字を書いて読んでだけで質問をさせてくれない先生もいらっしゃったので周りのお友達や先輩にどんな先生か、どんな授業をされるのか、出席、点数の取り方等を聞いておくといいと思います。※「シラバス」というHPから授業の進め方、必要な教材を見れるものがあります
    • 研究室・ゼミ
      私の所属していた学科ではゼミというものはなく、卒業制作公演というものを発表します。しかし公演をするだけではなく、公演に向けての課題やスケジュール、公演が終わった後の振り返り等をレポートにして担当の先生に提出します。公演は班に別れてしていましたが、レポートは個人作業でした。
      私の学科はゼミがありませんでしたが、他学科ではゼミがありました。
    • 就職・進学
      最近は人手不足ということもあり、この大学で職につけないという人はほとんどいませんでしたが、大学の名前で切る会社は少なからずありますので、大学を卒業して今まで学んだことをいかした職業に着きたいと考えているならともかく、そうではない人はあまりおすすめしません。
      でも就職課の方々は親切で親身になって話や相談、サポートをしてくださるので進路や就職を早めに考えている方は相談しにいかれると良いと思います。
    • アクセス・立地
      周りは田んぼです。学校直行のバスがありますが、授業前になるとたくさんの人がならんですごいことになります。
      天王寺駅を使う人は都会で遊んで帰ったりすることもできますが、そうではない人はすこし寂しいかもです…私は寂しかったです…
    • 施設・設備
      学生ならパソコンやWiFiが自由に使えるインターネットルームという場所があったり巨大な図書館で映像や音楽が聞けたりします。人が多いのが苦手で落ち着いた場所でパソコンを使って課題をされたい方は図書館の自習室というところがおすすめです。4つの個室があり、WindowsがMacが使え、役員の方にお願いすればコピーをさせてもらえます。
      ただ電波が届かない場所があり、少し不便だなと思ったので4点にさせていただきました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私の学科は全員で作品を作る学科ということもあったので友達が作りやすかったと思います。
      それにサークルに入れば他学科の人と交流する機会もあるので話の合う人とも知り合うことが出来ると思います。
    • 学生生活
      新入生歓迎ステージや学園祭、オープンキャンパスといった舞台にたって学科を発表する時期があってみんなその時のために一生懸命練習しています。ただ、学業とは別というときもあるのでアルバイトをしながらという人は少し大変かもしれません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      舞台芸術学科は演技演出、ミュージカル、舞踊、ポピュラーダンス、舞台美術、舞台証明、舞台音響効果、合わせて7つのコースがあります。そして年に1回公演があり、学んだことの集大成をそこで発表します。
      私は演技演出でした。演技演出コースでは役者と演出家の勉強を同時にしますが、1回生の時は発声、ダンス(バレエ、日本舞踊等)、体力作り、歌唱、演技等の役者の基礎を学びました。
      2回生では役者の基礎を学びながら班に別れてひとつの短い劇を作りました。
      3回生では今まで学んできたことの応用を勉強しながら、役者、演出家として働いていくこと、プロとは何かということも勉強します。
      4回生では卒業制作公演に向けて自分たちで話し合いスケジュールを決めて稽古をします。卒業論文は先程書いた卒業制作公演に向けての課題やスケジュール、公演が終わった後の振り返りをレポートにして提出します。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大阪芸術大学 芸術学部 舞台芸術学科演技演出コース 非常勤副手
    投稿者ID:428849
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    芸術学部 放送学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      1年の時は一通りの勉強ができるので楽しいと思います。
      2年からはそれぞれのコースに分かれて授業をしますが私のコースは先生が毎回バラバラで言うことも全部バラバラでした。卒業後 夢を叶えてる子がほんのわずかです。
      それまでに もうこの夢はやめようと思った人が7割だと思います。4年の時間があるのでいろいろ考えることができるのでその点は良いと思います。
    • 講義・授業
      毎回先生が違うので統一性がありません。
      先生も言うことが毎回違います。
      まじめに毎日言ってる子と サボりがちの人間と同じ扱いです。学校に学びにきてる感覚でいると努力すればするほど虚しくなる時はありました。
      楽しい授業ももちろんあります。けどそれは年に数回です。その先生が数回しか来ないからです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはありませんでした。
      他コースはあります。
      卒制の担当の先生で全て決まると思います。
      選べないので好きなことはできないです。
    • 就職・進学
      説明会 ガイダンス 写真撮影 掲示板をしっかりみておけばうまく参加できます。
      就職率は悪いです。そもそも就職する気がある人があまりいないのでどうしたいか意志がないと流されると思います。
      サポートは学科ごとで担当の人がいます。
      他の人には相談できません。
      私の担当の方は親身になって相談に乗ってくれました。
      あまり求人はこないので自分で探さないといけません。
    • アクセス・立地
      最寄駅にはスーパーしかありません。
      歯医者美容院はあります。
      マクドナルドなどのチェーン店は全然ありません。
      カラオケ 飲み屋さん などは少し歩けばあります。
      原付や自転車があればなんとかなると思います。
      コンビニは増えました。
      文房具本屋さんはないので学校で揃えれると思います。
    • 施設・設備
      教室は学科によって全然違います。
      新しいコースの棟はとてもきれいです。
      設備はある程度しっかりしてます。
      ですがいざ就職できて実践となるとこの機械はあまり役に立たなかったときいています。
      インターネットルームは開放して使いやすくなりました。
      図書館もとても静かで勉強しやすいです。
      図書館の上はビデオなどをみる場所があるので作品とかみる時はべんりだとおもいます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルに入るととても友好関係が広がるので他学科の方とも仲良くなれます。
      大学生の恋愛なので巻き込まれないように気をつけると良いと思います。たくさん部員がいるサークルは特にです。
    • 学生生活
      大学のイベントが大きく2回あるので それにむけて練習したりしてたので毎日大変でしたが充実してました。
      郊外での活動もありました。
      ただたくさんのサークルを管轄する組織が今人手が足りなくて運営ができなくなるかもしれないので そろそろ活動ができるかのところまできています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次 スタジオ実習 ラジオ作成 バスロケ(校内)ビデオ作成 編集
      2年次 アクセント 発声 筋トレ 簡単なお芝居 ナレーション
      3年次 演技論 ボイスサンプル アフレコ
      4年次 卒業公演 朗読劇にむけての練習
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      販売
    投稿者ID:431503
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    芸術学部 音楽学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      授業の質はピンからキリまで様々。有用な授業もあれば受ける価値のないような授業もある。しかし作曲から音響、その他音楽以外まで、分野としては幅広く対応できる。コンサートその他のイベントもそれなりにやっているし、自分達でイベントを行うこともできるので自身のやる気次第。
    • 講義・授業
      分野としては幅広い。がやはりクラシックと電子音楽の作曲、音楽文化学、音響に偏っている点は否めない。専門の先生に聞けばかなりのことを教えてくれるが専門外はそれなり。
    • 研究室・ゼミ
      作曲やレコーディングの演習はそこそこ充実している。ただし学科でレコーディングスタジオを持っていないので自分たちでスタジオを借りて録音、といったことはできない。
    • 就職・進学
      就職口は専攻とあまり関係がないものだったり、そもそも就職活動をまともにする人もそれほど多くない印象。就職したいなら自分で頑張るしかない。
    • アクセス・立地
      学校の周囲には田畑が広がり、電車は1時間に4本と完全に田舎。自然が豊かという言い方もできるが、学科棟周りは竹藪で、4階の窓には「鳩が入るため窓を開けないように」との張り紙があるほど。
      学校近くにはスーパーやホームセンターがあり、少し歩けばコンビニもあるため住むのにそれほど不自由はしないと思う。ただし毎朝登校するために急な坂を登ることとなる。駅前ならバスが出ているのでそちらの方が登下校はしやすいと思う。
      大学?梅田駅間のバスもあるが本数が少ないのでイマイチ。
    • 施設・設備
      学科の機材にはそれほど良いものはない。研究室より良いものを持っている学生もそこそこ多い。コンサートを行うなど大型であったり数が必要ならば利用する意味はある。
      設備に関しては学科が持っているものが少ないので、スタジオやホールを使いたいなら隣の学科や事務室で借りる必要がある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      和気藹々とした雰囲気で人間関係はそこそこ良好。ただし上下の関係は希薄。学科同士の交流は演奏学科を除けばほぼ皆無と言っていい。交友は自分から広げなければ全く広がらない。恋愛関係は分かりません。
    • 学生生活
      友人とサークルを立ち上げましたが人数が集まらず、部員の能力も低かったため2年活動した後休止しました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修実技科目の習得順は1年次に楽典、2?3年時に和声、3?4年次に対位という感じ。その他レコーディング、副科でピアノ、声楽、合唱、クラシック/ポピュラー/邦楽器のいずれか、など。基本的な講義を1?2年時に取って3?4年次には実技や卒業必要単位埋め、というのが基本。作曲演習は3年履修可能(さらに卒業制作で実質4年)。
      卒業制作は作曲(クラシックか電子音楽)、論文、インスタレーションなど。提出後に全教授の前で発表を行う口述試験あり。
    投稿者ID:429189
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    芸術学部 演奏学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 5]
    • 総合評価
      どの先生も手厚く丁寧に教えてくださるので、とてもやりがいがあります。自分のやりたいことをすることができます
    • 講義・授業
      さまざまな教授や、学外から集めた特別講師による授業が数多く設けられています。他学科との交流もあり自分の視野がとても広がると思います。
      マンツーマンで教えてくださり、一緒に作品を作り上げていけるので悩んだ時に相談にのりやすく的確なアドバイスをいただけます。
    • 就職・進学
      毎年、卒業生による講演があります。
      自分の知らなかった世界や道があり、とても興味が出るように感じます。
    • アクセス・立地
      最寄駅は近鉄南大阪線・長野線の喜志駅からスクールバスで10分です。
      交通便は少し悪いかもしれませんが、緑が多く敷地も広いのでのびのびと過ごせます。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      大学にはさまざまなイベントがあり、他学科のイベントや外部からのイベントもあるのでさまざまな芸術に触れることができます。
      自分の趣味や興味をもったものに触れることができます。
    投稿者ID:389557
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    芸術学部 音楽学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      芸術の大学なのでもちろん知ってるのが前提の授業。好きとういう気持ちだけでは厳しいところもあった。音楽の基礎・歴史を4年間通して学ぶようなものなので、近年の音楽を学ぶ機会は少ない。
    • 講義・授業
      自分が学ぼうと思わなければ、学べないような理論と専門知識を学べた。リュ州の仕組みは大して難しくないが、1回生から2回生には必須科目がないので上がれるが3回生に上がる際に、1回生の授業の必須科目があったりするので、必須科目は取れる回生の時に必ず履修しておくべき。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの選び方は幅が狭く感じた。ゼミといいながらあまりゼミらしくなく、自分で決めた1つの課題を1年かけて少し深堀するという程度。
    • 就職・進学
      芸術学部ということであまり就職率がよくないためか、少し大きな企業を受けてみようとすると、まず否定される。
    • アクセス・立地
      最寄り駅から徒歩では行けないわけではないが、30~1時間はかかる。無料のスクールバスがあるがとにかく混む。
    • 施設・設備
      学部によっては新しい棟もあるが、ほとんどの棟が古い。大きい大学なので敷地内の移動が時間がかかる。前もって棟と部屋をわかっていないと授業の開始時間に間に合わない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルがいっぱいあるので何か興味のあるサールクに入って別の学科の人と知り合いになったり、友達になった方がいい。サークルに入らないと別の学科の人と知り合う機会がほどない。
    • 学生生活
      サークルに入っていたので、色々な学科の人と友達になれ、他学科の関連科目などの授業でも友達いるので楽しく過ごせた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1回生は主に必須科目の消化と共通科目、2回生は必須科目と専門科目、3回生は専門科目、4回生はゼミのみ。音楽学科は卒論は実質、3回生の後期ぐらいから始動し始める。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      テレビ局関係者
    投稿者ID:409919
    この口コミは参考になりましたか?
221件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

大阪府で評判が良い大学

大阪府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  大阪府の大学   >>  大阪芸術大学   >>  口コミ

大阪芸術大学の学部

芸術学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.71 (221件)

オススメの大学

関西福祉科学大学
関西福祉科学大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.84 (105件)
大阪府/私立
太成学院大学
太成学院大学
近隣の学校です
★★★☆☆ 3.38 (24件)
大阪府/私立
大阪大谷大学
大阪大谷大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.72 (109件)
大阪府/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。