>>     >>     >>  口コミ

大阪芸術大学
大阪芸術大学
(おおさかげいじゅつだいがく)

大阪府 / 私立

偏差値:41 - 52

口コミ:

3.74

(98)

大阪芸術大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.73 130位
研究室・ゼミ 3.46 303位
就職・進学 2.94 403位
アクセス・立地 2.14 404位
施設・設備 3.90 98位
友人・恋愛 3.45 252位
学生生活 3.00 34位
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

98件中 1-10件を表示
  • 大阪芸術大学
    女性在校生
    芸術学部 デザイン学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-09-26投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      デザインを学びたい、将来デザイン関係の仕事に就きたい、と考えている人にはとてもいい大学だと思います。
      ただ、行きたい大学が無くてなんとなく面白そうだから入学した、という人が稀に居ますがそういった人は途中で辞めていくケースが多いように感じます。
      芸大のデザイン学科は産学連携やイベント活動が盛んなのが特徴です。例えば、企業と学生がコラボして商品のパッケージを提案したり、天王寺MIOのハロウィンイベントのデザインを考えたり、多くの企業が参加するリビング&デザインというイベントで学生がデザインした作品を展示したり、現在営業中のホテルの改装のデザインに携わる……他 など、デザイン学科生にとってはとても良い機会がたくさん与えられます。そういった機会がこれほどある大学はあまり無いので、私は大阪芸術大学に来て良かったと思っています。

      デザイン学科は課題が多くて遊ぶ暇が無いとよく聞きますが、遊ぶ暇がないというのは大袈裟です。他の学科に比べれば課題はかなり多いほうですが、毎回きちんと授業に出て真面目に課題に取り組めば自由な時間は十分あります。
    • 講義・授業
      現役で活躍されているプロのデザイナーから直接指導を受けるのはとても良い勉強になります。デザイン学科の教授はひとりひとり丁寧に指導してくださるので、きちんと授業に出て課題をこなせば確実に実力は身についていきます。
      ただ、英語や教養科目についてはあまり評価が厳しくない授業が多いので、講義中に寝たりゲームをしたりする学生がちらほら居ます。
      実習では、デザインを学びたいという意欲が強い学生とそうでない学生ではっきりと分かれるのが特徴です。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは4回生からです。
      1年で基礎、2、3年で専門的なデザインを学びます。
    • 就職・進学
      就活をしてデザイン系の会社に行く人が多いです。(求人はたくさん来ます)
      今はコースがたくさん分かれていますが、グラフィックデザインコースだから必ずグラフィックデザイン系の仕事に就くということは無く、プロダクトデザインコースを専攻していてもグラフィック系の会社に就職することもあります。空間デザインコースとプロダクトデザインコースは特に専門的な知識が身につくので就職に強い印象を受けます。
      ただ、卒業しても就職せず趣味に没頭したり、フリーターになる自由な学生もいるので、就職活動は人それぞれです。
    • アクセス・立地
      最寄駅は近鉄の喜志駅で、駅から大学までのスクールバスが出ています。(10〜15分)
      中には実家から二時間かけて通っている学生も居ます。
      喜志駅周辺は遊べる場所が少ないのでなにかと阿部野橋に行くことが多いのですが、喜志駅〜阿部野橋は片道400円と高いので一人暮らしの人は注意したほうがいいと思われます。
    • 施設・設備
      図書館が広く、学生なら映画が無料で見放題です。学費が高い分施設は充実しています。
    • 友人・恋愛
      芸大は変人ばかりと思われがちですが、芸術系に関心があって芸術の分野を学んでいるというだけで他は普通の大学生と変わらない人がほとんどです。サークル内恋愛、学科内恋愛はざらにあります。
      他大学に比べ、身なりに気を使わない人が多いですが、デザイン学科の学生はお洒落な人が多い印象を受けます。服装が皆個性豊かで、ボロボロのTシャツやジャージで来る人から巻き髪ピンヒールで来る人まで居て、何を着ても許される雰囲気の大学なので気が楽です。
    進路について
    • 就職先・進学先
      デザイン系の会社に就職予定です。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪芸術大学
    男性在校生
    芸術学部 デザイン学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-08-05投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      もともとかなり実力があり、授業の課題などから独学で自分を磨くことができる人にはいいと思います。が、実力がなく、1から学びたい!や、基礎技術を手に入れたい!って人には全く向いてないです。一回生の時にあるデッサンの授業などは描き方はもちろん、指摘すらしてくれないので全く身につきません。その状態で二、三回生になると様々なテーマに沿って制作をするように言われます。
      なので元から実力がある人にはいいとおもいますが実力がない人にはオススメできません。

      また、サークルや部活といった活動ができない訳では無いですが、大変課題が忙しいため相当しんどい思いをするか、もしくは行けなくて居場所がなくなります。
    • 講義・授業
      先生によります。人が悪いって感じの先生はそこまでいませんが、いろいろわかってる前提で話されたりするのでどういうものを作ればいいのかわからないこともよくあります。

      また、授業料とはべつで、授業内で色々買わされるので授業内課金がやばいです。
    • 就職・進学
      実力がある生徒はだいたい就職できるのではないでしょうか?
      しっかり就活ガイダンスなどもあるのでそういうものに参加してれば就活に必要なポートフォリオがどういうものか、企業さんはどういった人材をもとめてるのか?というのがわかるようになっています。

      ただ、実力があまりなく、デザインの道いがいの就職先を進むとなった時に支援がほとんどありません。就活ガイダンスもデザインで進む前提で話すので特に意味がありません。
      一般就職先を目指す人用のガイダンスはありません。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は近鉄喜志駅で、天王寺から400円もかかります。行き始めたら時間はあまり気にならなくなりますが、部活に入ると日曜日に行かないといけないことも出てきます。そうなると無料バスがないのでその場合金剛バス往復400円がかかります。
      また、お金がかからない、自由なサークルの場合、休みの日に大学へということは減りますが、他の場所へ行くことになったときに喜志から天王寺までの往復800円を使いたくない人が続出し、イベントなどに参加する人が激減するので楽しくないです。
    • 施設・設備
      設備は揃ってるほうだとはおもいます。大学のパソコンにはどこでもイラストレーターやフォトショップは入っているので、学校に残りさえすれば家にパソコンがなくても課題はなんとかならなくもないです。ただ、インターネットルームは全学科の人が使用する為、席がなかったり、PC貸出されてる自習室の場合は印刷をするのに規制があるので余裕を持って動かないと辛かったりします。また、立体やイラストを制作する時に使える制作室もあるのでそこらへんは充実してると思っています。
    • 友人・恋愛
      学校が自由だからか、そういう時代だからかはわかりませんがすぐに感情的になる生徒や、自己中心的な生徒が沢山いる印象です。人生をノリで生きてるような人だと異気の合う友達が沢山出来るとおもいますが、引っ込み思案な子だと友達ができても2回生の時にあるコース分けで詰みます。
    • 学生生活
      部活となると生徒のことをあまり考えてくれないところが多いです。課題があってもなかなか休めず、責任の押し付け合いとかがあるのでいいとは思いません。
      サークルは自由なところが多いので比較的楽しく充実したものになるとは思います。しかしこちらは個人個人の団体としての意識が高くなかったりするのでみんなでわいわいという感じにはなりにくかったりします。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      illustrator Photoshop flash ゲーム(背景やキャラ)制作 ロゴ フォント メディウムを使ったイラストレーション 版画 絵画の再構成

      など様々なことを授業でします。
    • 面白かった講義名
      三木教授の「りんご」をテーマにした基礎実習
    • 面白かった講義の概要
      唯一といっていい芸大らしい授業です。表現の方法、アイデアの出し方など、様々なことを学ぶことが出来ます。

      また、授業が終わればそれで終了ではなく、授業を纏めた冊子をつくるので二、三回生になってもアイデア出しに困った時は参考にできるとても為になる授業です。

      授業自体もほかの先生みたいにこれをやれ、つくれ、といった感じではなく、先生が楽しくする努力を沢山していて、また、先生が生徒の一人になったかのように授業を楽しんでいるのでとても楽しい授業です。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪芸術大学
    男性在校生
    芸術学部 文芸学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-22投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 1| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      文章を書くだけの学科なのに教授が偉そうな人が多い。個人の授業ならいいが、多人数の授業は退屈である。施設は少なすぎるのが欠点。
    • 講義・授業
      教授や生徒の個性が強く、基本的に自分にとって良くないことが起こると怒鳴ったりする。芸術的考えの教授はこの学科にはいない。
    • 研究室・ゼミ
      基本的に真剣な人は真剣にしていて、刺激ある授業がたくさんである。基本は論評であり、作品の叩きあいである。
    • 就職・進学
      基本的に芸術大学をでるということは一般企業で採用してくれるのは少ないと感じた。現にいま、自分はまだ食が見つかっていない。だから芸術大学にはいる人はよく考えたほうが良い。
    • アクセス・立地
      大学が田舎で喜志からのスクールバスを乗らなければ、長い道のりを歩かされる。特に夏休みなどの休みは基本的にバスは通っていない。帰りが歩きはしんどかった。
    • 施設・設備
      いろんな学科があるためいろんな施設が立っているため飽きることはない。でも基本授業は決まっていて他の学科の授業を聴講することはなかった。
    • 友人・恋愛
      私はよかった感じている。この学校で後悔はない。個性が強いということはそれくらい面白い人が紛れ込んでいる。それを捜すことのできる学校だ。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      文芸学科では創作、編集、翻訳など文章に関わる勉強をする。私は創作のコースに入り、物書きの弁償をした。
    • 所属研究室・ゼミ名
      阪井ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      基本的に自分が書いた創作作品を論評しあう。
    入試について
    • 学科志望動機
      物書きの勉強がしたく文芸学科に入学した。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      巽塾
    • どのような入試対策をしていたか
      受験対策はしていませんでした。重要なのはAO入試でしたから。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪芸術大学
    女性在校生
    芸術学部 美術学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      絵を本格的に描きたい人には大阪芸術大学はオススメです。しかし、公務員や国家資格を取りたい人にはあまり向いていないと思います。
    • 講義・授業
      難しい内容の講義になるとゲームや携帯をいじり出す生徒が多く、面白い話の講義の時は真剣に聞いている人が多い傾向にあります。単位取るためだけに授業をとってる生徒はサボリ癖がある人の確率が高いです。
    • 研究室・ゼミ
      パソコンかコピーを取りたいときに先生にその事を伝えるとその事について書いている紙を見ながらコピーを取ることができます。 実習終了時間が遅いのでたくさんアルバイトを入れると大学をサボらざるを得なくなってしまいます。
    • 就職・進学
      美術系の企業の求人はたくさんあるけれど公務員向けの求人はあまり多くありません。 就職課の人に相談することも大事だけれど自分がどうしたいかということを忘れてはいけません。
    • アクセス・立地
      駅から学校は約3kmと遠いです。 今は芸坂の上の工事を行っているのでバスが坂の下で止まります。体が健康な人は大丈夫だけど足の悪い生徒にとってはとても辛そうです。 無料バスの方は人が多すぎて寿司詰め状態になるので、絶対に座りたい人は金剛バスの喜志駅行きのバスを乗ると良いでしょう。
    • 施設・設備
      大阪芸術大学は工事が多いので通れない道が多くて不便な思いをしてる生徒が沢山います。 授業のある日を避けて工事をすれば気持ちよくキャンパスライフを送る事が出来るはずです。
    • 友人・恋愛
      授業中にうるさい生徒は恋愛に浮かれて現実逃避をしてる人が多いように感じます。 恋愛と学業のケジメをつけてる人が大変少ないです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1回生の時は高校の授業とほとんど変わりませんでした。 3回生以降になると空き時間が増えます。
    入試について
    • 学科志望動機
      立体的な絵を描くのが好きなので美術学科に入りました。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      関西造形教育委員会
    • どのような入試対策をしていたか
      デッサンや水彩の練習をしました。 先生がアドバイスをくれるのでやりやすかったです。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪芸術大学
    女性在校生
    芸術学部 工芸学科 / 在校生 / 2010年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      伝統工芸は独学で学ばないといけませんが様々なことを経験することができます。1年生で各コースを周り2年生から本格的に学んでいきます。自分の可能性を試せる学科だと思います。独自の感性を大切にしてくれます。
    • 講義・授業
      あたしはガラス工芸コースにいましたが、先生方が丁寧に指導してくれます。危険が伴う制作が付き物ですがきちんと指導してもらえるので大きな怪我をすることもありませんでした。悩んだ時も相談に乗ってくれ、安心できるアドバイスをいただきました。
    • 研究室・ゼミ
      ガラス工芸コースの研究室は先生の待機場所というイメージで用事があるときに声をかけるという感じでした。副手さんたちは大学の設備を使い制作をしたりしています。
    • 就職・進学
      他のガラス研究所や大学院へ行く方もいますが、就職する方は少ないかなと思います。自身で制作活動をしていく方が多いです。
    • アクセス・立地
      大学にバスが着いてすぐガラス工芸コースの棟がありあたしたちは便利ですが他の授業への移動が大変でしたし他コースとも離れているのでガラス工芸コースが孤立して見えます。とにかく授業に間に合う為に走ります。
    • 施設・設備
      ガラス工芸コースの設備は凄くいいです。日本の大学でこの規模の吹きガラスができるのは大阪芸大だけだと先生が話していました。作業もしやすいですし気持ちも余裕が持てます。
    • 友人・恋愛
      とにかく色んな経験が出来たなぁと思います。あっという間に時間が過ぎていきやりたいことがどんどん増えて毎日がとても楽しいです。挫折するときもあると思いますが1人で悩まずに相談することでより良い学生生活が送れると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      あたしは吹きガラスがしたくて入学しましたが入ってみて色んな技法があることを知り、キルンキャストという技法で制作を始めました。失敗も多々ありましたが出来上がった作品はすべていいものだと思っています。そしてどの学科も同じかもしれませんが1年生のときにできるだけ単位を取ることを勧めます。2年生からは制作に追われ3.4年生にもなると卒業制作をしなければならないので大変なことになります。
    進路について
    • 就職先・進学先
      看板制作会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      自分が学んだことをものづくりに生かしてたくさんの人に喜んでもらいたいと思い自分のこと考えと会社の方針が似ていたので。
    入試について
    • 学科志望動機
      ガラス工芸を学びたいのでこちらの大学を選びました。オープンキャンパスで体験させてもらいましたがとても興味深く入学後もしっかり教えていただけたので満足しています。金属工芸コースでは溶接の資格を必ず取らないといけないので興味のある方にはいいと思います。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      初めからAO入試で合格を目指していたのでひたすら絵を描いたりしていました。高校が美術系のため既に受験対策講座を受けていたので比較楽でした。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪芸術大学
    男性在校生
    芸術学部 文芸学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      小説を書きたい人にはとてもいい大学です。 文芸学科は特に文才がある人が集まっており、実際に小説を書いて実力アップを図れる学部です。
    • 講義・授業
      とにかく自分の小説を読んで評価してもらえる演習系の授業があるので、自分の小説を読んでもらう、ということに慣れることができます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはまだ受けていないのですが、いくつかクラスがあり、自分が将来やりたい分野にわかれることができるため、いいと思います。
    • 就職・進学
      正直な話、在学中に何かしらのコンクールに応募して、結果を出さなければ厳しいです。 そこまで企業に就職というサポートは充実していないように見えます。 芸術家は皆、セルフプロデュースが重要ですから当然のことといえば当然のことです。
    • アクセス・立地
      最寄り駅からはバスで約10分、徒歩で約40分かかります。 バスは無料バスが毎日出ているのでそれに乗ればいいです。
    • 施設・設備
      図書館には芸術大学らしいいろいろな資料が置かれているので何かの参考にするという点では優れた施設になると思います。
    • 友人・恋愛
      演習系の授業では、同じ授業をとっている人同士、仲良くなります。 それ以外の人とはあまり話さないです。 カップルは同じ学部に3組ほどいるだけで多くはないです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はいくつかのジャンルの基礎を学びました。 2年次は実習になります。 3年次からは自分のやりたいことを専攻して学ぶことができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      団野ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      日常生活等で疑問に思っているテーマを自分で見つけ、自分で調べるらしいです。 調査力が上がります。
    入試について
    • 学科志望動機
      小説の書き方を学びたかったくて、文芸学科がある大学を探したらここになった。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪芸術大学
    女性卒業生
    芸術学部 演奏学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      芸術の中でも各々の専門分野に限らずに、幅広く視野をもつこと、分野外の芸術にも触れ合い、それを専門分野に繋げていける可能性があるという点が、とても優れている大学ではないかと思います。 他分野の芸術を学ぶ人たちがそばに居ることで、純粋な刺激を受け、それから自分の勉学に励むエネルギーをもらうこともできます。また、専門分野の勉強についても、それぞれのエキスパートが指導者として携わってくださっているため、本人に向上心があれば、成長していけると思います。 大学の立地に関しては、あまり良いとは言えず、僻地とも言える田舎に通わねばなりません。しかし、大学の最寄駅からスクールバスが出ているため、通学自体が不便というわけではありませんが、近隣に何もないことは不便以外の何物でもありませんでした。
    • 講義・授業
      他学科の授業も履修でき、それもその分野の専門の先生の講義になるため、とても興味深く、面白く、良い経験ができます。
    • 研究室・ゼミ
      これに関しては、自分が在籍したコースにはゼミがなかったため、実態が全くわかりません。 ですが、他のコースにはゼミがあったそうなので、完全にゼミがないというわけではないようです。
    • 就職・進学
      芸術学部、それも音楽のコースの生徒は、はっきり言って就職活動には不利です。 それを生かして務めることが出来る就職先がとても少ないことが最大の理由かと思います。 ほとんどの生徒が、卒業後は、学校の非常勤講師として務める、進学・留学(進学のための浪人)、家事手伝いとなります。 ですが、そもそもそれを理解した上で入学してくると思うので、さほど気にとめることでもないと思います。
    • アクセス・立地
      とにかく周辺が辺鄙な田舎すぎて、何もありません。 大学の最寄駅からはスクールバスが出ているため、通学にさして不便さはありませんが、坂の上に学校があるため、雪の日はバスが上まで上がれなくなるほど、傾斜がきつい坂なので、寮生活のためスクールバスを利用しない生徒には毎日上り下りが大変だと思います。
    • 施設・設備
      それぞれの分野に必要な施設がきちんと併設されているので、そこはとても良いところだと思います。 図書館やシアター、舞台劇場も完備されており、美術の学科もあるため画材屋もあり、音楽の学科もあるためヤマハも校内にあります。 ただし、売店が恐ろしくちっぽけですのでそこは期待できません。
    • 友人・恋愛
      サークルに所属するかしないかで、交友関係の幅は大きく変わると思います。 サークルはサークルでも、他学科が主催するサークルに所属する方が交友関係は広がります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      カリキュラムを組むときに、4年間でどの授業を履修しておきたいのか、きちんと目星をつけておくことをお勧めします。 年次指定されている授業が多々あり、履修したくても、3回生からでなくては取れないもの、また、それまでに別の授業を履修し単位を取得しとかねば、履修できないものがあります。 3回生、4回生でこの授業を履修したいなた思うものがあれば、それまでに単位を取得しておかねば、その科目を履修できないため、きちんとそこまで把握しておく必要があります。 専門分野の演習系授業が、主に3回生、4回生での履修可能科目となります。
    入試について
    • 学科志望動機
      自分が師事したい実技担当の先生が、そこの大学に勤めていたため。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • どのような入試対策をしていたか
      実技課題をきちんとこなしておけば、なんの問題もない。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪芸術大学
    女性在校生
    芸術学部 美術学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-11投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学で思いっきりはじけたい、遊びまくりたい人にはオススメです。真剣に美術をするならここじゃないですね。
    • 講義・授業
      つまんない講義が多めだなと感じます。土塚先生の授業は面白かったですけれど。全体的にレベルが低いのもあります。
    • 研究室・ゼミ
      研究室やゼミを利用したことがないので評価できません。あまり評判も聞いたことがありません。その程度なのじゃないでしょうか。
    • 就職・進学
      私は一回生なのですが、いきなり留年してしまいました。単位など最初の説明がとてもわかりにくかったですね。
    • アクセス・立地
      大阪の端っこだし、山の上だし、そんなに立地は良くないですけど、大学ってどこもそんなもんじゃないですかね。
    • 施設・設備
      まあ私立なので広いし学食も充実してる方だと思います。シャワー室とか便利です。あと映像学科の機材や撮影所は整ってますね。
    • 友人・恋愛
      フレッシュマンキャンプという入学してからすぐ行われる友達作りのための合宿があるのですが、あれは余計なお世話ですね。かえって友達ができません。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一回生の間は美術の本当に基礎中の基礎を一通り学ぶので初心者向けのカリキュラムですね。なので大学にお入ってからでも専攻をゆっくり選べました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      映画研究部
    • 所属研究室・ゼミの概要
      映像学科の映画コース専攻の人たちと交流が持てます。他学科でも映像に興味がある人などオススメです。
    入試について
    • 学科志望動機
      とりあえず高校で美術コース日本画専攻だったため。あと他の美大より入試のレベルが低くて入りやすそうだったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      河合塾
    • どのような入試対策をしていたか
      鏡面に映った自画像を鉛筆デッサン四時間というのが例年出題されていたのでそれを元にデッサンを練習していました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪芸術大学
    女性卒業生
    芸術学部 美術学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      芸術学科の彫刻総合素材コース卒業です。 とにかく自由なコースで、学生が各々したいこと作りたいものを作っています。 布を使ったり粘土を使ったり、素材も手法もいろいろ試せるので、自由に好きなことをしたい人に向いています。 先生は特になにも言わないので、ちゃんと自分で行動できるような人が向いていると思います。
    • 講義・授業
      席数が限られている授業は抽選式になっていて、卒業するまで選ばれない可能性もあります。 講義内容は先生によりいろいろですが、美術周辺の知識も得られるのでしっかり出たほうが良いと思います。
    • 研究室・ゼミ
      わたしの卒業したコースは先生が放任主義なので、やりたいことが既に決まっている人は自由にそれができるので良いと思います。 悪く言えばルーズな教授なので、締切もお願いしたら伸ばしてくれます。
    • 就職・進学
      美術系なのでわたしの周りはあまり就学する人はいませんでしたしわたしも一切就活はしていないのでどんなものかわかりません。 じぶんからどんどん就職課や教授に相談に行った方が良いようです。
    • アクセス・立地
      富田林の田舎にあるのでアクセスや周辺施設は不自由です。 立地条件で言えば京都の大学の方が良いところがあると正直思います。
    • 施設・設備
      広い大学で学科もいろいろあるので、横との連携ができれば他学科の施設を借りれるかもしれません。 わたしは実感はありませんでしたが、多くの学生は設備は整っていると言っていました。
    • 友人・恋愛
      芸術系の人々が集う学校なので、変に蒸れることもなく、自由に行動できるしたとえぼっちでも浮くということはないように思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年では美術(絵画彫刻版画)を一通り習い、二年時から専攻を決めて行きます。 わたしは彫刻の総合素材という現代美術に近いコースを選択しました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      総合素材
    • 所属研究室・ゼミの概要
      彫刻コースにある、現代美術よりのコースです。 立体平面興味があればなんでもして大丈夫です。
    入試について
    • 学科志望動機
      ずっと美術に興味がありモノづくりもずっとしていて、それをさらに突き進めたいと思ったで。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      家でひたすらデッサンと水彩着画の練習をしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪芸術大学
    女性卒業生
    芸術学部 建築学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-02-28投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学の校舎や図書館など、変わった建物が多いので、建築を勉強する人には、様々な建築物に囲まれながら日々を過ごすことが出来るので、とてもおもしろい環境だと思います。
    • 講義・授業
      構造メインと言うよりは、デザインやデッサン、手を動かすものづくりの講義など、工学系の大学では受けられない、芸術系ならではの感性を生かした講義があり、おもしろいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      研究室の教授は、有名な人はあまりいません。ただ、芸術大学なので、芸術をメイン、構造をメイン、現実的なものの考え方など、様々な方向のゼミがあります。
    • 就職・進学
      建設会社や設計事務所、アパレルや写真家、デザイン事務所や不動産会社など、建築にとらわれず、芸術系の仕事へ就く人も多く見受けられます。各学科ごとに、専属で就職サポートをしてくれる人がいるので、履歴書を描いたり、何か相談する際にとても助かりました。
    • アクセス・立地
      田舎の山奥にあるので、駅からはバスを使わないと通えません。幸い、大学のバスが運行しているので、コストはかかりませんが、本数が少なかったりすると講義に間に合わないときもあるので要注意です。
    • 施設・設備
      建築学科の生徒数は、大学内でも少なく、校舎も古いので設備や使い勝手は悪いと思いますが、建築物としては素晴らしく、おもしろいので苦にはなりません。ただ、講義のたびに、違う学科棟へ移動するのがしんどいです。
    • 友人・恋愛
      演劇部や美術部、映像部など特殊な学科が多いので、学内のあちこちでミュージカルの練習風景や映画の撮影シーンが見れたり、管楽器の音やコーラスの声が聞こえてきたり、普段では体験できないことを毎日感じられるので、大学に行くだけでも楽しかったですし、貴重な経験でした。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、主にデッサンやものづくり、実際のキャンパスの土地を利用した課題など、柔軟な発想が出来る講義がありました。2〜3年次は、年に4回、設計課題があり、教授にチェックを受けながら、建物を完成させていきます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      久保ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      様々な点から建築をとらえ、個々の考えを尊重してくれるゼミです。何かを専門的に勉強するといったことはありませんでした。
    進路について
    • 就職先・進学先
      不動産会社/営業職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      地元の企業で働きたかったのもありましたが、ちょうど就職氷河期で、どこを受けても落ちていた時にちょうど拾ってくれたためです。
    入試について
    • 学科志望動機
      もともと建築を学びたいと思い、様々な大学を見てはいたのですが、工学部系の建築はどうしてもお堅いイメージがあったので、柔軟な思考が出来そうな芸術系の大学を選びました。この大学を初めて訪れたのは、実は入学が決まってからでした。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      東進予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      芸術大学と言えど、センター利用をしたので、筆記のみで受かりました。一般の入試試験には、デッサンや芸術系の試験があったと聞き、驚きましたが・・・。
    この口コミは参考になりましたか?
98件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

大阪府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大阪芸術大学の画像 :©663highlandさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

宮城学院女子大学
宮城学院女子大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:38 - 56
★★★★☆3.74 (84件)
宮城県/私立
東北学院大学
東北学院大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:48 - 56
★★★★☆3.58 (201件)
宮城県/私立
旭川大学
旭川大学
併願校におすすめ
偏差値:42 - 52
★★★★☆3.80 (5件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。