みんなの大学情報TOP   >>  岐阜県の大学   >>  岐阜県立看護大学   >>  口コミ

岐阜県立看護大学
出典:Hide-sp
岐阜県立看護大学
(ぎふけんりつかんごだいがく)

岐阜県 / 公立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:-

口コミ:★★★★☆

3.68

(22)

岐阜県立看護大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.68
(22) 公立内71 / 83校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.81
  • 研究室・ゼミ
    3.38
  • 就職・進学
    3.91
  • アクセス・立地
    2.43
  • 施設・設備
    3.67
  • 友人・恋愛
    3.00
  • 学生生活
    1.86
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

22件中 1-10件を表示
  • 男性在校生
    看護学部 看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 2]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返ると楽しい生活であった。しかし、それは個人的なバイトやサークルについてであり、学習面や講義などの満足度は低い。
      看護を学びたい人にとっては、やはり大学で学ぶのが専門性も高く良いだろう。
    • 講義・授業
      講義の内容は、周りの生徒の質が低く、うるさくて意味が無い。もう受けたく無い。先生についても自慢や自分語りばかりだ。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはあるが、事実上、遊びや飲み会の集まりである。よって、真面目に学びたい人、勉強したい人にとっては無駄だ。
    • 就職・進学
      就職は悪くは無い。しかし、注目すべきは中退率である。中退した者の進路は無視されるので気をつけたほうが良いだろう。
    • アクセス・立地
      アクセスは電車で行けば良い。しかし、周りに遊び場やスーパーなどが無いため、一人暮らしの方は郊外で住むしかない。
    • 施設・設備
      パソコンやワイファイが使えるのは良いが、授業以外の用途では使えないので、事実上使えないみたいなものだ。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋愛や友人関係などは、個人の問題であり、学舎でどうこうというより、個人の心情次第だ。女が多い点に注目。
    • 学生生活
      サークルやイベントは一応あるが、自分から参加しないと動いてくれないので、結果的には自分次第だ。気をつけたほうが良い
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      はっきり言えば、個人で学ぶ方が早いし、満足度の高い学習だ。しかし、臨床的な学習はやはりこういった場で学ぶ方が良い。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      ニート
    投稿者ID:428080
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    看護学部 看護学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 1]
    • 総合評価
      看護学部だけのため、同じ夢を目指す人たちが集まっているので、勉強しやすい環境が整っている。生徒の人数に対し、先生の人数は多いので、熱心にみてもらえると思う。
    • 講義・授業
      看護の教授や講義だけでなく、医師や他の専門家が課外講師として学校に来て講義がある。
      単位もしっかり出席し、勉強すれば必ず取れるようになっている。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミというか、卒業研究だが、先生1人に対し生徒2?3人のため、熱心にみてもらえる。
      実習先もたくさんあり、自分の学びたい・研究したいことを選ぶことができた。
    • 就職・進学
      国家試験の勉強に関しては自主的に行うのみである。模試もあるが、自主的に参加しなければならない。進学先も自分で探す。
    • アクセス・立地
      新幹線・名鉄の駅は近いが、竹鼻線であるため本線から乗り換えた終点で便が良いわけではない。
      学校の周りはバローくらいで特に何もない。
    • 施設・設備
      実習室は揃っており、自主練習もできたため、良かった。
      図書館の本も看護や医療の本がたくさんあり、勉強しやすい環境であった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      80人しかおらず、男子は1割しかいないため、恋愛には不向き。だが、80人でずっと授業を受けるため、友達とは仲良くなり、絆が深まりやすいと思う。
    • 学生生活
      サークルは少しあったが、特に参加はしていなかった。
      学校の行事もあったが、人数が少ないため盛り上がりに欠けていた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1・2年次はひたすら座学。看護以外のことも学ぶ。
      3年次は臨床実習。
      4年次は卒業研究・国家試験の勉強。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      病院
    投稿者ID:427081
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    看護学部 看護学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    • 総合評価
      看護学を重点的に勉強したいと考えている場合はぴったしの学校です。3年生の4月から領域の実習が始まり、4年生の卒業研究でも実習あるので、ほかの大学よりも実習は多い気がします。
    • 講義・授業
      看護学の講義や演習は実例を紹介しながら進められ、わかりやすいです。何度も追試があるため単位も取りやすいです。看護学以外の授業は外部の先生が多く、重点を置いていないように感じます。
    • 研究室・ゼミ
      卒業研究では、ゼミという形ではないですが担当の先生が一人ついてくれて、さまざまな相談にのってくれます。
    • 就職・進学
      就職については、県内の病院の紹介が3年次の際に学校でまとめてあります。進路支援室もあり、過去の面接内容なども確認できます。
    • アクセス・立地
      駅からは15分くらいのところにあり、交通が不便とは言い切れませんが、半分くらいの生徒が車通学です。駐車場は広いので駐車に困ることはありません。
    • 施設・設備
      図書館はとても広く、看護や医学の本がたくさんあり、自己学習する環境が整っています。自習できるスペースもあり、多くの学生が使用しています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学年が80人しかいないため、その中で友人を作って行くことになります。男子が少ないので、恋愛は学外で行うことが多いです。
    • 学生生活
      一部のサークルは活発ですが、ほとんど活動していないサークルもあります。また、サークル数も少なくサークルに入っていない人の方が多いです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1,2年次は看護学を一通り学習します。2年次までに学習しなければならないことが多くフルで授業がある日もあります。3年次4月から秋まで領域の実習があり、その後授業は教養科目をゆったり勉強します。4年次は卒業研究のための実習に行き、卒業論文を書き上げていきます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      県外の私立総合病院
    投稿者ID:428983
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    看護学部 看護学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      看護の授業だけでなく、福祉や、岐阜の文化など、学ぶ教養科目が多い。福祉の学修の必要性はわかるが、岐阜の文化、岐阜の経済、岐阜の自然などは学ぶ意義がわからず、単位を取るためだけにやっていた。
    • 講義・授業
      先生により評価方法や基準が違い、困った経験がある。実技試験で、シーツ交換や注射の試験を、したときに、試験の担当の先生により合否に差が出て、夏休みに支障が出た。
    • 研究室・ゼミ
      担当の先生により、指導内容やその厳しさ、基準が違うので、学生の技術や意識の差も生まれやすい。先生により基準が違うのは学生のためにならないと思う。
    • 就職・進学
      割と自己責任という形をとっていて、学生の自主性やセルフマネジメントに任せているという方針をとっているので、サポートがしっかりしている印象はない。しかし、質問をすれば積極的に答えてくれる。
    • アクセス・立地
      最寄駅は名鉄の竹鼻線の終点の新羽島駅で、駅周辺は、新幹線の駅内にあるうどん屋や喫茶店、コンビニのような場所があるが、あまり魅力的とはいえない。名鉄の駅から新幹線の駅は若干離れているのでとても使いやすいわけでもない。駅から歩けばスターバックスやラーメン屋があるが、歩くには遠い。
    • 施設・設備
      実習室などは予約して使うことができるが、予約の紙を毎回学務課に提出しなければいけないのが面倒な点がある。また、冷暖房がつかないことがあり、寒さや暑さと闘いながら実技の練習をしたことがあり、使いにくい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      同学年で男子が5人しかおらず、恋愛関係に発展するとは言いづらい。発展しても、そのあとずっと付き合い続けるのは難しく、実際に別れたカップルもいる。付き合った瞬間一斉に皆知ることになることが多いので、人数の少なさゆえの気まずさや生きにくさもあると思う。恋愛関係というよりは、友人関係を築けることの方が多い。
    • 学生生活
      サークル、イベントの数や規模は小規模である。一年生のときはサークルに入って活動している子もいたが、課題の多さや生活のハードさから次第に活動をセーブしている人も多かった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は、概論といって、看護とは何か、この分野は何か、といったことや看護の歴史を学んだり、掴み所のない内容を学ぶのでつまらないと思うことが多いかもしれないが、その頃が1番楽である。一年生の後期からは本格的な疾患や実技について学習するので、テストも一気に大変になる。2年生では疾患について深く具体的に学び、後半では自分で看護計画やアセスメントをして、患者さんにどんなことをするか考えていく段階に入る。疾患の深い理解や倫理観がなければ、看護計画を立てることはできないので、今までの学習を定着させる必要がある。これを踏まえ、三年生では実際に施設で実習し、看護計画を自分で立て、実施したり、実技を患者さんに行ったり、学校の生徒に保健指導をしたりする。ハードな時期であるが、この時期が看護を学ぶ段階の醍醐味である。四年生では実習での体験を通して自分が学びたいと思ったこと、深めたい内容について研究したり、自ら実習をしたりして、卒論を書き、指導者の前で発表する。四年生の後半からは国家試験に向けて勉強する。最初から最後まで勉強詰めで、こんなことを言いたくはないが、勉強ばかり…
    投稿者ID:430572
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    看護学部 看護学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      大学卒業とともに看護師の受験資格に加えて、保健師の受験資格も取ることができる。今は保健師の資格は、選抜制だったりすることが多いので。また6人ずつではあるが、助産師と養護教諭の受験資格も得られるところ。
      資格は持っておいたほうがいいから。
    • 講義・授業
      それぞれの専門分野の教授たちがいるので、様々な分野を学ぶことができる。
      もちろん課題の量は多く、長期休みにはたくさん課題も出される。小テストも含めると、試験も多めだと思う。
      単位は1つでも落とすと進級できないが、その分救済措置は取ってもらえるため、普通に勉強すれば落ちることはない。
    • 研究室・ゼミ
      いわゆるゼミが始まるのは4年生から。4年生の4月から11月の実習はそれぞれの分野に分かれて実習をし、卒業論文を完成させる。
    • 就職・進学
      公立なだけあって、やっぱり県内の病院や施設からは説明会に来る。しかし県外の病院からは来ないため、自分からインターンなどの申し込みをしないといけない。
    • アクセス・立地
      単線の終点なだけあって、やや遠目。今は少しずつ大学の周りにお店も増えてきたが、空き時間も行くところがなく大学にこもっていることが多かった。もしくは車でどこかへ行くか。下宿の子は近くのバローで買い物をしていた。
      最初は電車通学が多かったが、卒業する頃には多くが車通学。駐車場はたくさんあるため、無料でとめることができる。
    • 施設・設備
      実習室にはベッドがずらりと並んでいて、そこで演習をする。洗髪台などもあって、色々な演習ができる。
      教室はやや電波が届きにくい、雨漏りしたりすることもある。比較的新しい施設なため、綺麗は綺麗。
      図書館はかなり充実している。蔵書数も多く、就職してからも活用している人が多い。個別の勉強スペースもあり、テストの時は多くが利用している。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      単科大学のため、学年皆で仲良くしている。ただ小さい大学のため、友達は増えない。サークルもバンドやバレー、バスケなどあるが、小さいサークル。
    • 学生生活
      サークル活動はそれぞれ頑張っているが、一般的な大学のサークルとは規模が違う。他の大学と合同ということもなく、それぞれが小さく楽しんでいる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1.2年生は座学ばかりで、フルコマばかり。テストやレポートも多く、少し大変。しかし病院の医師が授業に来てくれたりと、参考になることが多い。ここでの学びが国試につながる。
      3.4年生は授業と実習が半々。県内あちこちに実習に行くので、遠いところは多治見や郡上。泊まりで実習することも多い。実習期間は本当に大変。睡眠時間も確保できず、一睡もできないまま次の日の実習に行くこともある。
      ただ、この頑張りが看護師と保健師の国試合格につながる。しっかり学ぶことができるため、実習に行っても「岐阜県立看護大学の子たちはできる」という印象を持ってもらっている。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      急性期病院の看護師
    投稿者ID:429094
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    看護学部 看護学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    • 総合評価
      実習など先生方の支援が手厚いが、国家試験の準備などは自分で行わなければならず、その部分が大変だった。また、立地が悪く車で行く場合はいいが、公共交通機関を使う場合はかなり面倒。
    • 講義・授業
      実習での先生方の指導が手厚く、疑問や質問があればすぐに聞くことができるため良い。また、自分の意見を求められるため、卒業後の自分のためになる。
    • 研究室・ゼミ
      研究室・ゼミというものがないが、卒業研究では、自分の行いたいことができるため、充実はしている。自分で全てを決めて行動するため、自分の力になる。
    • 就職・進学
      進学の実績は専門学校と比較すると良いと思う。就職に関しても、県内であれば比較的どの就職先でも好印象になる大学であるため、就職に有利。
    • アクセス・立地
      アクセスが悪く、駅から大学まで歩いて20分、自転車で10分程かかるため不便である。自家用車がある場合は、駐車場があるためらくである。
    • 施設・設備
      施設を予約して使用することができる。だが、あまり施設を使用している姿を見ることはあまりない。使用する人が少ない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内に人数が少ないため、学年全員が知り合い。女性が多いためグループができ、そのグループで4年間授業を取ることが多い。
    • 学生生活
      学内に人数が少ない分、サークル数も少ない。ほとんどの人がサークルに入っておらず、入っていても活動が活発ではない場合が多い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次は主に基礎の部分を重点的に行う。3年次は実習がある。4年次は卒業研究を行いつつ、教養科目を行う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学病院
    投稿者ID:429512
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    看護学部 看護学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 1]
    • 総合評価
      看護の専門科目の授業がとても充実しており、その他にも専門関連科目、教養科目など多くの科目を学べます。授業の内容はとても中身のあるもので知識が深まりますが、ほぼ1~5限まであり時間割的にとてもハードです。
    • 講義・授業
      看護を勉強したい人にとってはとても勉強になる充実した時間になるだろうと思います。この大学では4年間で保健師の国家試験受験資格も得られるので他の看護大学と違い、看護師だけでなく保健師になるための授業も多くあります。また養護教諭も選択できることなどにより様々な科目を学びます。科目はほぼ全て必修であり、履修登録もなにもありません。学年みんなが同じ授業を受けます。課題もたくさんありますが、みんなで教えあって学びが深まると思います。グループワークが多く、世界観が確実に知識はつくと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは確か4年生に選択して所属します。わたしはまだ1年生なのでよくわかりませんが教授はみな親切で良い方ばかりなので良いと思います。
    • 就職・進学
      看護師はほぼ確実に就職できます。看護師国試合格率は昨年は100%でした。保健師の就職は少し大変だそうです。進学者はあまりいないイメージです。
    • アクセス・立地
      駅から意外と遠く普段は自転車で学校まで通学していますが、雨の日は徒歩のためとても辛いです。また空きコマに遊べるところも何もなく立地はかなり不便です。車があれば多少楽かと思います。駐車場はたくさんあります。3年生になると実習が始まるので下宿者が50%ほどです、1年生の後期から車通学者が増えてきます。
    • 施設・設備
      実習室が充実しています。学生が自由に使える環境が整っています。また自習室は自主学習を行う学生で賑わっており、意識を高めあいながら学習できます。図書室には多くの医学書が所蔵されており課題を進めることができます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ほぼずっと同じメンバーで授業を行うので学生同士の仲はとても良いです。グループワークも多いので多くの友だちができます。みんな仲良しです。ただ男子の数が圧倒的に少なく、ほぼ女子校なので恋愛は期待しないほうが良いです。
    • 学生生活
      サークルはほぼありません、活動も積極的ではありません。イベントもとても小規模でほぼ参加しません。授業もほぼ5限終わりなのですぐに帰りたい感じです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生前期はほぼ看護の概論で基礎を学びます。正直授業はつまらないし考査は難しいので大変ですが基礎を学ぶことはとても大切なことで、これからの学習に繋がっていきます。ほぼ必修です。5月、6月に学外演習で実際の病院を見学するプチ実習のようなものがあります。初っ端から5限までありグループワークも多くとても大変です。後期からは演習が始まります。ベッドメイキングや血圧測定などの基本的な看護技術を学びます。課題も多く忙しいです。2年生はほぼずっとフルコマだと思った方が良いです。3年生は4~11月まで実習です。岐阜県内の様々な施設へ行きます。4年生は卒研で実習があります。
    投稿者ID:410767
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    看護学部 看護学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      すぐに看護師として実践したい人には向いていない。看護とは、岐阜についてなど看護の本質などを学ぶことはあるが、すぐに看護師としていかせるものはあまり学ぶことはできない
    • 講義・授業
      講義内容が看護に関係ないものが多かった。特に岐阜の県立大学のためか、岐阜について学ぶ授業が多かった。
    • 研究室・ゼミ
      自分がどうゆう看護を学びたいかによって、ゼミは変わってくる。教授1人に対して生徒3人程度。卒論の論文へのアドバイスはあるが、実習のアドバイスはあまりない
    • 就職・進学
      就職、進学について相談には乗ってくれる。就職率は100パーセントだと思うが、特にサポートなどはなき気がする
    • アクセス・立地
      立地は良くない。周りには何もない。電車も通っているが、駅からだと自転車がないと遠いし、人気もない。かな
    • 施設・設備
      実践で使える道具が不足している。特に採血や静脈注射など実践で必要な技術を学ぶことができないため、実践では大変
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ほぼ女が多いので、女子大のような感じで楽しく過ごせるとは思う。ただ男子が少ないので、そこでもめることもあった
    • 学生生活
      楽しく過ごせたと思う。ただ実習が始まると遅くまでかかったり、レポートを作成したりするので大変な時期もある
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      基本全てにおいて看護とは、という基本概念を勉強するこもからはじまり、そこからアセスメント力などを身につける講義が始まる
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      某病院
    投稿者ID:408229
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    看護学部 看護学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    • 総合評価
      勉強だけを必死で頑張りたい人にはおすすめの大学だと思います。
      看護学部なのでやっぱりほかの私立大学の子に比べると忙しく毎日勉強に追われます。
      1年生のうちは概論を2年生は技術
      3年生では主に実習、4年生では卒業研究があります。
      人数が80人と少ないのに対し教員が沢山いるので技術演習の時には助かります。
      また再試を受けるのにお金がかからないのも魅力的です。
    • 講義・授業
      外部からの先生がきていただいて充実しています
    • 研究室・ゼミ
      図書館が広く医学に関する本がたくさんあります。
    • 就職・進学
      面談をしていただいたり精神面でサポートされます
    • アクセス・立地
      まわりにお店が少ないので空きコマは暇です笑
      新羽島駅からも15分くらい歩かないといけないので通学は不便です
    • 施設・設備
      すごく使いやすいです
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女の子ばかりの生活で4年なので大変です
      男子学生も80人中3人くらいなので恋愛関係は充実しているといえませんね
    • 学生生活
      サークルは6個しかなくて充実しているとはいえません
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      看護を学ぶ意味について学びます
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      岐阜大学附属病院
    投稿者ID:383183
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    看護学部 看護学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      大学で勉強をしたいと思っている学生にはとてもいい大学だと思っています。自分の学びたい分野に特化して研究を進めることができます。
    • 講義・授業
      さまざまな教授や学外から集めた特別講師による授業が数多く設けられています。また、自分の学科専攻だけでなく、副専攻も取得することができます。
    • 研究室・ゼミ
      二年の後期からゼミが始まり、関心のあるゼミを一つ選びます。ゼミによって積極的に活動しているところ、そう出ないところがあるので、夏休みに開催される説明会には参加した方がいいでしょう。
    • 就職・進学
      さまざまな大手の企業への就職実績があります。サポートがしっかりしていて、就活の基本マナーなど、カバーできます。
    • アクセス・立地
      学校の周りには安くて美味しい定食屋さんがたくさんあるので、学生の多くはそこでお昼ご飯をとっています。
    • 施設・設備
      ほかの大学よりも自分の関心に沿った、看護についての研究や設備が設置されているためとてもおすすめです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活に所属すると趣味を共有できる人がたくさん出来ます。しかし、大きい大学だけあって友達をつくるのは困難です。
    • 学生生活
      大学にはサークルが本当に数え切れないほどあるので、自分の趣向にあった学生生活が送れると思います。楽しいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年の頃は基礎を、2年、3年では、これから自分が勉強したい分野を絞ります。そのうちの必修科目は全く自分が興味のない分野に割り振られる可能性もあるので注意してください。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      看護師
    投稿者ID:381061
    この口コミは参考になりましたか?
22件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

岐阜県で評判が良い大学

岐阜県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  岐阜県の大学   >>  岐阜県立看護大学   >>  口コミ

岐阜県立看護大学の学部

看護学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.68 (22件)

オススメの大学

情報科学芸術大学院大学
情報科学芸術大学院大学
近隣の学校です
★★★★☆ 4.00 (1件)
岐阜県/公立
岐阜薬科大学
岐阜薬科大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.65 (20件)
岐阜県/公立
名古屋市立大学
名古屋市立大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.81 (249件)
愛知県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。