みんなの大学情報TOP   >>  秋田県の大学   >>  秋田公立美術大学   >>  口コミ

秋田公立美術大学
出典:掬茶
秋田公立美術大学
(あきたこうりつびじゅつだいがく)

秋田県 / 公立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:-

口コミ:★★★★☆

3.51

(13)

秋田公立美術大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.51
(13) 公立内79 / 83校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.55
  • 研究室・ゼミ
    3.08
  • 就職・進学
    3.49
  • アクセス・立地
    3.37
  • 施設・設備
    3.67
  • 友人・恋愛
    3.18
  • 学生生活
    2.83
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

13件中 1-10件を表示
  • 男性在校生
    美術学部 美術学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年07月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      先生個人はいいのに、専攻が特殊でなんというか中途半端になりがち。
      複数教員が教える方式は先生自身も疑問に思ってる人もいて、コースやゼミみたいに一人が集中的に教えたほうが良いんじゃないかと思う。
      特にひどいのがコミニュケーションデザインで、四大化したときの先生と元からいる先生で方針が合わなくてA,Bふたつに分裂。同じ専攻で全く違うやり方をしていて、にもかかわらず三年前期まで両方とらなければならないから混乱するし、何より専攻の雰囲気が良くないので勉強する環境が整っていないと言わざるを得ない。
      それでも救いなのは先生個人レベルでは大変すばらしく、丁寧に教えてくれること。
      良い先生がいるのに組織運営がダメで台無しにしてしまっているので本当に残念でならない。
      今後の改善に期待するしかない。
    • 講義・授業
      実技をちゃんと教えてくれる先生は良いです。
      作品に対して改善点を具体的におしえてくれます。しかし中にはよくわからない独自理論を押し付けてきて、自己啓発セミナーみたいなことをする教員もいるので本当に嫌でした。
      ものづくりは設備も先生もよいので工芸やプロダクトデザイン志望にはおすすめです。デザインはやりたい分野の先生がいるかどうか、自分にあってるか確認して入ることをおすすめします。
    • 研究室・ゼミ
      いい先生が専攻にいなくて卒業制作をみてくれなかったり、複数教員の指導方式だから本当に学びたいことをじっくり学べない制度です。きちんと力をつけたいなら研究室にいって個別に教えてもらうしかないです。授業だけでは絶対不足です。早めに自分のやりたいことに力になってくれる先生を見つけてコネクションを作る努力が要ります。興味のないことや合わない先生の授業も我慢して受けなければ行けません。
    • 就職・進学
      実技教育より熱心です。
      就職率は有名美大より高いですね
    • アクセス・立地
      秋田自体が田舎なんで不便ではあるが、静かで良い環境ではあると思います
    • 施設・設備
      石膏がお飾りになっていたり、ロッカーが小さかったり作品作りに冷たい気がします。
      工芸は充実しています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      面白い人が多いです。ただ、全体的に作品作りに熱心ではない気がします。課題は出せばいいという雰囲気で残ってまでやる人は少ない。元々美大志望じゃなかった人でも入れる大学なのでレベルはピンキリ。
    • 学生生活
      サークル作るとお金もらえるのは良いです
      ただすぐに活動停止になるサークルが多いです
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      アートに対するコンセプトが大事なようです。
      デザインもプロセス重視です
      短大からいる先生は実技をしっかりやるイメージ
      あと美術史は面白い先生がいます
    投稿者ID:438536
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    美術学部 美術学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年06月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      いろいろ学べます、しかし好きなことだけをみっちりやりたい人にはやりづらい大学です。

      複合芸術ということになっていますがこの大学の一番の押しは現代芸術です。一年次に現代芸術論、二年次に現代芸術演習という科目が必修となっています。
      現代芸術の意味がよくわからないという人は「現代芸術」「コンテンポラリーアート」で検索してみてください。

      現代アートが受け入れられないとこの大学ではやっていけないです。現代アートが好きな人、興味を持てるひとはいろいろできて楽しいと思います。
      しかし普通にきれいな絵を描きたい。イラストをやりたいという人は絵画専門のコースがありませんので、専攻になやむことになるかもしれません。

      絵画に関しては現代絵画でアートをやる専攻はビジュアルアーツ専攻とアーツルーツ専攻となりますが絵画をみっちりやるのではなく、例えばビジュアルアーツではインスタレーションやパフォーマンス、立体、彫刻などさまざまな分野を横断的に行います。アーツルーツではリサーチメインなので自分の表現したいことではなくフィールドワークをしてそれを作品にするというものです。
    • 講義・授業
      個々の授業はそれなりに良いと感じます。先生も熱心で手を抜くことはあまりしませんし、休講も少ないです。

      ただ、絵画やイラストの講座が少なく、現代絵画中心なのでもう少しジャンルが広くあればと思います。また演習系の講座が少ないので技術を磨くチャンスはあまりないように感じます。
      二年次まで専攻がないのでどのジャンルの講座も履修できますが、そのせいですぐに履修制限がかかります。成績はある程度キープしておかないと取りたい科目が取れないということが起こってきます
    • 研究室・ゼミ
      ゼミや研究室制度ではありません。5つの専攻から選びますがそれぞれ複数の教員が担当するという感じでちょっと大雑把に感じます。

      表現メディアを限定しないというのが方針なので一つの専攻で絵をやっている人もいれば立体作品を作る人もいるという感じであれもやってこれもやってと言う感じです。
      専攻以外の先生にもいろいろ聞けたりしますがデザイン専攻の先生が対立しており、学生同士でどっち派みたいなデリケートな問題があります。
      先輩などと意見が食い違ったりすると非常に気まずいので先生についての発言は注意が必要です

      どの専攻も何でもできるよと言うのですが、裏を返せばそのジャンルをしっかりやりますというわけではないということで少し便りないというか…
      デザイン専攻で油絵を出している人もいてこの大学の専攻制度は独特です。
    • 就職・進学
      就職のサポートは手厚いように感じます。ただどうしても地元の企業が来る事が多く、卒業生も中小企業が中心であるというイメージを受けました。
    • アクセス・立地
      最寄り駅から徒歩5~6分でつくので距離的にはいいかなと思います。
      ただ、電車の本数が少ないので通いの人は大変です。

      大半の学生は大学近くのアパートに暮らしています。近くにはスーパーもコンビニもあるので普段の生活には問題ないです。遠くから来た人は帰省の交通費が大変です
    • 施設・設備
      最新のMacが自由に使えるのと工房の設備が充実していること、申請を出せば11時まで使える。その他、プレハブでの制作スペースが与えられているなど設備は充実しているように思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋愛は期待できないようです。女子は女子、男子は男子で固まりがちです
      同じ趣味や絵や美術が好きな人が多いので自然と話がはずみます
      アパートぐらしの人が多いので割と早い時期から泊まりに行ったりすることもあって楽しめますが、羽目を外しすぎないように気をつけないといけません
    • 学生生活
      新しい大学なのでサークル活動はいまいち盛り上がりません。学祭もいまひとつです。2年次から制作に忙しくなるのでそれなりに充実しているように感じます
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      アーツ・ルーツ専攻 … フィールドワーク(調査)をしてそれを作品にするアートプロジェクトを行う(日本画の先生が去年までいましたが今いません)

      ビジュアルアーツ専攻 … 複合芸術。様々なメディアを横断的に学ぶ。現代芸術がテーマな専攻 (絵画は油絵の先生がいます)

      コミュニケーションデザイン専攻 … Aコースは地域をテーマにパッケージ、グラフィック、WEBなど Bコースは情報編集、アートディレクション (三年前期までは一緒、後期から完全に別れます)

      ものづくりデザイン専攻 … 一般的な工芸とプロダクトデザイン (二年次の演習で素材が選べないのがネック)

      景観デザイン専攻 … 街の景観をデザインする。(建築士の受験資格が得られないので注意が必要)
    • 学科の男女比
      2 : 8
    投稿者ID:434309
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    美術学部 美術学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      教育方針としては良いものだと思うし、自分にもあっていると思って入学した。
      大学になってからさほど時間がたたっていないため、教員が教育方針を把握せずに授業をしていることが目立つ。自分次第で良くも悪くもなる。
      立地やその他も、東北の田舎なため、冬がすごく寒く、それほど寒さの対策もされていない。
    • 講義・授業
      先ほども書いた通り、教育方針を理解していない先生は自分勝手と感じる。
      美術をやってこなかった人にとってはわからないことばかりなのに、理解していること前提で話を進めてくる。
    • 研究室・ゼミ
      あまり印象がない。
      ゼミという言葉を学校で聞かない。
      卒業制作に関してはわりと自由度が高いと感じるが、あまりいい印象はない。
    • 就職・進学
      まだ大学になってそんなに経っていないため、前例が少ない。専攻によってつける職業が決まることはない。自分の努力次第だと思う。
      就活支援の方はいるが、相談して自分のやりたいことについて話をしたら真っ向から否定された。
    • アクセス・立地
      最寄駅から20分。
      市内とはいえ、田舎のため、都会から来た人にとっては買い物などは苦労すると思う。
      冬が雪に慣れていないと大変。
    • 施設・設備
      大学施設は充実していると思う。
      ももさだという作業場があるが、様々なものづくりをするための環境がある。
      Windowsのパソコンが少ない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      男子が少ないため恋愛関係は期待しない方が良い。友人関係はグループ活動などがあると、お互いの主張の違いにより揉めたりなどはよくある。
    • 学生生活
      私はサークルに所属していない。
      入りたいサークルがなければ作ることもできる。(作りやすい)どのサークルも真剣に取り組んでいる印象はあまりない。緩い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はどの専攻にもいけるように基礎科目(素描、色彩論など)や普通科目(語学系、科学や情報など)を学ぶ。
      2年生では5つあるうちの2つの専攻をとって勉強していく。内容がそれなりに濃いため、1年のうちにこれぐらい学べたらよかったと思った。
      3年生はいよいよ専攻にわかれ勉強していく。自分のやりたい専攻に入らなければ学生生活が少し大変になると思うので1年生のうちから成績を考えた方が良い。
      4年生は卒業制作と就活の印象しかない。
    投稿者ID:428614
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    美術学部 美術学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返ると、自分たちで何かをするという活動が多い。充実している点としては、自分のやりたいことに詳しい人が大体いてどのようにする、どうすればできるなど相談が可能で設備が揃っているのでできることも多い。油彩や日本画はもちろん、それ以外に工芸や立体を学びたい人など美術全般に関わりたい人にオススメである。授業以外に関しては、交通が不便であることは強く言いたい。卒業後は就職が多い。
    • 講義・授業
      内容は東北の美術に関する授業があることが特徴である。先生は厳しい・不満に思う先生もいるが、優しく身近に感じられる先生も多い。雰囲気は普通。単位は比較的取りやすい。履修の組み方はわかりやすい。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミについてはまだわからない。始まるのは3年からで、5つの専攻に分かれる。繋がりは大いにある、卒論は卒業制作である。
    • 就職・進学
      実績は多数ある。サポートは風通だと思う。就活はあまりやっていると感じられる人が少ない。進学については、大学院もあるのでできる
    • アクセス・立地
      最寄駅は新屋駅大学までは徒歩15分程度。自転車置き場もある。学校の周りはコンビニが近いのと、15分くらい歩くとイオンなどがある。大学主編に住む大学生が多い。
    • 施設・設備
      施設は整っていて、とてもきれい。教室も多く、pcを自由に使える部屋がある。図書館は二階建てで、美術に関する本もたくさんあり、寝られるスペースもある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は全国各地から人が来るので、文化の違いに驚く。たくさんの友達ができる。学内恋愛は、男女比が偏っているためあまり期待はできないがしている人はしている。
    • 学生生活
      サークル活動は文化系が多い。大学のイベントは色々あり、特に文化祭は地元の人がたくさん来るので大いに盛り上がる。アルバイトについては大学周辺の店から秋田駅周辺、派遣でやりくりする人もいる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は英語やWordなどのオフィス系の使い方、5専攻についての授業が必修科目にある。もちろん、デッサンや彫塑などの授業もある。
    投稿者ID:411189
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    美術学部 美術学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      色々な専攻について幅広く学びたいと思っている学生にはとてもいい大学だと思っています。1、2年次ではデザイン、建築、工芸、絵画など広く基礎知識を学習することが出来ます。その後の2年でその中から特に自分の興味のある分野について深めていく事が出来ます。四年制大学の1期生が卒業し、就職先についても新たな話し合いが日々設けられています。地域との連携した企画をするなど、充実した学校生活を送ることが出来ます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      専攻が1、2年次に統一されていることもあり、友人同士の仲はとても良いと思います。サークルやクラス以外にも学年全体が寛容な雰囲気があり友達も多く作ることが出来ます。美術大学というだけあり、個性的な方も多い中趣味や性格が違っていても一緒に制作をしたりと絆を深めていくことができます。
    • 学生生活
      美術大学と言うこともあり、雑貨サークルや地域プロジェクト系、染めやとんぼ玉など少し変わったサークルが多くあります。普段からでもサークル内で海外の学校と交流しに行ったりなど活発的な活動をしています。サークル内での情報交換などでより進路についての情報も手に入れることができます。
    投稿者ID:338372
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    美術学部 美術学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      幅広く技術を習得したいと考えている学生にはとてもいい大学だと思います。1、2年生で広い知識や技術を様々な講義や実技の授業で学び、3、4年生ではその中からより自分に合った専攻を選び、専門的に技術を習得していくことが出来ます。現役でアーティスト活動を行っている先生が多く、講評や授業外でも制作、どのようにして制作活動をおこなっていくかということも教えてもらえます。
    • 講義・授業
      学科では外部からアーティスト活動している人をお呼びして講義を行うなど、よろ多くの話を聞き、知識や技術を身につける機会が設けられています。また、1、2年生で行う講義では基本のパソコン操作から木工、陶芸、塑像、絵画、製図など様々な分野を体験することが出来、より多くの経県値を稼ぐことが出来ます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は必修の他に様々な分野からじぶんが勉強したい分野を絞ります。必修では主に美術史や色彩構成などの基本的な知識、技能を学びます。そのご3年次に学んだことの中から更に自分に合った分野を選択し、残りの期間をかけてより深く掘り下げていきます。3年、4年では自分の時間に余裕ができるので、自主制作や研究に費やす時間が増えます。
    投稿者ID:328671
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    美術学部 美術学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他の美大とは違い、専門的に一つの分野だけ学ぶのではなく、様々なことを経験できる大学です。
      ただ、もうやりたいことや進路目標がはっきりと決まり、それしかやりたくないという学生には不向きかと思います。
    • 講義・授業
      当たり前ですが先生によって違います。意欲があればきちんと教えてくださると思います。
    • 研究室・ゼミ
      まだ経験していないのでわかりませんが、充実しているのではないでしょうか。
    • 就職・進学
      不安なことがあれば些細なことでも進路の面談を行ってくださいます。とても丁寧でした。
    • アクセス・立地
      寮がないので不便におもうかもしれませんが近隣にアパートがたくさんあります。
      交通は少し不便です。
    • 施設・設備
      学内の施設は比較的新しいです。環境もよいので過ごしやすいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子がおおいので恋愛関係はあまり期待しないほうがいいと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生の間は専門的な分野ではなく、広く多くの分野を学びます。
    投稿者ID:245225
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    美術学部 美術学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      私の場合、地元から近くて美術系の学部・学科がある国公立大学で考えて、今の大学を受験しました。
    • 講義・授業
      1年生は実技よりも座学の授業が多いです。現時点では英、中、韓、仏語までの語学の授業も、これからどんどん増えていくと思います。
    • 研究室・ゼミ
      1,2年生の時点ではまだ専攻に所属していません。そのため、専攻ではどのようなことをするのか、何につなげられるかがわからないという学生は多いかと思います。
    • 就職・進学
      秋田公立美術大学では、早い段階からキャリア教育として、学外から様々な分野の講師の先生を招いてお話を聞くことができます。
    • アクセス・立地
      最寄り駅はJR新屋駅で、秋田駅には電車で約15分で行くことができます。また、美術大学前にバス停もあります。バス賃は多少高いかもしれません。電車の運賃は秋田駅からで190円です。周囲に食べるところが少ないですが、すぐ近くにはLAWSONが、少し歩いたらFamilyMartがあります。
    • 施設・設備
      演習室などがかなり自由に使えます。コンピューター室が多く、学生なら誰でもMacintoshを使うことができます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私は所属していませんが、サークルがとても活発だと思います。あまり大きな学校ではないので、男女交際の噂はすぐに広まりますよ。
    • 学生生活
      学部・学科が一つだけなので、共通の話題で盛り上がりやすいです。授業は多いので多少の苦労はすると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      学科が一つしかないので、逆に言えば学科で悩むことがありません。
    投稿者ID:288535
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    美術学部 美術学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自分の学びたいことが学べるのはもちろんだが、興味のないことも学ぶことによって視野が広がる。これからもっと色々な事をやっていきたい。
    • 講義・授業
      自分の学びたいジャンルのみではなく、様々なジャンルを学べる。
    • 研究室・ゼミ
      正直先生によるが、わかりやすい先生が多い。世の中で活躍している方も多い。
    • 就職・進学
      卒業生はまだ四大から出てないからなんとも言えない。わからない。
    • アクセス・立地
      近くにアパートが多くていい。学生の家同士も近くていい。交流がとりやすい。
    • 施設・設備
      まだまだ足りない機材なども多いから満足とは言えないが徐々に増えてきてるようだから今後に期待はできる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      カップル多い!友人関係も問題は無いようだと思う。自分の界隈では変な話はないです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      インスタレーション、パフォーマンス、絵画、立体、テキスタイル、メディアアートなど色々ある
    投稿者ID:221808
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    美術学部 美術学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      1年と2年前期で5専攻、2年後期で2専攻、3.4年1.2年で1専攻に絞るという体制をとっています。1.2年では5つの専攻の内容をまんべんなく学べるので、いろんなアートを知ることができます。
    • 講義・授業
      興味深く、おもしろい授業が多くてとても充実しています。先生もおもしろい方ばかりです。
    • 研究室・ゼミ
      オフィスアワーの実施など先生と関われる機会が多いです。質問等気軽に相談できます。
    • 就職・進学
      定期的に就活面談の機会を設けていただいたり、企業よ方を招いてお話を聞く機会も多くあります。
    • アクセス・立地
      大きな橋を超えた先に大学があるため、買い物にいくのが少し大変です。
    • 施設・設備
      制作場所が少ないのと、学食が少し狭いです。
      設備は充実しています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      とても充実しています。ひと学年少人数のためみんな仲がいいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主に現代美術。空間表現や映像、テキスタイル、アニメーションなど様々な現代アートを学んでいます。
    投稿者ID:221713
    この口コミは参考になりましたか?
13件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

秋田県で評判が良い大学

秋田県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  秋田県の大学   >>  秋田公立美術大学   >>  口コミ

秋田公立美術大学の学部

美術学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.51 (13件)

オススメの大学

国際教養大学
国際教養大学
近隣の学校です
★★★★☆ 4.20 (58件)
秋田県/公立
秋田県立大学
秋田県立大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.83 (63件)
秋田県/公立
岩手県立大学
岩手県立大学
近隣の学校です
★★★★☆ 3.87 (108件)
岩手県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。