みんなの大学情報TOP   >>  岐阜県の大学   >>  情報科学芸術大学院大学

情報科学芸術大学院大学

(じょうほうかがくげいじゅつだいがくいんだいがく)

公立岐阜県/大垣駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:-

口コミ:★★★★☆

4.00

(1)

概要

偏差値
-
口コミ
4.001件
学科
メディア表現専攻
学べる学問
メディア 映像 放送

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆4.00
(1)

口コミ一覧

  • 女性在校生
    メディア表現研究科 メディア表現専攻 / 在校生 / 2015年度入学
    新しいことをやる場所
    2017年10月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ5|就職・進学3|アクセス・立地2|施設・設備3|友人・恋愛2|学生生活1]
    メディア表現研究科メディア表現専攻の評価
    • 総合評価
      良い
      研究に集中できる環境がよかったと思う。研究に対するモチベーションは学生、教員共に高いと感じる。院生としての学生生活を振り返ると、研究に集中でき、一定の成果を出すことが出来たことはなによりの財産かと思う
    • 講義・授業
      良い
      座学の講座を担当しているM・K先生の講義が素晴らしい。この講義を聴けただけで、入学する価値があった
    • 研究室・ゼミ
      良い
      担当教員が本当に親身になって、私の研究に付き合ってくれたので感謝している。担当教員に関しては当たり外れが大きいように思うので、よく吟味して選ぶべき。ただし、他大学と比べて担当教員の変更はしやすいので合わなかったら変えれば大丈夫。
    • 就職・進学
      普通
      就職率は残念ながらあまりよくない。そもそも就職に対して、他大学ほど重視していない風潮がある。キャリアに対するサポートは期待できない。
    • アクセス・立地
      悪い
      周りに何もないので、研究もプライベートも充実させたい人には不向き。駅が遠い。スーパーマーケットなど生活に必要最低限なものはあるが、娯楽や文化的なものは皆無に等しい。
    • 施設・設備
      普通
      移転して、オフィスビルの一角が校舎となったので、色々無理が生じている。空調設備が貧弱。機材などは充実している。
    • 友人・恋愛
      悪い
      学生数最大40人と狭いコミュニティなので、人間関係がもつれがちで面倒な部分がある。うまく人と距離を保てる人でないとしんどいときもあるだろう。
    • 学生生活
      悪い
      サークル的なものはほとんど存在しない。イベントも似た系統のものばかりで、それに関心が持てないとあまり楽しめない
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      単位は2年間で20単位取得。必修は修士研究関連以外はない。1年次に修士研究のための基礎的なスキルを身につける導入科目を履修し、2年で自分のテーマを見つけ研究を行う。
    • 就職先・進学先
      他大学の博士課程後期への進学を予定

基本情報

所在地/
アクセス
学部 メディア表現研究科

情報科学芸術大学院大学のコンテンツ一覧

情報科学芸術大学院大学の学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  岐阜県の大学   >>  情報科学芸術大学院大学

情報科学芸術大学院大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。