みんなの通信高校情報
自分に合った通信制高校を選んで、
大学進学・就職への一歩を踏みだそう!

みんなの通信制高校情報

自分に合った高校選びをするために

通信制高校は、通学形態やサポート体制など、学校によって様々です。実際に、どんな通信制が自分にあっているのか、いざ学校選びをしようとするととても迷うはずです。通学スタイル一つとっても、一つの学校で何パターンか用意されているケースもあります。できるなら、複数の学校に足を運び、学校の雰囲気が自分と合っているかどうかを確認して選ぶと良いでしょう。だからこそ、通信制高校を選ぶ際には、自分の判断軸を明確にしておくことが重要です。通信制高校選びのステップに沿って、学校選びをしましょう。

Step1:通信制高校について知る

まずは通信制高校について知ることから始めましょう。学校選びガイドでは、通信制高校のシステムや現状、学費についてなど、通信制高校やサポート校を選ぶ上で必要な情報を紹介しています。通信制高校の現状についてきちんと理解した上で、学校選びをすることをおすすめします。ぜひご活用ください。

Step2:選ぶ条件を決める

通信制高校がどのような学校なのかわかったら、次はあなた自身の「選ぶ条件」を決めましょう。通信制高校は多くの種類があります。自分の将来の夢は何なのか、カリキュラムは自分に合っているか、スクーリングは少ない方がいいのか、たくさんあったほうがいいのか、など、自分に合った学校を選ぶための条件を決めましょう。

<選ぶ上で注目すべきポイント>
・どの学科が設置されているか
通信制高校には、 普通科(幅広い分野のうち特に基礎的なものを扱う普通教育を主とする学科)、 専門学科(職業教育を主とする職業学科や普通教育を高度に拡充させた学科)、 総合学科(幅広い選択科目の中から生徒が自分で科目を選択し学ぶことが可能な学科)などの学科があります。複数の学科が設置されている学校もあります。
入学時に好きなことや学びたいことがはっきりしている人は、専門学科※を選択して、専門科目を中心に学ぶことができます。自分の好きなことが明確でない方は、普通科や総合学科などで、幅広く学ぶこともできます。実際入学時に「好きなこと」がわかっている人は少数で、入学後にコース変更する人もいます。
※専門学科の例:ゲーム・アニメ、スポーツ、ダンス・音楽、ビューティー・ネイル、介護・福祉・保育など
・サポート校が併設されているかどうか
自分で計画を立てて学習することに不安がある方は、サポート校が併設されている学校を探すのも良いでしょう。通信制高校は様々な背景を持つ生徒を受け入れ、多くの生徒が高校卒業資格取得をめざして学んでいますが、入れば安心というわけではありません。卒業に必要な単位の取得には、レポート提出、スクーリングへの出席、試験が課せられますが、レポート課題の取り組みは基本的に生徒が一人で取り組まなければならず、途中で挫折してしまう人も多いのが現状です。
・「私立」か「公立」か
通信制高校にも、私立と公立があります。学費が安いからといって、安易に公立を選ぶことはおすすめしません。通信制高校での学習は、基本的には自学自習で、レポートなどは自分で取り組まなければなりません。自分を律する力がないと、卒業までたどり着くのは大変です。自分一人で学習することに自信がない人は、サポート校が併設されていたり、学習面でのサポートが充実している学校を選ぶことが重要です。
・「広域通信制」か「狭域通信制」か
通信制高校は、通学できる都道府県の数によって、広域通信制狭域通信制にわかれます。定期的に通学を考えるなら、通いやすさも重要です。自宅から遠すぎても気持ちは続かないかもしれません。住んでいる場所によって通える通信制高校の数には差があるため、地元にこれといった通える通信制がない、ということもあるでしょう。そんなときは広域通信制に目を向けると良いでしょう。私立の通信制高校では、全国から通える広域通信制の学校もあり、全国各地にスクーリング会場を設けているため、好きな場所を選んで通うことができます。
・スクーリングの頻度や通学パターン
通信制高校によって、スクーリングの頻度には差があります。年間20日程度という学校もあれば、週5日という学校もあります。また、「週3日通学タイプ」、「週5日通学タイプ」など複数の通学パターンを用意していて、自由に選べる学校もあります。インターネットを活用して最小限の登校で卒業単位までたどりつける学校もたくさんあります。 通学パターンは、「人と会うのが好き」「自分一人で勉強したい」など、自分の性格に合わせて選ぶのが良いでしょう。ただ、通学日数の少ないと、モチベーションが下がってしまう場合も多く、慎重に選ぶことが必要です。授業のない空いた時間の過ごし方は自由なため、その時間に何をしたら良いかがわからないと、時間を持て余してしまい、勉強や学校から足が遠のくことにもなりかねません。 中学時代不登校だったが、通信制高校で友達を見つけて毎日学校へ来るのが楽しい、という生徒さんもいますので、ご自身の性格を見極めたうえで選んでください。
・入学時期
全日制の高校などを中退してしまって、他の高校に入りなおしたい人にとっては、入学のタイミングも重要なポイントです。新入学に関しては、4月と9月の2回募集している学校が一般的です。転入・編入は随時受け付けている学校が多いですが、学校によって実施する月に違いがあるため、自分の行きたい学校の入学可能な時期を確認しておくことが必要です。
・卒業後の進路
卒業生の進路がどのような内訳になっているかも見ておきましょう。大学進学を目指すなら、進学率も調べておきましょう。勉強をしっかりやりたいと思っている人は、カリキュラムがどうなっているか、教育内容を確認することも重要です。 資格の必要な仕事に就きたいと考えている人や、将来に役立スキルを身に付けたいという人は、資格取得や検定試験に関するサポートが充実しているかどうかにも注目すると良いでしょう。各種検定試験に合格することで、単位に換算してくれる学校や、専門学科で学ぶことで国家試験の受験資格が得られる学校もあります。試験合格率の向上に重点を置いている学校は、受験対策にも力を入れているので、参考にすると良いでしょう。
Step3:通信制高校を探す
選ぶ条件が決まったら、さっそく学校を検索してみましょう。学校検索ページでは、エリアや特徴(「卒業率高い」「進学率高い」「不登校サポート有り」など)をしぼって、学校を探すことができます。 > 学校検索へ
Step4:資料請求する
気になる学校を見つけたら「公式HPを見る」ボタンをクリックし、学校から資料を貰いましょう。
Step5:学校を訪問する
自分に合った学校選びをするためには、「自分の目で確かめる」というステップが重要です。実際に学校を訪問し、先生に話を聞くことで、より具体的に通信制高校での学校生活をイメージできると思います。学校紹介ページや資料を見て疑問に思ったこと、将来に対する不安などを直接相談してみましょう。また、学校によって在籍者の雰囲気も少しずつ違います。いかにも自由!という感じの生徒が多い学校、ちょっと真面目っぽい生徒が多い学校。いずれにしても通信制の生徒は個性豊かです。環境、先生、仲間(生徒)総合してこの学校ならと思えれば大丈夫です。卒業さえすればどこでもいい、と投げやりにならず、納得できるまで学校見学をしましょう。
全日制の高校と同じように、通信制高校も学校説明会を開催しています。開催時期や頻度は学校によって異なりますが、毎月行っている学校もあります。このような機会を積極的に利用して、納得のいく学校選びをしましょう。
このページの先頭へ戻る
お住まいの地域から通信制高校を探す
北海道・東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
甲信越・北陸
新潟 長野 富山 石川 福井 山梨
首都圏
東京 神奈川 埼玉 千葉
北関東
茨城 群馬 栃木
東海
愛知 岐阜 静岡 三重
関西
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
運営スタッフに一言
ぜひご意見をお聞かせください
送信
ありがとうございました
エラーが発生しました
Copyright ©みんなの通信制高校情報. All rights reserved.