みんなの大学情報TOP   >>  宮城県の大学   >>  東北大学   >>  口コミ

東北大学
出典:Los688
東北大学
(とうほくだいがく)

宮城県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:52.5 - 67.5

口コミ:★★★★☆

4.13

(721)

東北大学 口コミ

★★★★☆ 4.13
(721) 国立内17 / 169校中
学部絞込
72111-20件を表示
  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 3]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      確かに勉強で専門の知識をつけるにはとても素晴らしい大学だが、サークル等の充実していな部分を含めてしまうと普通の大学だなと思ってしまう。
    • 講義・授業
      良い
      私は他大を中退して、今の大学に来ました。前の大学よりも授業内容はとても濃いと思いました。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      専門を追求するにはとても素晴らしい研究室が揃っていて迷ってしまうくらい充実している。
    • 就職・進学
      普通
      専門の学科なので、一般企業へ生かす事はなかなか至難の業だと思いました。
    • アクセス・立地
      悪い
      田舎なので、交通手段とか買い物とかが大変で他県からくると苦労します。
    • 施設・設備
      悪い
      施設から施設へ行くのが遠いので、もっと建物が密集してほしいです。
    • 友人・恋愛
      悪い
      サークルに入れば友人はできるのですが、異性に関してはあまりかわいい子がいなくて、恋愛まで発展しない。
    • 学生生活
      普通
      サークルの数は充実しているのですが、ふたを開けてみるとあまり楽しくなく、長続きしない
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次~3年次前期で教養基礎科目・基幹教育科目を習得し、3年次後期で学科振り分けをし、そこから卒業まで発展教育科目を習得し、実習へ行き、課題研究をして薬学演習して国家試験へ挑むという流れです。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 就職先・進学先
      どこか病院の近くにある薬局
    • 志望動機
      前に行っていた大学が暇で、授業も退屈だったので暇つぶしに受けてみたら受かったので辞めて、通学したという流れです。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:537743
  • 男性在校生
    文学部 人文社会学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    文学部人文社会学科の評価
    • 総合評価
      良い
      文系で、やりたいことがまだ決まっていないという学生には特に需要は高いのではないかと思う。結局は「為せば成る」、充実した学生生活を送れるかどうかは学生ひとりひとりの努力次第。
    • 講義・授業
      良い
      「概論」系の授業は予備知識が無くても理解できるような内容・構成で、専門についての知識をイチから習得できる。ただし、場合によっては授業内容が却って簡単すぎて、卒業論文の準備としては十二分とはいえないかもしれない。
    • 就職・進学
      普通
      東北大文学部主催の「公務員講座」はかなり評価が高いようで、公務員志望の多くの学生にとって良き学びの場となっているようだが、それ以外について特段大学側からの積極的なサポートはない。学生側が動けば必要な情報は与えられると思うが、そもそも相談窓口が分かりにくいのも難点。
    • アクセス・立地
      良い
      地下鉄の東西線が出来たことで文学部のキャンパスは比較的アクセスしやすくなっている。ただし、大学生協を除けば周囲にちょっとした用を足せる場がなく、コンビニですらほとんどない。買い物は駅周辺や郊外まで足を運ぶ必要がある。
    • 施設・設備
      良い
      教室で特に不便を感じたことはない。学内は学生なら誰でも使えるwi-fiが飛んでいる。図書館が特に充実している。
    • 友人・恋愛
      良い
      どこの大学も大差ないと思う。「為せば成る、為さねば成らぬ」といったところ。1年次の「基礎ゼミ」や「基礎初修語」(いわゆる第2外国語)の授業は比較的狭いコミュニティで友人ができやすいと思うが、反面、2年生に進級すると授業が別になったりして、その1年次にできた友人とも距離ができやすくなる。2年次に同じ専修内で友人を作れば、少なくとも卒業まではその関係は保持できると思う。
    • 学生生活
      良い
      大きな大学だけあって、部活やサークル、同好会などは充実しているように思われる。イベント等は高校以前のような強制参加制のものがないため、興味がなければ1年間何もないようにすら感じられる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基本的に「全学教育」とよばれる基礎教養の授業が中心。2年次以降は専修決定(研究室配属)を受けて専門分野についての授業中心になる。4年次で卒業論文を提出して修了。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      英語の先生になりたいが教育学には興味がなかった。東北大学を選んだのは手頃だったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:536563
  • 女性在校生
    理学部 化学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    理学部化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学で勉強したいと思っている人には非常に良いところです。熱心に取り組めばそれだけ教授も答えて下さいます。
    • 講義・授業
      良い
      専門的なことが多いですが、教授が熱心に教えて下さいます。特別講師の方も多いです。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室では週一回勉強会を開くところもあり、知識をないがしろにしません。
    • 就職・進学
      良い
      就職には基本的に困らないと聞いています。化学系の研究職が多いです。
    • アクセス・立地
      普通
      青葉山駅が最寄りです。少々本数が少ないのと、路線が一本だけなのが難点です。
    • 施設・設備
      良い
      新しく増築された建物もありますし、最新の設備が整っていて研究には最適です。
    • 友人・恋愛
      悪い
      自分から積極的にいかないと友人は作れません。サークルなどは大切にしましょう。
    • 学生生活
      悪い
      大小様々なものがあり、十分に楽しむことができます。活発なものも多いです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      まずまんべんなく化学以外にも物理や数学、文系科目も学び、それから専門的になっていきます。
    • 学科の男女比
      8 : 2
    • 就職先・進学先
      まだ決まっていません
    • 志望動機
      化学の合成に興味があり、しっかりと勉強できると思って入学しました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:536357
  • 女性在校生
    工学部 材料科学総合学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 4]
    工学部材料科学総合学科の評価
    • 総合評価
      良い
      名の知れた大学であり、ハイレベルな研究を行える大学だから。歴史もあり、これからも良くなっていくとおもうから
    • 講義・授業
      普通
      専門的な授業が多くて知識量が豊富になるが、自分には合っていないと感じることもある
    • 研究室・ゼミ
      普通
      よい研究室もわるい研究室もあるそうで、所属する際に慎重に選ばないといけないから
    • 就職・進学
      普通
      進学実績はよいが、進学に対して力を入れていて、就職する学生にはすこし手薄に感じる
    • アクセス・立地
      普通
      地下鉄が出来たため行き来きやすくはなったが、中心地からすこし離れたいいふ
    • 施設・設備
      普通
      あまり、学校の整備をしらないためなんの評価もできないのでこの評価になった
    • 友人・恋愛
      悪い
      同性の学生が少ないため友人はすくないし、恋愛関係にある人をあまり見かけない
    • 学生生活
      良い
      部活やサークルごとにさまざまなイベントに参加しており、他大学との交流も盛んだから
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は文系の教科の基礎も学び一般教養をつけたあと、2年次からは材料に関しての専門的な分野の勉強を様々な角度からしている
    • 学科の男女比
      9 : 1
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      家から通えて、知名度もあり、自分を高めていけると思ったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:534226
  • 女性在校生
    法学部 法学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 1| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 4]
    法学部法学科の評価
    • 総合評価
      普通
      法学部だと自分から進んで行動しないと情報などは集められないので、そこは注意する必要がある。また、教授によっては授業が分かりにくい人もいるので、早くその人ごとの授業の癖を見つけると勉強がしやすいと思う。
    • 講義・授業
      普通
      学習する内容に対して授業時間が足りていない科目がいくつかあり、十分な学習がでいないものもある。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      そもそも法学部にはゼミが設けられておらず、演習は授業としてあるのみ。
    • 就職・進学
      悪い
      就職のサポートはあまりないため、自分で積極的に情報を集めなければならない。
    • アクセス・立地
      良い
      キャンパス内に地下鉄の駅が入っているため、交通の便は良いと思う。
    • 施設・設備
      普通
      メインで使っている建物は新しく綺麗だが、補助的に使っている建物は古い。
    • 友人・恋愛
      悪い
      ゼミなどがないため授業に出ているだけでは交友関係が広まらないので、自分からサークルなどに入る必要がある。
    • 学生生活
      良い
      サークルは一般の大学と同じくらいあると思うし、大学祭も盛り上がっていると思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養と専門教科を学び、2年次からは専門教科がメインになっている。また、他学部の講義を選択することもできる。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      高校の担任に勧められたのと、法学部に入りたいと思っていたから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:533917
  • 女性在校生
    農学部 生物生産科学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    農学部生物生産科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      1年生のうちは農学部全体に関しての講義が多く、学科・コースが決まっていないため、自分の興味を絞ることなく様々な分野を考えることができたのが良かったです。一年かけて自分が学びたいことを決め、2年からコースを決めるという制度はありがたかったと思います。しかし、その弊害として、研究室での研究が4年生からしか出来ないのが悩みどころです。1年間しか研究できないのでほとんどの人が大学院に進学します。金銭的な面も含めて院進学まで考えておくべきだと思います。
    • 講義・授業
      良い
      研究者育成の第一歩としてのサポートは充実していると思いました。
      一年生の理系は自然科学総合実験というものを受けます。これは生物系化学系物理系を広く浅く取り入れた実験で、各実験ごとにレポートの提出(手書き)が課されます。書き方講座から始まり、一人一人に専用のレポートの評価シートが配られ、自分のレポートで良かった点悪かった点をきちんと把握できます。膨大な人数がいる中、一人一人のレポートを評価してくれる大学は他に無いんじゃないかなと思います。
      私のコースの先生方もそのほかも先生方もやはり知識量は半端なく多いので講義の内容はぎっしりだと思います。ただ、高校のようなガチガチの授業ではなく大学らしい自由な講義なので、気負うことなく臨めます。ただ、物理選択だった私にはついていけない内容が多いので、独学でも生物をやっておくべきだったなと後悔しています。
    • アクセス・立地
      良い
      農学部キャンパスは山の上?中?にあるため、キャンパスへ行くことを登山、帰ることを下山と言っています。それくらい面倒くさい場所にあります。しかし地下鉄が通っているため、そちらを利用する人も多いです。朝はだいぶ混みますが。
      通学のしやすさは住む場所によると思います。
    • 施設・設備
      良い
      キャンパスが移設し、昨年から新キャンパスでの講義なので、とても綺麗で新しい場所で講義を受けられます。よく他学部から羨ましがられます。図書館も自習しやすい環境でとても気に入っています。
    • 友人・恋愛
      良い
      学部、学科では自分と学籍番号が近かったり、気の合う人といった少人数での行動が多いです。なかなか友人の幅を広げるのは難しいです。その分部活やサークルでは仲が深まりやすいです。学部の友達より部活の友達の方が一緒にいる時間が長かったりします。部活・サークル選びは重要かなと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年生のうちは学科が決まっていないので、高校生のような授業が多いです。一般教養がメインで、少しだけ農学を俯瞰的に見る授業があります。二年生でコースが決まってからはそのコースの基礎的な内容から始めて、本格的に農学部だなと感じる授業は二年後期からだと感じました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:485843
  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    医学部医学科の評価
    • 総合評価
      良い
      将来、医学系の研究をしたいと考えていてる学生にはとてもいい大学だと思います。施設、設備が非常に充実しています。
      研究室も充実しています。色々な分野の研究室があるので、自分の興味のもった分野をいっぱい学べます。
      特に、東北大学医学部保健学科には、看護学専攻、放射線化学専攻、検査技術化学専攻の3専攻があり、授業いよってはこの3つの専攻の人たちが、一緒に学ぶ機会があるので、3専攻の学生たちで仲良くなることもできます。
    • 講義・授業
      良い
      大学病院でバリバリ働く現役看護師やお医者さん、大学で一生懸命に研究に打ち込んでいる教授、また、学外から集められた特別講師による授業が豊富に設けられています。授業の質はとても良いと思いました。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      2年の秋ごろから研究室選びが始まります。看護学専攻の研究室は沢山あるので、自分の興味のある分野を選ぶと良いと思います。研究室選びの参考になるようにとゼミを開催しているので、学生たちはゼミに参加して実際に研究室の雰囲気を感じてみることもできます。
    • アクセス・立地
      普通
      北四番丁駅から徒歩で10分程度で着きます。バスも通っているので交通の便は全体的に良いと思います。
    • 学生生活
      普通
      東北大学にはサークルが沢山あります。他にも、医学部の人たちで構成されたサークルもあるので、とても楽しいです。
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:485646
  • 女性在校生
    工学部 化学・バイオ工学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    工学部化学・バイオ工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      工学部の生徒は皆真面目なので、大学で本当に勉強したいと考えている方にはおすすめです。大学で遊びたいと考えている方にはあまりむかないです。
      レポートが多いので継続的に勉強する力がないと大変です。きちんと単位をとらないと留年もあるのできをつけてください。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      いろんな研究室があり、最先端の研究をしています。
    • 就職・進学
      良い
      ほとんどの人が大学院にいきます。
      院試に落ちて院試浪人生になる人もまあまあいます。
    • アクセス・立地
      悪い
      山の中にキャンパスがあるので原付があると便利です。
      仙台は杜の都と呼ばれていて、自然は豊かな上、駅の近くにいくと栄えていて基本的になんでも揃います。一人暮らしをするのにとても適している土地です。
    • 施設・設備
      良い
      とても高い研究に使う機械がたくさんあるらしい。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年では、全学教育という幅広い学びをします。宗教学だったり、文学だったり、全く工学に関係ないこともたくさんやります。
      2年では、専門科目という工学部専用の学問を学びます。
      3年になると、実験が多くなります。
      4年では、研究室に配属されそこで学びます。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:485285
  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    医学部医学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学で医学を勉強をしたいと思っている学生にはとてもいい大学だと思います。特に研究をしたいと思っている学生にはもってこいです。学生のうちから研究室に入って研究をすることができます。
    • 講義・授業
      良い
      専門科目の授業はとても充実しています。ただ全学教育科目に関しては個人的に受けたいと思った講義が少なかったのが多少残念でした。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究に熱心であるという評判の通り、研究には力を入れていると感じます。特に先ほども書いたように、学生のうちから研究室に配属することもできます。
    • 就職・進学
      良い
      研究に力を入れていると書きましたが、実際は研究医になるより、臨床医になる人の方が多いです。将来臨床医をやりたいと思っている人も入学して損はありません。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は主に一般教養である全学教育科目を他学部の学生と一緒に受けます。しかし、年々実習の期間を延ばすために、専門科目を低学年の段階から学ぶように、現在進行形で調整していっているようです。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:483339
  • 女性在校生
    経済学部 経済学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    経済学部経済学科の評価
    • 総合評価
      普通
      東大や京大卒の優秀な教授がいらっしゃるので、色んな知識が得られると思います。が、学部の雰囲気としてみんなだらけていく傾向があるので、流されやすい人は注意です。自分をしっかり持って勉強し続ける自信のある人は、充実した生活を送ることができるでしょう。
    • 講義・授業
      悪い
      中には面白い授業をしてくださる先生もいらっしゃいますが、大抵は90分間ただただ話し続け教授の趣味を押し付けられます。それをしっかりまじめに聞いて、理解し、自分のものにできたら本望ですがなかなか難しいです。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミは種類も数もたくさんあり充実していると思います。拘束時間が短く比較的自由なゼミもあれば、ほぼ毎日みんなで集まってしっかり学ぶゼミもあります。自分のやりたいことと照らし合わせて選べます。
    • 就職・進学
      普通
      都内の大学等に比べると、大手企業への就職は圧倒的に少ないです。東北電力や七十七銀行等からの信頼は非常に厚いので、東北での就職を考えている人にはおすすめです。都内のメーカーなどは東北大学のブランドで有利になるということはあまりないので、自分でしっかり対策をしておかなければなりません。
    • アクセス・立地
      良い
      仙台駅まで自転車で10分ほどで着きます。途中アーケードもあり、買い物に困ることはありません。ただ中心部のアパートはやはり家賃が高いので、安く済ませるなら少し遠いところに住むことになるかもしれません。物価はきもち高めです。
    • 施設・設備
      良い
      設備は揃っていると思います。蔵書もたくさんありますし、講習を受ければパソコンも使え、コピーも無限にできます。
    • 友人・恋愛
      良い
      人間的に落ち着いた人が多い大学なので、平和に生きやすいです。ただ学部の人数が多く、授業も大教室で受けるので、学部の人たちみんなで遊んだりということはありません。
    • 学生生活
      良い
      サークルは山ほどあります。いくつあるのかわからないくらいあります。どんなマイナーなものでも探せば見つかると思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養と、経済・経営の入門を、2年からは経済・経営をより専門的に学び始めます。3・4年次はゼミを中心に活動します。授業数は学年が上がるにつれて減っていきます。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:483164
72111-20件を表示
学部絞込

基本情報

住所 宮城県 仙台市青葉区片平2-1-1
最寄駅 仙台市営地下鉄東西線 青葉通一番町
電話番号 022-717-7800
学部 法学部、 経済学部、 文学部、 教育学部、 農学部、 理学部、 薬学部、 工学部、 医学部、 歯学部
概要 東北大学は、宮城県仙台市に本部を置く国立大学です。1907年に創立された東北帝国大学を前身とし、1947年に現在の大学名東北大学へ変わりました。現在では総合大学として10の学部と3つの専門職大学院を設置しています。「自然科学・工学」の分野ではノーベル化学賞受賞者、「法学政治学」の分野では憲法学者など多数の有能な人物を輩出しています。 仙台市青葉区を中心に5つのキャンパスを使用しています。研究所や大学本部がある片平キャンバスは仙台市中心部にあるため、公開行事や花見などに市民の交流の場としても活躍しています。東北大学出身者や教授で親睦を高める「萩友会」の会員には、「東北楽天ゴールデンイーグルス」の観戦チケットが優待価格で購入できます。

みんなの大学情報TOP   >>  宮城県の大学   >>  東北大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
立教大学

立教大学

55.0 - 67.5

★★★★☆ 4.02 (1162件)
東京都豊島区/池袋駅
近畿大学

近畿大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.77 (1331件)
大阪府東大阪市/長瀬駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.11 (693件)
東京都千代田区/四ツ谷駅
理系のオススメ大学
近畿大学

近畿大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.77 (1266件)
大阪府東大阪市/長瀬駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.11 (666件)
東京都千代田区/四ツ谷駅
東邦大学

東邦大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.89 (159件)
東京都大田区/梅屋敷駅

偏差値が近い大学の一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

東北大学の学部

法学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.25 (59件)
経済学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.11 (58件)
文学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.15 (101件)
教育学部
偏差値:57.5
★★★★☆ 3.98 (35件)
農学部
偏差値:57.5
★★★★☆ 4.14 (52件)
理学部
偏差値:57.5 - 60.0
★★★★☆ 4.07 (90件)
薬学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.11 (19件)
工学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.16 (189件)
医学部
偏差値:52.5 - 67.5
★★★★☆ 4.18 (83件)
歯学部
偏差値:57.5
★★★★☆ 3.98 (9件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。