>>     >>     >>  合格体験記

愛媛大学
愛媛大学
(えひめだいがく)

愛媛県 / 国立

偏差値:48 - 70

口コミ:

3.73

(190)

愛媛大学 合格体験記

合格体験記一覧

6件中 1-6件を表示
  • 法文学部人文学科(2015年/前期)の合格体験記

    女性在校生
    • 愛媛大学 法文学部 人文学科
    • 安古市高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    センター過去問を解きまくるのがオススメです。

    【2次・個別】
    過去の傾向を掴んでおくことが必要になってきます。

    利用した参考書
    センター過去問

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    重要な定理や公式を覚えることが大切だと思います。

    【2次・個別】
    こちらも過去の傾向を掴んでおくことが重要です。

    利用した参考書
    青チャート

    外国語

    【センター】英語、英語リスニング
    とにかく速く読めるように数をこなしましょう。

    【2次・個別】英語
    わからない単語があっても文の大意を掴めるような対策をしましょう。

    利用した参考書
    ターゲット

    社会

    【センター】日本史B、倫理、政治・経済
    闇雲に覚えるのではなく、事柄を整理して暗記していきましょう。

    【2次・個別】日本史、倫理、政治・経済
    記述問題への対策が重要になってくると思われます。

    利用した参考書
    山川の教科書

    理科

    【センター】
    基礎をしっかりと抑えることが重要だと思います。

    【2次・個別】生物、地学
    定理や公式、重要な単語を押さえましょう。

    利用した参考書
    セミナー

    受験の振り返り、反省

    【受験生活を振り返って】
    学校にどんどん頼ったらいいと思います。
    センター当日は焦ることなく、今まで自分がやってきたことを信じて回答しましょう。

    【2次・個別試験を振り返って】
    センターが終わったら結果についてウダウダ考えずに、すぐ切り替えて個別試験の対策をしましょう。
    本番当日は、緊張するとは思いますが、周りの受験生に気を取られることなく、集中して受験することが大切だと思います。

    受験データ

    偏差値推移

    1日の学習時間推移

    センター試験で受験した科目とその点数

    合計 631点 / 950点 得点率 66%

    国語 130 / 200点 数学(数学ⅠA) 60 / 100点
    数学(数学ⅡB) 32 / 100点 外国語(英語) 140 / 200点
    外国語(英語リスニング) 48 / 50点 社会(日本史B) 70 / 100点
    社会(倫理、政治・経済) 81 / 100点 理科 70 / 100点

    2次・個別試験で受験した科目

    国語、数学、外国語(英語)、社会(日本史)、社会(倫理)、社会(政治・経済)、理科(生物)、理科(地学)

    併願校情報

    大学名 学部名 学科名 入試形式 合否
    安田女子大学 文学部 日本文学科 センター利用 合格
    3人中 2人がGood!と言っています。 Good! Bad..
  • 法文学部人文学科(2014年/後期)の合格体験記

    男性在校生
    • 愛媛大学 法文学部 人文学科
    • 今治南高等学校 出身
    • 入試形式:後期
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2014年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    ・本を読んだり熟語の本?を反復したりして語彙を増やしておく ・模試の復習は欠かさない ・赤本を何回も繰り返して解く

    【2次・個別】
    ・形式はセンターと同じで記述になったくらいなのでセンター試験と同じように解けるようにした ・赤本は繰り返して解く

    利用した参考書
    赤本。50字以上の記述対策用の参考書

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    完全に捨てていたのであまりアドバイスできず… 公式だけは頭に入れてた

    利用した参考書
    白チャート、赤本

    外国語

    【センター】英語、英語リスニング
    ・単語や熟語などの言い回しのストックを貯めておく ・模試の復習は欠かさない ・赤本を何回も繰り返して解く リスニングは放置してた…

    【2次・個別】英語
    やや長めの記述があるので200字くらいの文章は書けるようにした、それ以外はあまり難しくなかったため今までやってきたことを詰めていった

    利用した参考書
    即ゼミ、赤本

    社会

    【センター】日本史B、政治・経済
    日本史 ・志望校的に8割をラインとして定めていた→自分でラインを決めておく? ・模試の復習は欠かさない ・赤本を繰り返して解く 政治経済 高校のカリキュラムで受けただけなので先生にもらったプリントしたしてなかった

    【2次・個別】日本史
    日本史、論述が大問で3~4問あるので論述対策用の参考書はやっていた。奇問などはないので今までやってきたことを反復して詰めていった。赤本を繰り返して解く

    利用した参考書
    山川の教科書、赤本、論述対策(十何年くらい前の旧帝クラス向けのやつ)、Z会の参考書

    理科

    【センター】生物Ⅰ
    完全に捨てていたのであまりアドバイスできず… ・模試の復習は欠かさない ・赤本を繰り返して解く

    利用した参考書
    高校生物を1からやり直す本、赤本

    受験の振り返り、反省

    【受験生活を振り返って】
    自分の高校は7割が就職もしくは専門学校で国公立大に行くのは年に2人ほどの高校だったので学校での周りの雰囲気が気になって仕方なかったのでそういったものには気をつけるべき。ところどころで少しでも寝ていたほうがモチベーションは上がると思う。本屋などにおいてある勉強法も見てみるといい。

    【2次・個別試験を振り返って】
    前期に第一志望を落ちてしまったので後期のモチベーションが全くなくなっていたのでそういったことにはならないようにすべき。長い記述や論述があるため、参考書を繰り返して解くことや模試の記述などの復習が必要だった。

    受験データ

    偏差値推移

    1日の学習時間推移

    センター試験で受験した科目とその点数

    合計 740点 / 950点 得点率 78%

    国語 175 / 200点 数学(数学ⅠA) 80 / 100点
    数学(数学ⅡB) 50 / 100点 外国語(英語) 170 / 200点
    外国語(英語リスニング) 35 / 50点 社会(日本史B) 85 / 100点
    社会(政治・経済) 70 / 100点 理科(生物Ⅰ) 75 / 100点

    2次・個別試験で受験した科目

    国語、外国語(英語)、社会(日本史)

    併願校情報

    大学名 学部名 学科名 入試形式 合否
    京都府立大学 文学部 歴史学科 前期 不合格
    愛媛大学 法文学部 人文学科 後期 合格
    5人中 2人がGood!と言っています。 Good! Bad..
  • 医学部医学科(2014年/前期)の合格体験記

    男性在校生
    • 愛媛大学 医学部 医学科
    • 成章高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人:浪人
    • 入学年度:2014年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    文章の流れを正確に把握することが国語の対策ポイントです

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    弱点をしっかり把握し、反復演習を繰り返すことが苦手克服につながる

    【2次・個別】
    志望校より偏差値が高い大悪の過去問を解く

    外国語

    【センター】英語、英語リスニング
    たくさん英文を解読し、読解速度を上げることが英語の対策のポイント

    【2次・個別】英語
    たくさん英文をよむ。速読力を向上させる。

    社会

    【センター】倫理、政治・経済
    何度も教科書、参考書をよみ、とにかく暗記する

    理科

    【センター】物理、化学
    演習問題を繰り返し、応用力を上げることが対策のポイント

    【2次・個別】物理、化学
    志望校より偏差値が高い大悪の過去問を解く

    受験時に利用した塾、予備校、家庭教師

    会社名 駿台予備校
    役立ったポイント 成績が伸び悩んでいた自分に基礎を大切さを教えてくれて、応用力を向上させてくれた

    受験の振り返り、反省

    【受験生活を振り返って】
    自分が解けた問題にたいし喜ぶのではなく、間違えた問題に対し、なぜ間違えたのか、何が自分にたりないのかをしっかり把握することが大切。

    【2次・個別試験を振り返って】
    志望校および同じぐらいの過去問を、実際の試験を想定して演習することは大切だと思いました。しっかり自分の弱点を把握しその克服に重点を置くことが大事だと思いました。そしてなによりも、決してあきらめないことが大事だ思いました。

    受験データ

    偏差値推移

    1日の学習時間推移

    センター試験で受験した科目とその点数

    合計 808点 / 950点 得点率 85%

    国語 160 / 200点 数学(数学ⅠA) 90 / 100点
    数学(数学ⅡB) 85 / 100点 外国語(英語) 160 / 200点
    外国語(英語リスニング) 45 / 50点 社会(倫理、政治・経済) 75 / 100点
    理科(物理) 98 / 100点 理科(化学) 95 / 100点

    2次・個別試験で受験した科目

    数学、外国語(英語)、理科(物理)、理科(化学)

    併願校情報

    大学名 学部名 学科名 入試形式 合否
    愛媛大学 医学部 医学科 前期 合格
    奈良県立医科大学 医学部 医学科 後期 合格
    1人中 1人がGood!と言っています。 Good! Bad..
  • 工学部機械工学科(2015年/後期)の合格体験記

    男性在校生
    • 愛媛大学 工学部 機械工学科
    • 三次高等学校 出身
    • 入試形式:後期
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    過去問を解きまくって採点、見直しをする。

    【2次・個別】
    過去問を解く。でもほとんどしていないけど。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    問題集を解く。基本的な問題から解いていく。

    【2次・個別】
    過去問を解く。 解けないけど考えることが大事。

    利用した参考書
    黄チャート

    外国語

    【センター】英語、英語リスニング
    ちょっとした空き時間に単語帳を見て覚える。

    【2次・個別】英語
    過去問を解く。 時間配分の感覚を身につける。

    利用した参考書
    ターゲット

    社会

    【センター】地理A
    過去問を解きまくる。採点して見直しをする。

    利用した参考書
    資料集

    理科

    【センター】物理、化学
    問題集を解く。 過去問を解く。共に採点して見直しをする。

    【2次・個別】物理、化学
    問題集を解く。 過去問を解く。 共に採点して見直しをする。

    利用した参考書
    問題集ならなんでもよい

    受験の振り返り、反省

    【受験生活を振り返って】
    正直勉強し始めたの3年の夏休み明けからで1日3、4時間だったけどなんとかなったし、そんな神経質にならんでも良いと思うよ。

    【2次・個別試験を振り返って】
    自分のときはちょうど形式が変わる境目で正直過去問とだいぶかわっとって役に立たんかったけど普通はそんなことないと思うし過去問は解いとくべき。仮にだいぶかわっとっても焦らんかったら大丈夫。ゆうてそれが一番難しいんじゃけど(^^;

    受験データ

    偏差値推移

    1日の学習時間推移

    センター試験で受験した科目とその点数

    合計 668点 / 950点 得点率 70%

    国語 140 / 200点 数学(数学ⅠA) 75 / 100点
    数学(数学ⅡB) 52 / 100点 外国語(英語) 145 / 200点
    外国語(英語リスニング) 25 / 50点 社会(地理A) 70 / 100点
    理科(物理) 86 / 100点 理科(化学) 75 / 100点

    2次・個別試験で受験した科目

    国語、数学、外国語(英語)、理科(物理)、理科(化学)

    併願校情報

    大学名 学部名 学科名 入試形式 合否
    広島大学 工学部 機械 前期 不合格
    岡山県立大学 情報学部 情報 中期 不合格
    愛媛大学 工学部 機械工学科 後期 合格
    3人中 1人がGood!と言っています。 Good! Bad..
  • 工学部電気電子工学科(2014年/前期)の合格体験記

    男性在校生

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    なかなか点数が上がらず大変だと思う。 もう当然のことだと思いますが、大学入試は 『二つの大きな試験』で構成されています。 1つは、志望大学で実際に入試を行う 『二次試験』。各自大学が、問題を作るので、各大学の色や欲しい生徒を導き出すための問題構成となっています。中堅の大学はほぼ記述試験となっていて、答案作りが求められています。 もう1つは、二次試験の前に行われる 『センター試験』。その年の全ての受験生が同じ問題を解く事になり、全受験生の中でのレベルを測る事になります。ほぼ全ての大学で、各々の割合でこのセンター試験を利用して、一次選抜をしたり、総合点に加えています。

    利用した参考書
    記述試験とセンター試験の違いはいろいろありますが、やはりセンター試験の 『自由度の低さ』は記述試験との間に雲泥の差があります。つまり、 『記述試験ではどんな問題が出るか分からないから、典型問題と呼ばれる基本的な考え方をあらかじめ勉強しちゃおう!』というのが網羅系参考書の必要理由です。 しかし! センター試験は、もうある程度どういう問題がどういう形式で出るのかが分かっています。そして、形式が変わったところで誘導付きの穴埋め問題ですので、自分で一から解法パターンを暗記して解答を作り出す必要が無いのです!

    数学

    【センター】数学ⅠA、簿記・会計
    東京大学が、センター試験をすることに反対だとか、これからセンター試験が廃止になるんじゃないかとか、これから世間の情勢は変わっていくかもしれませんが、とりあえずの間はこの昔からあるセンター試験を受ける必要があります。 参考記事:センター試験と二次試験の勉強法の違い センター試験と二次試験の違いなどはこちらに詳しく書いてあるので参考にしてください。 ここでは、センター試験の数学に絞ってその勉強法について書いていきたいと思います。恐らく、英語などの外国語についで受験者数が多いのが数学の試験です。難関大学を狙っている人もそうじゃない人もみんなセンター数学を受けます。ここで、数学が低スコアに終わると、

    【2次・個別】
    何度も、言っていますが、成績はある程度まとまった勉強をすることで一気に伸びるものです。例えば、参考書を1ページやったからって点数が1点上がるわけじゃないですよね。ある程度まとまった分野を30~50ページ、もっと言えば参考書を1冊終えることで点数が20~30点ほど急激に伸びるといったことを繰り返します。つまり、最後まで諦めずに粘った人のみが7割という国公立の合格ボーダーに確実に入れるのです。 センターのみと二次ありで勉強法が変わる 『センター試験で7割を取る』ということは、まず 1つ目の壁だと思います。ここでは、 数学をセンター試験のみを必要としている人。 数学はセンター試験と二次試験で必要としている人。

    利用した参考書
    だからといって、最初からセンター対策しか考えてないような穴埋め問題から始めることは効率的だとはいえません。それでは、数学力を鍛えられないので5割は取れても最終的に7割を取れる人間にはなれません。

    外国語

    【センター】英語、英語リスニング
    受験という大きな舞台から予選敗退を喰らってしまいます。 センター試験の勉強は、二次試験とは違って特殊です。マーク式だからこそ使える、丸秘テクニックや、逆に落とし穴が待ち構えています。 勉強法といっても目指すところは種々様々ですので、3パターンで書いていきます。 センター数学7割を確実に取るための勉強法。 センター数学9割を確実に取るための勉強法。 センター数学満点を目指す強者のための勉強法。

    【2次・個別】英語
    の2つに分けて考えていきます。それは、センター試験というのは、ある程度は2次試験の勉強をすることで一緒に対策が出来ているものです。つまり、ある程度は、 センター試験は二次試験の勉強に依存している部分があります。 現に、東大や京大、そして医学部などの難関大学を志望している人たちはほとんどセンター試験の勉強をしません。勉強期間で言ったら、1ヶ月未満の人がほとんどで中には1、2週間だけセンターの模擬テストを受けて受験なんていう人もいます。私も3週間ほどしかやりませんでした。

    利用した参考書
    前置きが長くなりましたので、ここから本題に入ります。☆ 一から始めるということで、参考書はかなり簡単なものから始めるといいでしょう。参考書を選ぶ際はこちらの初心者向けレベルを参考にしてください。

    社会

    【センター】世界史A、現代社会
    ちなみに私が受験したときの数学の点数は、数学ⅠAが92点、ⅡBが100点でした。医学部に入っている人で、センター数学満点は珍しいことではありません。是非高得点をもぎ取っていきましょう。

    利用した参考書
    私のおすすめは、センター試験のみでいい人は『白チャート』を極めることを主軸として勉強していくことです。もし、白チャートを始めからやるのが辛い人は、『スバラシク面白いシリーズ』を使って講義形式で勉強しつつ、白チャートで問題演習をしていきましょう。センター試験のみ数学が必要な人は、必然的に数学1A・2Bだけですので、高3になるまでに、白チャートを終わらせておくのが目標です。ただ、現実問題そんなに上手く終わるとは思いませんので、夏休み前までをタイムリミットとして取り組みましょう。

    理科

    【センター】物理
    センター数学7割を取るための勉強法 センター試験での7割の壁の持つ意義 一般的に、 センター試験で7割を取ることが地方国公立に現役合格を果たすための『必要命題』となります。もちろん、これは一般論なので、「5割だけど国公立大学に俺は受かったぞ!」とか、「8割だけど落ちたぞ!」って人もいるとは思うんですけど、平均的には70%を確実に取ることが必要です。 なので、地元の国公立大学に無事に進学したい人は、ここで確実に7割を取っておきたいところです。厳密には65%くらいでも合格ボーダーにのっちゃう大学も地方にはかなり多いのですが、これからご紹介する方法なら確実に7割まで点数を伸ばせるはずですので、ここを目指しましょう。

    【2次・個別】物理
    それは、センター試験の難易度が二次試験よりも低く、さらに二次試験が記述問題で出てきて、センター試験がマーク式だという特性によったものです。ただ、もちろん、各志望大学が出してくる二次試験の問題に各大学の特色が色濃く出るのと同じように、センター試験にも独特の雰囲気や問題の特徴が存在します。なので、センター試験対策は個別に考えるべきなのか、二次試験を踏まえて考えるべきなのかでまず分岐させてもらいます。

    利用した参考書
    白チャートを1、2周したらもうそれ以上は記述で勉強する必要がありません。センター試験対策をどんどんしていきます。まずは、 『過去問』から解いていきましょう。過去問は各予備講や出版社からたくさん出ているので選ぶ際はこちらを参考にしてください。

    面接

    【2次・個別】
    センター試験のみを受験する人の勉強法 センター試験のみを必要としている人に、 『青チャートは必要なし』というのが私の持論です。常日頃から、当ブログでは、青チャートや大学への数学を始めとする網羅系参考書というものをごり押しさせていただいていますが、センター試験に関しては、網羅系の必要性はかなり下がります。

    利用した参考書
    オススメは、黒本です。河合塾から出ているのですが、河合塾の数学の開設はかなり柔らかくて気に入っています。センター試験7割を目指す方は黒本が一番分かりやすくていいのではないでしょうか。

    受験時に利用した塾、予備校、家庭教師

    会社名 あゆみ舎
    役立ったポイント 18年分あるので、大変です。しかし、焦ることなく、1年1年しっかり解き、大切なのは、間違えたところは何度も繰り返して、確実に解けるようにしましょう。正直、18年分を完全に解き切って、全ての年度で100点を取れるようにしておけば本番確実に7割は超えます。センター試験の過去問の使い方は後述します。 過去問は11月までには終わらせておきましょう。そこからは、センターの模擬試験や予想問題を解いたりしましょう。

    受験の振り返り、反省

    【受験生活を振り返って】
    二次試験がある人は、根本的に考え方が違います。

    二次試験の記述ベースで勉強を行っていく。あくまでも記述で点数をとる勉強を行う。
    センター試験対策の勉強は多くても2ヶ月のみとする。

    基本的には、センター試験のみが必要な人と同様に、おすすめの参考書の『初心者レベル』の中から参考書を選んでもらうことになります。ただ、記述試験がある人は、 『白チャート』では少し物足りないかもしれません。それは、自分の志望している大学の数学の二次試験の難易度で決めてもらえればいいのですが、青チャートを用いて始めるのもありだと思います。

    【2次・個別試験を振り返って】
    オススメは、『青チャート』の例題と練習問題をやりきることを目標に取り組みます。難しかったら、白チャートでも構いません。ただし、その際は、自分の志望校に合わせて追加で『基礎レベル』の参考書から1冊選んで演習してください。青チャートをやりきることを目標とします。なので、秋まではじっくり二次試験対策として、記述の勉強をしましょう。

    受験データ

    偏差値推移

    1日の学習時間推移

    センター試験で受験した科目とその点数

    合計 850点 / 1050点 得点率 81%

    国語 180 / 200点 数学(数学ⅠA) 90 / 100点
    数学(簿記・会計) 90 / 100点 外国語(英語) 90 / 200点
    外国語(英語リスニング) 50 / 50点 社会(世界史A) 100 / 100点
    社会(現代社会) 80 / 100点 理科 80 / 100点
    理科(物理) 90 / 100点

    2次・個別試験で受験した科目

    数学、外国語(英語)、理科(物理)、面接

    併願校情報

    大学名 学部名 学科名 入試形式 合否
    宇都宮大学 工学部 電気電子工学科 前期 合格
    大阪行岡医療大学 工学部 電気電子工学科 中期 合格
    尾道市立大学 工学部 電気電子工学科 後期 合格
    2人中 1人がGood!と言っています。 Good! Bad..
  • 理学部物理学科(2015年/AO入試)の合格体験記

    男性在校生
    • 愛媛大学 理学部 物理学科
    • 日田高等学校 出身
    • 入試形式:AO入試
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    過去問題を解く。 漢文や古文の単語、文法を覚える。

    【2次・個別】
    大学別の問題を解く。 問題形式を把握し、回答の仕方などを学ぶ。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    過去問題を解く。 黄チャートを最初から解き直す。

    【2次・個別】
    過去問題を解く。 公式の抜けがないか、教科書を読み直す。 黄チャートの応用にチャレンジする。

    利用した参考書
    黄チャート

    外国語

    【センター】英語、英語リスニング
    過去問題を解く。 文法書を解き直す。 単語帳を使って出来るだけ英単語を覚える。

    【2次・個別】英語
    まずは自分のレベルにあった英文を読む。 それに慣れたら、少しランク上の問題にもチャレンジする。

    利用した参考書
    vintage harvest 快速英単語

    社会

    【センター】地理B、現代社会
    教科書や資料集をじっくり読む。 自分で単元ごとのテストのようなものをやってみる。

    【2次・個別】地理、現代社会
    記述が出てくるので、単語を覚えるだけでなく、意味も一緒に覚える。

    理科

    【センター】物理、化学
    過去問題を解く。 問題集を何度も繰り返し解く。 現象や公式について理解する。

    【2次・個別】物理、化学
    過去問題を解く。 また、同じレベルくらいの類題を解く。 そして、間違えたところはひたすらやり直し。

    利用した参考書
    良問の風 物理のエッセンス

    面接

    【2次・個別】
    学校の先生に練習してもらう。 面接用のノートを作って、アドバイスなどをまとめる。

    受験時に利用した塾、予備校、家庭教師

    会社名 bridge
    役立ったポイント 駅から近く、学校帰りに寄ることができた。 自習室が便利だった。 わからないポイントがわかるようになった。

    受験の振り返り、反省

    【受験生活を振り返って】
    やはり勉強は1年生のときからずっとやっていた方がいいと思った。また、友だちに流されて勉強しない、などということもあったので、受験の時に頼るべき友だちは選んだ方がいい。最後に、受験後にダラダラしすぎると大学で結構苦労するので、合格しても安心せずに勉強していた方がいい。

    【2次・個別試験を振り返って】
    教科に関しては数学の試験だけだった。ずっと黄チャートを解いてきていたので、それが結果に結びついたと思う。また、模試やテストの復習、やり直しをまあまあやっていたので、それも良かったのではないかと思う。しかし、もっと徹底的にやったほうがよかったとは思う。
    やはり問題集は、一つ二つくらいに絞って、それを何度も反復するのが一番いいと思った。

    受験データ

    偏差値推移

    1日の学習時間推移

    センター試験で受験した科目とその点数

    合計 590点 / 1050点 得点率 56%

    国語 150 / 200点 数学(数学ⅠA) 60 / 100点
    数学(数学ⅡB) 30 / 100点 外国語(英語) 120 / 200点
    外国語(英語リスニング) 30 / 50点 社会(地理B) 80 / 100点
    社会(現代社会) 30 / 100点 理科(物理) 60 / 100点
    理科(化学) 30 / 100点

    2次・個別試験で受験した科目

    国語、数学、外国語(英語)、社会(地理)、社会(現代社会)、理科(物理)、理科(化学)、面接

    3人中 0人がGood!と言っています。 Good! Bad..
6件中 1-6件を表示

合格者平均データ

  • 平均偏差値推移

  • 1日の平均学習時間

  • 併願校

    合格者の平均受験校数 2

    併願数の多い大学 偏差値
    愛媛大学 48 - 70
    尾道市立大学 50 - 56
    大阪行岡医療大学 40
  • センター試験の平均得点率

    合格者の平均得点率 73%

    科目名 得点率
    国語 78%
    数学 66%
    外国語 73%
    社会 74%
    理科 76%

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

愛媛県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

愛媛大学の画像 :©At by Atさん

大学を探す

  >>     >>     >>  合格体験記

この学校についてみんなに教えよう

ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

オススメの大学

東北大学
東北大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:60 - 74
★★★★☆4.00 (270件)
宮城県/国立
九州大学
九州大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:62 - 74
★★★★☆3.97 (300件)
福岡県/国立
弘前大学
弘前大学
併願校におすすめ
偏差値:47 - 70
★★★★☆3.85 (131件)
青森県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。