みんなの高校情報TOP   >>  東京都の高校   >>  藤村女子高等学校   >>  インタビュー

藤村女子高等学校
藤村女子高等学校
(ふじむらじょしこうとうがっこう)

東京都 武蔵野市 / 吉祥寺駅 /私立 / 女子校

偏差値:45 - 55

口コミ: ★★★☆☆

2.94

(37)

藤村女子高等学校 インタビュー

藤村女子高等学校インタビュー 企業コラボなど吉祥寺を盛り上げる
「フィールドワーク」が熱い
校長 柳館伸先生
※2020年5月インタビュー時のものです。
やりたいことができる、見つかる藤村女子
写真1
本校の生徒は、明るく積極的な生徒が多いですね。そして、生徒と先生が一緒に色んなものを作り上げていける、良好な関係を築けているのではないでしょうか。本校は、自分でやりたいことができる学校です。日々の学習や後述する「フィールドワーク」、部活動もそうですが、自分がこういう活動をやりたい、成果を挙げたいと言えば、先生たちは全力でサポートしていきます。例えば、生徒たちが夏に着ているポロシャツは、当時の生徒会長が、全校生徒がより快適に学校生活を送れるよう、クールビズ期間に着用する制服として導入を提案したものです。もしやりたいことがまだ見つからないという生徒とは、それを一緒に見つけていこうというのが本校の先生たちですね。
フリーペーパー、CM制作、コラボ商品などテーマは盛りだくさん
写真2
そんな本校ならでは取り組みが「フィールドワーク」です。これは、地元である吉祥寺の商店街の方々にも協力いただき、社会に身を投じる事で生徒の成長を促す育成プログラムです。例えば地元・吉祥寺のお店を紹介するフリーペーパー制作やCM制作、最近では地元サッカーチームの東京武蔵野シティFCの応援グッズのコラボ企画などを実施しました。「何をすると吉祥寺という街にプラスになるか」を街の人とコミュニケーションを取り、常に問いかけながらテーマを見つけていきます。これは進学先を選ぶことにも役立ちますし、大学入試の推薦対策にもなりますが、何よりも高校生活を通して「私はこういうことをやってきた」といえるものができます。「自分で見つけて行動していく、それを伝えていく」ことは、これからの時代を切り拓いていく力になるでしょう。
いまやれることをやれば必ず道は拓ける
写真3
自分たちがやりたい事をやる、やれる事をやる、そういう気持ちで動ける人間がこの世の中には必要なのではないでしょうか。自分がやりたい事をすることで未来を切り拓いていける女性になって欲しいですね。本校には、「チャレンジデー」という取り組みもあり、登校も部活もない日を設定しています。つまり、何をするのか自分で考えて自分で行うのです。「1日休む」だって構いません、それを自分で考えること、実行すること、実行してどうだったかを説明できる力を身につけていきます。やりたい事は今やろう、もしやりたいことがなければ、今やれることをやれば、必ず道は拓けます。本校で将来いろんなことにチャレンジしてみたい、という生徒にぜひ来てほしいです。

藤村女子高等学校が気になったら!

オンラインでも開催中! 説明会に行ってみる
取材に協力していただいた学校
藤村女子高等学校
藤村女子高等学校
多くのことにチャレンジできる学校
【建学の精神に基づいたフィールドワークとは】 藤村女子の建学の精神は、「知・徳・体」に基づく人間教育を通して未来で活躍する女性の育成です。未来を語る上でAIの存在は無視できないもの...
この高校への進学を検討している受験生のため、投稿をお願いします!

おすすめのコンテンツ

東京都の偏差値が近い高校

東京都の評判が良い高校

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

みんなの高校情報TOP   >>  東京都の高校   >>  藤村女子高等学校   >>  インタビュー