みんなの高校情報TOP   >>  神奈川県の高校   >>  藤嶺学園藤沢高等学校   >>  インタビュー

藤嶺学園藤沢高等学校
藤嶺学園藤沢高等学校
(とうれいがくえんふじさわこうとうがっこう)

神奈川県 藤沢市 / 藤沢駅 /私立 / 男子校

偏差値:54

口コミ: ★★★★☆

3.55

(42)

藤嶺学園藤沢高等学校 インタビュー

藤嶺学園藤沢高等学校インタビュー 何事にも負けない、
打たれ強い男子に育つ、
時宗総本山遊行寺を母体とする男子校
高校教頭 林学先生
※2020年4月インタビュー時のものです。
仏教の長い伝統と文化的蓄積を柱とした人間教育を実施
写真1
そもそも当校は、時宗総本山の遊行寺僧侶の学舎を母体とし、社会で周囲の人から受け入れられる人格形成のため礼儀作法を重んじてきました。そのひとつが茶道や柔道(高入生対象)です。時宗の長い歴史の中で培われた伝統を柱として人間教育を行っています。陶芸も高2(総合学習)にて行いますが、自分達の作品を用いて行う高2の「修了茶会」で、保護者の方にお茶を振る舞います。この陶芸は集中力を身につけるためにとても役立っています。また、高校では修養指導として、入学後の「校内一泊合宿」で卒業生の僧侶により、高校生活の過ごし方、食事作法、座禅などの指導を行います。生徒には厳しい合宿ですが、乗り越えたときの達成感もひとしお。その後は月に1回「修養の時間」をとって指導を続けます。
進路の気づきと、合宿や補習授業でのフォロー
写真2
高校生には、進路という大きな目標に向けて、学年毎に気づきを得られる機会を設けています。「1日大学生体験」では学生として大学で1日を過ごし、「大学出張授業」では大学の先生から講義を受けることで自分の目指す学問を発見できる機会となります。学習面では、高1~高2の希望者対象に、勉強合宿を年3回企画しています。学校内の施設や、外部の施設を利用しながら、「自学自習の仕方」「基礎学力の増強」などをテーマとし、集中して学習に取り組む機会を作っています。補習授業では、曜日毎に科目を定め講座を開設、自分の伸ばしたい分野の授業を選んで受けられます。高2まで受験科目に絞らず5教科7科目を履修することも特徴です。国立大学志望への対応というだけではなく、社会に出て必要な知識として幅広く学ぶべきと考えているからです。
何事にも粘り強く取り組めるように打たれ強さを身に着けてほしい
写真3
一昔前は、「答えのある問い」に答えられれば十分とみなされました。しかし近年は「答えの無い問い」に答えなければならない時代になりました。これからの世の中を生きていくには、自ら問いを立てる。つまり課題を見つけ、課題に取組み、克服する、つまり解決するという3段階ができるようにならなければなりません。これは大変なことです。しかし、人間は何をしたってつまずく生き物です。ですから、つまずいたときしっかりと立ち上がれるように、当校で「打たれ強さ」を身に着けて、何事にも粘り強く取り組める男子になってほしいと思っています。

藤嶺学園藤沢高等学校が気になったら!

取材に協力していただいた学校
藤嶺学園藤沢高等学校
藤嶺学園藤沢高等学校
日本文化も身につく3年間
藤嶺藤沢では高校1・2年生全員が茶道を必修授業として学びます。  日本文化の集大成と言われる茶道では、お茶の点て方・飲み方の作法はもちろんのこと、お花や掛け軸といった場所を作り上げ...
この高校への進学を検討している受験生のため、投稿をお願いします!

おすすめのコンテンツ

神奈川県の偏差値が近い高校

神奈川県の評判が良い高校

神奈川県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

みんなの高校情報TOP   >>  神奈川県の高校   >>  藤嶺学園藤沢高等学校   >>  インタビュー