>>     >>  熊本県

熊本県の高校入試特集

熊本県の偏差値・倍率一覧を見る

偏差値
熊本高等学校

熊本高等学校

普通科 / 共学

73

済々黌高等学校

済々黌高等学校

普通科 / 共学

71

第二高等学校

第二高等学校

普通科 / 共学

68

真和高等学校

真和高等学校

普通科 / 共学

68

熊本学園大学付属高等学校

熊本学園大学付属高等学校

普通科 / 共学

65

偏差値一覧をもっと見る
倍率

九州学院高等学校

特進c/一般 / 共学

10.00

大津高等学校

体育c / 共学

3.80

熊本信愛女学院高等学校

特進c/専願 / 女子校

3.00

熊本工業高等学校

建築 / 共学

2.85

熊本信愛女学院高等学校

特進c/一般 / 女子校

2.72

倍率一覧をもっと見る

熊本県の公立高校の入試制度

内申書情報
内申点は中学1年生から中学3年生までの成績を選考に決定します。計算方法は中学1年生と2年生の9教科を5点満点で掛けた、それぞれ45点満点。そして中学3年生は9教科それぞれ5点満点で掛け、さらに2倍した90点満点。計180点満点で内申点は決まります。中学1年から中学3年までの成績が、受験に関わってくるので、3年間受験を意識して勉強に取り組む事が大切になってきます。
前期「特色」選抜試験
学校によって違ってきますが、面接、実技テスト、小論文など選考方法は学校が決定します。学力テストは行われません。中学校の校長先生の推薦書は必要ありません。
後期「一般」選考
国語、数学、英語、社会、理科の5教科それぞれ50点の計250点満点と内申点の合計結果から、合否が決定します。合計点数が高い者から合格となり、高校によっては傾斜配点を行っている学校もあります。前期「特色」選抜試験がない高校は、入試は後期「一般」選考の1回のみになります。

熊本県の高校入試・受験の対策・勉強法

熊本県の高校入試の傾向を意識しながら、受験対策に取り組もう!

国語
「漢字、語句、文法」「説明的、文学的文章読解」「古典」「作文」の4分野から出題されます。「漢字、語句、文法」では、熊本県の県立高校の入試は漢字からスタートします。毎年出題されるのでしっかり勉強しておくことが大切です。「尊敬語」「謙譲語」などの問題も出題の確率が高いです。「古典」で毎年出題されるのは、現代仮名遣いに直す問題です。歴史的仮名遣いはしっかり覚えておきたい項目です。「作文」も頻繁に出題される一つなので、回答するにあたっては、注意事項や、適切な語句や接続詞をきちんと使い、わかりやすい文章を書くことを心がけることが大切です。
数学
「計算、方程式、文章題」「関数」「平面、空間図形」「確率、統計」の4分野からなります。「計算、方程式、文章題」においては、数と式の文章題は過去3年毎年出題されています。基本的な問題が多く出題されるのでケアレスミスをしないように確実に点数を取る事が大切になってきます。「関数」では二次関数と一次関数を組み合わせた問題や関数のグラフと図形の融合問題は毎年出題されています。「平面、空間図形」のなかでも線分の長さに関する問題は頻繁に出題されます。普段から沢山の問題を解き、慣れておくことが大切です。「確率、統計」はルールがあるので、そのルールにそった条件を抜き出していくと、確実に回答できます。しっかりルールを把握しておくことが大切になってきます。
英語
「単語、文法」「会話文、長文読解」「英作文」「リスニング」に4分野から構成されています。「単語、文法」においては文法事項自体が問題として出題されることはありません。しかし主語、動詞、目的語、補語などに関してはしっかりと理解しておく必要があります。「会話文、長文読解」では熊本県の高校入試では、3問以上必ず出題されるので、しっかり学習しておく分野と言えます。長文の意味をしっかり理解して、読み込み、「言い換え」の箇所をしっかり把握し、読解力を上げれば、高得点を取ることも出来ます。「リスニング」は熊本県の公立高校受験では、最初の大問1に必ず出題されます。「質問で問われている箇所」に注意して聞き取りましょう。問題の内容的にはとても簡単な物が多いので、しっかりと聞き取り、重要箇所はメモを取ることが大切です。
理科
「物理」「生物」「化学」「地学」の4分野からなります。「物理」において去年は必ず出題されると予測されていた、電流の問題が出題されませんでした。なので、今年は出題されるのではないかと予測されています。「生物」においては動物の生活と種類の項目は過去3年間必ず出題されています。図や表から読み取るような、単純で基本的な問題も多数出題されてます。基本的な知識はしっかり頭に入れ、表やグラフを読み取る練習、そして記述の練習もしておく必要があります。「化学」では化学変化と分子の項目は毎年出題されています。出題形式はたくさんの問題を解き、慣れておくことが大切です。「地学」では月の問題が前回の試験で出題されました。これからも月に関する問題は出題頻度が高いと予測されています。
社会
「歴史」「政治」「地理」「経済」の4分野からなっています。「歴史」においては近世「安土桃山時代」と近・現代の項目はこれまで頻繁に出題されています。「政治」の分野は過去の問題を見ても多く出題されています。衆議院議員や参議院議員の定数や国会について問題はよく出題されるので、必ずおさえておかなければならない項目になります。「経済」においては私達の身近な問題も出題されやすい傾向にあります。最近ではPOSシステムの問題が出題されました。ニュースや新聞などで知識を得ることも必要になってきます。

熊本県の高校の上位校

私立
公立

受験対策にオススメ

日本最大級の塾・予備校検索サイト「塾ナビ」
塾ナビは、学習塾や予備校を探している生徒や保護者のための学習塾検索サイトで、年間利用者数300万人を突破しています。塾ナビでは、各塾を口コミで比較することができ、無料で資料請求・電話問い合わせができます。
熊本県のオススメの家庭教師検索サイト
家庭教師比較ネットは、日本最大級の家庭教師検索サイトです。派遣会社の評判を口コミで比較することができ、無料で資料請求・電話問い合わせができます。家庭教師を専業とする大手から、塾などの教育業界の大手が運営している派遣会社まで豊富に掲載しております。

高校を探す

  >>     >>  熊本県

ピックアップコンテンツ

熊本県の高校入試特集
熊本県の高校入試特集
熊本県独自の入試制度や受験対策など、高校受験に役立つ情報を見ることができます!
熊本県の高校情報
熊本県の高校情報
熊本県の高校の偏差値や評判、入試情報など、高校受験・高校選びに役立つ情報が満載です!
熊本県の偏差値・倍率一覧
熊本県の偏差値・倍率一覧
熊本県の高校の偏差値や一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます!