>>     >>  岩手県

岩手県の高校入試特集

岩手県の偏差値・倍率一覧を見る

偏差値
盛岡第一高等学校

盛岡第一高等学校

普通科 / 共学

67

盛岡中央高等学校

特進選SZコース / 共学

66

盛岡第三高等学校

盛岡第三高等学校

普通科 / 共学

63

一関工業高等専門学校

制御情報工学科 / その他

59

花巻北高等学校

普通科 / 共学

57

偏差値一覧をもっと見る
倍率

盛岡商業高等学校

流通ビジネス / 共学

1.69

盛岡南高等学校

体育c / 共学

1.68

花巻南高等学校

スポーツ健康科学学系 / 共学

1.55

盛岡南高等学校

体育 / 共学

1.47

盛岡第三高等学校

普通 / 共学

1.47

倍率一覧をもっと見る

岩手県の公立高校の入試制度

内申書情報
県立高校入試における一般入学者選抜での内申点は、中学2年、中学3年時の9教科の成績が対象となり、5段階の評定が明記されます。評定は中学2年は2倍して50点満点、中学3年は4倍して100点満点、4教科の実技においては、中学2年は3倍して60点満点、中学3年は6倍して120点満点となります。よって評定の合計は330点満点である。内申点の換算方法は推薦入学者選抜での場合高校によって異なってきます。
一般入試
5教科の学力試験が行われ、1教科100点満点の合計500点満点である。これに内申点の330点と面接の70点が加算された合計900点満点で合否が判定されます。3段階「A選考、B選考、C選考」で合否が判定されます。高校によっては、小論文や実技、傾斜配点を行う高校もあります。
推薦入学者選抜
岩手県すべての高校・学科で実施している。募集定員は定員の1割以内「体育科、体育コース、体育学系、スポーツ健康科学学系、芸術学系については5割以内」。合否は内申書、志願理由書、面接から判定されます。作文、適性検査を行う高校・学科などを行う学校もあります。
入試倍率
盛岡第一と盛岡第三が合格ランクの上位に位置しています。2012年度の志望倍率の推移は、全体に落ち着いていました。この傾向はしばらく続くと思われます。

岩手県の高校入試・受験の対策・勉強法

岩手県の高校入試の傾向を意識しながら、受験対策に取り組もう!

国語
「漢字・語句・文法」「説明的・文学的文章読解」「古典」「作文」の4分野からなります。「漢字・語句・文法」の分野では漢字は必ず出題されます。出題の可能性が高いものとして品詞・用法があるので、教科書を総復習しておく必要があります。「説明的・文学的文章読解」の分野ではグラフを用いた読解問題が出題されました。非常に珍しく、難易度も高いといえます。対策として重要なことは、説明的文章と、文学的文章を、まんべんなく学習する事です。「古典」においては、漢文の出題が多い傾向があります。漢文、古文同時に出題された事もあるので、偏ることなく学習しておくことが必要です。
数学
「計算・方程式・文章題」「関数」「平面・空間図形」「確率・統計」の4分野があります。「計算・方程式・文章題」の分野における、計算問題は毎問3問以上出題されています。「関数」も毎年出題されます。基本的な問題や、応用問題がまんべんなく出題されます。応用問題は難易度が高いので、発展問題などを数多くこなし、応用力を身につけることが重要です。毎年ポイントとなる2次関数もしっかり理解しておくことが大切です。「平面・空間図形」の分野は毎年7問ほど出題されています。作図や、証明問題などバランス良く出題されているので、幅ひろく知識を身につけることが求められます。
英語
「単語、文法」「会話文、長文読解」「英作文」「リスニング」から出題されます。「単語、文法」の語句整序問題は過去3年毎年出題されています。主に基本的な問題が出題される傾向があるので、教科書の内容はしっかり復習しておく必要があります。「長文読解」では適語問題、補充問題が良く出題される傾向にあります。基本的な知識はしっかり身につけておくことが必要です。「英作文」は和文英作型の問題が良く出題されます。普段から英語で文章を書く練習は必要となってきます。「リスニング」はあまりにも難しい問題は出題されませんが、英文を聞いて質問に答える問題は必ず出題されます。正確に問題を聴き取ることが重要です。
理科
「物理」「化学」「生物」「地学」の4分野から出題されます。「物理」の運動とエネルギーの項目は毎年出題されているので、しっかり見直す必要があります。「化学」では電気分解の化学変化は来年も出題されると予想されています。実験の問題も出題される可能性が高いです。日頃から積極的に実験に取り組み知識をつけておくことが大切です。「生物」は教科書レベルの基本的な問題が出題されます。動物の生活と種類は過去3年毎年出題されています。「地学」で出題頻度が高いのは、地球・太陽に関する問題ですので、教科書の内容はしっかりと把握しておく必要があります。実験に基づく問題も出題される可能性が高いので、曖昧な知識ではなくしっかりと理解を深める必要があります。
社会』
「歴史」「地理」「政治」「経済」の4つの分野からなります。「歴史」は日本史が中心で、近、現代の問題が多く出題される傾向があります。「地理」においては資料の読み取り問題は必ず出題されています。教科書に載っている資料などは、必ず内容を理解しておく必要があります。「政治」は日本国憲法や政治の仕組みの問題は出題頻度が高いです。「経済」は資料を読み取って解答するといった、記述式の問題が多く出題されています。しっかり資料を理解し、自分の言葉で書く練習が必要になってきます。

岩手県の高校の上位校

私立
公立

受験対策にオススメ

日本最大級の塾・予備校検索サイト「塾ナビ」
塾ナビは、学習塾や予備校を探している生徒や保護者のための学習塾検索サイトで、年間利用者数300万人を突破しています。塾ナビでは、各塾を口コミで比較することができ、無料で資料請求・電話問い合わせができます。
岩手県のオススメの家庭教師検索サイト
家庭教師比較ネットは、日本最大級の家庭教師検索サイトです。派遣会社の評判を口コミで比較することができ、無料で資料請求・電話問い合わせができます。家庭教師を専業とする大手から、塾などの教育業界の大手が運営している派遣会社まで豊富に掲載しております。

高校を探す

  >>     >>  岩手県

ピックアップコンテンツ

岩手県の高校入試特集
岩手県の高校入試特集
岩手県独自の入試制度や受験対策など、高校受験に役立つ情報を見ることができます!
岩手県の高校情報
岩手県の高校情報
岩手県の高校の偏差値や評判、入試情報など、高校受験・高校選びに役立つ情報が満載です!
岩手県の偏差値・倍率一覧
岩手県の偏差値・倍率一覧
岩手県の高校の偏差値や一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます!